2017.09.07 「和食 えん 丸の内店」

父の退職祝いを兼ねて親子3人で温泉旅行に行ってきました。
その帰りがけ夕飯がてらに寄ったちょっと高級めの居酒屋さん。
外観
居酒屋と言うのは失礼か、都内に結構店舗がある和食屋さん。
他にもお茶漬け屋とか惣菜屋とか色んな業態を展開しています。

財務大臣の父上を頼りに、普段旦那様とは行けないプチ贅沢。


店内はかなり広くて照明は暗めの落ち着いた大人向けの空間。
予約しないと難しそうですが東京駅が見下ろせる席もあるみたい。

でもびっくりだったのが今の世で分煙すらなくて全席喫煙可(汗)
赤提灯居酒屋さんとかなら気持ち的にそれもまだ分かるけど…。




エビスグラス生 700円と、お通し550円@人はお豆腐の小鉢。
エビス生とお通しの豆腐
滑らかで柔らかお豆腐の上にはとろみのある葉・茎の和え物(?)
素材としてはとろみとねばりがモロヘイヤとかに近いのかな。

優しい出汁の味付けがとろみによく絡んでいて上品で美味しい。
繊細なお豆腐の薬味代わりとしてもちょうどいいアクセントです。






鮪とアボカト山葵和え 900円
鮪とアボカト山葵和え
間違いない美味しい組み合わせの海、畑、山の幸の恵み♪
程よく脂の乗った鮪と濃厚アボガドを山葵が引き締めてます。

アボガドはお店で食べれば熟れ具合の心配無用が嬉しい。
柔らかくてねっとりと濃密な食べごろばっちりのアボガドです。






ぼたん海老お造り (カナダ産) 1,260円
ぼたん海老お造り
添えた薬味も含めて盛り付けから綺麗なお造り、海老は3尾。


鮮やかなピンク色で殻の模様まで美しいぼたん海老ちゃん。
大きさは多少小さめで甘エビよりは大きいかなぁと言うくらい。
ぼたん海老アップ
身はとろっとしてて甘みが強くて生の海老の美味しさ堪能~。
そしてお楽しみの頭の味噌は苦味こそがたまらない旨みです。






蟹クリームコロッケ 2個 1,100円のところ+550円で1個追加。
蟹クリームコロッケ
ころんと丸いコロッケは見た目から衣のさくさく感が分かります。


中のクリームはとろ~りと言うよりかぽってりとしてとても濃厚。
蟹クリームコロッケ断面
コクがあってかなり重めのホワイトクリームはお腹にずっしり。
蟹の風味もちゃんと感じますがクリームの存在感に負け気味。

リッチな味わいで美味しいけどとろ~りクリーミーの方が好み。

…なんて贅沢言えど家で作ると手間なクリームコロッケに満足。






ゆでたてアスパラ 1,180円
ゆでたてアスパラ
アスパラに1,000円とびっくりしましたがその価値ありました!
木箱に敷き詰められた氷の上にうやうやしく鎮座するのも納得。


先の緑の部分は若さを感じるような爽やかなえぐみが美味しい。
濃い色で分かるくらいのしっかりとした緑野菜のお味がします。
アスパラアップ
味噌もついてたけどアスパラだけで食べても十分に味が濃い。
そして根元もスジっぽさは全くなくて、しゃきしゃきと瑞々しい。

先っぽは味が凝縮されて、根元はたっぷりの水分を含んでいて
アスパラと言う野菜の味のグラデーションを感じるかのようでした。






厚揚げの鴨味噌がけ 980円
厚揚げの鴨味噌がけ
厚揚げは自家製なのかしらふんわりとしていて美味しいです。

鴨味噌は甘みがあって濃厚、でも正直”鴨”はあまり感じない??
鴨と言われると特別感あるけど肉味噌と言っちゃうと普通な感じ。

鴨味噌が濃厚なので右のたっぷり薬味が爽やかさを加えて◎






黒豚の塩麹焼き 1,680円
黒豚の塩麹焼き
クレソンの陰になってしまいましたが身厚な黒豚がどっしりと。

塩麹効果なのかお肉は柔らかく甘みがあり脂っぽくもありません。
黒豚って脂が強いイメージでしたが食べやすくて脂がまろやか。

麹の風味は強くないけど影で肉の旨みを引き出してるんですね。

ただここまで来てからの結構なお肉のボリュームに嬉しい悲鳴。
お腹苦しいと言いながらも美味しい黒豚と格闘して完食しました。





ビールの他に日本酒3種とワイン1杯(ほとんどわたしが飲んだ)
これだけ飲んで食べて奉仕料10%加えてお会計は16,000円弱。

うーん、やっぱりわたしにはまだまだ敷居が高いお店かなぁ…。
それに飲兵衛夫婦で行ったら酒代がすごいことになりそうだし。

今回は父上様の懐をお借りて美味しい贅沢させてもらいました。

周りはいかにも丸の内エリートサラリーマン方って感じだったな。




オマケに温泉旅行の道中で立ち寄った世界遺産「韮山反射炉」
韮山反射炉
写真で見るより小さかったですけど青空に映えて綺麗でした。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑親孝行なんて難しく考えないで一緒に時間を過ごしたい。
一緒にご飯を食べるだけでも喜んでくれる存在に感謝して…。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/753-32f7d004