2017.03.30 「鎮海楼 (チンカイロウ)」目黒

いつも賑わっている老舗の中華料理屋さん。
本格中華ではありますが売りは何がなんでも餃子、のお店。
外観
久しぶりに通りがかると外のガラスがすりガラスになっていて
中の様子が伺えないようになってました…何かあったのかしら。

そう言えば芸能人の方も訪れるお店ですし、プライバシー??


人気が故に断られることもありますが祝日は穴場の日でした。
そもそも土日祝定休だと思ってましたが祝日は営業してたのか。


更に驚いたのが昔ながらの中華屋さんのイメージでいたのが
文明開化が起きていました、注文にタッチパネル方式導入!
タッチパネルで注文
中国人ファミリーの家族経営で切り盛りされてる感じなので、
日本語堪能とは言えタッチパネルの方が間違いないのかも。

ちゃんと割り勘計算までやってくれて旦那様曰くカラオケみたい。





タッチパネルでとりあえず注文、瓶ビール(中瓶) 610円。
瓶ビール(中瓶)





お通し300円@人は変わらず、中華ドレッシングのサラダ。
お通しの中華サラダ
たっぷりのしゃきしゃき生野菜はこれからの食事の前に嬉しい。






豚ばら肉の四川風味(だったかな) 760円
豚ばら肉の四川風味
よだれ鶏の豚ばら版と言う表現がぴったりかもしれない。
四川と名の付く辛いタレにばら肉なんてビールが進むってもん!

辛み効果かバラ肉は脂っぽくなく、脂の甘み×辛みで旨~い。

お肉の下にはタレに浸ったもやしとキュウリが隠れていて、
一緒に食べればバラ肉も辛くも美味しいヘルシー料理やも。

前菜にしては少しお高めですが満足なボリュームの一皿です。






お通し→前菜に続いてはこのお店の主役、餃子の登場です。
水・焼き・揚げ・蒸しの4種類ですがいつも同じの頼んでる。

海老入り水餃子 4個 620円
海老入り水餃子
よく本場中国でイメージする水餃子よりかなり薄めの皮です。
中の海老のピンク色とニラの緑色が綺麗に透けて見えるほど。


大きなサイズでぷっくりと太った餃子、中には丸ごとの海老。
海老が飛び出てきたもんだから思わずお皿に落としちゃった。
水餃子断面①
しかも一尾と言わず何尾も海老がこれでもかと入っています。


贅沢に入った海老ちゃんとニラ、お肉の割合は少なめですね。
その分だけ海老のぷりっぷりの食感が際立っています。
水餃子断面②
つるんとした皮にあっさりとした餡…これが美味しいんです~。

肉汁系餃子とは対極をなすような上品で繊細な餃子は
本場中国とも日本式とも違う独自の進化を遂げたのかも。

サイズは大きめながらいくらでもいけちゃいそうに錯覚する餃子。






海老入り焼き餃子 4個 620円
海老入り焼き餃子
こんがりといいキツネ色は見たところ日本式の餃子に近いです。
でもこちらもまたぷっくりと太っていてかなりのビッグサイズ。


ニラベースの水餃子と違い、他の3種類はキャベツベース。
焼き餃子断面
海老の分量は変わらずたっぷり、キャベツの甘みを感じます。
油でしっかり焼いてある分だけ水餃子よりボリューミーな印象。


個人的な好みだけで言うとニラベースの水餃子に軍配です。
あのつるんとした皮がいいのか、ニラがいいのか…でも
どちらも美味しいのであくまで好みの問題で甲乙つけがたい。






甘いお酒はあまり好まないのですがこれは好きなんです。
桂花陳酒(ロック) 520円
桂花陳酒(ロック)
きんもくせいの花が香る上品な甘みの中国酒…美味しい。
ただ今回のはちょっと甘みが強めだったような感じでした。






遅い時間の訪問だったのでもうラストオーダーと言われて…
海老入り水餃子 4個 (2回目) 620円
海老入り水餃子(2回目)
揚げも、蒸しも食べていないのに水餃子リピートしちゃった。
ちなみに1種類4個以上であれば個数指定で注文できます。






そして以前の訪問で麺類も美味しいことを知っていますから
抜かりなく〆の麺も注文、広東風五目うま煮めん 1,050円。
広東風五目うま煮めん
野菜も肉も海鮮もたっぷり具沢山な豪華餡かけ麺の登場。
八宝菜がそのまんま乗っかった麺とでも言えそうです。


餡は結構とろみが強めで極細ストレート麺にもよく絡みます。
麺アップ
麺は固めで、餡も冷めにくいのでゆっくり食べても大丈夫。
お値段もそれなりにしますが具と量を考えれば十分に納得。




旦那様節酒中(泣)につき、酒量控えめにてお会計6,500円程。

酢豚や麻婆豆腐などの所謂中華のメインも食べてみたいけど
ここででの主役はやっぱり餃子、それに〆があればもう十分。

中華でメインまで辿りつくには量的に人数揃えなきゃですしね。


他とはひと味違う絶品餃子、一見ならぬ一食の価値ありです。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑しょっちゅう行く訳ではないけど周期的に食べたくなります。
新規開拓ブームも続いてますが馴染みのお店もいいですね。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/704-99abdd3e