家近でお気に入りのお店ながら久しぶりの訪問になります。
外観
目黒の店舗にもちょこちょこ顔を出しているせいなのかも。
→ご参考までに「大衆ビストロ JILL 目黒店


いつも月替わりの季節ものメニューが楽しみなのですが、
今回は3月でグランドメニューも新しくなったと聞きつけて。

18時のオープンと同時に入ってカウンター席を確保しましたが、
その後次から次へとお客さんが入ってくる相変わらずの人気。
※ ただ五反田店で言えば週末は空いているので狙い目。



ジルと言えば恒例の…あふれスパークリング(白) 500円。
あふれスパークリング
下の升も表面張力ギリギリまで注いでくれるのが嬉しい♪
店員のお姉さんが「乾杯はしにくいですよね」と、確かに。


そんな訳で気持ちだけ乾杯、カールスバーグ 1pint 680円。
カールスバーグ 1pint ・ あふれスパークリング
節酒中の旦那様も少し付き合ってくれますがほぼ自分が飲む。






今までも月替わりのこのメニューを欠かしたことはありません。
季節野菜のムース 480円
今月は「わさびムース~わさび菜ピューレ~」
わさびムース~わさび菜ピューレ~
一気に食べるとツンと辛みがきますよと注意を受けますが、
辛みと言うよりもわさびの爽やかな香りが鼻を抜けるような。

上の緑色のわさび菜ピューレは多少辛みを感じますけど、
一方のムースはクリーミーでチーズのようなコクがあります。

ちなみに4月のムースは空豆だそう、それも絶対に美味しい。






桜肉のタタキ~バルサミコ醤油~(ハーフサイズ) 410円
…と言うメニューの肝心の馬肉の入荷がなくて代わりに牛肉。
桜肉(→牛肉)のタタキ~バルサミコ醤油~(ハーフサイズ)
写真が暗いですがその中でも濃いロゼ色が見えるでしょうか。
ほぼ生肉に近いような赤身のお肉が美しくも美味しいです~。

お肉の下には青葱や茗荷など和系の香味野菜が隠れてます。
醤油×バルサミコ×香味野菜の和洋の組み合わせがうまい。

牛肉も美味しかったけど、次は本来の桜肉をリベンジしたい。






グランドメニューに新しく仲間入り、じるちきん 680円。
じるちきん
鶏のもも肉(かな?)をスパイスに漬け込んで丸ごと揚げた逸品。
身厚なお肉がぶつ切りにされていてボリュームもなかなかです。

皮はカリっと揚げられていて、断面のお肉は肉汁付きで柔らか。
皮のパリパリ感とお肉のジューシー感がダブルで美味し~い。






旦那様に合わせてスローペースで飲む中、赤ワイン投入。
普段ならボトルでいくとこだけど…マルベック グラス 580円。
赤ワイン追加(マルベック グラス)
お料理に合わせてビール・スパークリング・赤をとっかえひっかえ。






定番の人気メニュー、海老とクレソンのビストロギョウザ 680円。
海老とクレソンのビストロギョウザ
これぞよく考えたなぁと思う創作料理、洋風素材の餃子です。
餡はぷりっぷりの海老とクレソン、ソースはアンチョビバター。

つるんとした皮の中に、クレソンの爽やかさと海老の食感、
そして濃厚なバターソースの絶妙な組み合わせがすごい。

グランドメニューから外れることはないであろう代表作です。






仔羊のスパイシーソーセージ~パクチー添え~ 780円
仔羊のスパイシーソーセージ~パクチー添え~
パクチーは大丈夫ですかと聞かれて、大好きですと答えると
毎度パクチー大盛りで出してくれるジルの嬉しいサービス。


羊肉好きとしてはラムチョップが定番ですがソーセージは…
ソーセージ断面
微妙に赤みが残った火の通りが絶妙で羊をよく感じられます。
挽き肉になっているけど羊肉らしさは健在で羊好きもご満悦。

スパイシーと言っても辛くはなく色んなスパイスがきいてる感じ。
そういう意味では羊を主張しながらも食べやすく作られてます。
好き嫌いが分かれる独特な風味はスパイスで和らいでいる印象。

スパイスと羊肉、それに赤ワインを合わせたらたまりません~。





お酒は控えめだったおかげかお会計5,200円程で済みました。
お通し代もサービス料もないのがジル系列のいいところです。

4月にまた行く機会あるかなぁ…空豆のムースが食べたい~。
店頭のメニュー

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑続いては〆の2軒目びーぎょ&ラーメンと参りますか♪

追加情報: ビストロ系で展開していたジル系列の店舗ですが
目黒に和風の「酒場 シナトラ」が出来たそう、行ってみなくては!
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/701-78cac3c1