FC2ブログ

この頃五反田近辺は新しいお店の出店ブームみたい。

ここで15年も越えて勝手知ったる五反田と思っていたら、
こんな所にこんなお店がと新しい発見が多くてびっくり。


馴染みのお店もいいけれど新規開拓も楽しいものです。
掘り出しもののお店を見つけるべく今宵も繰り出しました。


こちらは今年の4月オープン、北海道の食材が売りのバル。
料理人の方達も北海道出身だそうですよ。
外観
五反田の歓楽街の中にあってひと際お洒落なお店です。




生ビール 500円と、お通し 300円はミックスナッツ。
生ビールとお通しのミックスナッツ
ミックスナッツはスパイスがきいてて、ビールが進みます。
辛みとスパイスのおかげで普通のナッツから一気に昇格。





ボタン海老とハラペーニョのピリ辛マリネ 580円
ボタン海老とハラペーニョのピリ辛マリネ
身は生のマリネでピリ辛の味付けながら甘みも感じます。
頭の部分はカリッと香ばしく揚げられてまた違う楽しみ。






生しらすとオニオンスライス ~イタリアの魚醤~ 380円
生しらすとオニオンスライス ~イタリアの魚醤~
鮮度が命の貴重な生しらす、銀色に光るお姿が美しい。
ねっとりとしてとろみがあって何だか色っぽいわー。

魚醤は塩気が強めなのでちょっとかけるくらいで十分。
むしろかけない方が生しらすの繊細さを楽しめるかも。






バクリコ風モツ煮込み 680円
バクリコ風モツ煮込み
よくあるトリッパのトマト煮込みのことでしたが、
久しぶりにこんなに美味しいの食べたなぁと思いました。

トリッパは肉厚で柔らかく煮込まれてふんわりしてます。
もちろん柔らかいと言えどトリッパ独特の食感も健在。
ひとつが大きめサイズなのでトリッパを満喫できます~。

甘みのある優しいトマト味と合わさって癒しの煮込みです。
トリッパ好きはもちろん、そうでなくてもお勧めしたいくらい。


トリッパに合わせて赤ワイン投入、ボトルは2,000円から。






やっぱり外せないパクチーもの、パクチー餃子 680円。
パクチー餃子
見た目は餃子と言うよりラビオリみたいで盛り付けもお洒落。

皮は手作りなのか厚くてもっちりとした食感です。
その存在感のある皮にも負けずパクチーもしっかり主張。
たっぷり詰まった餡にパクチー、トッピングに生パクチー。

ソースは何か豚骨を思わせるような濃さでクリーミーです。
パクチーの風味とこのクリームソースが絶妙なマッチング。






イカの白子とプチトマトのアヒージョ 680円
イカの白子とプチトマトのアヒージョ
イカの白子って見たこともないよ…って好奇心で注文。

そしたら今から届くので少々お待ち下さいと言われて。
え、まさかのこれからイカ調達してさばくってこと???

そんな訳でしばらくして待ってから出来ましたイカの白子。
イカの白子アップ
魚の白子と違ってくるんとした形でぷりっとしています。

食感もぷりぷりで、お味はイカの味の濃縮版と言う感じ。
白子と知らなくてもイカの何かと分かるくらいイカのお味。

生物の大事な部位ですから、凝縮されたお味も納得かも。






ラムチョップのジンギスカン風 1,180円
ラムチョップのジンギスカン風
実は初訪問の動機はこのラムチョップが食べたくって。
ラムチョップはオージー産が多いですがここのは北海道。



小ぶりですがロゼ色のお肉に厚い脂身はそそられます~。
ラムチョップ
臭みはないですがラム独特の風味は健在、それが醍醐味。

特に脂身部分にラム肉らしさが詰まっているので
ロゼ色部分のお肉との配分を考えながら堪能します。

ジンギスカン風が意味するのはソースが甘辛い和テイスト。
臭みを消す意味でもあるジンギスカンの濃い目の味付け、
ここではその役割ではなく甘みが肉の旨みを引き立てます。






クレマカタラーナラムレーズン 500円
クレマカタラーナラムレーズン
普通のクリームブリュレじゃない、決め手はラムレーズン!

カリカリに焼かれたキャラメルの層を割り入ると、
とろーりカスタードクリームにラムレーズンがたっぷり。

キャラメルとカスタードの甘みをラム酒が押さえてくれて、
ラムレーズンのおかげで大人のデザートにランクアップ。





調子に乗ってワイン2本空けちゃいましたけれど、
それでもお会計12,000円行かずコスパもなかなかです。

五反田で北海道を堪能、今度はどろ豚も食べてみたい。
内観
美味しいお料理・お安いワイン・深夜営業の使い勝手・
オマケに料理人が皆さんイケメン系(笑)、再訪あります。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑新規開拓もしたいけど、再訪したいお店も増えていく。
東京食べ歩きならしも五反田だけでもエンドレスミッション。
スポンサーサイト







Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/611-07ad59de