FC2ブログ
2015.05.11 「しもめ太郎」目黒

以前旦那様と見つけた隠れ家店、母親を連れて再訪です♪

目黒駅から権之助坂を下って、目黒川にぶつかる少し前。
目黒川の桜
目黒川沿いまで来てしまったら行き過ぎです。




雑居ビルの前に出た店名付きの提灯が目印。
外観①


入口はビルの内部、他に複数の飲食店も入る中の一角。
外観②
あまり知られたくないけれど知ってもらいたいお店。
弱小ブログながら応援も兼ねてアクセスをご案内です。






カウンター席がメインで、テーブル席が手前と奥に1つずつ。
店主のおじ様がお1人で切り盛りされています。
店内
お客さんとの距離も近く、お料理はカウンター越しに手渡し。
食べ終わったお皿は思わず自発的に片づけちゃいます。






ビールで乾杯して、母娘の女子飲みスタート。
ビールとお通し
中ジョッキ450円がエビス生なのはポイント高いです。

ちまたではプレモルの方がメジャーな気がしますけど、
個人的にはエビスを出してくれるお店がお好み。






太郎サラダ 550円
太郎サラダ
レタスの周りのパプリカやミニトマトの彩りに加え、
真ん中の温泉卵を崩すととろ~り黄身色が更に嬉しい。






手羽先唐揚げ(激辛) 3本 300円は4本でお願いしました。
手羽先唐揚げ(激辛)
激辛とは言っても一味唐辛子が振ってある程度で、
辛みレベルはそれほど高くありません。

どちらかと言うとジューシーなお肉を楽しむと言うより、
パリっと芳ばしく揚げられた皮目を楽しむタイプです。

食べ応えはあまりないけど、ビールには絶好のおつまみ。






本日のメニューから、季節もの焼き空豆。
焼き空豆
ほくほくで甘みがあるのに、優しいえぐみも感じる春のお味。

家だと簡単に茹でてしまうことの方が多いですが、
焼きの方が味が凝縮されて甘さが増す気がします。






宇治より直送 京鴨のあぶり焼き 980円
京鴨あぶり焼き
グランドメニューのラインナップの中ではお高め価格。

ちょっと焼き過ぎで脂分が抜けちゃってたなかなぁ。
もう少し大き目に切ってレア焼きにしてほしかったかも(鴨)






蕎麦屋のだし巻き玉子 500円
蕎麦屋のだし巻き玉子
手作り感ある家庭的なお姿ですが、お味はさすがプロ。

ぷるぷる、ふんわりの玉子はお出汁がたっぷりきいてます。
甘さ控えめの京風の味付けは母親もお好み。


未だ真相を究明していないのですが、
絶対昔蕎麦屋で修行していたはずとの旦那様説。

自家製手打ち蕎麦があるのはもちろんのこと、
こういう蕎麦屋定番メニューが外れなしの絶品ですからね。

常連さんが多く見られるこちらのお店。
いつの日か常連に格上げされたら真相究明してみよう。






牛すじワイン煮込み 650円
牛すじワイン煮込み
「牛すじ」とメニューで名乗るのはちょっぴり控えめな表現。
何故ならどう考えても「すじ」じゃない、
良い部位とされるお肉も混ざっているから。

牛すじが大好きだから頼むのですけどね、
たまに「すじ」じゃないお肉に当たるのも嬉しいものです。

こっくりと濃厚なワイン煮込み×赤ワインで頂きます。






お腹いっぱいになってきたけど、もうちょっと語らいたい母娘。
そういうときはちびちびと、酒の肴3種。
酒の肴3種
左からかにみそ、イカうに和え、酒盗。

そういえば大学で上京して来て食べた人生初の酒盗。
魚の内臓の塩辛って聞いて衝撃でしたけれど、
それでハマった時点で酒飲みポテンシャルあったのよね。






〆はもちろん自家製手打ち蕎麦(十人前限定)にて。
野菜天ぷら単品で頼むより少しお得、蕎麦とセットで1,050円。
野菜の天ぷら
野菜はミニトマト、茄子、じゃがいも、パプリカ、シソと
天ぷらにはちょっぴり珍しいセレクション。


ただこちらのお店の唯一の弱点やも…と思うのがじゃがいも。
じゃがいもの天ぷらの火の通りが甘くて固かったの。

前に訪れた際「塩辛のじゃがいもの酒煮」を頼んだのですが、
そのときもじゃがいもが半煮えでがりっとしていたの。

前回はちょっと失敗しただけかなぁと思ったのですが、
今回もとなると敢えてそうしているのかしら???と思ったり…。

やっぱりじゃがいもはほくほくとしていてほしいと拙に希望。






お蕎麦(写真は食べかけ)はやっぱり専門店顔負け。
自家製手打ち蕎麦(食べかけ)
つるつるっと喉越しを楽しむ軽めのタイプでありながら、
蕎麦の風味をしっかり感じることが出来ます。

蕎麦を頼んだ後のお楽しみ、蕎麦湯ももちろんついてます。






お酒に合う飲兵衛仕様のお料理達に、
美味しい蕎麦で〆られる幸せがある隠れ家店。

気どらずにゆっくり親しい人とお酒と料理を
お供に語らうにはうってつけのお店だと思います。

そんなお店を親に紹介出来るようになっただけで、
今更ながらちょっぴり大人になった気分かも(気分だけ?)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑東京の食事処案内が唯一の親孝行なのかも…。
そのためにも日々東京食べ歩き頑張っていかなくては!?
スポンサーサイト







Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/413-da930776