2016.12.29 「島たいむ がんじゅう」五反田

北海道食べ歩き旅行記がスタートしたと思えば次は沖縄!!

…はさすがになくて家から徒歩圏内の五反田の沖縄です。
外観
沖縄好きに加えて家から近いこともあり馴染みのお店。

その日は忘年会真っ盛りの金曜日でどこもすごい賑わい。

サラリーマン街の五反田全体が沸きに沸いていましたが、
飛び入りでどうにかお座敷席を確保することが出来ました。



ビールは沖縄ならばオリオンと言う気持ちもありますけど…
キリン一番搾り 500円、お通し人@350円は沖縄マグロ。
生ビールとお通しの沖縄マグロ
オリオンは600円なのよね~となるとキリンに流れちゃった。

お通しでお刺身のマグロなんてアンチお通し派なれど嬉しい。
ねっとりとした赤身は味が濃くて水っぽくなく美味しいです。
先日北海道で食したマグロとはまた違う南国のお魚の美味。

今までこちらで頂いてきたお通しの中で一番贅沢だったかも。






人気ナンバー1とある通りわたし達も欠かしたことがありません。
ゴーヤーちゃんぷるー 750円
ゴーヤーちゃんぷるー
冬だけど南国野菜ゴーヤーパワーは健在、元気をもらえます。

苦味が抑えられたゴーヤ(すごい苦いのも好きですが)に、
塩気の強いスパム、優しい卵と豆腐も加わって旨いバランス。

控えめな味付けがそれぞれの素材らしさを引きたててます。
美味しく、栄養バランスも良くまとまったシンプルな炒めもの。

次回も確実に注文するであろう魅力のゴーヤーちゃんぷるー。






タコの唐揚げ 530円
タコの唐揚げ
衣にしっかり味が付いたタコ唐はビールのおつまみに最適。

でもタコはさすがに沖縄の島ダコではなかったみたいです。
沖縄で歯応えと味がある島ダコと出会ってから忘れられない。






ここらでビールとちゃんぽんで泡盛投入、銘柄は直感勝負。
華忠孝(カラカラ) 900円
華忠孝(カラカラ)
「カラカラ」は真ん中のシーサーが鎮座する陶器の入れ物。

泡盛1杯が500円程で、カラカラは3杯分以上は入ってお得。
小さな器に見えますが結構たっぷりの量が入ってるんです。

見た目も可愛らしいですしね、泡盛頼むときは必ずカラカラ。




泡盛呑んで~、オリオンビールの提灯横手に沖縄タイム♪
東京で沖縄中
あたたかくなってきたら外のテラス席でも飲めるそうですよ。
ちょうど目黒川沿いなので桜のお花見がてらでもいいかも。






沖縄もずく酢 480円
沖縄もずく酢
ただのもずく酢と侮るべからず、東京のとは別ものです。
何より太さが違うし、ねばりも違う、島のもずくは力強い。

ちょっと箸休めの酢の物と言うには立派過ぎる沖縄もずく。






こちらも毎度注文している常連さん、このジャンクが好き。
カーリーQポテト 480円
カーリーQポテト
スパイスの味付けがクセになるくるっと丸まったポテトフライ。
かなりしっかりとした味で手が止まらない、ビールが進む~。

沖縄のファーストフード店「A&W」のメニュー、東京進出望む。






いかすみそーめんちゃんぷるー 680円
いかすみそーめんちゃんぷるー
あれぇ…想像よりもイカスミの黒色が足りないような…??

お味もイカスミを感じさせるような風ではなかったのですが、
それはそれとしてとても美味しくていいつまみになりました。

紅生姜が添えられて、青葱が乗って…味付けも含めて
なんと言うか非常に豚骨ラーメンに近い感じだったんです。
(感想には個人差があると思いますが…)

豚骨ラーメンの汁を飛ばしてコクが麺に凝縮したような…。
そのコクがイカスミから来たものなのかどうかは不明ですが
とにかくクセになる、ハマるお味で美味しかったです~。

ゴーヤと「ちゃんぷるー」が被りましたけど全く別物でしたね。

※ちなみに沖縄の本場もんはこんなに真っ黒でした→こちら






てびち煮込み 830円
てびち煮込み
大きな豚足のぶつ切り煮込み、豪快に見えて実は繊細。
あっさり塩味のスープは上品で豚から溶け出た脂も程よい。

ぷるんぷるんのコラーゲン質になった皮の部分に悶絶。
骨の周りのところまでとろとろに煮込まれた身と脂にも悶絶。

滋養に良さそう、でもがっつり、でも優しい沖縄らしい逸品。






生ビール×3、瓶ビールも1本、泡盛2種をカラカラで頂いて
お会計は9,000円弱、程よく酔っ払ってお腹も満足です~。
咲元(カラカラ)
忘年会で盛り上がるサラリーマン方の団体も多かったですが、
沖縄料理で元気をもらって1年の締めくくりっていい選択かも。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑今年も後1回更新できるかどうか…(年末年始も会社から)
マイペースグルメにお付き合い頂いた方々に感謝の気持ち。
スポンサーサイト




Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/671-eeccd3a3