「大衆酒場 BEETLE (ビートル) 五反田店」

2017.01.25.Wed.22:58
1軒目で結構飲んだくれましたが、今宵の目的はこちら。
外観
12月にオープンしたばかりの蒲田の居酒屋さん2号店です。


五反田の風俗街を通り抜けて外れにあるしっぽりとしたお店。
外観
大衆居酒屋とは言いながら所謂赤提灯よりも上品な雰囲気。

いざ、暖簾をくぐるとびっくりほぼ満席のすごい賑わいです。

お会計したばかりの二人連れの席に入れ違いで入りました。
そうでなければ断られていたかもしれないくらいの人気ぶり。


店内は居酒屋さんと言うよりも和食割烹のような佇まいです。
白木のテーブルと椅子に、店員さんも皆白い割烹着姿。
お客さんのガヤガヤがなければ小料理屋に来たかのよう。




初訪問の乾杯は日替りのクラフトビール2種、なんと500円。
湘南ビールアルト(右) ・ 沼津ラガー(左)
クラフトビール(湘南ビールアルト・沼津ラガー)
まさか大衆居酒屋でクラフトビールが飲めるようになるとは。
グラスは小さめですがそれでも500円で生のクラフトビール。

それぞれ独特の風味がある濃くて贅沢なビール、美味しい。

ちなみに普通のビールは黒ラベルが生中380円であります。






本日の煮こごり 380円
本日の煮こごり
それこそ旅館や割烹の前菜に出てきそうな上品な煮こごり。
恐らく魚は鯛なのかな、お魚の出汁がきいた繊細な逸品。

ゼリー状の部分は口の中で出汁の旨みと共に溶けるよう。






もつ煮込み 赤 350円
もつ煮込み 赤
こってりとした味噌味にたっぷりのくにくにモツと根菜達。
味は濃い目ながら塩辛くも脂っぽくもなく優しい風味です。

メニューには「赤」以外に「白」もあったので気になるところ。
白味噌はなんとなく合わない気がしますし塩味なのかしら。






朝挽きレバテキ(数量限定) 390円
朝挽きレバテキ(数量限定)
これは…今や食せなくなった生レバー(豚)でしょうか!?
赤黒い血の色の断面、光沢もあってつやつやとしています。


久しぶりにお目にかかった生レバーそのまま…とはいけず、
店員さんにしっかりと焼いて食べてくださいと注意を受けます。
自分で石焼きするレバー
熱せられた石の上で自分で焼いて食べるセルフ方式です。
つまりは焼き加減は自己責任ってやつですよね…レア焼きで!

だってお客に焼かせるくらいですから生食が禁止される前は
絶対にそのままレバ刺しとして食べられていた鮮度のはず。

”自己責任”の上軽く表面を炙るくらいで頂いちゃいまーす。

ほぼ生のレバーはとろけるようで濃い血の風味が広がります。
久方ぶりの”ほぼ”生レバーは悶絶するくらいの美味しさ。
臭みはなく焼いたものよりレバー独特のお味を堪能出来ます。

お供がごま油とおろしにんにくってのもレバ刺しの食べ方よね。

数量限定のレバ刺し…ならぬレバテキ、次回も絶対食べたい!
良い大人の皆さん(?)はお店の方の注意に倣って下さいね。






あん肝 390円
あん肝
大衆酒場のあん肝と言えば見た目は崩れてるけど美味しい、
のイメージでしたがこちらのは綺麗に丸く成形されています。

先のレバーとは違う海の肝、お味は違えど濃厚な旨みは共通。

あん肝が美味しいことは大前提として鬼おろしを添えたりと、
ちょっと普通の大衆酒場と違い小技を加えているのがにくい。



あん肝と来たら欠かせないのが日本酒、亀齢 440円。
日本酒(亀齢)


写真を撮っていたら店員さんがラベルと一緒にどうぞ、と。
亀齢
かなりキレのいい辛口で濃厚なあん肝も引き立ちます。
美味しい日本酒とあん肝は呑み助の至福じゃなかろうか。






日南鶏のタタキ 280円
日南鶏のタタキ
レバーの鮮度があれですから、鶏わさの鮮度も間違いなし。

あっさりとしていながらねっとりとした生の感触が色っぽい。
淡白な胸身でありながら生だからこそ感じられるお肉の旨み。

焼くとしてもレア派、やっぱり生肉って美味しいんだなぁ。
でもそれもいい鮮度のものを出してくれてるからこそですね。






ゴーヤチャンプルーならぬ、ゴーヤの炒め物 390円。
ゴーヤの炒め物
ゴーヤチャンプルーを愛する身としては違いが気になるとこ。
素材はほぼチャンプルーと一緒ですが、豆腐とスパムなし。

スパムの代わりにハムが入っていることで塩気が少ないです。
薄めの出汁味で、ゴーヤの苦味もほぼない優しい炒めもの。

美味しいですが元気もらえるのは沖縄のチャンプルーかな。






〆がてらにお店の看板でもあるおでんをいくつか見繕います。
牛すじ 220円 ・ 大根 170円
おでん(牛すじ・大根)
透明なお汁は繊細かつ上品な薄味で恐らくは関西風おでん。

味染み大根の上にはたっぷりのとろろ昆布が乗っています。
ちなみにそれは家料理でもやっている一工夫(COOKPADネタ)
とろろ昆布がとけて昆布出汁のようになって美味しいのです。






厚揚げ 150円 ・ 白滝 130円
おでん(厚揚げ・白滝)
厚揚げは旦那様の大好物、ただ味付けは濃い方がお好み。
翌日旦那様リクエストでお醤油の煮込みおでんを作ることに。


美味しいけど他のお料理に比べておでんはコスパが悪いかも?
きっとその分丁寧に出汁が取られて煮込まれてるんだろうな。





1軒目が飲み放題だったのでお酒はわたし達にしては控えめ、
クラフトビール×3杯に日本酒でお会計は5,000円弱でした。

こんな上等なお料理頂けて5,000円を切るとは思わなかった。
出来てまだ1ヶ月ちょっとなのにすごい人気ぶりも納得です。


メニューもこんなにあるので(裏もあり)すぐにでも再訪したい。
豊富なメニュー



競争激しい五反田の居酒屋激戦区にすごい新星現る、です。
お店の暖簾

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑こんな優良店出来ちゃうと他のお店が大変と思うくらい。
難点と言えばすでに人気過ぎて入れるかどうか、ですね。
スポンサーサイト
コメント
すてきです!
お久しぶりです、こんばんは(*´∀`*)

素敵な新店ですね!大衆酒場でクラフトビール、よいですねー日本酒もおいしそう(*´∀`*)

今度五反田に行った時には、ぜひ行ってみたいと思います!

いつも素敵なお店の紹介、ありがとうございます(*´∀`*)
一押しです!
しあわせ眼鏡さん、コメントありがとうございます~。

こちらは行ってみてびっくりの大当たりな大衆酒場さんでした!
もはや大衆酒場と言っていいのやら…なくらいで。

日本酒(地酒)も440円均一でかなり種類が豊富に揃っていて、
日本酒に合うお料理もたくさんあるので
しあわせ眼鏡さんも絶対にお好なお店かと思います。

500円でクラフトビールが飲めるのも魅力ですし、
まだまだ頼んでみたいお料理が盛り沢山なので近々再訪確実です。

しあわせ眼鏡さんも訪問されたら是非レポート下さいね。

管理者にだけ表示を許可する