FC2ブログ

10日間の長丁場…のはずだった旅行もついに最終日。
(正確に言えば帰国前の丸々1日ある最後の日)

長旅と思っていても気付けばあっという間、でした。

普段よりも貴重に感じる異国の中での時間、
最後の最後まで惜しみなく満喫して参ります!(主に食で)


その日のスタートはホテルの近くにある食堂から。
店入り口
ベトナム人は朝食にフォーを食べる、
それを改めて倣いにやって来ました。


そして日本人は朝食からビールを飲む…はわたし達だけ?
朝の気付ビール
昨晩少しアルコールをセーブしたので肝臓も元気に復活、
毎日の朝一番気付けのビールも美味しく頂きます。

ベトナムビールも後少しと思うと名残惜しくなってきます。

ベトナムならば水のようにビールを飲めるありがたみ…。
さっぱりとした味・値段・暑さ、全てにおいて水代わりに◎。

とは言っても主に「値段」が物を言いますけどね。
日本でベトナムビールを飲もうものなら500円超えですし。





お目当てのフォー・ガー、鶏肉のフォーです。
フォー・ガー(鶏肉のフォー)
麺が透けて見える透明色のスープはどこでも変わらず。

そして今までの旅の中で結構フォーを食べてきましたが、
どこもそこまでクオリティが変わらないくらい確立したお味。

しいて言えばちょっとした高級店で食べても、
現地使いの食堂や屋台で食べてもさほど変わりません。

変わらずにあっさりとした優しいお味で美味しいのです。
国民食ならではの安定感と言った感じでしょうか。




フォーの麺の質も基本的に同じで食べ慣れてきました。
フォー麺アップ
つるつるっとして喉越しの良い、平たいきし麺風の麺です。

同じスープで同じ米麺でも「ブン」は断面が丸いので、
フォーとはまた少し違う感触になってました。
(「ハノイ食べ歩き旅行記 ~ニンビン編③~」参照下さい)



パクチー好きのわたしのために旦那様が追加トッピング。
英語もほぼ通じないのでガイドブックの写真を指差し注文。
トッピングにパクチー追加
外のベランダから今正に摘んできましたと言う感じでした。



そしてスープ1滴残さず綺麗にご完食です~。
完食
優しい薄味のスープなので苦なく飲み干せちゃいます。
ラーメンの汁を飲み干すのは女子的に怖いですけど…。






ぶらりホテルに戻る道すがら、お寺を見つけて寄り道。
ホテルの横のお寺(金蓮寺)
ホテルにほぼ併設されている状態のお寺、「金蓮寺」。

歴史がありそうな古い建造物みたいですし、
お寺の近くにホテルを建てたと言った方が正しいのか。



お寺の名前の通り「蓮」に囲まれてます…枯れてるけど。
お寺の池
季節によってはお花も咲くのかは分かりませんが、
もしこの蓮の花が一面に広がってたら壮観でしょうね。






そしてホテルに戻ったら昨日に引き続きのリゾートタイム♪
プールサイドでビール
一気にお値段が上がるビールですがリゾートに免じて許す。



以前にも書きましたけれどフォーはお腹にはたまりません。
旦那様のお腹となれば2時間ほどで空腹になっちゃいます。

そんな訳で本日の食、第二弾はクロックムッシュ。
クロックムッシュ
パンの上にはたっぷりのベシャメルソースが乗っかって、
更にはパンの間にもハムととろ~りとろけるチーズ。

フォーとは比べるのも恐ろしい罪深ーい高カロリー食。
でもそのこってりさもまた贅沢で美味しい誘惑なんです~。

アジアのお味と西洋のお味、いいとこ両方取りで頂きます。


ちなみに昨日は気付きませんでしたがメニューの注釈に
"付け合わせのポテトは細切り・厚切りから選択できます"
とあったため今回はほくほくの厚切りポテトを注文しました。








そして暮れていく一日…ハノイ最後の夜の晩餐へ続きます。
部屋からのマジックアワー



今回のオマケは近くの酒屋さんで買ってきたギネス。
劣化したギネス…。
恐らくベトナムでギネスを買う人もなかったのであろう、
一体いつからお店にあったのか劣化してすごい味に…。

ギネスの濃厚さがもう泥のようになっていたと言うか(汗)
泣く泣く大好きなギネスを捨てることになったのでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑年内にはハノイ食べ歩きを〆ることが出来そうです~。
スポンサーサイト







Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/512-b47d35f3