休日出勤が続く日々でしたが…楽しみがあるから頑張れる。
お久しぶりの海外、バンコクへ食べ歩きの旅して参りました!

シンハービール呑んだくれて食べまくりましたのご報告です♪



バンコクへは成田からシンガポールのLCC、scootにて出発。
scootで出発!
成田空港でLCCと言えば新しくできた第3ターミナルですが、
scootは第2ターミナルでチェックインもスムーズで快適でした。


scootは持込の酒・食べ物の機内での飲食は禁止されてるので、
(食べたければ機内販売で買えと)ボーディング前に腹ごしらえ。

「すし三崎丸 成田空港第2ビル」
外観
家近の目黒にも回転寿司の店舗(海鮮三崎港)がある系列です。

海外に出る前にお寿司を食べるって定番のチョイスですよね。
でも本当はラーメン(空海)に行きたかったけど閉まっていたの。



いくらねぎまぐろ丼 980円 + うどんセット(小) 200円
いくらねぎまぐろ+うどんセット(小)
左上端にこそっとビール 500円が写りこんでいるのはご愛嬌~。



伏見 1,780円 (あおさのお味噌汁付)
伏見
丼もお寿司もそれなりに美味しいしそれほど高くもないけれど、
近頃家近の居酒屋さんで魚の舌が肥えてしまって…まぁまぁ。

旦那様と舌が肥えてしまうのも嬉し、悩ましいねぇと言う話に。







長い前置きとなりましたが約6時間弱のフライトでバンコク到着!
バンコクの路地
いきなり景色変わって東南アジアらしい雑多な路地に突入です。


着いたからには即刻タイビールで乾杯したいところでしたが…
11時~14時/17時~24時以外はお酒販売禁止
法律(?)で11時~14時・17時~24時以外はお酒の販売禁止。
コンビニではお酒のブースにシャッターが降りているところも。

ホテルにチェックインして繰り出そうとした時の時間は16時半。

30分くらい待てばと言う後少しのところなのですがいかんせん
scootの持込禁止のおかげで実質8時間以上も酒なし食なし…。
(機内販売で缶ビール330mlが650円もしたので買うはずもなく)



空腹と酒欲に耐えながらバンコクの路地を彷徨っていたら、
観光客もいない小さな売店で時間前にビールGET出来ました。

これがバンコク初乾杯ビール、LEOとお馴染みのシンハーです。
バンコク乾杯ビール(LEO・SINGHA)
バンコクの暑さにさっぱりとしたビールは水のように飲めちゃう。
ごきゅごきゅと一瞬にして飲み干したビール…サイコーです~!!

ちなみにタイでよく見かけたのがシンハー・チャン(Chang)・LEO。

シンハーが一番高くて、次にChang→LEOの順で少々お安いです。
そのためか地元の方はLEOを飲んでる方が多かった気がします。

個人的な好みとしてはシンハー一番、続いてLEO、Changかな。
どのビールも爽やかでいくらでも飲めるように錯覚する点は同じ。





ビールを手に入れたからには早速腹ごしらえにも突入しますよ。
お腹も空いてたところ、がっつり肉串の屋台に引き寄せられます。
肉串の屋台


お値段はTHB10~15 (40~60円ほど)とお手頃で目移りしちゃう。
※ ご参考までに換金レートはTHB1 ≒ 3.8円で計算しています。
肉串の屋台



指差しで串を選ぶとそのまま渡すのでなく温め直してくれます。
屋台で焼かれる肉串



こちらがバンコク第1食目の戦利品、これだけ買っても250円程。
屋台の戦利品



フライドチキンは揚げたてではないもののとっても美味しい~。
フライドチキン
衣はカリッとして芳ばしくタイらしいスパイスの味付けが病みつき。
お肉もジューシーでかつしっとりとして日本以上にいい肉質かも。

そして間違いなく最高のビールのお供です、かぶりついてビール!
お肉の脂身にもタイのさっぱりビールの相性はもう言うまでも無く。

…後に揚げたてを食べたときの感動はまた後ほどご報告致します。




串の中でも気に入ったのがこちらのお団子みたいなソーセージ。
ソーセージ串
かぶりつくと中には春雨がたっぷり入ってて香辛料の味が強い。
しっかり脂を感じながらも春雨&香辛料効果か脂っぽくありません。

あまり他の国では見ないであろうタイ要素満載のソーセージ。
美味しくってその場でもう1本お代わりしちゃいました、うま~い♪






とりあえずビールとお肉でお腹もホッとして本格的に散策開始。
今回はいつもの食べ歩きに加えてバンコクのにゃんこも参入。
バンコク猫
くつろぎの南国にゃんこ達がそこいらにいてるもんですから…。



しかもほとんどのにゃんこ達が抵抗なくもふもふさせてくれます。
むしろ撫でてとばかりに擦り寄ってくる子達もいっぱいいるの。
バンコク猫



日本はツレナイ猫達ばかりなので、もはやバンコクは猫天国。
バンコク猫




たくさん呑んだくれて、たくさんにゃんこ達と戯れたバンコク旅。
しばらくいつもの東京食べ歩きと平行してレポートして参ります。
バンコクの路地で飲み歩き♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑タイのビールにも、にゃんこにもぽちっと応援お願いします!




7月にオープンしてから、8月時点で早くも2度目の訪問です。
お店ののれん
前回食べそびれたお店の名物、鶏の半身揚げor蒸しを頂かねば。




何にせよまずはかんぱ~いの生、プレモル香るエール 431円。
生プレモル 香るエール
風味が強い香るエール、それでもぐびぐび行けちゃう夏の夜~。


そう言えば同じくサントリーが出している「クラフトセレクト」で
いまやI.P.Aなどもお手軽に缶で飲めるようになりましたけど、
それを生ビールに導入してくれる居酒屋さんはないですかねぇ。

香るエールはすでに居酒屋界でも市民権を得ているようなので
続いてはクラフトセレクトで気軽にクラフトのお味も楽しみたい。






大山鶏のレア刺し 三点盛り合わせ (レバー・ハツ・砂肝) 626円
大山鶏のレア刺し 三点盛り合わせ (レバー・ハツ・砂肝)
生ではないけどまるで生のようなねっとりとした鶏もつトリオ。
塩とゴマ油のシンプルな味付けは正にレバ刺し仕様です。

濃厚なレバーにぷりっとした砂肝、柔らかなハツどれも美味しい。
臭みもなくそれぞれの鶏もつが持ってる良さが活きています。


前回に同じく合わせるのはカリフォルニアの赤ワイン 421円。
大山鶏のレア刺しに赤ワイン
口に残るレバーの濃厚な風味と赤ワインの渋みがたまりません。






ホワイトチキンのメンマパクチー 464円
ホワイトチキンのメンマパクチー
軽いつまみのつもりでたのんでみたら当たりの一品でした。

鶏は胸肉と思われますがパサパサせずしっとりとして柔らか。
どの料理でも鶏の肉質の良さが光る、さすがは”とり屋”です。

パクチーは香りが強くて元気なのがたっぷり入っててて嬉しい。






前回の訪問時にクーポン付きのちらしを頂いてたのですが…
クーポン付きのちらし
よく見ると「3名以上のお客様」の注釈があったじゃないですか。

でも店長さんが快く2名でも大丈夫ですよ~と請け負ってくれて、
更にちらしの半身揚げ→半身蒸しに変更までOKしてくれました。



そんな訳で大山鶏の半身蒸し 通常880円→クーポンで480円。
大山鶏の半身蒸し
湯気を上げて大きな鶏さんの登場、写真は店員さん切り分け後。

切り分けと言っても最低限の間接部分を切ってもらっただけで、
後は自らがこの巨大な蒸し鶏と美味しく格闘していきますよ~。


熱々言いながら身を割いてみるとじんわりお汁が滴り出ます。
半身蒸しアップ
肉汁が赤く見えますが火が通っていない訳ではありません。

ちょうど絶妙な火の通り具合で身は柔らかくてしっとりとしてます。
お汁は肉汁と言うよりかはまるで鶏出汁スープみたいな旨み汁。

蒸されたおかげか脂や皮身もしつこくなく旨みだけが残ってるよう。
逆に脂が少ない胸身のような部分もパサつかずに上品な肉質。

大きくてボリュームもあるけどぺろりといけちゃう美味しい鶏さん。
揚げよりも蒸しの方が鶏そのものの質感や旨みを感じられるかも。

これはお店の名物も納得、鶏の美味しさ全てを堪能致しました~。






那須御養卵のオムレツ風卵焼き(ニラ) 680円
那須御養卵のオムレツ風卵焼き(ニラ)
ニラの他に同じお値段で明太子、チーズ入りのもありました。


表面を箸で触れるだけでぷるっとなって、お楽しみは断面…
卵焼き断面
とろっとろでふわふわの黄金色の半熟玉子のお出ましです~。
真ん中を縦に切ってたらオムライスの上に乗っかってるやつね。

色からも分かる濃厚な玉子のお味は甘みを感じられるほど。
ニラと言うクセのある食材すら玉子のインパクトに負けてます。

一体何個の”那須御養卵”を使っているのか…贅沢な卵焼き。





生ビール6杯に赤ワインも飲んで、お会計は5,300円弱と明朗。
はじめから最後までひたすら”鶏”を堪能、”とり屋”を堪能でした。

同じく五反田に小樽の半身揚げの有名店「なるとキッチン」も
出来ましたし食べ比べもしてみたい、意外や半身揚げ激戦区?

でも半身蒸しは(多分)五反田でここしか食べられないおススメ。




その後向かいにある「82 ALE HOUSE」でギネス 1Pintを飲み…
ギネス 1Pint


更に駅前の「銀だこハイボール横丁」に寄ってたこ焼で〆ました。
たこ焼 8個
ちなみに駅の改札すぐの絶好の立地でいつも賑わってましたが、
9月18日を持って「銀だこハイボール横丁」は閉店となりました…。

建物は取り壊すそうで次は何が出来るのかしら、飲食店がいいな。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑あ、家に帰ってからラーメン&ビールもしてたわ(てへぺろ←古い)



2017.09.19 「MARCATO (マルカート)」不動前

ランチにピザが食べたい気分だぞ、で家近で調べてみたら
不動前の「Pizzeria Vento e Mare (ピッツェリア ベントエマーレ)」が
まず一番に出てきたので行ってみると残念ながら定休日…。


じゃあどうしようか、となったところでそう言えば不動前駅すぐに
ピザ屋さんを見かけたような…と言うくだりで初訪問となりました。
外観
本命の代打だったのですがそれが想像以上の素敵な出会いに。



チェーンの焼肉屋さんの上にあるお店、外の階段を上ってお店へ。
お店に入るとすぐ横にシンプルで立派なピザ釜が鎮座しています。
ピザ釜


店内は手前にカウンター席、奥はテーブル席で結構広いです。
内観
何故かプロジェクタで「君の名は」を字幕付きで放映してました。





ランチメニューはピザが5種類、パスタ3種類にリゾットが1種。
サラダとコーヒーが付いてリゾット以外は税込み1,000円です。
紅茶とランチメニュー
無料で出てくるドリンクは水じゃなくてアイスティーなのが嬉しい。
ちゃんと茶葉から出しているのが分かる美味しいアイスティー。


しかも今週はアールグレーとのことで週によって変わるこだわり。
ランチの紅茶(アールグレイ)
基本店員さんが都度注いでくれますががぶがぶ飲んでいたら
セルフサービスでボトルごと置いといてくれて気軽に飲み放題。






ランチのサラダはセットで”付いてくる”と思えないくらいの盛り。
ランチサラダ
たっぷりの粉チーズとオイルのシンプルなグリーンサラダです。
お皿いっぱいの葉物はしゃっきしゃきで瑞々しくて美味しい~。

例のごとく葉っぱ大好き旦那様はむしゃむしゃとウサギ化(笑)






マルゲリータ (+200円で水牛モッツァレラに変更)
マルゲリータ(水牛モッツァレラ)
どーんとまず大きさにびっくり、他のとこの1.5倍くらいありません!?
ぷっくらと膨らんでいい焦げ目がついたミミの部分、美味しそう~。




ガンベレッティ
(小エビ・ズッキーニ・モッツァレラ・パルミジャーノ・生クリーム)
ガンベレッティ
好みはトマトソースですがシェアするのでホワイト系もチョイス。





見た目の予想を裏切らずもっちもちの生地が美味しいです~。
程よく気泡が入ったミミはもっちり感が強くて、表面は芳ばしい。
マルゲリータアップ
色鮮やかなトマトソースはフレッシュでジューシーと思えるくらい。
トマトの酸味と甘みのバランスもよくてピザ生地を引き立てます。

普通のモッツァレラを+200円で水牛のに変えてみましたけど、
生地やソースが美味しいからそのままでも十分に良かったかも。





普段わたし達は馴染みないホワイトソースも重くなくて美味しい。
生地がもっちりと厚めなので濃厚なソースにも負けてません。
ピザミミアップ
ズッキーニやぷりぷりの小エビもいいアクセントになっています。


もちもち、むっちりとした生地でこの大きさはとてもボリューミー!
腹減り旦那様と一緒に完食しましたが女子1人では厳しいやも。

お腹ぱんぱんになりながらも美味しいピザを食べられた満足感。
わたし達好みのナポリピザが本近くで頂けるなんて灯台下暗し。






食後のコーヒー(ホットorアイス)はテイクアウトカップでの提供。
ランチドリンクのアイスコーヒー
紅茶と同じくコーヒーもちゃんと入れているであろう美味しいもの。



アイスコーヒー片手に食後の腹ごなしのお散歩と参りました。
お散歩中のお花




ピザの質、大きさ、ドリンクにサラダひっくるめてコスパ良すぎ!

五反田の「ガリバルディ」が閉店してから家近ピザ難民でしたが
美味しくてボリュームあってしかも安いお店見つけちゃいました♪

まだはじめのくだりの有名店「ピッツェリア ベントエマーレ」は
未訪問なので比べられませんがこちらもリピート確実の名店認定。

ボトルワインも2,500円からあるのでワイン片手にピザもいいなぁ。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑行って初めて分かる食べログなどの情報網に埋もれてる名店。
調べグセに頼り過ぎてるといいお店を見逃してることあるのかも。



2017.09.13 「YEBIS BAR (エビスバー) 大崎店」

大崎にはキリン・エビスと大手のビールバーが2軒ありますが
キリンシティの方が屋外席があるので訪問頻度は多めでした。

やっぱり外の風に吹かれながらのビールっていいもんですし♪


今回はエビスの方に、大崎ニューシティ2階の飲食街にあります。
外観


9月の「日本旬紀行」、秋の味覚と言うお目当てもあったしね。
日本旬紀行





ビアバーならではタップから丁寧に注がれたビールで乾杯♪
エビス&エビス(ハーフ&ハーフ) 567円 ・ エビスビール 567円
エビス&エビス(ハーフ&ハーフ) ・ エビスビール
グラスなので量は少なめ、でも泡もクリーミーで美味しい~~。
1杯目でぐびぐびいっちゃうけど本来ならもっと味わうべきよね。

ちなみにハーフ&ハーフはエビスとプレミアムブラックの間の子。



ふとコースターを見ると濡れた部分にエビス様が浮き出てる!!
コースターに浮かび上がるエビス様
粋な演出が嬉しい、それにエビス様ですからおめでたい気分。






秋刀魚のカルパッチョ 810円
秋刀魚のカルパッチョ
ビール以外でのお目当ては秋の味覚、今年初の秋刀魚です!!
鯵や鰯などの青魚大好きなので秋刀魚は秋一番のお楽しみ。

脂乗りが良くて、青魚独特の旨みを主張するサンマ美味しい~。
焼きとはまた違う、とろけるような生のサンマの脂身が堪らない。

シンプルな和風のドレッシングはサンマのお味を邪魔しません。
オニスラと一緒にさっぱりと、それもサンマの脂を引き立てます。

幸先の良い美味しい今年の秋刀魚スタートにご満悦なのでした。






エビス 華みやび 734円 ・ エビスプレミアムブラック 567円
エビス 華みやび ・ エビスプレミアムブラック
華みやびは今年新発売されたエビス初のホワイトビールです。
「華」と付く通りフルーティーで華やかな味わいのヴァイツェン系。

気に入って家でも缶で飲んでいますが生で頂くとまた違いました。
フルーティーさとか風味とか缶と比べちゃうと生は郡を抜いてます。

生で飲んで華みやびの美味しさをちゃんと知ったような気がする。



ちょうど華みやびのキャンペーンをやっていてくじを引いたら…
※ 華みやび1杯注文につき、その場で1回くじを引けます。
華みやびのキャンペーンくじで1等!
なんと1等の当たり、500円割引サービス券×2獲得致しました!
旦那様が引き当てましたが日頃の行いかしら…どうかしらね(笑)






知床鶏のチキンバスケット 842円
知床鶏のチキンバスケット
ごろっと大きなサイズの唐揚げが4個、もちろん揚げたて熱々。
食べる前から片手にビールを用意したくなるビールのお友達。


衣は薄くて素揚げに近いくらいですが外はカリッとしています。
そして中はお約束の肉汁じゅわ~っときて柔らかなお肉です。
チキンアップ
知床鶏さん、肉質はしっとりとして上品で脂もしつこく感じません。
近頃唐揚げ欲が著しい旦那様もこれは美味しいやつだ、と認定。

ボリューミーですがビールと一緒にかる~く頂けちゃいましたよ。






エビス 華みやび 734円 ・ エビススタウトクリーミートップ 669円
エビス 華みやび ・ エビススタウトクリーミートップ
生の華みやびが美味しくてお代わり、2回目のくじはハズレ…。

スタウトは華みやびとは対照的なずっしりとした重厚な黒ビール。
泡がとてもクリーミーでコクがあってギネスと似ている感じです。

ゆっくりと飲んでスタウトの重みのような贅沢な風味を味わいたい。
先のプレミアムブラックよりも黒ビールで言えば絶対こっちです。






秋茄子と秋刀魚の蒲焼 842円
秋茄子と秋刀魚の蒲焼
生でも美味しい、塩焼きはもちろん、そして蒲焼も美味しかった。

うなぎの蒲焼と同じ濃い目の味付けだけどサンマのお味は健在。
身はふっくらとして高級食材の鰻に負けないサンマの美味しさよ。

よく油がなじんでとろとろになった秋茄子もまた美味しかった~。
油のカロリーなんて気にしない、茄子と油の相性は最高ですね。






美味しいビールと旬のお供を頂いて、お会計は6,300円ちょい。
ビアバーやパブは概してお通し・サービス料がないのが嬉しい。

お会計のレジで1等の当たりくじを割引券と交換してほくほく♪
500円券×2枚
ふらりと寄って美味しいビール1杯飲んで去るのもありじゃない。
…とは言ってもビール1杯で済むようなわたし達でありませんが。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑では問題です、この中に何人エビス様が登場したでしょうか?



2017.09.11 「酒菜庵 ちゃぼうず」銀座

クーポンサイト: GROUPON
割引: 5,400円 → 2,700円 (50%OFF)
内容: 飲み放題付きコース

1年半くらい前にもほぼ同じ内容のクーポンで訪問したお店。
いいお店だったので久しぶりのクーポン再販に飛びつきました。

再訪もまたクーポンでお店にはちょっと申し訳ないですが…。


銀座の路地の雑居ビル2階、こんなところに的な隠れ家です。
入り口の看板
飲食ビルと言う訳でもなくてここだけしっぽりとした和食屋さん。



前回と同じく厨房前のカウンター席の端っこに落ち着きました。

飲み放題の生ビールは愛するエビス、銘柄も大事なお年頃。
エビスビールと飲み放題メニュー
以前はビールの銘柄なんて気にも留めていなかったのに、
今やクラフトビールまで選択肢に進出してきて贅沢な悩みです。





手作り先付け (タコと大根、昆布の酢の物)
手作り先付け(タコと大根、昆布の酢の物)
少し甘みも感じられる酸味も優しい酢の物、タコ柔らかい~。
そう言えば前回はお正月明けに訪問して紅白なますだったな。






ぷりぷりエビとアボカドの生春巻
ぷりぷりエビとアボカドの生春巻
たっぷりの葉物の上にトッピングされた生春巻はサラダ感覚。
スイートチリのドレッシングに散らばったナッツもいいアクセント。

ぷりぷりエビもアボガドもサラダの一要素になってる感じです。
生春巻きと言うよりかは美味しいエスニック風のサラダ、かな。






5種類大皿盛り合わせ
雲丹プリン・ワサビ漬け・豆腐クリームチーズのバジルソース
揚げパスタの下にげそ揚げ&まぐろの竜田揚げのラインナップ。
5種類大皿盛り合わせ
どれもお酒に合うこと間違いなしの呑み助仕様の大皿じゃない♪
和食屋さんとあって中でも日本酒と相性が良さそうなものばかり。

揚げ物でもイカゲソとくれば味があって日本酒もまたいいのよね。


その中でお店の一押しは雲丹プリン、もちろんスイーツにあらず。
雲丹プリン
贅沢にも雲丹トッピング、出汁のソースの下に濃厚雲丹プリン。
少し出汁の味が強い感じですがそれにも負けないうにの風味。

なめらかさはプリンそのもの、でも口の中は雲丹でいっぱい~。
瓶詰めとかのなんちゃって雲丹(失礼)じゃなくてちゃんと生のうに。

雲丹がしっかりと主張しているので出汁ソースなくてもいいくらい。

うにのまろやかな甘みを思えばスイーツも間違いでないのかも?






ちゃぼうず名物!! 絶品ごぼうの唐揚
ちゃぼうず名物!! 絶品ごぼうの唐揚
しっかり煮込んで柔らかくなったごぼうを揚げたタイプの唐揚げ。
かなり1本が太いにも関わらずほっくりとして柔らかい食感です。

家で作るときは醤油と酒に漬け込んでそのまま揚げちゃうけど、
煮る手間を加えることで味も染みてごぼうの繊維まで柔らかい。

歯ごたえあるのもいいけどこちらの優しいごぼうの食感もいい。






手造りすくい豆富と有機野菜のサラダ
手造りすくい豆富と有機野菜のサラダ
生春巻ですでにサラダを食した気分でしたがもう一品野菜もの。

トマトの甘みや葉物の瑞々しさに野菜の素の美味しさを堪能。
シンプルな和風サラダだからこそ素材の良さが際立つのかも。

特に葉物が大好きな旦那様、うさぎのようにもりもり食べます。






超特大バチマグロカマ焼き
超特大バチマグロカマ焼き
どーんと巨大なお皿の上に、更にどーんとはみ出るくらいのカマ!

近頃家近の居酒屋さんでマグロアゴ焼きをよく頂いていますが
やっぱりカマは大きさが違います、出てくるとおぉっとなる迫力。


大きな骨にふっくらとした身が上下左右(?)にへばりついてます。
バチマグロカマアップ
特に骨の下の血合いの部分はいつもながらお気に入りのとこ。

肉とはまた違うまぐろの脂と鬼おろしとの相性もばっちりです。

美味しいけどいつも食べているアゴ焼きと肉質は同じ感じかな。
ボリュームと言う意味ではカマの方が思う存分味わえる満足感。






残すところ〆のご飯と汁もの…と言うところで厨房を覗き見して
気になってたお刺身盛り合わせ(2人前) 1,980円をたのんだら…
お刺身盛り合わせ(二人前)
んん??? なんだかお値段の割りに随分寂しくありませんか???
お刺身は5種2切れずつ、身は厚いですが…色味が少ないから?


さすがに遠慮がちに聞いてみると…いきなりマグロ2切れ追加!!
まぐろ刺し追加
聞いた人だけにサービスですってすごい立派な鮪にびっくり。
分厚いマグロは赤身なれどとろけるようでとっても美味しい~。

これがありとなしじゃあ、刺し盛りの印象が全く違いますよ!!?

他のお魚達も鮮度がよいし、昆布締めのひと技もあったりで
十二分に美味しいお刺身なれど鮪のインパクトは大きかった。

…逆にこの鮪がなかったら何か上品過ぎて消化不良だったかも。



ここで店員さんよりそんなマグロ好きさんにイベントのご紹介。
13周年企画
お店の13周年記念イベント…気づけば日付は今日じゃないか!!
マグロ解体ショーにフリードリンクもあって、お値段はカンパ制。

もう始まっちゃってますね、今さらですがご都合の合う方は是非。
当ブログの更新が遅いせいで事前宣伝が出来ずに不甲斐ない。

ちなみに自身は悲しいかな絶賛仕事中につき参加叶わず…。






最後にお味噌汁と、キムチの炊き込みご飯を頂いてご馳走様。
お味噌汁と本日のお食事(キムチの炊き込みご飯)
キムチ炒飯はよく聞きますが炊き込みご飯は珍しいかもです。
辛みはほとんどなくてキムチの甘辛い旨みが染みた優しいご飯。

お腹いっぱいと言ってたら丁寧に包んでお土産にしてくれました。



最後に今更ですがこちらのお店、サービスが決め細やかなんです。
トイレに立つとその度に新しいおしぼりを用意してくれるとか…。

ちょっと恐縮しちゃうくらい丁寧ですけどありがたいお心遣いです。


今回も上品で美味しい和食とサービスに大満足のクーポンでした。




そして帰り際に家近の「キリンシティ 大崎店」でビール2次会して…
達人ブレンド・一番搾りスタウト(黒生)
夜明けまで飲んだくれた飲兵衛夫婦の長い夜、ご馳走様でした。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑今頃お店はマグロ祭の真っ最中なのね…行ってみたかったな。