「ジンギスカン羊一 五反田西口店」

2017.03.14.Tue.23:31
北海道に旅行した際、海鮮ものは大満喫致しましたが
名物ジンギスカンを食べ損ねていたので家近でリベンジ。

こんなところにジンギスカン専門店なんてあったっけか…
と思ったら去年の11月に出来たばかりの新しいお店でした。
外観
飲食店が並ぶ界隈の2階、以前は何があったか思い出せない。




何も注文しないでもまずはジンギスカン鍋がセットされます。
中には赤々とした炭火が鎮座していてかなりの熱気です。
ジンギスカン鍋
こちらは専門店なのでジンギスカンセット(お肉と玉ねぎ)が
必ず人数分(1,058円@人)用意されてそこからがスタートです。




何を食べるにせよビールでかんぱーい☆しなきゃ始まらない。
ジンギスカン→北海道つながりなのか銘柄はサッポロ黒ラベル。
生ビール
わたしはジョッキ 518円、節酒中の旦那様はグラス 410円。
また2人で飲んだくれ歩きしたいので復帰を待ち望むばかり(泣)

ちなみに店員さんは迷わずわたしにグラスを渡しました(笑)






ジンギスカンセットのお肉二人前(緑の器に牛脂が入ってました)
ジンギスカンのお肉(二人前)
ジンギスカンで想像するよりも厚切りで美しいお色のお肉です。
脂の入り加減もよく、艶かしいロゼ色の赤身に期待が高まる~。





テーブル横にジンギスカンの召し上がり方指南もありますが、
ジンギスカンの召し上がり方


はじめの1枚目のお肉は店員さんが解説付で焼いてくれます。
最初に店員さんが焼いてくれます
お肉は鍋のラインに沿って置いて、片面がある程度焼けたら
裏返した後はお好みの加減で10秒ほど焼けば十分とのこと。

つまりはかなりのレア焼きが許される新鮮なお肉ってことよね。





タレはさらっとしていて控えめな甘さのある醤油ベース。
ジンギスカンと言うよりかはステーキで使われそうな感じです。
タレにつけて


裏を返せばレア好きに嬉しいもはや生肉に近い状態です~。
裏はレアレア焼き
頂いてみてびっくり、全く臭みのないとっても美味しい羊肉!!
羊肉の独特の風味は香るのですがそれがむしろ旨みになる。

柔らかいお肉は厚切りなので羊肉ステーキを食べてる気分。

あっさりとしたタレはあくまで肉の引き立て役に徹しています。
タレの味付けに頼らずとも、そしてレアでも美味しいラム肉。

さすがはジンギスカン専門店を名乗るだけの羊肉、うま~い。






トッピング用にパクチー 410円、かなり盛り盛りで嬉しい。
パクチー(トッピング)
羊肉とパクチー、クセのあるもの同士の相性はばっちり。
どちらも香りの主張がありますがけんかはしないんですよね。


無料トッピングには唐辛子・生にんにく・ゴマが揃っています。
トッピング各種
にんにくは丸ごとですがちゃんと潰す器具置いてありますよ。



基本のジンギスカンセットのお野菜が玉ねぎだけだったので、
途中でもやし 302円を追加注文、鍋にどっさり山になりました。
もやし(追加野菜)
でもパクチーの盛りを考えるともやしで300円って高いかも…。






仔羊肩肉の辛いスープ 561円
仔羊肩肉の辛いスープ
わざわざ2つに分けてくれましたが…いかんせん少な過ぎ!

とろとろに煮込まれた肩肉が2切れずつ計4切れはいいですが、
スープが器の底にちょこっと入っているだけで正直寂しいです。

お肉を増やせとは言いませんがせめてもうちょっとスープを…。

塊で入った肩肉は柔らかくとろけるように美味しかったので、
それ自体は満足感はあるのですが一応スープなんですしね。

少しだけのスープ辛味はそこまで強くない韓国系のお味でした。





旦那様の節酒中(泣)のおかげでお酒はひじょーに控えめで
ビール(ジョッキとグラス)に焼酎1杯飲んでお会計4,700円ほど。

加えてメニューがかなり限定されていて基本のジンギスカン、
追加肉・野菜、軽いおつまみ、スープ・ご飯ものくらいなので
あまり色々と注文して飲むって感じのお店ではありません。


むしろサクッとジンギスカン食べてサッと出て行く感じですね。
ある意味潔いくらいジンギスカン一本で勝負しているのかも。
看板
羊肉気分になったら2軒目ありきで訪問するのがいいかなぁ。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑ジンギスカンと言うより”羊肉”を味わったと言う印象です。
羊肉好きとしては再訪あり、羊肉嫌いも挑戦してみてほしい。

「遊食家 ゆがふ」目黒

2017.03.11.Sat.10:15
定期的にやってくる沖縄料理が食べた~くなる欲求。
特に疲れたときとか、身体が南国パワーを欲してるのかも。

今回は新規開拓ですが五反田で通いなれたお店の系列店。
※五反田のお店→「島たいむ がんじゅう
外観
外でメニューをのぞいてみるとまんま五反田店と一緒でした。
系列店で同じメニュー、同じお値段、果たしてお味も同じかしら。



お店はぐるりと螺旋階段を下って地下にあります。
螺旋階段を下りて地下へ
壁に描かれた沖縄料理のおかげで下る間に頭は沖縄モード。






オリオンビール 600円でまずはかんぱーい☆
オリオン生ビールとお通し
お通し380円@人はキャベツのお浸しのような…と思ったら、
食べてみると食感が柔らかくあっさりとして瓜のような感触。

旦那様の予想だとパパイヤじゃないかな、と言うことでした。
美味しければ何でもいいけれどキャベツよりなんだか嬉しい。






毎度定番のジャンクつまみ、カーリーQポテトフライ 480円。
カーリーQポテトフライ
スパイスの味がクセになるくるくるっと丸まったポテトフライ。
ケチャップもありますが要らないくらいにしっかりスパイス味。
この味付けマックとかでも導入してほしいくらいに好きです。

ちなみに五反田よりポテトの盛りが多いような気がしますが。






これも必ずと言っていい定番、ゴーヤーチャンプルー 750円。
ゴーヤーチャンプルー
沖縄料理の代表格ですが五反田店とかなり分かれました。

五反田はゴーヤの下処理をしっかりして苦味を抜いたタイプ。
こちらはゴーヤの苦味を残してしゃきしゃきとしたタイプです。

ゴーヤの苦味や食感までも愛する身としては目黒に軍配。
それにゴーヤの量も多くてゴーヤ好きにはこっちをおススメ。

五反田も美味しいので個人のゴーヤ感(?)で意見が割れそう。






泡盛はお得なカラカラで、やんばるくいな 980円。
やんばるくいなカラカラ
真ん中に鎮座するかわいいシーサーの陶器がカラカラです。
見た目よりも量が入っていて3杯以上飲むなら絶対にお得。

泡盛も色んな種類がありますがハズレってない気がします。
だからと言ってどれも同じ味と言う訳ではないんですけど。






島豆腐の厚揚げ 480円
島豆腐の厚揚げ
島豆腐関係なく揚げたて作りたての厚揚げって美味しいもの。
更にみちっと詰まった島豆腐となると結構インパクトあります。

厚揚げ好きの旦那様がうまい、とほとんどさらっていきました。






いかすみソーメンチャンプルー 750円
いかすみソーメンチャンプルー
五反田で食してからファンになってしまってもちろんここでも。

同じチャンプルーでもゴーヤのとは全くかぶりませんので、
2品目のチャンプルーと言えど全く違う一品として頂けます。

いかすみは恐らくイカスミ塩辛の瓶(黒作りと言うらしい)を
使っていると思われ所どころ塩辛の小さなイカが混じってます。

イカスミのコクに加えてバターのコクもしっかり主張していて、
ソーメンのイカスミバター炒めとでも言えば想像しやすいかも。

炒めものとしてはイカスミのせいかべちゃっとしていますが、
むしろイカの出汁が絡んでいるような感じでこれが美味しい。

今やゴーヤチャンプルーと並んで外せないマストオーダー。






てびち煮込み 830円
てびち煮込み
いつも悩ましい、ラフテーか、ソーキか、てびちかの肉選択。
それでも結構てびちに軍配が上がることが多い気がします。


骨ごと大きな塊でやってくる、形もそのままの豚足は迫力もの。
爪の形まで綺麗に”豚足”だから見た目が駄目な人もいるかも。
てびち煮込み
でもぷるんぷるんの皮に柔らかな筋と脂はたまらない魅力。
普通のお肉では味わえない”豚足”と言う部位のお楽しみ。

脂身のような部分も多いのですが丁寧に下処理されていて、
恐らくは長い間煮込まれたであろう全く脂っこくはありません。

骨をしゃぶって豚のコラーゲンとかいいものを吸収してる気分。

このてびちばかりは五反田より断然こちらのお店を押します。
あっさりした塩味の味付けも良く、何より塊が大きかったです。






オリオン2杯に、泡盛のカラカラ2杯(やんばるくいなと咲元)で
食べログのクーポン-1,000円利用してお会計は6,600円ほど。

ゴーヤの苦味具合とか、てびちの大きさとか考慮してみると
個人の意見にはなりますが目黒店の方が好みかもしれない。

とは言え目黒川沿いのお座敷席@五反田も捨てがたいですが。



沖縄の南国パワーを頂いた後は元気をもらった気分です♪
沖縄ムード満載

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑家近の沖縄がまた1軒、でも本当の沖縄にも行きたーい!

「北海道弾丸食べ歩き旅行記④」

2017.03.08.Wed.16:04
札幌グルメを満喫した翌日は、少し早起きして一路小樽へ。
弾丸旅は時間に限りがあるので”わたし達にしては”早起き。

その日も晴天に恵まれてさっぽろTV塔が青い空に映えます。
さっぽろテレビ塔


朝ご飯は札幌駅へ向かう地下道の途中のサンドイッチ屋さん。
「珈琲とサンドイッチのお店 さえら」
外観
北海道グルメでサンドイッチは第一に来ないかもしれませんが、
食べログの評価もよく北海道ならではのサンドも頂けるので。




コーヒー(サンドイッチのセットで200円)と、いちごミルク 500円。
コーヒー・いちごミルク
いちごミルクは普段は選ばないチョイスですがこれが大正解。

砂糖よりも苺らしい自然な甘みが勝っていて甘過ぎません。
濃厚な牛乳と苺の甘酸っぱさがバランス良くとっても美味しい。

甘い飲み物は苦手なわたしもこれはまた飲みたいと思うくらい。






たらばがに&えびカツ サンドイッチ 890円
たらばがに&えびカツ
たらばがにが北海道らしくてお店の一押しサンドイッチです。
でもどちらかと言えば感動したのがえびカツの方だったかも。


揚げたてのえびカツは外の衣がかりっかりで中はぷりぷり。
サンドイッチアップ
パンはしっとりとして持つと指型がつくくらいに柔らかいです。
白パンと熱々のえびカツにタルタルソースめちゃくちゃうまーい!

ここまで美味しいと言わしめてくれたサンドイッチは久しぶり。

揚げ物サンドに合わせた、たらばがにサンドはあっさりとして
組み合わせとしてぴったりでした(他に色んなペアがあります)

そこまでたらばがにを強く主張している訳ではないですが、
キャベツのカニ風味サラダと言う感じでこれもまた美味しい。




さすが人気店、店内は女性客でほぼ満席の賑わいでした。
店内
わたし達もサンドイッチといちごミルクで人気もなるほど納得。






腹ごしらえが済んだら電車で小樽へ、札幌駅から30分ちょい。
小樽と言えばこの風景…の定番スポットで抜かりなくパシャリ。
小樽の定番スポット
橋の上は同じような観光客で溢れていました、主に中国人。


かなり雪は積もっていましたがそこまで寒くなく散策も楽々。
線路の名残(手宮線跡地)





小樽散策の一休みに入ったのはお洒落なワインレストラン。
「小樽バイン」
外観
昔の銀行の建造物を利用しているそうでレトロな雰囲気。
ここでワインと食事をするだけでもひとつの観光になりそう。


北海道のワインがかなり種類豊富に取り揃えてあります。
おたるワインメニュー
ワインショップも併設されているのでお気に入りを見つけて
購入することもできます(ショップの方は100銘柄以上あるとか)



北海道ツヴァイゲルト カラフェ(500cc) 2,100円
北海道ツヴァイゲルト(カラフェ)
ツヴァイゲルトって北海道の赤ワインの主力品種だそう、初耳。
結構渋みが強めでこれだけで飲むにはちょっと重みを感じます。


本当は赤ワインのお供に料理も頂いてみたかったのですが、
中途半端な時間帯だったため軽いおつまみのみの提供でした。
(ランチ・ディナータイムには本格的な洋食を頂けるようです)

そんな訳で、ミックスナッツ 340円にワインチェダー 330円。
ミックスナッツ・ワインチェダー
ワインと言えばチーズ、こちらも品揃えがなかなか豊富でした。
時間が良ければ名物のバインチーズフォンデュもあったのに。


ワインチェダーはワインを練りこんだ見た目にも美しいチーズ。
ワインチェダー
チーズのコクやまろやかさが赤ワインの渋みにちょうどいい。






追加で赤ワインに合いそうなデザートも、ガトーショコラ 460円。
ガトーショコラ
どっしりとして濃厚なチョコレートの甘みもまた合うんですよね。
甘さは強いんですが上品で大人向けのガトーショコラでした。



お店の方に小樽のグルメや観光スポットを聞いてみたところ、
お店手作りの可愛い観光MAPで色々教えてもらえましたよ。
手作りの小樽観光MAP






その日は疲れもあり(弾丸だし)イオンで買出ししてホテル晩酌。
イオンで調達してホテル飲み
沖縄旅行の際はイオンで新鮮な沖縄の食材やお惣菜を
たらふく買い込んでホテル晩酌が盛り上がったものでしたが、
北海道のイオンはうーむ…そこまで地元色がなかった感じ。

一応北海道らしいもの(雲丹軍艦や、タコのお寿司、筋子等)を
買ってみましたが鮮度はあまり東京と変わらないくらいかも。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑小樽の本気グルメは明日、最終日の最終章乞うご期待。

「太田屋」不動前

2017.03.07.Tue.07:22
マイベスト赤提灯居酒屋さん、初訪問から頻度高いです。
ノスタルジーのあるこの雰囲気に絶品料理、たまりません。
外観
1人客も多いアットホームなお店はいつでも繁盛しています。
今回も一度満席で断られて、その翌日にリベンジしての訪問。




ここでの乾杯はいつも生ではなくて瓶ビール、大瓶で500円。
お通し200円@人はちくわきゅうりのタルタルソースがけ。
お通しと瓶ビール(サッポロ大瓶)
赤提灯のイメージに引っ張られてか手酌の瓶ビールがいい。
それに大瓶で500円はかなりお値打ち、他だと大概中瓶ですし。

ちくわきゅうり、家ではわさびをつけますがタルタルも合います。
下に玉ねぎなどが敷かれてサラダ仕様の小鉢なのも嬉しい。




乾杯のビールを飲みながら横目で本日のおすすめをチェック。
本日のおすすめメニュー






海の王者からスタミナをもらいたい、ミンク鯨刺身 890円。
ミンク鯨刺身
この濃い血の色とも言えるような生々しいお肉、これぞ鯨。
臭みは全くなく、ねっとりとして馬刺しに近いような感触です。

それでもやっぱり魚の刺身とは違う独特の風味があるので、
これにぶつけるのは濃いお味の芋焼酎がちょうどいいです。

鯨肉と芋焼酎はひとクセのあるもの同士相乗効果でうまい!
それもこれも鯨肉の鮮度と質がいいことが前提ですけどね。






恒例になっている女性客へのサービス、今回は落花生。
女性サービスの落花生
今までにもパイナップルや大根のお漬物など頂きましたよ。
女性で良かったって思うときはこう言うときなのかしらね(笑)






飲兵衛にはたまらない贅沢おつまみ、かに味噌 590円。
かに味噌
小鉢にたんまりとかに味噌、これかなりの量があります。
ちびちびつまみの代表格ですからどんだけお酒が進むのやら。

滑らかで濃いかに味噌、蟹の身より蟹を堪能できるのかも。
蟹の風味を凝縮された蟹のいいとこ取りがきっとかに味噌。


そしてもちろん合わせるのは日本酒でね、お燗で頂きました。
日本酒熱燗






マイベスト赤提灯、これもマイベストなんです。 しろ 130円
しろ
綺麗に下処理されたしろ、見た目も美しいと感じてしまうほど。
肉厚のしろは柔らかくも弾力のあるくにくに食感がたまらない。

甘辛いタレはこってりしてる訳でなくむしろ上品なタレ味です。
くにくにの端々には芳ばしい焦げがついて焼き加減も絶妙。

赤提灯好きとしては焼きトンはお馴染みで鉄板ですけれど、
ここのしろが一番美味しいとは旦那様共々共通の見解です。






旦那様ただ今ブーム真っ只中、とり唐あげ 590円。
とり唐あげ
山盛りでやってきました、所謂竜田揚げ風の唐揚げです。
お醤油と生姜やニンニクで味付けされた定番に間違いなし。

じゅわっと溢れる肉汁に焼けどしながらビールで鎮火しながら。






そろそろ今季の食べ納め冬の味覚、白子ポンズ 890円。
真ダラ 白子ポンズ
去年に北海道で頂きましたが北海道でも高級食材の白子。
それが東京でこのお値段で、この質で頂けるのはとても貴重。

ぷりっとした薄皮からとろぉりとあふれる濃厚な白子クリーム。
ポン酢でさっぱりと頂きながらもその濃厚さが勝っています。

大好きな白子、美味しいもので今季を〆られて良かったです。






しろだけじゃない実力の焼きトン、こぶくろ・かしら 各130円。
こぶくろ・かしら
こぶくろのこりこり食感、肉々しいかしら、塩で引き立ちます。


美味しい焼きトンでまた食べたくなっちゃって…しろおかわり。
しろ(おかわり)
他の焼きトンも美味しい揃いなれどこれが我らの頂点かも。






最後のお品は、今まで周りのお客さんが皆頼んでいたのに
他でも食べられるしと思って敢えて注文していなかったもの。

どこの居酒屋でも見かけますが…まぐろ刺身 890円。
まぐろ刺身
美しい鮮やかな赤色のグラデーションに驚くほどの厚切り。
もう出てきた瞬間に他で食べるものとの違いが見て取れます。

部位は中トロか赤身か、とろけるようなマグロにまず悶絶。
水っぽさのかけらもない魚の旨みの塊のような絶品マグロ。

脂ものってますがが脂の旨みと言うよりすべからく美味しい。
あまりの美味しさに思わずアップで写真をパシャリ。
まぐろアップ
こんなにも美味しいマグロをこの厚みで頂けるなんて贅沢過ぎ!
なるほど皆さんこぞって頼まれるのも納得のまぐろ刺身でした。






最後にいつも定番の嬉しいサービス、しじみのお味噌汁。
サービスのしじみの味噌汁
お酒をたんまり飲んだ後のしじみ汁の心遣いがありがたい。
これでホッと一息つくのが太田屋さんの〆の儀式ですね。



今回も何もかもが満足の太田屋さん、さすがは不動のNo.1。

美味しい逸品達にお酒もがっつり進んでお会計9,000円ちょい。
食べた量と質、飲んだ量にしてはとても良心的なお値段です。
→普通の(飲みすぎない)方ならもっとお安くつくと思われます。

唯一の難点がここに来ると野菜不足になってしまうのよね。
いえ、ちゃんとお野菜のメニューもたくさんあるんですけれど
家でなかなか食べられないものと思うと注文が偏っちゃって。


また次の訪問が楽しみな太田屋さん、春の季節ものにも期待。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑このブログを書いているだけで行きたくなってしまいます。
でもまだまだ”常連さん”を名乗るには道のりは長そうです。

「ALOHA TABLE (アロハテーブル) 大崎」

2017.03.06.Mon.00:16
クーポンサイト: LUXA
割引: 4,940円 → 2,980円 (40%OFF)
内容: 150分飲み放題付コース+乾杯スパークリング


家から歩いて行けるお手軽さから購入してみたクーポン。

それとハワイ料理ってあまり食べる機会がないので興味から。
ロコモコとか、アヒポキとかイメージする料理はあるんですが。

お店は先日中華料理を食べた大崎ブライトコアの並び。
外観
普段は赤提灯の方が馴染みなのでとてもお洒落感を感じます。
店内はサーフボードが飾られていたりとハワイアンアピール。



まずは飲み放題とは別のスパークリングワインで乾杯☆
乾杯スパークリングワイン
少し炭酸が弱めでしたが、白ワインとしても飲めちゃいますし。
(かなり)欲を言えばキリっと冷えて辛口・強めの炭酸が理想的。






ハワイアンローカルコブサラダ
ハワイアンローカルコブサラダ
大皿に色んな食材が盛られた彩りも鮮やかで贅沢なサラダ。

青々しい葉っぱのお味が強いベビーリーフをベースとして、
キヌア・紫玉ねぎ・アルアルファ・トマト・蒸し鶏が乗っかって
見るも綺麗、食べても綺麗になれそうな栄養満点サラダです。

ドレッシングは白いフレンチ系の食材達の邪魔をしないもの。

それを思いっきり混ぜ混ぜして見た目はごっちゃになりますが、
色んなお野菜を一緒くたに頂けば美味しいし、身体も喜ぶ~。






続いてのタパス盛り合わせも種類豊富でとても豪華です!

生春巻き・シュリンプフライ・赤キャベツのエスニック風漬物
アヒポキ(マグロとアボガドのゴマ油和え)・ローストビーフ
タパス盛り合わせ
揚げたてぱりっぱりのシュリンプフライの下には何故かご飯。
そのご飯が何故だか芳ばしいシュリンプフライと相性がいい。

赤キャベツは何かインドカレーの付け合せにありそうなお味。
クミンとかエスニック系のスパイスが結構強くきいています。

生春巻きは意外にもココナッツが入っていてハワイアン仕様。
でも何よりアヒポキを食べるとハワイ料理って感じがします。






ロミロミトマト&モッツァレラチーズピザ
ロミロミトマト&モッツァレラチーズピザ
パリパリ薄生地のおつまみタイプのピザでチーズたっぷり。
もっちり生地のナポリピザが好みだけど別物として美味しい。






スパイシーフリフリチキン
スパイシーフリフリチキン
もしや鶏半身揚げてるのかってくらいのボリューミーな一皿。
山盛りのフライドポテトも付いてハワイと言うかアメリカーン。

チキンは皮目はパリッとしていて身は柔らかくてジューシー。
恐らく揚げではなく焼きであろうロティサリーチキンに近い感じ。

2ピースありますが部位が違うようで異なる肉質を楽しめます。






巨大なチキンに続いては…巨大なポークスペアリブの登場。
ポークスペアリブ
もう3Dで飛び出しているかのような大きな肉塊にびっくり。

でもスペアリブって骨も太いし食べるところはそこまで…
スペアリブアップ
と思っていたら骨以上に分厚いお肉がくっついておりました。
もちろん手づかみで豪快にがぶり、口の周りがソースまみれ。

見た目より脂っぽくなくてむしろ少しパサパサとしているかも。
よくスペアリブで聞くほろりと柔らかく…と言う風ではないです。

でも程よい脂身としっかりとした肉質のお肉はバランスも良く。
それに甘めのBBQソースがまた食欲をそそって意外とペロリ。

チキンに続いてポークの肉塊もがっつり攻略してやりましたよ!






かなりお腹が膨れたとこで…ガーリックキムチフライドライス。
ガーリックキムチフライドライス
熱々の鉄のお皿にキムチにご飯って石焼ビビンバみたい。
その通りでご飯をお皿に押し付けると少しおこげが出来ます。

ガーリックの風味はそこまでなくて、コーンが一番のアクセント。
キムチの辛みの中に甘いコーンは不思議といいマッチング。

余ったら持って帰れるかな…とか話をしていた割にはご完食。
キムチ効果か、コーンか、いつの間にか食が進んでいました。






デザートのハワイアンジェラートはマンゴーでした。
ハワイアンジェラート(マンゴー)
とーっても甘くて、旦那様に至ってはマンゴー餡子?と言うほど。

アメリカンスイーツは甘いよね、南国は甘いデザート多いよね。
アメリカの南国ハワイ、ダブルパンチの甘さできたのかも…。


これにはすかさず別注文でコーヒー 380円をお供に。
別注のホットコーヒー
甘~いスイーツに苦く濃いブラックコーヒーがよく合います。




盛り沢山でボリューミーなハワイ料理に大満足でご馳走様。

お店の雰囲気も良く、女子会など女性客が多かったです。
飲み放題も南国カクテルなど女子好みが充実していました。

個人的にはパイナップルビールが爽やかで美味しかった~。


ハワイに旅行したいなぁと思わせるプチハワイなお店でした。
ハワイアンコースター

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑いつか(出来たら近いうちに)ハワイ食べ歩き旅行記も…。
食の好奇心満載な食べ歩きに応援よろしくお願いします!