2017.05.01 「築地 活鮮市場 上野アメ横店」

上野食べ歩き一番のメインイベントたこ焼きを頂いたら、
続いては直感勝負で2軒目を探してアメ横を彷徨います。

この時期になるとオープンエアで呑めるお店に心惹かれますね。
店頭で飲み食いしているお客さんを見ると気になってしまうし。

アメ横にはそんな屋台風のお店が連なっていますから目移り~。


普段は食べログの評価とか調べますが、ここは気分で決めたい。
オープンエアで美味しい海鮮が食べられそう、入ってみようか。
外観


アサヒビールの提灯の下、アメ横の喧騒を眺めながらの一杯。
アサヒビールの提灯でお祭り気分



お通し300円@人の小鉢と、旦那様のラムネジュース 290円。
お通しの小鉢とラムネジュース
相変わらず断酒中の旦那様に悶々…ちなみに自分はビール。
提灯の下でラムネを飲む旦那様はお子ちゃまのお祭り状態(笑)






本鮪炙り刺し 580円…なのに炙ってない。
本鮪炙り刺し(炙ってないけど…)
店員さん曰く炙るにはもったいないくらいの鮪だからそのまんま。
確かに綺麗なサシが入った見るからに美味しそうな鮪ブツです。

口に入れればマグロの脂が溶け出してきて…これは美味しい!
大トロくらいの脂ですが、しつこくなくて確かに炙らなくてもいい。

北海道の市場で食べた大トロを彷彿とさせるくらいのマグロ。
ひとつのブツが大きいのでひとかけで口の中はもう鮪で満開。

この質で、この量で、このお値段は相当にお得な満足の一皿。






うずら串揚げ 200円
うずら串揚げ
うずらの玉子の串揚げに外れがあるはずなく、安定の美味しさ。
海鮮もの以外にも串ものや所謂居酒屋メニューも揃ってます。






鮪の頭の身は希少部位で美味しいって聞いたことがあったから。
鮪脳天串焼き(タレ) 280円
鮪脳天串焼き
ほろりと柔らかく脂がのっていてお肉とはまた違うお魚の旨み。
中までしっかり火が通っていますが固くならずふっくらとした身。






ワンコインでこれはびっくり、ねぎとろ爆弾いくら掛け 490円。
ねぎとろ爆弾いくら掛け
日本酒の升の上に鎮座するは山になったトロとこぼれるいくら。

トロは先の鮪の刺身が美味しかったようにねっとりとして濃厚。
いくらに塩気があるのでそれをアクセントに醤油は要らないくらい。

そして升は上げ底ではなくてその中には…たっぷりのとろろ。
ねぎとろいくらの下にはとろろ
そのままねぎとろといくらを楽しむもよし、とろろに混ぜてもよし。


2/3くらいはトロといくらをちびちびと、そして残りはとろろに投下。
とろろと混ぜて頂きます
ねばりの強いとろろは出汁がきいていてそれだけで美味しい。
それにトロといくらまで加わって2度楽しめて2度美味しい贅沢。

このお店に来たらこれを頼むべきとオススメできる逸品です。



断酒中の旦那様を横目に日本酒をお供に…力 純米 620円。
日本酒(力 純米)






家でもよく作るんですけど好きだから、真たこ唐揚げ 450円。
真たこ唐揚げ
しっかり下味がついた芳ばしいタコからはおつまみにぴったり。
衣の中のタコもむっちりとしていて食感も味わいもあって美味しい。






まだ日本酒が残っていたのでお供に、ヤリイカ刺身 450円。
ヤリイカ刺身
つやつやと光っている身からして鮮度の良さを感じられます。
ねっとりとしていて弾力があって、イカのうまいとこ全てを網羅。




飛び入りで入ってみたお店でしたが、大正解の大満足です♪
あれだけのお刺身を頂きながらお会計5,000円で済みました。

惜しむべくは「生うに刺し 580円」の入荷が無かったこと…(泣)
マグロやイカで鮮度と質は証明済だし美味しかっただろうなぁ。






そして引き続きのぶらりアメ横グルメは甘い誘惑につられて。
外観


イチゴチョコショコラ 510円
イチゴチョコショコラ
こってり生クリームとあまーいチョコ、それとイチゴのコラボ。
イチゴも甘いはずですがこの中では酸味がむしろアクセント。

クレープ生地も薄いながらももっちりとした食感で美味しい。

甘いクレープを2人で食べ歩きなんて若い子のデートみたい
…でも揃って生クリームで胃もたれした30代夫婦でした(汗)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑まだまだ攻略の余地があり過ぎる上野アメ横グルメです。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/716-7d875400