2017.06.02 「大阪弾丸食べ歩き旅行記③」

新世界から道頓堀へ、歩く距離でないと思いますが歩きで。
知らない街を歩くのは色んな発見があって面白いものです。

余談ですが道中「日本橋」と言う東京でも聞く地名を見つけて。
まるで秋葉原に来たかのようなオタク…いえ、電気街でびっくり。

そんなことすらも楽しいのがお散歩旅の醍醐味と思います。
目的地まで電車ですぐより、猫のごとく裏道含めて散策したい。



歩くうちに「なんばグランド花月」(吉本新喜劇の劇場)発見。
その隣の方が気になって「たこ焼道楽 わなか 千日前本店」
外観
前にも別のたこ焼き屋さんがあるくらいたこ焼き天国モードに。
歩いて小腹も空いてきたところ、人だかりにつられて並びます。



どんどん焼かれてどんどんはけていくので出来立て間違いなし。
店頭のたこ焼き機
ここでも並んでる間たこ焼き機を凝視して研究させて頂きます。
今回の旅は本場たこ焼の技術を学ぶ研修の場でもあるので(笑)




店の裏手と、2階に結構広めのイートインスペースがあります。
たこ焼(小8個) 450円+ねぎトッピング 50円+ 缶ビール 300円
たこ焼(小 8個) + ねぎトッピング +缶ビール


てんこ盛りねぎトッピングのおかげでたこ焼きが見えません~。
たこ焼が見えません
これじゃ味付けも分からないですが定番の「ソース」にしました。
他にも「しょうゆ」や「釜炊き塩」、「どろソース」などありましたよ。



ねぎの山から発掘してきて…たこ焼はかなりの大玉サイズ。
たこ焼断面①
外はカリっとまではいかないものの油で焼かれた感があります。
カリッとタイプとフワッとタイプの間くらいと言う感じなのかな。


綺麗な丸型ですが、箸で持ち上げようとすると形を保てません。
それほどにとろーりとろとろの生地なんです、これはうま~い!
たこ焼断面②
焼きたてのとろ~りの熱は半端なく口の中は焼けど必死です。
このとろとろ具合は今まで食べてきた中でも最高レベルやも。

断面を見て気づいたのが…たこ以外には何も入ってないの??

自宅では青葱や刻み紅しょうがをたっぷり入れていましたが、
真っ白に見える生地はそれこそとろ~りだけで勝負してるのか?

この後もまだまだ他のたこ焼き屋さんも研究して参りましたが、
揚げ玉だけ大量、葱や紅しょうがはほぼ入れないのが多数派。

→勉強になりました、今は自宅でも本場戦法で作ってますよ。



ちなみにこちらの「わなか」は大阪に多くあるチェーン店でした。
ちょうど入ったのが千日前本店だったのは少し嬉しかったかも。



とろ~りたこ焼きで小腹を満たして、賑わう夜の道頓堀を散策。
外国人観光客がすごくて、大阪弁よりも外国語が耳に入ります。

ここも気になりますね~肉まんで有名な「551蓬莱 戎橋本店」
551蓬莱本店
1階はテイクアウトの行列、2階に中華のレストランがあります。
ここでは食さなかったですが空港でお土産買って帰りましたよ。



東京にもありますが「大阪王将」さすが派手さが違いますね。
どれだけ目立つかを競ってるようなネオンやらオブジェやら。
大阪王将
最終日の駆け込み食い倒れで食したので後ほどご紹介予定。




遅くなってきたので軽く食べて帰るかと気軽な気持ちで入った
130円均一の回転寿司屋さん…でしたがここは正直失敗でした。
外観


関東で100円均一の回転寿司と変わらないくらいのレベル…。
回転寿司
ビールもサービスで1杯100円でしたがまさかの第三のビール?
あまりにうーんだったのですぐに退散してお会計600円ちょい。

これはお寿司を知らない外国人観光客目当てなのかしらね…。
でもお寿司が初めての人こそ美味しいものを食べてほしい気も。

基本何でも美味しい大阪ですがある程度の見極めも必要かな。




1日目夕方の到着でしたが夜にかけてかなり食い倒れました。
道頓堀のランドマーク
1日目から飛ばしてきましたが、2日目も張り切って参りまーす♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑旅のお楽しみは食と散歩、よく歩いて食べまくりますよ~。
頑張った大阪食い倒れにもぽちっと応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/725-087deb78