2017.05.07 「エビスモンジャ!」恵比寿

恵比寿までぶらぶら歩きがわたし達の定番お散歩コース。
目黒から恵比寿まで山手線で1駅、歩いても30分かかりません。

それでも恵比寿に近づくにつれて雰囲気が変わってきます。
ガーデンプレイス辺りからなんだか華やかになってくる感じ。


グルメの選択肢も豊富な恵比寿、2軒目は東京発下町グルメ。
看板
月島のイメージが強いですが今や色んなとこで食べられますね。
でも恵比寿になるともんじゃもお洒落風なお店になっています。



1軒目でビールもワインも飲んだから…ジンジャーハイボール。
お通し300円@人は小さなココットに生野菜、ゴマドレ付きです。
お通しの野菜とジンジャーハイボール




もんじゃのメニューは七福神の名前を取っているのが可愛い。
店名の「エビスもんじゃ」はもちろん「ダイコクもんじゃ」とか。
もんじゃメニュー
もんじゃは種類豊富かつトッピングもあるのである意味無限大。
自分カスタマイズのもんじゃを作るのも楽しみのひとつですね。

ちなみに国境を超えて「アラビアータ」や「トムヤムクン」なる
もんじゃまでありましたが果たしてお味はいかがなものかしら…。




わたし達はダントツ一番人気と言う「ベンテンもんじゃ」1,200円に
※ベンテンもんじゃ: イカ・明太子・チーズ・桜えび・ベビースター
「もち」100円をトッピングで決まり(あまり冒険はしていないです)
ベンテンもんじゃ+もちトッピング
個人的にもんじゃで明太子と餅って外せない組み合わせです。




そしてここからが本番、自分で焼く楽しみももんじゃの醍醐味。
もんじゃ焼き①
♪もんじゃの(多分)一般的な作り方♪
① 出汁を除いた具だけを鉄板に入れて、土手を作ります。
② 土手の中に出汁を注ぎますが決壊しないように気をつけて。
③ 出汁がふつふとしてきたら具と一緒にしてぐちゃぐちゃ。

上の写真は②で土手が決壊して出汁が流れ出ちゃった状態。
コテで出汁を中央に戻そうと頑張ってるのが分かります(汗)


でも途中失敗してもなんやかんやでうまく美味しく出来るもの。
いや、見た目はいい訳でないですがこれでうまくいってますよ。
もんじゃ焼き②
焼き加減はお好み、わたしはおこげが好きなのでよく焼きます。


コテにぺったりと張り付けて熱々をしゃぶりつけば、うまーい♪
もんじゃアップ
とろりとしたとこも、パリッとしたおこげもうまーいってなります。
おこげの部分は塩気も強く感じられるのでおつまみにぴったり。

もはや餅とかベビースターとかどこいったんだって状態ですが、
それらが全部がぐちゃぐちゃに合わさったから出来たこの旨さ。

どろどろに混ざってもそれぞれの具の要素が活きているはず。

焼く過程から食べるところまで楽しくて、美味しいもんじゃ焼き。






注文を受けてから焼くので20分程度お時間頂きますとのこと。
エビスたこ焼(ソース味) 480円
どこでも「たこ焼き」のメニューがあったら頼まずにはいられない。
エビスたこ焼(ソース)
たっぷりの鰹節でたこ焼が見えませんが…一口サイズが7個。


外はふわとろ派も許容範囲のカリッと、とろとろ度は低めかな。
ひとつが小さいので中のとろーりが難しいのは仕方ないかと。
たこ焼アップ
好みのたこ焼とは違いますがちょうどいいおつまみ仕様です。






山芋のフワサク鉄板焼 600円
山芋のフワサク鉄板焼
山芋のとろろと、刻んだ山芋のコラボで”フワサク”の食感。
とろろ焼きは他でも見かけますが、刻み山芋入りは珍しい。

ふんわりとした山芋焼きはお腹にも優しくぺろりと頂けました。





その日のはしごは2軒目で〆まして、お会計5,000円弱でした。
それから腹ごなしに目黒までお散歩して帰るのも定番コース。

久々のもんじゃは美味しくて楽しくて、もんじゃ熱に火がつきそう。
我ら夫婦の好物、たこ焼き・ピザに続いてもんじゃも加わるかも?
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑もんじゃを焼いているお客さんみんな和気藹々とえびす顔。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/718-0daaca9a