2017.03.07 「太田屋」不動前

マイベスト赤提灯居酒屋さん、初訪問から頻度高いです。
ノスタルジーのあるこの雰囲気に絶品料理、たまりません。
外観
1人客も多いアットホームなお店はいつでも繁盛しています。
今回も一度満席で断られて、その翌日にリベンジしての訪問。




ここでの乾杯はいつも生ではなくて瓶ビール、大瓶で500円。
お通し200円@人はちくわきゅうりのタルタルソースがけ。
お通しと瓶ビール(サッポロ大瓶)
赤提灯のイメージに引っ張られてか手酌の瓶ビールがいい。
それに大瓶で500円はかなりお値打ち、他だと大概中瓶ですし。

ちくわきゅうり、家ではわさびをつけますがタルタルも合います。
下に玉ねぎなどが敷かれてサラダ仕様の小鉢なのも嬉しい。




乾杯のビールを飲みながら横目で本日のおすすめをチェック。
本日のおすすめメニュー






海の王者からスタミナをもらいたい、ミンク鯨刺身 890円。
ミンク鯨刺身
この濃い血の色とも言えるような生々しいお肉、これぞ鯨。
臭みは全くなく、ねっとりとして馬刺しに近いような感触です。

それでもやっぱり魚の刺身とは違う独特の風味があるので、
これにぶつけるのは濃いお味の芋焼酎がちょうどいいです。

鯨肉と芋焼酎はひとクセのあるもの同士相乗効果でうまい!
それもこれも鯨肉の鮮度と質がいいことが前提ですけどね。






恒例になっている女性客へのサービス、今回は落花生。
女性サービスの落花生
今までにもパイナップルや大根のお漬物など頂きましたよ。
女性で良かったって思うときはこう言うときなのかしらね(笑)






飲兵衛にはたまらない贅沢おつまみ、かに味噌 590円。
かに味噌
小鉢にたんまりとかに味噌、これかなりの量があります。
ちびちびつまみの代表格ですからどんだけお酒が進むのやら。

滑らかで濃いかに味噌、蟹の身より蟹を堪能できるのかも。
蟹の風味を凝縮された蟹のいいとこ取りがきっとかに味噌。


そしてもちろん合わせるのは日本酒でね、お燗で頂きました。
日本酒熱燗






マイベスト赤提灯、これもマイベストなんです。 しろ 130円
しろ
綺麗に下処理されたしろ、見た目も美しいと感じてしまうほど。
肉厚のしろは柔らかくも弾力のあるくにくに食感がたまらない。

甘辛いタレはこってりしてる訳でなくむしろ上品なタレ味です。
くにくにの端々には芳ばしい焦げがついて焼き加減も絶妙。

赤提灯好きとしては焼きトンはお馴染みで鉄板ですけれど、
ここのしろが一番美味しいとは旦那様共々共通の見解です。






旦那様ただ今ブーム真っ只中、とり唐あげ 590円。
とり唐あげ
山盛りでやってきました、所謂竜田揚げ風の唐揚げです。
お醤油と生姜やニンニクで味付けされた定番に間違いなし。

じゅわっと溢れる肉汁に焼けどしながらビールで鎮火しながら。






そろそろ今季の食べ納め冬の味覚、白子ポンズ 890円。
真ダラ 白子ポンズ
去年に北海道で頂きましたが北海道でも高級食材の白子。
それが東京でこのお値段で、この質で頂けるのはとても貴重。

ぷりっとした薄皮からとろぉりとあふれる濃厚な白子クリーム。
ポン酢でさっぱりと頂きながらもその濃厚さが勝っています。

大好きな白子、美味しいもので今季を〆られて良かったです。






しろだけじゃない実力の焼きトン、こぶくろ・かしら 各130円。
こぶくろ・かしら
こぶくろのこりこり食感、肉々しいかしら、塩で引き立ちます。


美味しい焼きトンでまた食べたくなっちゃって…しろおかわり。
しろ(おかわり)
他の焼きトンも美味しい揃いなれどこれが我らの頂点かも。






最後のお品は、今まで周りのお客さんが皆頼んでいたのに
他でも食べられるしと思って敢えて注文していなかったもの。

どこの居酒屋でも見かけますが…まぐろ刺身 890円。
まぐろ刺身
美しい鮮やかな赤色のグラデーションに驚くほどの厚切り。
もう出てきた瞬間に他で食べるものとの違いが見て取れます。

部位は中トロか赤身か、とろけるようなマグロにまず悶絶。
水っぽさのかけらもない魚の旨みの塊のような絶品マグロ。

脂ものってますがが脂の旨みと言うよりすべからく美味しい。
あまりの美味しさに思わずアップで写真をパシャリ。
まぐろアップ
こんなにも美味しいマグロをこの厚みで頂けるなんて贅沢過ぎ!
なるほど皆さんこぞって頼まれるのも納得のまぐろ刺身でした。






最後にいつも定番の嬉しいサービス、しじみのお味噌汁。
サービスのしじみの味噌汁
お酒をたんまり飲んだ後のしじみ汁の心遣いがありがたい。
これでホッと一息つくのが太田屋さんの〆の儀式ですね。



今回も何もかもが満足の太田屋さん、さすがは不動のNo.1。

美味しい逸品達にお酒もがっつり進んでお会計9,000円ちょい。
食べた量と質、飲んだ量にしてはとても良心的なお値段です。
→普通の(飲みすぎない)方ならもっとお安くつくと思われます。

唯一の難点がここに来ると野菜不足になってしまうのよね。
いえ、ちゃんとお野菜のメニューもたくさんあるんですけれど
家でなかなか食べられないものと思うと注文が偏っちゃって。


また次の訪問が楽しみな太田屋さん、春の季節ものにも期待。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑このブログを書いているだけで行きたくなってしまいます。
でもまだまだ”常連さん”を名乗るには道のりは長そうです。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/695-c3c96425