2017.05.14 「びすとろ UOKIN 五反田店」

いつもの家近人気店には週末×遅い時間の飛び入り訪問。
予約も取りにくいお店ですがこの作戦で大概入れてもらえます。
外観
今回はGW最終日のラストオーダー45分前だったので、
すんなり入店出来てしかも2人で窓際の6人席にゆったり♪

サラリーマン街五反田ならではの人気店攻略法ですね。
GWも関係なくこの時間まで仕事だったってことなんですが…。





グラス白ワイン 490円 ・ プレモル 580円
白ワイングラスとプレモル
白ワインはこれでもかと言うくらいなみなみの量が嬉しい。
いつもボトルで注文していましたが意外とグラスがお得かも。

…旦那様断酒中につきビールもワインもわたしのもの(いじけ)





お通し410円@人は定番、パンとしらすのガーリックオイル。
お通しのパンとシラスガーリックオイル
2種類のパンはトーストされてあったかい状態で出てきます。
軽井沢の老舗店ASANOYA(浅野屋)さんのパンらしいですよ。

しらすのオイルはそれだけでお酒のお供になるいい塩加減。

ここ数年間お馴染みのお通しですが美味しいからいいのです。






ここに来たら外せません、名物 海の幸 カルパッチョ 980円。
名物 海の幸 カルパッチョ
大輪のお花のごとく綺麗に盛り付けられた圧巻のカルパッチョ。

その日は鯛、かんぱち、鰹、マグロ、サーモンに生牡蠣が2個。
トッピングもドレッシングもそれぞれのお魚で違うと言うこだわり。

つやつやとしたお魚達は鮮度もよく自らのお味を主張してます。
脂のりのいいサーモンやカンパチ、ねっとりとした鯛やマグロ…。
カルパッチョアップ


中央に鎮座する生牡蠣は透明のポン酢ジュレと一緒につるん。
生牡蠣アップ
大きさは小ぶりですがぷっくらと身が太っていて臭みもなく濃厚。
口の中が磯の風味でいっぱいになる味の濃い牡蠣さんです。






白ワインとお魚を堪能しつつ、続く肉料理に備えて赤ワイン。
表面張力の赤ワイングラス
先の白ワイン以上になみなみと注がれてもはや表面張力。

グラスを持ち上げも出来ないのでとりあえずすすりました。
すすって飲みました






赤ワインはこのために…ハンガリー産 鴨のロースト 1,380円。
ハンガリー産 鴨のロースト
美しいロゼ色のお肉に目が釘付け、見るからに美味しいお肉!

UOKIN(魚金)と言う名前ながらお肉料理も抜かりないんです。
特にこの鴨肉は質も焼き加減も今まで食した中でトップレベル。

皮目はパリッと焼かれて、身は柔らかく噛むほどに味が出ます。
鴨アップ
鴨肉ならではの肉々しい野性味のある風味がたまりません~。
そのお肉の主張に少し甘めのソースがよくマッチしています。

鴨の旨みを余すことなく堪能出来る鴨好きも絶賛の一皿です。






〆のピザはここに来る理由のひとつ、マルゲリータ 780円。
マルゲリータ
芳ばしい焼き目に厚めでもっちりとした生地がうまいんです!
王道のナポリピザから外れていないピザ専門店も顔負け。

トマトソースやチーズもいいけれど何よりミミがピザの醍醐味。
もちもちっとしていてひきがある生地は美味しいピザの証明。

今のところ家近の五反田・目黒近辺で一番好みのピザです。
テイクアウトも出来るので外の公園で食べるのも楽しいかも。





さすがの人気店、期待を裏切らずに今回も大満足でした~。
お会計はビールにワイン2杯でサービス料5%加えて6,300円弱。

また次回も週末の遅い時間を狙って突撃したいと思います。
看板

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑週末も働いたご褒美があると思えば頑張れるものです。
美味しいグルメのために働くブロガーに応援お願い致します!
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/720-5f8fc322