2017.07.24 「大阪弾丸食べ歩き旅行記⑧」

大阪食い倒れ、帰りの便までのラストスパートに入りました!
やっぱり最後は人も飲食店もごった返してる道頓堀で〆ます。
道頓堀の喧騒



家近の五反田にも店舗がありますが、本場で食べときたい。
「大阪王将 道頓堀本店」
大阪王将 道頓堀本店
昼から明るいネオンに巨大な餃子のオブジェはすごいインパクト。
五反田店は外見モダンな感じなので同じ系列店に見えません。


どんどん餃子を焼いてる熱気の横の簡易カウンターで立ち食い。
餃子焼いてます



元祖焼餃子 (6個) 240円
元祖焼餃子 (6個)
こんがりとしたきつね色の焼き目にまず食欲をそそられます~。

焼き餃子の焼き目は第一印象として一番大事なポイントです。
焼きがあまくて白っぽいのとか残念だもの、これはばっちし◎


薄い皮はぱりっと芳ばしく、餡はお汁が垂れるくらいジューシー。
これは五反田店で食べたのとは別もんくらいに美味しいかも!?
餃子断面
小さめサイズで薄皮パリッの餃子はいくつでもいけそうな錯覚。
餡もじゅわっと肉汁感がありながらも野菜も入って重すぎない。

びーぎょ(ビール&餃子)に最適なおつまみ系餃子、ぺろりです。

久しぶりに五反田店の餃子がどうだったか復習したくなりました。
もしかしたら道頓堀の喧騒の雰囲気も加味されてるかもですし。






続いても道頓堀のど真ん中にてわたし達の主役、たこ焼き。
「たこ八 道頓堀総本店」
たこ八 道頓堀総本店
十字路の一角に人だかりが出来ている先にあるたこ焼き。
ここも焼いてはすぐはけてくから出来立て熱々間違いなし。


店頭で焼いてるのを覗いていると、生地がすごいどろどろ~。
ここまでのどろどろは今回の大阪たこ焼き旅でも初めてやも。
たこ焼き中①


どろどろの生地をくるくると成型していく手さばきに見惚れます。
たこ焼き中②


あんな生地でもうまいことちゃんと丸く収まるんですねぇ、感心。
たこ焼き中③
かなり大きめのサイズでぽってりとした感じが伝わってきます。



たこ焼 5個入 350円
たこ焼 5個入
大きなたこ焼、果たしてあのどろどろ生地はどうなったのか。


まず箸でたこ焼を持ち上げようとするとずっしり重みを感じます。
そしてあまりのとろとろ加減に持ち上がらず形が崩れちゃう~。

このとろ~りとろとろレベルはこのたこ焼旅の中でも1番です。
とろとろ過ぎて箸を入れると生地が流れ出してきそうなくらい。
たこ焼断面①



持ち上げることを諦めてとろみ生地をすくうように頂いてきます。
それに多少中の熱を逃がしてあげないと焼けど必死ですから。
たこ焼断面②
山芋の味がしっかり感じられてこのとろとろにも一役買ってそう。

大きい分、とろ~り海鮮シチューっぷりをよぉく堪能できます。
※ 「海鮮シチュー」はわたし達のたこ焼き一番の賛辞です。
まるでシチューのごとくクリーミーでとろとろと言う意味合いで。

これぞ正統派ふわとろたこ焼きでなかろうか、トロけちゃう~。


たこ焼きのうんちくを眺めながら、ふわとろの余韻に浸りました。
たこ八ウンチク

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑お次で大阪食い倒れも最後、どうかお付き合い願います~。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/741-366a98ce