2017.07.12 「大阪弾丸食べ歩き旅行記⑦」

大阪弾丸食べ歩きも最終日、悔いなく食い倒れなくては!

新天地や道頓堀も巡って来て今日はアメリカ村からスタート。
若者と、若向けのファッション店が連なり気後れする30代…。

東京で言うと原宿のミニ版のような感じ、ノリはなんか違うけど。


そんなアメリカ村でもちゃんとたこ焼き屋さんあるのが大阪♪
「甲賀流たこ焼き 本店」
外観
なんばグランド花月など他にも店舗がありますがここが本店。



王道のソースマヨ 10個入 400円
王道のソースマヨ(10個)
小ぶりなサイズなれど10個も入って400円はお安い庶民価格。
それでもミシュラン入りしているらしいです、手に届くミシュラン。


大阪で食べた中では珍しくしっかりネギと紅しょうが入りです。
他は揚げ玉大量入りで葱はあまり入れないのが多数派の印象。
たこ焼き断面②



小さいながら生地のとろ~りは健在、愛すべくふわとろ系です。
タコは想像するよりも大きいのが入っててちゃんと存在を主張。
たこ焼き断面①
好みを言えばもっととろとろ生地を堪能したい気持ちもあるけど
この大きさでいて中のこのとろとろはむしろすごいと思います。

こってりソースマヨに覆われた小さなふんわりとろ~りたこ焼き。
美味しく、小腹満たしに、おやつに味もサイズも値段もいい具合。






たこ焼きをつまんでまたぶらぶらと散策、続いても大阪グルメ。
「元祖串かつ だるま なんば本店」
外観
他でもちょいちょい店舗を見かけた大阪で手広いチェーン店。

そういえば新世界では串カツ屋さんの客引きのお兄ちゃんに
「だるまみたいなチェーンより個人店やで」とか言われましたが。


1階のカウンター席は昼時でほぼ満席、地下のテーブル席へ。
地下は広めのスペースで家族客がメインで賑わっています。


生ビール(中) 520円 ・ 当時断酒中の旦那様のコーラ 300円
生ビール(中) ・ コーラ ・ 食べ放題のキャベツ
キャベツはお通しのようなものでもなく無料の食べ放題です。






どて焼き 300円
どて焼き
東京にもある「串カツ田中」と似ている見覚えのある系統。
”どて焼き”と言うより”牛スジ煮込み”の方がイメージしやすい。

味噌味に牛のコクも加わったこっくりと濃い味の煮込みです。

牛スジは小さい欠片ながらぷるぷる、味染み染みで美味しい。
どて焼きの牛スジアップ
でも新世界で初めて食べた牛スジ串の”どて焼き”に軍配。
それを知ってからこっちは”どて焼き”ちゃう、と言ってしまいそう。

そもそもどう見ても煮込み、どて”焼き”とつくのが不思議です。





すぐ出てくるどて焼きをちびちびつまんでからの串かつの流れ。

左から、串かつ ×2 ・ たこ ・ うずら ・ しょうが ・ きす
串は大半が1本120円(他に一部180円や240円串もありました)
串かつ×2 ・ たこ ・ うずら ・ しょうが ・ きす
どれもさっくりと軽い薄衣で食べやすく何本も行けちゃいそう。

中の素材も大事ですがこのさくさく衣こそ串かつの醍醐味かも。
衣の厚みや質感とかでそのお店の味や特徴が出るってもん。

タコやキスなどですら素材の鮮度より揚げ衣が大事と思うくらい。


アスパラ串は珍しい「く」の字型、根元まで衣で覆われてます。
アスパラ
アスパラのしゃきしゃき感の衣のさくさく感のコラボ、美味しい。


軽く飲んで食べてお会計2,500円ほど、食べ歩きに優しい大阪。
お手頃な値段でお通しもないし、はしごをしても痛くありません。






そろそろお時間が迫っていたのでとある目的地へ向かいます。
その道中、道頓堀で目を奪われたジェラート「OSAKAアイス8」
フランボワーズ 380円
ジェラート(フランボワーズ)
夏の暑さに近い気温の中、ひんやりジェラートはお供にぴったし。
とても濃厚なラズベリーの果実感があるリッチな味わいでした。



今回の大阪旅行、食べ歩き以外の目的も一応ありまして…。
そのとある目的が「BRA★BRA FINAL FANTASY 2017」
BRA BRA FINAL FANTASY 2017
FFシリーズの楽曲を生のブラスバンドで聴けるコンサート♪

でも東京公演もあったのに敢えて遥々大阪まで来たのは…
やっぱり食べ歩きがお目当てだったんですけどね~(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑コンサートが終わったら残り時間は食い倒れラストスパート!
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/737-ecf00099