FC2ブログ

3泊4日のホーチミンあっという間に最終日…飲んで食べて満喫して参ります!

いつものブイビエン通りでスタート、昨晩の喧騒と同じ場所とは思えない風景。
朝のブイビエン通り
ここは夜の顔が本領発揮と言うか、あるべき姿なんだろうなぁって思います。




近くで見つけたバインミーの出店で軽食調達、もうお昼近くですが朝ごはん。
バインミーの出店


お肉のバインミーVND20,000(約100円)チョイス、その場で作ってくれます。

ちゃっちゃと手際よく作っていくお母さんの手元に興味津々で横から凝視。
パンは年季の入ってそうなトースターで軽くあっためてくれてたのが嬉しい。
その場で作ってくれるバインミー
お肉も色々あって全部入れるかと言われたら、そりゃもちろんお願いします!






1分足らずで手早く出来上がり、バインミー片手にブイビエン通りをぶらぶら♪
バインミー食べ歩き
お肉は数種類のハムにレバーペーストまでぬられてて結構豪華仕様です。
キュウリやピクルス的な酸味のある野菜も入っててお肉とのバランスもいい。

パンはフランスパン系にしては柔らかめで中はふんわりと、外側はぱりっと。
大きめに見えますが、パンが軽めなタイプなのでちょうどいい軽食ボリューム。

お母さんの愛情(?)バインミー美味しい、これにはチェーン店は適いませんね。
(チェーン店: 御用達のHIGHLANDS COFFEE)




バインミーをぺろりと頂いたら、濃ゆ~い苦~いベトナムコーヒーで一服。
朝のベトナムコーヒー
シロップもミルクも練乳も入れないベトナムコーヒーはガツンとくる苦味です。
こちらのは濃いベトナムコーヒーの中でも濃かったので途中お水で薄めたほど。

そもそもストレートで飲む飲み方のが邪道みたいですしね、練乳入りが基本。






これで我らの朝一ご飯が済むはずもなく、そもそも目覚めのビールがないし。
続いてブイビエン通りの外れで見つけたベトナム料理屋さんに入ってみました。
ブイビエン通り外れのベトナム料理屋さん



乾杯してやっと一日が始まりま~す、サイゴンビールVND12,000(約60円)
サイゴンビールで朝乾杯♪
飲み慣れてきてコツも分かってきた、一番安くて量があるサイゴングリーン。
南国のがぶ飲みビールはいい意味で銘柄とお値段でそれほど差が出ません。






空芯菜の炒め
空芯菜炒め
東南アジア圏ではお馴染みの青菜、しゃきしゃき食感が美味しい空芯菜。
味付けは濃すぎないナンプラー系、やっぱりお味もエスニックと相性がいい。

アジアの旅先で見つけたら必ず食してる気がする、大好きなお野菜です。






豚の角煮的な(?)煮物、リクエストせずともご飯がついてきました。
豚の煮込みはご飯付
ビールがあるからご飯なくてもいいけど、ご飯をスープに漬すとうま~いです。

所謂日本の角煮よりも味が濃くなくてさっぱりめ、葱の香味もいいアクセント。
角煮のお汁って甘辛くて飲むものではないけれどこちらは優しいスープ仕様。

それでも豚肉の脂のこってり感は主張しているので、いいコクにもなってます。

どこか控えめながら香辛料の香りもするような…タイの辛みとは違うスパイス。



豚肉はブロックでよく煮込まれてて柔らか、部位はバラより脂身少な目かも。
豚肉アップ
豚と玉子の日本でも定番の煮込みペア、でもやっぱり少し違うアジアンテイスト。






メニューのフルーツ盛り合わせを旦那様が交渉して贅沢なマンゴーオンリー。
お値段変わりそうなものだけど、マンゴーだけでも変わらずVND40,000(200円)
マンゴー
瑞々しいのに濃厚で甘くってとても美味しい完熟マンゴー、多分丸々1個分?

盛り合わせだとバナナとかもいたみたいで絶対マンゴーオンリー正解でしょ。
日本だとマンゴーはお高め部類ですが、こっちでは庶民派フルーツなのやも?





サイゴンビール6本くらい飲んだかも?お会計VND208,000(1,000円ちょい)

これで本日の乾杯も済んだしお腹も満足、いつもの気まま散策と参ります♪


ホテル近くの公園でまったり、ボーっとチルアウトしてみたり…
公園でまったり



本屋さんを物色してみたり…
本屋さんを物色
本屋と言うよりも本屋兼雑貨屋さん、来るテト(旧正月)の用品が多かったです。




また食べる、フードコートの日本式のフライドチキンをつまんでみたり…
日本式のフライドチキンをつまみ
日本のから揚げがコンセプトのお店のせいか、店員さん結構日本語お上手。




どこへ行くかも分からないローカルバスに飛び乗ってみたり…
ローカルバスに乗ってみた
乗車するとおばちゃんが運賃徴収しにきます、均一料金? VND5,000(約25円)



たくさんの人が降りたところで降りてみて、当て所なくてくてく歩いてたら…

気になる人だかりを発見、もしかして皆さんなにか食べてませんか~♪
みんなが集まってる屋台



うきうきと近寄ってみると、地元仕様の食べ物屋台が集まってるじゃないですか!
美味しそうな屋台
焼き物からご飯もの、麺やスープなどなんでもござれですごい充実度です。
自分達が思い描いてた”東南アジアの屋台”にテンション上がります(偏見あり?)





どれもこれも気になっちゃって迷った中で決めたのが、辛いスープの麺。
辛いスープ麺の屋台
見たところタイ料理のトムヤムクンに麺を入れたようなイメージかしら…。



指差し注文したら、おかあさんがお鍋からその場で容器によそってくれます。
いただきます!
発砲スチロールのお椀に割り箸とスプーンも、簡易ながら揃っています。

みんな立ち食いか簡易椅子で食べてて、近くの方が椅子を譲ってくれました。


写真には大きな海老がいましたが、それは看板に相違ありかもですけど…。
代わりにレバーのような肉モツ類や、揚げた鶏肉みたいのとか具だくさん。
レバーみたいな血の塊も入ってます
これは恐らく豚の血の塊といわれるやつ、ぷりんとした寒天状の質感です。
他にも得体の知れない部位が色々いましたが臭みもなくて楽しい美味しい~。

スープも辛すぎず、多少の酸味もあって食欲が進むエスニックの辛みです。


麺はうどんくらいの太さで、少し透明がかっていてつるつるで箸がすべります。
麺は半透明でもっちりつるつる
つるんと喉越しよくてもちっと食感、初めて食べるけどとっても美味しいです~。
表面に凹凸がないですが、しっかり味の辛みスープは麺にもよく馴染んでます。

ベトナムの麺と言えばフォーですが、名称不明のこのベトナム屋台麺美味しい!




おかあさんにパクチー好きだから追加してとお願いしたらどっさりサービス♪
パクチー追加






地元の方々に混じってワイワイと食べていましたが…
路上で食べていると…




ある一瞬ザワっ!!!と辺りが騒然となり、何かと見上げたその瞬間には…
何が起きたのか



屋台も、人も消えていました。
そして誰もいなくなった…。
本当に一瞬の出来事、本当に麺をひとすすりくらいの間に煙のように消えた。

ぽかーんとするわたし達の横に、警備員のような団体が来てなんとなく納得。
たぶん路上屋台の取締まりだったんですね、でも誰一人捕まらず脱出はさすが。

火を使ってた屋台とか、あの大鍋とかどうしたんだろう…本当に一瞬で脱出。
きっとこう言う取り締りにも慣れているんでしょうね、ある種の生きる技かも。

経済が発展すると屋台が取り締まられると聞きますが…目の当たりにした感じ。

ちなみに取り残されて食べてるわたし達はスルーでした、屋台だけなのかな。






オマケ: HIGHLANDS COFFEEのコーヒーカップの絵柄がキュートでした☆
HIGHLANDS COFFEEのコップが可愛かった♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑やっとお次でホーチミン編完結予定、次はカンボジア(シェムリアップ)へ!
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/829-0a9a084d