FC2ブログ

旅行に出たら猫になろう、とばかりに路地裏散策。
クタの路地
メイン通りもお店が色々あって楽しいけれど、
一歩路地に入って違う様相を見せる街を周るのも楽しい。

ちなみにメイン通りはほぼ白人の観光客ばかりでした。
地理的に近いからかほとんどがオーストラリア人みたい。


特に行く場所がある訳でないからあてどないぶらり散歩。

ただ強い日差しに歩くにもどんどん体力が奪われます~。
しっかり食べて飲まねばと、目に付いたお店に退避です。

「WARUNG」(ワルン)とはインドネシア語で「大衆食堂」。
ワルン(食堂)のメニュー
これからこの旅で散々お世話になる「WARUNG」です。


席についたらとりあえずビンタンビールでクールダウン。
ビンタンビール
1人大瓶1本頼んでも苦なく飲み干せてしまう南国マジック。
…と言うか結局2人で大瓶4本くらい頼んだんだっけか。

お値段はコンビニ価格でRp. 35,000 (約270円)くらいです。






空芯菜炒め Rp.15,000 (約115円)
空芯菜炒め
よく中華料理でも見かける空芯菜、実は大好きな野菜。
食べてびっくり中華よりずっと繊細な味付けで上品です。

スパイスがきいている訳でもパンチのある味付けでもなく、
油は控えめでシンプルな炒め野菜がとっても美味しい!

味付けはナンプラー系の東南アジアの味がしますが、
それも最低限で空芯菜の美味しさが前面に出ています。

しかもこのクオリティでお値段も100円程度だなんて。






イカのカレー煮込み Rp.35,000 (約270円)
イカのカレー煮込み
海がすぐそこだからなのか、イカの鮮度がとてもいいです。
生のイカをたった今さばいて煮たんじゃないかと言うほど。

提供にも時間がかかっていたので本当にそうなのかも…。

煮込みで誤魔化されないぷりっとしてむちっとした食感。
こんな存在感のある美味しいイカ初めてかもしれない。

煮込みのお味はカレーと言えどそんなに辛みはなく、
スープのようにさらっとしていてスパイスがきいてます。


ちなみにワルンで肉類や海鮮などのメイン料理を頼むと、
ほぼ必ずと言っていいほど一緒にご飯がついてきます。

ビールとつまみ派としてはご飯はそこまで…なんですが、
この暑さにはしっかり食べておいた方が良さそうです。



適当に入ったワルンでこんなお料理が食べられるなんて、
初っ端からバリ万歳!!モードに入ったわたし達でした。



お腹も満足してパワーチャージ完了、クタ散策を続けます。

少し歩くと海岸沿いに到着、ビーチにはかなりの人です。
クタのビーチ
とは言えクタはビーチリゾートとしてはマイナーな地区で、
ショッピングなどの繁華街の色合いの方が強いです。



海岸沿いをそぞろ歩きしていたらウミガメちゃん発見。
砂浜アートのウミガメ
子供が作ったのか分かりませんがよく出来てますね~。




南国のにゃんこはのんびりしていて気質が優しいです。
クタの猫
これからこの旅でたくさんの猫が登場しますので乞うご期待!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑続いてはクタのナイトライフ、かなり刺激的でした~。
長丁場のバリ食べ歩きも気長にお付き合い頂けたらです。
スポンサーサイト







Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/619-d0ae244d