2017.08.29 「ふわとろ本舗 恵比寿店」

前から気になっていた鉄板焼き系のお店に初訪問してきました。
お好み焼きでももんじゃでもない、お店の看板「ふわとろ焼」とは。


恵比寿の飲食街の路地で見つけたまるで古民家のような佇まい。
外観


店内は少し暗めの照明に和テイストの落ち着いた雰囲気です。
店内
カウンターもありましたが鉄板付きのテーブル席に通されました。




飲む気満々、はじめから二刀流で店員さんも少しびっくりしてた。
生ビール 580円 + 赤ワインボトル(バリアッジョロッソ) 2,800円
生ビール(エビス)と赤ワインボトル(バリアッジョロッソ)
ビールは嬉しいエビス、恵比寿のお店はすべからくエビスがいい。

赤ワインは一番安いボトルをたのみましたが十分に美味しいです。
一口目は渋めかなと思ったけどさっぱりと脂ものによく合いました。

ビールもワインも料理に応じて使い分けるのがわたし達の流儀(笑)





付き出し300円@人は涼しげなところが夏らしい、ところてん。
付き出しのところてん
関西は黒蜜、関東は酢醤油で頂きますがこちらは関東風でした。
つるんとさっぱり、少し残しておいて食間の口直しにもぴったり。






すじポン 680円
すじポン
大根おろしとポン酢のさっぱりスープの中に牛すじが入ってます。
すじならではのぷるぷるを期待してたけど意外と普通の肉っぽい。

柔らかでほろりとした牛すじはポン酢効果か脂っぽさを感じません。
ただ美味しいけど小鉢だったのでコスパはあまり良くないかなぁ。






ぼんじり塩焼 780円
ぼんじり塩焼
ぷりっぷりのぼんじりは噛めば脂の旨みがじゅわ~~、うまっ!
ぷりっとした弾力にコリッとした食感もあってそして口に広がる脂。

ビールのつまみとしてもよし、脂を赤ワインで流すのもまたよし。

ちなみにあたためられた鉄板の上に置かれるので冷めません。






だし巻き 580円
だし巻き
色んなとこで食べられるだし巻きですが、ここのは絶品でした!

甘さは控えめでその分、玉子自体の優しい甘みを感じられます。
そして上品なお出汁の味がしっかりとしていてこれは美味しい~。

断面も美しい、ふんわりとしていて柔らかくぷるぷるとしてます。
だし巻き断面
玉子が優しく、出汁のお味も優しくて、癒しのだし巻きに幸せ…。






もやし炒め 380円
もやし炒め
お値段的にシンプルなものを想像してたら豚肉も入ってました。

ここでいい仕事してたのが水分を吸ってしっとりとした揚げ玉。
揚げ玉が醤油味も含んで所々でもやしと絡まりいいアクセントに!

しゃきしゃきのもやし、豚肉のお楽しみに隠しだねの揚げ玉も◎

もやし炒めくらい家で作れると思ったけど技ありの一品でした。






色々とつまんで参りまして、最後にお店の名物いってみましょ!
ふわとろ焼 600円 + 具材:たこ 380円
ふわとろ焼(具材:たこ)
丸くって結構厚みがあって、でもお好み焼きのようでいて違います。

ベースのふわとろ焼に具材・トッピングを追加するのが定番みたい。
選択肢は色々あって肉類や海鮮類から、チーズやもちなどなど。

おススメは意外なところでえび+グラタン…って想像つかない(汗)

わたし達は”ふわとろ”でたこ焼をイメージしたのでたこにしました。


ヘラを入れてみると、もう手の感触からしてふんわりを感じます。
ふわとろ焼断面
柔らかい生地をヘラですくいあげて頂けば…”ふわとろ”に偽りなし!
生地の大半は山芋なのかとろみがすごくて優しくとろけるようです。

ちょうどたこを入れたのでたこ焼きの中の部分だけ食べてるような。
前々からふわとろたこ焼きに愛を注いでたわたし達には好物の塊!

ふわっふわとろっとろだからお腹にも優しくてペロリといけちゃう。
うまーい、うまーいと言いながらあっという間に食べちゃいました。

〆のイメージで最後に頂きましたがつまみとしても全然ありです。
具材・トッピングを変えて2枚くらい食べるのもいいかもしれない。





生ビール3杯に、ワインボトル1本でお会計は9,200円とちょっと。

五反田の大衆酒場に慣れた身としては”恵比寿”価格ですけど
それでもふわとろ焼きに一品料理も美味しくて満足、満足です~。

古民家のような情緒あるお店でふんわりとろ~りに癒されて。
お店のロゴマーク

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑新しい食を発掘するのは食べ歩きの醍醐味ですよね♪
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/750-d9cc5c03