FC2ブログ
2016.05.31 「御天 (ごてん) 千駄ヶ谷店」

旦那様からの突然の主張、「ここに行きたい!!」
そして送られてきた豚骨ラーメン屋さんのURL。

普段外食はわたしがクーポン片手に誘うばかりなので
これは珍しい+そんなに行きたいのかと2つ返事で承知。


かなり豚臭い豚骨ラーメンだけど大丈夫?
と、確認されましたがここ数年旦那様のおかげで
ラーメン経験値も大分上がったのでいけるでしょう。


千駄ヶ谷店と言いますが代々木駅の方が近いかな。
外観

週半ばの遅い時間にも関わらず店内はすごい賑わい。

カウンター席のお客さんにずれてもらいどうにか席確保。
ぎゅーぎゅーのカウンターですがお客さん皆慣れたもの。

いかつい感じのおじちゃんが狭くてごめんねー、
と見た目に反して優しく明るく接客してくれます。



生ビールとシークワーサーサワーメガサイズで乾杯。
生ビールとメガサイズのシークワーサーサワー
いつもなら1杯目は決まってビールで乾杯しますが、
今回旦那様は来る前に家ビールでフライングしたのよね。





メニュー表はドコモタワーと豚が飛ぶシュールな絵。
メニュー
ラーメン以外の一品料理の種類も豊富に揃っていて、
飲んでから〆にラーメンと言うラーメン居酒屋的な感じ。

周りのお客さんもラーメン食べてサクッと出ると言うより、
色々つまんで飲みながら長居している方が多いです。

飲兵衛夫婦ですからもちろんそれに倣おうと思います。






名物! 黒豚鉄鍋餃子 2人前(20コ) 990円
個数に少しひよりましたがびーぎょの誘惑には勝てません。
名物! 黒豚鉄鍋餃子 2人前
じゅーじゅーっと音を立ててやってきた熱々の餃子。
きつね色の焼き目もついて見るからに美味しそうです~。

小ぶりのサイズで餡もみっちり詰まっている感じではなく、
お腹にたまらずに軽く食べられるつまみ系の餃子です。

野菜とお肉の配分がいいのか肉汁ありながら重くはなく、
20コも難なく美味しくぺろり出来ちゃいましたよ。

「御天に来たらまずコレ」のキャッチフレーズにも納得。






ピータン 450円
ピータン
これからクセのある(らしい)豚骨ラーメンを頂きますから、
クセがある系のおつまみで慣らしていきましょうか(?)

黄身(黒いけど…)の部分がとろりとした好みのタイプ。
ゴマ油とラー油の風味に負けないピータンの風味がいい。






せん菜ナムル 350円
せん菜ナムル
「せん菜」と言うお野菜の存在を初めて知った一品。
味はもやしと似ていますが食感がしゃきしゃきしています。

しゃきしゃき感がハマるせん菜、自宅でも活用してみたい。
スーパーでは見かけたことないですけどね。






ニラレバ 550円
ニラレバ
ダイス状のレバーがたっぷり入った精力満点レバニラ。
1つがごろっとサイズなのでレバーのお味を堪能できます。

見た目に反してそこまで味が濃過ぎないので、
レバーや野菜達(加えて玉子は珍しい?)が活きてます。






そして今回旦那様を駆り立てた、ラーメン 730円。
ラーメン
「博多長浜とんこつラーメン」をベースにして
色々な種類がありますが一番ベーシックなラーメンで。

麺の固さも「ノーマル」で注文、ノーマル=カタメンだそう。

まず漂ってくるこゆーい豚汁の香り…一種の獣臭なのか。
でも思ったより抵抗がなく豚の濃さが感じられていいかも。

もちろんこのにおいの元となるスープから頂いてみます。

一口飲んで、濃い!!なんと言うか豚のクリームスープ!!
豚の臭みも含めて豚の全てを放り込んだようなスープ。

ただ背脂とかそういう脂系の濃厚さではなくって、
あくまでまろやかでクリーミーな豚味が強いと言うこと。

一口目で衝撃を受けたものの…何口か飲んでいると
段々この主張が強すぎる豚味にハマってきてしまいます。



麺は豚骨ラーメンならではの極細麺、確かに固めです。
麺アップ
細いストレート麺なのでスープに絡む感じではないはずが、
スープがどろどろに濃いので麺にコーティングされてきます。

正直麺…と言うよりかはスープのインパクトが強すぎて。




途中紅生姜を足しながらでしたが…見事スープまで完食!
器の底に豚さん
好き嫌いは分かれるかもしれない濃ゆい豚骨でしたが、
好き派になっちゃったら定期的に食べたくなるお味です。

そういえば旦那様は昔他の店舗に訪問したそうで、
久々にどうしても食べたーいスイッチが入ったんだろうな。







おまけに豚骨つながりで、待望の五反田一風堂復活情報!
五反田の一風堂新店舗
前よりも駅近くのビル2Fに看板を発見。


偵察してみたところ6月7日オープン予定だそうです。
オープン前
今回のお店とは真逆を行く上品な豚骨ラーメンですけどね。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑そう言えば濃ゆい豚骨ラーメンに負けないくらい
お店のおじちゃんも(いい意味で)濃ゆかったです(笑)
スポンサーサイト







Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/594-ae795dbf