2017.01.14 「北海道弾丸食べ歩き旅行記②」

北海道に来たからには…の新鮮な魚介を頂き大満足。
二条市場を出て食べ歩きは次のステージへと参ります。

運よく暖かい日でしたがそれでも寒いことは寒い北海道。

狸小路商店街はアーケードになっていて散策も楽々です。
かなり長いアーケードで店を冷やかしながら歩くのも楽しい。

歩いている中で見つけた「本陣狸大明神社」(通称:狸神社)
狸小道の本陣狸大明神社
狸小路の神社と言うだけあって立派な狸様が祭られています。
ご利益がありますように狸様にお水をかけさせて頂きましたよ。





続いてわたし達の目に留まったのは愛するたこ焼きの文字。
外観
北海道まで来て何故にたこ焼き…そんなこと関係ありません。
そこにたこ焼きがあるのならば食べない選択肢はないのです。


細いカウンター席のみの小さなお店、中央で焼いています。
たこ焼厨房
14時くらいの中途半端な時間帯でしたがお店は大繁盛。
たこ焼き機の前のカウンターは満席、どうにか壁側の席を確保。




たこ焼の他にもジンギスカンがあるあたりはさすが北海道。
メニュー
北海道名物なれどジンギスカンを食べに来たのではなく。
あくまで初志貫徹で大好きなたこ焼きにまっしぐらです。




たこ焼 500円 
たこ焼(トッピング前)
このシンプルなお姿、ソース等々はセルフサービス式です。

見るからにふわっとして柔らかそうな丸型に期待が高まります。
わたし達が好むたこ焼きとは「ふわとろ」が大前提ですから。



箸を入れてみると柔らかな感触の後に続くとろりとした生地。
そして中のたこはかなり大きなぶつ切りが入っております。
たこ焼断面
蒸気と共に熱々を頂くと…これは大賛辞:海鮮シチューです!
たこ汁が染み出たとろとろのシチュー状態、これぞたこ焼き!!

綺麗な丸型でありながら箸で持つのが大変なくらいとろとろ。
このゆるい生地を油で固めずに丸く焼き上げるのはすごい。

予想を裏切らないふわとろの生地に大だこ入り、美味しい~。




ドリンクは店名の「タコとハイボール」にちなんでハイボールで。
串カツ田中」と同じチンチロリンハイボールがあったので
挑戦してみましたが…奇数で負けてメガ角ハイボール 630円。
たこ焼とメガ角ハイボール
※ さいころ振って通常価格380円の角ハイボールが
ぞろ目:100円、偶数:190円、奇数:倍量で639円
恐ろしいのが「1」のぞろ目でピンゾロ: 1,260円(確か6倍量?)


チンチロリンは負けましたけど美味しいたこ焼きに大満足。
もし蛸が北海道産ならこれも北海道名物に入らないだろうか。






次に狸小路から少しそれたところで目に入ってきたものは…
外観
昭和の雰囲気を思わせる佇まいのラーメン屋さんです。
北海道と言えばこれ…の中に入るであろうサッポロラーメン。

他にもサッポロラーメンを掲げるお店は多く見かけましたが、
この昭和41年創業と言う歴史を信じて飛び入りしてみました。



テーブルに落ち着いてまずビール 500円、サッポロが嬉しい。
瓶ビール
札幌で、サッポロラーメンのお店でSAPPOROの瓶ビール♪



定番のびーぎょ(ビール&餃子)も捨てがたくはありましたが、
お腹も大分たまってきているし後にラーメンも控えていたので
軽め(なのか?)のつまみにチャーシューメンマ盛り 450円。
チャーシューメンマ盛り
厚めのチャーシューはしっとりとして柔らかく美味しいです。




メニューは一言にサッポロラーメンと言っても色々あります。
メニュー
すごいのが全てのメニューに英語・中国語・韓国語表記あり。
そういえば札幌に来て外国人とすれ違うこと多かったですね。






そしてメインのラーメンはやっぱりこれでしょ、と思うものを。
バターコーンラーメン 850円
バターコーンラーメン
期待に違わない濃厚そうな味噌ラーメンのご登場です。

スープはこってりと濃くて味噌の甘み・塩気がいいバランス。
元々コクがあるのにバターで更にまろやかなコクが加わります。

こってりにプラスしてバターなのにむしろスープが進んじゃう。
バターとコーンの甘みと味噌の組み合わせ、定番かつ鉄板。


麺は黄色がまぶしい中太のちぢれ麺。
麺アップ
主張のある麺は濃厚な味噌スープとの相性もいいです。

まるで絵に描いたような王道の味噌ラーメンを頂いた印象。
月並みですが昔ながらの…という言葉が似合うラーメン。

昭和41年創業の歴史に間違いなしの美味しいラーメンでした。


有名人の色紙も多くあって、こんな方まで来られてましたよ。
赤塚不二夫先生の色紙

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ここらで盛り沢山の1日目昼~夕部門は終了で一休み。
夜は街のライトアップと、海鮮居酒屋を狙って繰り出します。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/678-259140f5