2017.07.01 「香家 目黒東口店」

もうあっという間に7月ですが…過ぎし6月は誕生月でした。

仕事が忙しい旦那様にバースデー祝いを延期されてるので、
自分の中では過ぎ去っていないつもりの誕生日なのですが。


誕生月は色々DMが届きまして、家近の坦々麺屋さんからも。
誕生日の10%OFFDM
ぎりぎり期限の6月末日にすべり込みで訪問して参りました。


家から徒歩圏内ですが、意外と久しぶりでDMはいいきっかけ。
外観





ランチの昼飲みが嬉しい生ビール 280円♪
生ビール
「生ビール祭」でこのお値段ですが去年からずっと祭ってるような。

ちなみにめでたく旦那様の断酒も解禁となりました(リハビリ中)
辛く耐えた断酒期間を思えば解禁は何よりの誕生日祝いです。



びーぎょをまた一緒に出来るのも喜ばしい、焼き餃子 390円。
焼き餃子
焼き目の色は薄く、皮も餡も含めて全体的に白っぽい餃子。


鶏ひき肉(かな)に野菜はねぎ(かな)の非常にあっさりした餡。
薄皮に上品な餡の餃子は、これから頂く辛い坦々麺と対照的。
餃子断面
餃子のつけダレは唐辛子で赤く結構辛みも強いんですけどね。






メインの坦々麺は汁あり・なしや、使う山椒の違いだったり、
辛さの調整も出来るので結構選ぶのに悩む選択肢があります。

更に今回は夏も近いためなのか冷やし麺も新登場してました。
冷やし麺のメニュー



冷やし汁なし坦々麺 900円
冷やし汁なし坦々麺
青葱に囲まれて中央に麺と肉味噌、頂上には唐辛子が鎮座。
これを思いっきりぐちゃぐちゃに混ぜて頂きます(汁はね注意)


かなりの太麺で、ごまダレとラー油が絡んでるのが分かります。
冷やし汁なし坦々麺アップ
思った以上にごまの風味が強くて全体的にまろやかなお味。
そこまで辛くなくてちょうどいいくらいのぴり辛(感想に個人差あり)

青葱が爽やかさも加えてくれて、濃厚なごまの風味、ぴり辛肉味噌
もっちりとした太麺、全てが混ざって揃って美味しい夏の坦々麺。

辛いのも好きですがピリ辛くらいが安心して味を堪能出来るかも。

ちなみに通常メニューの「日式・汁なし坦々麺」の冷やし版みたい。
麻辣・汁なし坦々麺」は山椒たっぷりなのでそこが大きな違い。






こちらは王道の辛~いやついきます、青鬼・坦々麺 900円。
「鬼」もありますが、青山椒を使ってる「青鬼」の方が痺れます。
青鬼・坦々麺
お汁は唐辛子で真っ赤…でもそれよりダメージ(!?)が来るのは
たっぷりと麺の上にかかっている黒い青山椒の粉の方です…。

唐辛子の辛みは素直に辛いですが、山椒はビリリと痺れる。
”ぴりり”とか言う可愛いレベルじゃなくて本当にビリっと来る感じ。

痛みも感じるくらいなのにクセになるのが山椒の魅力ですが。


麺はなかなか見ないくらいに超極細で固めに茹でられてます。
この繊細な麺に凶暴な辛みと痺れをまとってくるギャップ…。
青鬼・坦々麺アップ
細麺が故に一度にたくさんの麺が箸で持ち上がってくるので、
その結果麺と麺の間に唐辛子のお汁と山椒がよく絡んできます。

麺はつるつるっと入っていくのに辛みは口の中に留まります。
辛くも痛くも美味しい麺と格闘、汗が出て顔は茹で蛸のよう…。

ここはビールだと余計に辛みが苦しくなるのでお水にスイッチ。

意外と辛いの大好き旦那様が山椒の痺れには弱かった模様。



無事完食、さすがに坦々麺のお汁までは飲み干せませんが。
完食



ビール2杯、誕生日DM10%OFFでお会計2,700円ほどでした。

辛いやら痛いとか言いながらも結論は美味しかった坦々麺。
汁なしの方がマイルドだったのも交互食べにちょうど良かった。
外観
せっかくの家近、また定期的にこの刺激を味わいに行かねば。







オマケ: その日のお夜食は旦那様調理のチキンラーメンでした。
夜食のチキンラーメン
そう言えばチキンラーメンって初めて食べたかもしれない…。
30代後半戦に突入して初体験のチキンラーメン美味しかった。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑近頃脂に弱くなって、量も食べられなくなってるお年頃…。
歳に負けずに頑張る食べ歩きにポチッと応援お願いします!
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/734-fa221182