大阪食い倒れ旅2日目のスタートはお目当ての喫茶店へ。
ことりっぷにも掲載されていて歴史ある有名どころみたいです。
外観
道頓堀すぐのアーケード内にあるお店はレトロ感たっぷり。


昔のデパートにあったレストランを彷彿とさせるショーケース。
彩りも鮮やかなパフェとか眺めているだけで心躍らされます。
サンプルが並ぶショーウィンドウ



店内も古さを感じると言えばそうですけれどむしろお洒落かも。
昭和レトロの雰囲気はどこか現代の北欧的でもあるような…。
店内
スペースを広く取られたソファ席なのでゆったりと出来ます。
喫茶店のつきものタバコの煙もそこまで気になりませんでした。


メニューさえも可愛らしい、なんか夢がある感じ(笑)
メニュー




ホットケーキセット 980円のコーヒーが先にやって参りました。
セットのコーヒー
苦味が強く濃い目のコーヒーなのでゆっくり嗜むのにぴったり。
一杯をすすりながら長居することも許されるのが喫茶店よね。






玉子サンドウィッチ 870円 (こちらはセットがないので単品で)
玉子サンドウィッチ
やっぱり関西の玉子サンドは厚焼きたまごなんですね~。

関東のマヨ和えの玉子サラダサンドに慣れているから新鮮。
東京では「はまの屋 パーラー」で初の厚焼きに感動した覚えが。


パンは温かくてしっとりふんわり、厚焼きたまごもとろとろで
優しく持ってあげないと形が崩れそうになってしまいます。
玉子サンドウィッチ断面①
玉子は半熟でぷるぷるとしていて玉子汁がとろけ出るよう。
味付けは控えめで玉子そのものを楽める優しくも癒しのお味。

厚焼き玉子だけでもそのふわとろに感動する美味しさです。


ふわとろ玉子をふわふわ白パンで優しく挟んだ絶品サンド。
玉子サンドウィッチ断面②
これを食べたら玉子"サラダ"サンドに戻れないと思ったくらい。






ホットケーキ
ホットケーキ
バター(マーガリン?)は塗ってあって、切れ目も入っています。
まるでショーウィンドウのサンプルから抜け出してきたみたい。


メープルシロップでも、はちみつでもなくて、透明なシロップ。
ホットケーキにシロップ
少しぽそぽそっとした素朴な生地はなんだか懐かしい味わい。

シロップをかけても甘みはそこまで強くなくてここも素朴な感じ。
表現が合ってるかは別として表面は「鳩サブレ」のような甘み?

生地に気泡が程よく入っているのでそんなに重たくありません。
ホットケーキ断面
すごい美味しいと言うよりかはしみじみと味わいたいタイプ。
パンケーキじゃなくてあくまでホットケーキ、その名が相応しい。




居心地のよい純喫茶、昭和レトロながらわたし達には新しい。
優しい美味しさのカフェ…ならぬ喫茶グルメに大満足でした。

お会計のレシートが可愛くてお支払いもちょっと嬉しくなります。
レシート



喫茶店でくつろいだら、今日もてくてくと食べ歩いて参ります。
オマケ: 道頓堀の喧騒で見つけたのは、物乞いにゃんこ???
道頓堀のにゃんこ
お金を入れないと触っちゃいけないのだろうか…悩ましい。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑たこ焼き、串揚げだけじゃない大阪グルメもまだまだ登場。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/729-c67225d5