2017.02.17 「地酒 肴 蕎麦 まほろば」五反田

武蔵小山と学芸大学で人気の蕎麦居酒屋さんの
新店舗が五反田に出来た→行かねばならぬと初訪問です。
外観
出来たと言っても2016年9月のオープンでしばらく経ちます。

先日蒲田で人気の居酒屋さんの新店舗に行ってみたら
大正解だったので他所で人気のお店は期待が持てるはず。
ご参考までに→「大衆酒場 BEETLE 五反田店



お蕎麦も好きですけど、つまんで飲んでからの蕎麦が理想的。
お店のロゴ
つまりは”蕎麦居酒屋”と言う業態はニーズにぴったりです。






生ビール(ハートランド) 500円とお通しの小鉢。
生ビール(ハートランド)とお通し
小鉢は卯の花と水菜のお浸し、どちらも薄味で上品です。
卯の花はしっとりとしていて優しい豆の甘みを感じられます。






刺身盛り合わせ 2人前5点 980円は、サービスで6点盛りに。
刺身盛り合わせ 2人前5点→6点
赤貝・マダイ・タコ・〆サバ・ブリ・マグロの色鮮やかなお刺身。
つやつやしたお魚達は見た目から鮮度を期待させてくれます。

赤貝は甘みがあって柔らかく貝ならではの食感もいいです。
銀色のグラデーションが綺麗な〆サバが脂とお酢が絶妙。

タコは弾力が強くぷりっとしていて噛むほどに旨みが出ます。
ブリはトロと紛うくらいに脂のりのりでとろけるようです~。

お刺身はそのお店を図る指標、これは他のお料理も楽しみ♪



すかさず日本酒も投入しますよ、種類豊富に一合700円から。
日本酒
あまり聞かない神奈川の地酒など3種類、3合頂きました。






お蕎麦屋さんの天ぷらって美味しいですよね、とり天! 680円。
とり天 !
大山鶏と言うブランド鶏さんはしっとり柔らかくて上品な肉質。
脂身は少なめながら柔らかかつジューシーで美味しいです。

さっくりと軽い衣で揚げられた、唐揚げとは違う鶏の揚げ物。
鶏からはいつもの居酒屋の定番ですがとり天の良さも再確認。






煮つぶ貝 680円
煮つぶ貝
小さな貝の中にぎゅっと詰まった旨みが日本酒と相性最高。

こういう煮つけって煮込まれて濃い目の味付けが多いですが、
こちらのは薄味仕様でむしろ磯のお味をよく感じられます。


爪楊枝をうまく使って綺麗に貝の身を取り出したい…
つぶ貝の身アップ
ところなんですが小さいが故にしっぽの肝はほぼ切れちゃう。

貝の身だけでも十二分に旨みたっぷりなんですけれど、
やっぱり巻貝(主にさざえとか)の肝の苦味は捨てがたい。

さすがに貝殻を割る暴挙には出られず貝の身を堪能しました。






名物! すっぽん小鍋 1,200円
すっぽん小鍋
旦那様は初のすっぽん、高級食材ですが手頃なお値段です。

透明なスープにとろみのようなものを感じるのはコラーゲン?
鶏の水炊きに通じるようなコクがあって優しく上品なスープ。
味付けは最低限ですっぽんの出汁で勝負している感じです。


すっぽんは骨ごとのぶつ切りが大きめサイズで4切れほど。
すっぽんアップ
上等な鶏肉に似た肉質、さらにぷるんとした感触もあります。
あのすっぽんの姿からは想像しずらい柔らかく上品なお肉。

他に長ネギやおもちも入ってすっぽん出汁の濃縮スープと
一緒に頂けばほっこり身体もあったまり癒しのお鍋です~。

もちろんスープも余すことなく綺麗に飲み干して頂きました。






なんこつ入りつくね 九条ネギ炙り 680円
なんこつ入りつくね 九条ネギ炙り
たこ焼きのようなまん丸つくねにたっぷりの九条ネギのっけ。
つくねに玉子の黄身醤油は間違いなく美味しいやつです。


つくねは柔らかいですがふんわりジューシーと言う感じでなく
脂分は少な目でしっかり噛みしめて鶏の旨みを感じるタイプ。
つくねアップ
このつくねも大山鶏とかいいとこの鶏さんを使ってるのかも。






〆のお蕎麦は少し豪華に、鴨せいろ 1,300円
鴨せいろ
”鴨ロースの炙り焼き九条ねぎがけ”と言うメニューにも
心引かれていましたがそこを我慢してお蕎麦と一緒に鴨肉。


お蕎麦はそれだけで食べても美味しいくらいの蕎麦の風味。
手打ち蕎麦
蕎麦ですからつるつるっと喉越しよく行くのもいいけれど、
よく噛んで口の中で蕎麦の味を確かめてみるのもまたいい。


鴨肉は思った以上に大きなロース肉が入っていて豪華です。
鴨肉アップ
しっかりとした肉質の鴨ロース、脂身も鴨独特の風味があります。

そば汁にも鴨の脂が溶け出していてもはや贅沢なスープ。
最後にそば湯で飲むのがこの時点ですでにお楽しみです。

そんなお汁に負けない蕎麦もすごい、この蕎麦あってのお汁。
さすがは”蕎麦”居酒屋、〆の蕎麦も抜かりなく美味しかったです。






最後に嬉しいリンゴのサービス、さっぱりとして甘酸っぱい。
サービスのりんご


ビール3杯、日本酒3合、蕎麦焼酎頂いてお会計10,500円程。

お蕎麦はもちろんですが蕎麦に至るまでの酒のおつまみ達、
どれも丁寧に作られていて薄味の味付けが美味しかったです。

そんなお安い訳ではないけどお値段以上の上質な逸品達。
やっぱり他で人気のお店の新店舗に間違いなかったのです。


お店を出て看板になるほど納得と頷いたのでした。
納得の看板

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑また家近に再訪確実なお店見つけちゃって嬉しい悲鳴。
新店舗も開発したいし、お気に入りもルーティンで周りたい、
更にはクーポングルメも楽しみたい…忙しい東京食べ歩きです。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/688-edba2612