クーポンサイト: RaCoupon
割引: 5,000円 → 2,500円 (50%OFF)
※ RaCouponの割引チケット-700円利用で実質2,150円
内容: 飲み放題付きコース


前回400枚完売したと言うお店のクーポンが再販されたので
購入してみました、今回は200枚限定でしたが同じく完売御礼。

近頃自分エリア内(五反田・目黒近辺)のお店が続いていたし
久しぶりに少し離れた界隈での新規開拓が楽しみです♪

お出かけのきっかけをくれる意味でもクーポンっていいかも。


神保町の細い裏路地に佇む、隠れ家的な小さなお店です。
外観
ここもクーポンが無ければ一生ご縁がなかったであろうな…。



厨房を前にしたワインボトルが並ぶカウンターに落ち着きます。
カウンター席




飲み放題のビールはサッポロの”エーデルピルス”、初めて。
生ビール(サッポロ エーデルピルス)
高貴なピルスナーを意味する名前で確かに普段のビールと違う。
きめ細かい泡にフルーティで爽やかな味わいが美味しい~♪

多少クラフトビール寄りなワンランク上のビールと言う印象です。

ワイン食堂と言いながらも飲み放題でこのビールが出てくるし、
メニューを見てもワイン以外のドリンクにも力を入れてるみたい。






前菜3品 (パテカン・フリッタータ・魚のマリネ)
前菜3品 (パテカン・フリッタータ・魚のマリネ)
前菜と言うにはボリューミーな一皿にテンション上がります!

特に濃厚なお肉の塊のパテ・ド・カンパーニュ(パテカン)は、
普通にお肉を食べる以上に肉々しさを感じられる贅沢なもの。
大きなブロックサイズこれだけで赤ワインが何杯いけるか…。

ちなみにワインも自然派にこだわる美味しいものでしたよ。

フリッタータはイタリア風の玉子焼き、家庭的な優しい味わい。






自家製パン
自家製パン
パンはトーストされてあったかい状態で出てきたのが嬉しい。
ふんわり柔らかくてしっとりとしたパンは万人受けする美味しさ。






まだコースも序盤ですがどうしても気になったメニューを追加。
もつの白ワイン煮込み(フランス風) 600円
もつの白ワイン煮込み(フランス風)
大きな豚もつ達がごろごろと、色んな部位を使っています。
柔らかなくにくに食感を基本にむちっとした食感など楽しい。

よくあるトマト煮込み(それもメニューにありましたが)と違って
白ワインの優しい味付けは豚もつ独特の風味も残しています。
臭みと言う訳ではなくある種のクセ、もつ好きにはむしろ歓迎。

お皿にたっぷりのもつ、これでこのお値段は大衆酒屋並みかも。
同じ”もつ煮込み”でも居酒屋さんとは全くものが違いますけど。






旬の今治野菜を使用したフリット
旬の今治野菜を使用したフリット
空豆のような春の食材から、あまり見ない真っ赤な人参など様々。
ふんわりとした衣に包まれたお野菜達はどれも甘みが強いです。

今冶野菜はフリットにしても水分をたっぷり含んでジューシー。
産地だけではなく鮮度も売りであろう瑞々しく甘いお野菜達。

軽い衣にお野菜のフリットは盛り沢山ながらもたれないです。






本日のパスタ:キャベツとしらすの手打ちパスタ
本日のパスタ:キャベツとしらすの手打ちパスタ
まずしらすがスーパーで見るようなものよりかなり大きくてびっくり。
小さなお魚なれどこれならしらす単体で魚のお味を楽しめるくらい。

そんな大きなしらすの塩気をアクセントに甘いキャベツが引き立ち。
そして太麺の手打ちパスタはもちもちっとして存在感があります。






国産豚 ポークカツレツ
国産豚 ポークカツレツ
平たく叩いた豚肉のカツレツはお野菜が乗ったサラダ仕立て。
たっぷりのダイストマトにルッコラでカツレツもさっぱり頂けます。

さくさくの衣はもちろん、トマトの水分を吸った衣もまた美味しい。
薄く伸ばされた豚肉と衣を考えればこれもハムカツの一種かも?

フルコースのメインにカツレツはこのお年頃にはキツイかなぁ…
と思っていたのも全くの杞憂で最後まで美味しくペロリでした。






本日のデザート:プリン
本日のデザート:プリン
手作り感のあるプリンはなめらかで上品な甘みが美味しい。
カラメルソースも甘い中にあるほのかな苦味が大人味です。


美味しいデザートはせっかくならば食後の珈琲と堪能したい。
追加注文で珈琲は2種類、モカとナポリそれぞれ390円。
追加注文のコーヒー
モカは圧力式で、ナポリはドリップ式と入れ方自体違うんです。

モカとナポリどっちがどっちだか失念してしまいましたが、
一方が濃いエスプレッソ系でもう一方がマイルドな苦味でした。





一品、一品丁寧に作られたことを感じる美味しいお料理達。
外食ながらどこか家庭料理のような優しさも感じられました。

それにワインをはじめこだわりを感じるドリンクにも大満足。

ご夫婦か2人だけで切り盛りされていてお忙しそうでしたが、
これからも頑張って頂きたいと思う小さくも素敵なお店でした。
カウンターの黒猫
お店の所どころで見かけた黒猫ちゃんのモチーフ達。
店名の”Chat”はフランス語で猫、”Gatto”はイタリア語で猫だそう。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑猫好きご夫婦のお店かしら~と思うと可愛い感じですね。
ランキングにぽちっ、と応援よろしくお願いしますにゃー(笑)
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/706-684ecd7e