FC2ブログ

クーポンサイト: RaCoupon
割引: 6,480円 → 2,980円 (54%OFF)
(RaCouponの割引-1,000円で実質2,480円)
内容: 飲み放題付コース


近頃当たりのクーポンを引くことが多かったのですが…
今回またしても当たり、と言うか大当たりのお店でした!


シルバーウィーク最中の静かな新日本橋界隈。
見落としてしまいそうな細い路地の入口に看板発見。
看板



久しぶりの和系居酒屋さん、と思っていましたが…
外観
むしろ落ち着いた小料理屋さんのような佇まいです。


店に入ると割烹着を着た板前さんが明るく迎えてくれます。
気難しそうな板前さんだと委縮しちゃうから安心しました~。



ビールを頂いて、旬の先付は貝の煮付け。
貝の煮付け
つい先日「ビストロUOKIN」で食べたバイ貝よりは
同じ巻貝でもかなり小ぶりだったので違う種類なのかな。

小さくてもちゃんとしっぽの肝もついてますよ~。
(切れないように慎重に楊枝を回さなくてはなりませんが)

でも何より1品目からびっくりしたのが繊細な和の味付け。
貝の身の弾力に負けないくらいには味がついているのに、
あくまで薄味で貝を引き立てている絶妙な加減です。

旦那様と「これは期待できるぞ!」とこっそり目で合図。






瀬戸内直送の刺身5点盛り合わせ。
刺身5点盛り合わせ
確か鰹、甘エビ、太刀魚に鯛、…ともう1魚は失念です…。
どれも甘みがあって美味しく、鮮度の良さを感じます。

茗荷やワカメなどツマが充実しているのも嬉しいところ。
見た目にも綺麗で、更にお刺身が美味しそうに見えます。



美味しいお刺身には早速冷酒、いっちゃいますか~♪
冷酒






海鮮サラダは山盛りのしらすのっけ。
海鮮サラダ
控えめにかけられたドレッシングは意外にも洋風。
アボガドとしらすの組み合わせもなかなか珍しいですし、
思う以上に創意工夫が詰まったサラダなのかも。

彩り良く、身体にも良さそうなサラダはお味も美味しい。






店名にもあります、「静岡おでん」。
おでん盛り合わせ(静岡おでん)
中央に大根、奥に黒はんぺん、左右に練り物2種。
黒い色に反してお味は薄味、でもしっかり染みています。

家で作るおでんとは別物なのは「静岡おでん」だからか、
それともお店の腕がいいからなのか…きっと両方。


静岡おでんはこのカツオの削り粉と青海苔が薬味代わり。
カツオの削り粉
でもそれがなくとも十二分に美味しいおでん(煮物)でしたよ。

ちなみにおでんはお持ち帰りもしているみたいなので、
近くに住んでいたらとても重宝しそうです。





のんびりお酒をお供に語らいながら食べていたら
すでにこの時点でカウンターにはお皿がいっぱい。
板前さんが横目で見てお料理の提供を調整してくれます。

クーポンだとお料理がすごい勢いで出てきたりするので、
こう言った細やかな気遣いはとてもありがたいのです。





炙り珍味盛り合わせ…日本酒飲めって煽ってますよね!?
炙り珍味盛り合わせ
どちらも塩気がそこまで強すぎず上品な炙りものです。






鰯とさつまいもの磯辺揚、さつまいもは後ろに隠れてます。
鰯とさつまいもの磯辺揚
磯辺揚げって青海苔の味が全面に出ちゃったりしますけど、
ここは脇役に徹してあくまで主役の鰯の引き立て役です。

この鰯が臭みもなく、適度な脂ののりでとても美味しくて
お刺身にも出せるレベルのものを揚げているのかもって。

さくさくくの衣もかなり薄衣で、これまた素材をお邪魔せず。

こんな繊細で美味しい揚げ物食べたの久しぶりでした。






こちら出てくる前からいい匂いで鼻が反応してましたよ~。
豚テキステーキ
豚テキステーキ
ジューっと言う音に、甘辛い味付けが食欲をそそります~。
ご飯でかきこんでもいいんだろうけど、ビールと一緒にね♪

ソースが絡んだ豚肉は旨みたっぷりで柔らか~い。

トンテキは定食屋さん系にもよくある人気メニューですが、
ここは甘辛味がしつこくなく脂も抑えめでなんだか上品。

トンテキに「上品」なんて言葉を使うことになるとは…ね。





食事はしらす御飯、ご飯はほんのり出汁で炊かれています。
しらす御飯
御飯と半々…とまでは行かなくとも贅沢なたっぷりしらす。
大葉も添えられてさっぱりとご馳走の〆にはぴったり。



お茶碗小盛りの御飯ですが、香の物はまた贅沢に3種。
おしんこ盛り
しらす御飯に合わせてか、どれも浅漬けの優しいお漬物。
…これに合わせて日本酒ってのもありですよね~。




ご飯ものは来たけれど、たっぷりご馳走食べたけれど…
どれもこれも美味しかったから追加したくなっちゃいます。


静岡おでん3種、玉子、すじ、たこ。
追加のおでん(玉子、すじ、たこ)
たこなんかこんなに黒くなるまで煮込まれているのに、
たこならではのお味と食感を失わずして味染み染み。

すじは牛すじを想像して頼んだところ…あれ、練り物?
静岡おでんだと「すじ」は練り物の一種だそうです。

練り物も好きだけれど…代替案(?)で「もつ」も追加。
追加のおでん(もつ)
多分このくにくに食感が味わいたかったんだと思います。






季節ものの銀杏はメニューにあれば外せません。
銀杏
美しい翡翠色の粒ぞろい、季節を感じる癒しの苦みです。






更にはドリンクラストオーダーに合わせて白海老の唐揚げ。
白海老の唐揚げ
小さいけれど、いやむしろ小さいからこその濃い海老の味。
さくさくっと芳ばしくてビール片手に手が止まりませぬ~。

今さらながら、和食って素材を活かす料理法ですよね。
この海老も多分味付けは最低限、でも海老のお味は最大限。






御飯が〆なのかと思ったら…なんと最後にお椀まで。
鯛のお椀
鯛のあらじゃなくて、鯛の身が入ったこれまた贅沢なお椀。
最後の最後まで至れり尽くせり、ほっこりとあったまりました。





チェーンの居酒屋さんでも美味しいものを出してくれる昨今。

でも丁寧な仕事をしている和食屋さんはやっぱり違うんだな
…と改めてしみじみ感じさせてくれたお店でした。

追加で1,800円のお支払をして大満足のご馳走様。

板前さんと給仕さんのお人柄にも癒されてお店を後にしました。
旦那様には珍しい「また来ます」の一言も添えて…。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑ぽちっと美味しいランキングに応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト







Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/478-06f6ae29