「ビストロガブリ 目黒店」

2017.05.04.Thu.18:39
仕事明けの気ままな飲み歩き、1軒目は馴染みのビストロ。
看板
そういえばハッピーアワーの時間帯…と思い当たって飛び入り。

予約なしの飛び入りだと断られることも多い人気店ですが、
さすがに開店早々1番のりだったので無事カウンター席を確保。


珍しい2段階制のハッピーアワー、狙いは17時~18時の300円。
ハッピーアワーのメニュー
正直18時~19時の500円はそこまでお得感がないような…。




ハッピーアワーで324円(税込)の赤ワインとエクストラコールド。
赤ワインとエクストラコールド
実はこの2杯、乾杯ではなくどちらもわたし1人で飲むドリンク…。

ソフトドリンクはハッピーアワーに含まれていなかったので、
断酒中の旦那様は水でいいなどと言い出して致し方なく(泣)

このまま断酒ブームが続くようであれば妻が干からびるぞ。





こちらのお店で唯一の欠点をあげるなら、お通し540円@人。
お通しのパン
いつも切ってから放置していた感じで乾燥してかぴかぴ…。
一応食べ放題となってますがお代わりしたことはありません。

あまりお通しに力を入れていない割りにはお高めのお通し代。
それを差し引いても来るだけの価値があるお店なんですけど。






むねとろ肉の炭火塩タタキ 864円
むねとろ肉の炭火塩タタキ
茗荷やベビーリーフなどの飾りつけでお肉が見えません~。


発掘してきたのはピンク色のグラデーションが色っぽいお肉。
外側だけ軽く炙った程度でほとんど生と言っていい極レアです。
むねとろ肉アップ
ねっとりとしていて柔らかくむね”とろ”が付くのも納得の肉質。
それにつけるのはピリリと上品な辛味の柚子胡椒が相応しい。






極上鶏レバー串 216円
極上鶏レバー串
焼き鶏屋さんも頭が上がらないくらいの立派なレバー串です!

深紅色のレバーはレア焼きでふっくらとして、そして中はとろり。
外を炭火で軽く焼かれて、中からはとろけるような濃いレバー味。

ひとつの塊が大きいので濃厚なレバーを存分に堪能できます。

メニューにある「超新鮮な信玄鶏の朝引きレバー」の看板に偽りなし。






九条ネギと海老のアヒージョ 1,058円
九条ネギと海老のアヒージョ
てんこ盛りに盛られた九条ネギで鍋の中身は伺いしれません。


もちろん中にはオイルに浸った海老ちゃん(大きめが4匹いました)
アヒージョの海老ちゃん
ぷりぷりっとした身はガーリックオイルをまとっておいしーい♪

でもそれ以上に熱々オイルに浸してくたっとなったネギがうまい。
軽く熱が入った九条ネギはツンとした辛みが抜けて甘みが出ます。

山盛りだったネギもしんなりとして鍋のオイルの中に収まります。
海老のアヒージョはよくあるけれどここの主役は九条ネギかも。






気付けば300円のハッピーアワーの時間は過ぎていたので、
がぶ飲みスパークリング(白) 540円
がぶ飲みスパークリング
グラスの表面張力ぎりぎりまで注いでくれるスパークリング。
ハッピーアワー枠じゃなくともかなりお得なお店の名物です。

キリッとよく冷えたしゅわしゅわは爽快感があって美味しい。






このお店でピザを頼まない選択肢なし、マリナーラ 486円。
マリナーラ
チーズもないトマトソースの一番シンプルでお安いピザですが、
ピザ生地を楽しみたい派としてはむしろ好ましいくらいです。


サイズは小さいけれどワンコインをは思えない美味しいピザ。
マリナーラアップ
生地は薄いながらミミの部分は芳ばしくてしっかりもっちり。
トマトソースはフレッシュでミニトマトも贅沢に乗っかっています。
トマトの程よい酸味と甘みがピザ生地との相性もばっちし。

旦那様に至ってはもう1枚行っとく、と言うくらいお好みです。
確かに薄生地なのでおつまみがてらにもう1枚もありかな。

薄生地なのにナポリ風に近いもっちり感はすごいですしね。
ちなみにマルゲリータでも540円で頂けます(税別ワンコイン)






最後に以前頂いてから忘れられなかった逸品を頂きました。
雲丹のクリームブリュレ 1,058円
雲丹のクリームブリュレ
これが最後に出て来たらデザートと勘違いすること間違いなし。
でもそのお味は甘みはあるけれど、濃厚なウニの味なんです。

キャラメリゼされた表面を割ると下にはクリーミーな雲丹プリン。
贅沢にウニの風味が詰まったおつまみ仕様の大人のスイーツ。

もちろん合わせるのはお酒で、スパークリングなんかばっちり。




ハッピーアワーも終わったし、スパークリングを飲み終えてお暇。
お通しがなければと思ってしまいますが…お会計6,500円ほど。

はしご前提だったので1軒目としては少しお高めだけど満足感。

1番のりでしたが帰る頃にはお店はお客さんで賑わっていました。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑お腹もいい塩梅、ぶらりお散歩2軒目を求めて恵比寿まで。
旦那様断酒中でも頑張る飲み歩きに応援よろしくお願いします!

「築地 活鮮市場 上野アメ横店」

2017.05.01.Mon.00:22
上野食べ歩き一番のメインイベントたこ焼きを頂いたら、
続いては直感勝負で2軒目を探してアメ横を彷徨います。

この時期になるとオープンエアで呑めるお店に心惹かれますね。
店頭で飲み食いしているお客さんを見ると気になってしまうし。

アメ横にはそんな屋台風のお店が連なっていますから目移り~。


普段は食べログの評価とか調べますが、ここは気分で決めたい。
オープンエアで美味しい海鮮が食べられそう、入ってみようか。
外観


アサヒビールの提灯の下、アメ横の喧騒を眺めながらの一杯。
アサヒビールの提灯でお祭り気分



お通し300円@人の小鉢と、旦那様のラムネジュース 290円。
お通しの小鉢とラムネジュース
相変わらず断酒中の旦那様に悶々…ちなみに自分はビール。
提灯の下でラムネを飲む旦那様はお子ちゃまのお祭り状態(笑)






本鮪炙り刺し 580円…なのに炙ってない。
本鮪炙り刺し(炙ってないけど…)
店員さん曰く炙るにはもったいないくらいの鮪だからそのまんま。
確かに綺麗なサシが入った見るからに美味しそうな鮪ブツです。

口に入れればマグロの脂が溶け出してきて…これは美味しい!
大トロくらいの脂ですが、しつこくなくて確かに炙らなくてもいい。

北海道の市場で食べた大トロを彷彿とさせるくらいのマグロ。
ひとつのブツが大きいのでひとかけで口の中はもう鮪で満開。

この質で、この量で、このお値段は相当にお得な満足の一皿。






うずら串揚げ 200円
うずら串揚げ
うずらの玉子の串揚げに外れがあるはずなく、安定の美味しさ。
海鮮もの以外にも串ものや所謂居酒屋メニューも揃ってます。






鮪の頭の身は希少部位で美味しいって聞いたことがあったから。
鮪脳天串焼き(タレ) 280円
鮪脳天串焼き
ほろりと柔らかく脂がのっていてお肉とはまた違うお魚の旨み。
中までしっかり火が通っていますが固くならずふっくらとした身。






ワンコインでこれはびっくり、ねぎとろ爆弾いくら掛け 490円。
ねぎとろ爆弾いくら掛け
日本酒の升の上に鎮座するは山になったトロとこぼれるいくら。

トロは先の鮪の刺身が美味しかったようにねっとりとして濃厚。
いくらに塩気があるのでそれをアクセントに醤油は要らないくらい。

そして升は上げ底ではなくてその中には…たっぷりのとろろ。
ねぎとろいくらの下にはとろろ
そのままねぎとろといくらを楽しむもよし、とろろに混ぜてもよし。


2/3くらいはトロといくらをちびちびと、そして残りはとろろに投下。
とろろと混ぜて頂きます
ねばりの強いとろろは出汁がきいていてそれだけで美味しい。
それにトロといくらまで加わって2度楽しめて2度美味しい贅沢。

このお店に来たらこれを頼むべきとオススメできる逸品です。



断酒中の旦那様を横目に日本酒をお供に…力 純米 620円。
日本酒(力 純米)






家でもよく作るんですけど好きだから、真たこ唐揚げ 450円。
真たこ唐揚げ
しっかり下味がついた芳ばしいタコからはおつまみにぴったり。
衣の中のタコもむっちりとしていて食感も味わいもあって美味しい。






まだ日本酒が残っていたのでお供に、ヤリイカ刺身 450円。
ヤリイカ刺身
つやつやと光っている身からして鮮度の良さを感じられます。
ねっとりとしていて弾力があって、イカのうまいとこ全てを網羅。




飛び入りで入ってみたお店でしたが、大正解の大満足です♪
あれだけのお刺身を頂きながらお会計5,000円で済みました。

惜しむべくは「生うに刺し 580円」の入荷が無かったこと…(泣)
マグロやイカで鮮度と質は証明済だし美味しかっただろうなぁ。






そして引き続きのぶらりアメ横グルメは甘い誘惑につられて。
外観


イチゴチョコショコラ 510円
イチゴチョコショコラ
こってり生クリームとあまーいチョコ、それとイチゴのコラボ。
イチゴも甘いはずですがこの中では酸味がむしろアクセント。

クレープ生地も薄いながらももっちりとした食感で美味しい。

甘いクレープを2人で食べ歩きなんて若い子のデートみたい
…でも揃って生クリームで胃もたれした30代夫婦でした(汗)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑まだまだ攻略の余地があり過ぎる上野アメ横グルメです。

「みなとや食品 本店」上野

2017.04.29.Sat.09:41
上野の東京国立博物館で見識(?)を広めて参りました。

…でも博物館の後の上野アメ横グルメの方がうきうきしちゃう♪

博物館を出て上野公園を抜けてアメ横までの足取りは軽く。
桜はもう散っていましたが、そもそも桜あっても花より団子。


上野グルメは絶対外せないお目当てがありますから、直行。
外観
海鮮丼屋さんですが、お店の行列の先にあるのはたこ焼き。
わたし達も海鮮丼は食べたことがなくてもっぱらたこ焼きです。


上野に来たら必ず、行列でも並ぶ、その価値のあるたこ焼き。
たこ焼き屋店頭
なんせ味、コスパ、大きさ、3拍子揃ったたこ焼きさんですから。


行列に並ぶ間たこ”焼き”の技術を盗もうとがん見する旦那様。

近頃自宅のタコパレベルもかなり上がっていると思いますが、
プロのたこ焼き返しの手際はさすがのもので遠く及びません。

旦那様に至っては腱鞘炎にならないのか…と心配するほど。
たこ焼き中
17時半過ぎくらいの時間帯でそこまで並ばずにありつけました。



大だこ焼 8ヶ入り 400円
大だこ焼 8ヶ入り
綺麗な丸い形をしたたこ焼きは名前に恥じない大きなサイズ。
ソース・マヨ・青海苔・かつお節のトッピングはセルフサービス。


セルフトッピング後のお姿、基本的にマヨはあまりつけない派。
生地自体の出汁味は薄めなのでソース多めがオススメです。
たこ焼きトッピング後
出来たてはとにかく熱々、大きさも相まって中の熱は焼けど必死。


でもその熱さを乗り越えて頂くとろ~りとろとろの生地はうまい!
外はふわっとして少しカリッと、そして中は申し分ないとろとろ。
たこ焼き断面
外見だけでなく中のタコさんも大きいぶつ切りが入ってます。

大きいけどふわとろだからおやつ感覚でぺろりといけちゃう。
ふわとろ派も大満足のたこ焼きへの賛辞は”海鮮シチュー”
シチューのようにとろりとしていて美味しくてとろけちゃいそう。




まずは大本命のたこ焼きをクリアしてからの上野散策グルメ♪
グルメはもちろんお店がひしめくアメ横は歩くだけでも楽しい。

途中、アメ横の赤提灯を背景ににゃんこをモフモフしたり。
アメ横のにゃんこ


「いらっしゃいませ」の上に鎮座しているのは看板猫かしら。
アメ横のにゃんこ





そして続く上野グルメは…たこ焼き2ターン目来ちゃいました!
大だこ焼 6ヶ入り 300円
大だこ焼 6ヶ入り
盛り沢山の上野アメ横グルメの誘惑の中でまさかのリピート。
しかも今回ももちろん行列に並んでまでのたこ焼きリピート。


他にも頂いてきた上野アメ横グルメも追ってご紹介しますが、
一番は大好きなたこ焼きを安く美味しくのみなとやさんでした。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑家の近くにあったら日参してしてるであろうたこ焼きです。

「陳家私菜 (チンカシサイ) 五反田店」

2017.04.24.Mon.07:24
飲食店ひしめく五反田、その中でも中華料理屋さん多いです。

ほとんどのお店は中国人の方が切り盛りされている本場もん。
ひとくくりに中華料理と言っても地方にもより色々ありますが…。


特にランチはどこのお店も手頃なお値段でボリューム満点。
サラリーマン街五反田の胃袋を支えてるであろう中華料理。


わたし達もいくつかの中華に訪問しましたがこちらは初めて。
外観
細い入り口から細い階段を上がって2階にあるお店です。
都内に他にも何店舗かある結構有名どころだったみたい。


すでに13時半もまわったところでしたが店内はすごい賑わい。
ほぼ満席の店内で店員さんが戦場のように働かれています。



席について注文を済ませたら、セルフサービスコーナーへ。
セルフサービスのランチセット
中華風サラダ・水餃子(1人3ヶまで)・スープ・ご飯はセルフ式。
ランチを頼めばこれらがついてくるのは嬉しいサービスです。



瓶ビール 620円も頼んじゃてこれだけでつまめちゃいます♪
ランチセット(水餃子・サラダ・スープ)
水餃子は手作りの皮がもちもちっとしていて美味しいです。
それにピリ辛のキャベツと春雨のサラダ、中華風玉子スープ。






皇帝口水鶏(本場四川やみつきよだれ鶏) 800円
皇帝口水鶏(本場四川やみつきよだれ鶏)
見るからに辛そうな赤いタレの上に鶏肉の山が鎮座してます。
胡瓜やもやしで多少底上げされていてもかなりのボリューム。

鶏肉はしっとりしていて皮も身も柔らかく、鶏の旨みがぎゅっと。

それに香辛料(主に四川山椒の風味を感じました)たっぷりの
辛いタレを合わせたら正によだれもたまる口水鶏、うま~い。

かなり辛みは強めですが唐辛子よりか複雑な香辛料の辛み。
辛いと言いながらも鶏肉の旨みも相まって止まらない美味しさ。

ランチはご飯もセットですが、個人的にはビールのお供ですね。






元祖麻辣汁無刀削麺 800円
元祖麻辣汁無刀削麺
「麻辣」とつくのに辛く見えない…と思ったら底に真っ赤なタレ。


もちもちとした独特の食感の刀削麺、好きなんですよね~。
麺を削ることで厚みにばらつきが出るのも好きなところです。
刀削麺アップ
よく混ぜるとあっという間に麺が麻辣色に染まっていきます。
もちっとした麺の食感に続いて舌が香辛料でピリリと痺れる~。

肉味噌やナッツ、ネギのトッピングも混ぜこぜして美味しい。

ランチの刀削麺は大盛り無料ですが…普通でもかなりの量。
でも辛い旨いの麺は箸が進むってもんでお腹いっぱいで完食。


今まで五反田の他のお店でも刀削麺を食べてきましたけど、
ここのが何が違うのかはよく分かりませんが一番好みかも。

刀削麺そのものだけじゃなくて香辛料のタレとか含めて好き。




他のランチセットも基本的に800円でどれもボリューム満点。
サラリーマンでごった返していたのも納得の中華料理屋さん。
お客様との三つの約束

次は夜に訪問してお酒と一緒に色々つまんでみたいです♪
ビール+棒餃子+小皿のお疲れさまセット980円が気になる。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑五反田の中華ワールドまだまだ奥が深そうです~。

「新宿御苑 ろまん亭」

2017.04.21.Fri.19:47
クーポンサイト: GROUPON
割引: 6,000円 → 3,000円 (50%OFF)
内容: 飲み放題付きコース


新宿御苑散策からの素敵なお店(クーポンだけど)でディナー。
本日のデートプランはこれで決まりとお出かけして参りました♪

お店は新宿御苑の四ッ谷側の出口の前にあります。
大分新宿の中心部のガヤガヤから離れて落ち着いた界隈。
外観



大正ロマンをイメージしたと言うのも納得の素敵な店内です。
照明も控えめに木を基調とした店内を蝋燭の灯りが照らします。
内観


そして通されたのがびっくり、ソファ席…と言うか王様席ですか?
ソファ席
窓際の席も捨てがたいけど、王様ソファにどっしりもいいかも。




飲み放題の生ビールは嬉しい「アサヒ 琥珀の時間」です。
普段飲むビールと違う、アンバー色が綺麗な味わいある一杯。
飲み放題のビール(アサヒ 琥珀の時間)
断酒中の旦那様のソフトドリンクは場外で…(イジケ中、泣)






オードブル3種 (生ハム・スモークサーモン・鴨のスモーク)
オードブル3種(生ハム・スモークサーモン・鴨のスモーク)
スモークサーモンにいくらが乗っかって親子になってます♪

ひとつひとつの質の良さが感じられるワインに合う前菜達。
ビールが残ってましたがスパークリングもお供に頂いちゃった。


ちなみにお料理は全て一人一皿ずつコース仕立てで提供。
クーポンって大皿料理が多いから自分だけのお皿が贅沢。





本日のシーザーサラダ
本日のシーザーサラダ
クリーミーなドレッシングがたっぷりかかった美味しいサラダ。
トッピングはクルトンではなく砕いたコーンフレーク(?)が面白い。

所謂シーザーサラダとは少し違う感じですけどこれで美味しい。






コースの次に控えるお魚料理の前に、そのお魚が登場です。
調理前の鯛
立派な鯛さん、これからさばきますとのことで期待も高まるもの。


鮮魚(鯛)のポワレ
鮮魚(鯛)のポワレ
身厚でふっくらとして柔らかな鯛さん、とっても美味しいです!

大葉を使って和テイストも入ったソースは上品で控えめなお味。
あくまで鯛の素材のお味が主役で、それを引き立てるソース。

更には周りにまぶされている赤色の粒はカリカリ梅なんです。
酸味とカリッとした食感は、ふっくらした鯛とのいいコントラスト。

和風のポアレとも言えるお魚のお皿は洗練された美味でした。






国産黒毛和牛のローストビーフ
国産黒毛和牛のローストビーフ
ローストビーフ…と言うよりもステーキと見紛うようなお姿です。


美しいロゼ色の赤身には、脂のさしが綺麗に入っています~。
ローストビーフアップ
舌の上でとろけるような脂、噛むとじんわりと溢れ出る肉汁…。
普段は赤身肉の方が馴染みがありますが、脂の甘みに悶絶。

そんな旨みと甘みを山葵がきゅっと引き締めてくれています。
その山葵もツンとした辛みの中に甘みも感じられる上質なもの。

いいお肉であることも、最高の状態で出してることも間違いなし。
醤油と山葵で頂くローストビーフ、自慢の逸品と言うのも頷けます。






うなぎとろろご飯
うなぎとろろご飯
お魚、お肉と来て〆のものがうなぎなんて贅沢過ぎです~。
うなぎの蒲焼にとろろの相性はばっちり、ご飯も進みます。






至れり尽くせりのコースのラスト、デザートにも抜かりなし。
わらび餅か、時期的に桜餅も選べるとのことで…どっちも!

自家製わらびもち
自家製わらびもち
ぷるんぷるんのわらびもちは上品な甘みの黒蜜と黄な粉で。
まるでこのわらびもちを食べるために和カフェに来たような気分。



さくら餅
さくら餅
道明寺タイプのさくら餅、餡は甘さ控えめのなめらかなこし餡。
桜の香りと優しい塩気もきいていて春を感じる季節の和菓子。

栗が添えられていて色合いもよく、和の食器にもよく映えます。
わらびもち同様これだけで完成されていて茶室で出てきそう。



上品な甘味のお供にありがたい、食後の珈琲までも飲み放題。
食後の珈琲
濃い目に丁寧に入れられたであろうコーヒーでほっと一息。
これまでの美味しいお料理達の余韻を楽しむひとときです。




お店の雰囲気も、お料理も、店員さんのサービスまでも大満足!
店員さんも付かず離れずの丁寧な接客で居心地良かったです。

近頃当たりクーポンが多いですけど、その中でも絶賛したいほど。

ディナーはもちろん、昼カフェがてらでも再訪したい素敵なお店。
新宿御苑を散策してからのカフェタイムなんかにもお勧めです。

帰る際は店の外まで見送って下さったお店の方に感謝を込めて…。




オマケ: 花より団子ですが、新宿御苑の桜も楽しみましたよ。
新宿御苑の桜


ソメイヨシノは葉桜でしたが満開のお花も多くて華やかでした。
新宿御苑の桜

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑クーポングルメで素敵なお店との出会いがまたひとつ。
弱小ブログながらお店への感謝も兼ねて書かせて頂いてます。