FC2ブログ
2015.01.17 「とらふぐ亭 目黒店」

元旦からの正月仕事が終わってやっと休みだ~
…と喜べるはずが、夫婦揃ってダウン。

わたしが出勤最終日に熱を出し、続けざまに旦那様も。

元々身体が丈夫で滅多に体調崩さないわたしでしたが、
結婚してからちょいちょい病気してるんですよね。

周りには旦那様からもらってるね~と言われちゃってます。

…それでもやっぱり体調を崩しても家に看病したり
心配したりしてくれる人がいるのは嬉しいものです。




そんな中いつでも心配してくれる人がもう2名。
夫婦揃ってダウンしたと聞いて
駆けつけてきてくれたお助けマンはうちの両親。


元気復活の体力源にとふぐを御馳走になっちゃいました。
外観
いつもふぐを食べるときは目黒の「とらふぐ亭」か
五反田の「玄品ふぐ」からのチョイス。
お味もお値段も甲乙つけがたいですが、
こちらのお店の方が落ち着いている雰囲気がします。



…生簀のふぐはいつもなんだか元気ないんだけど。
生簀






てっちり(ふぐ鍋)の基本コースにふぐの唐揚げがついた
「泳ぎとらふぐコース」5,500円を頂きました。
チェーン店とは言え高級食材ふぐ、それなりのお値段です。
コースメニュー
食べる気力も元気ない~の時期からは脱していたので
もりもり美味しく頂いて力つける気満々です。






皮刺し
皮刺しと薬味
ふぐ皮の分量よりネギの分量の方が多くない!?

味としてはほぼネギとポン酢味になっちゃいますから…
でもこりこり食感は健在、ふぐ皮の醍醐味です。

ちなみに奥に見えるのはてっちり用の薬味、葱と紅葉おろし。
葱好き一家なので必ず数回薬味のお代わりします(無料)。






泳ぎてっさ
泳ぎてっさ
綺麗にお花のように咲いたふぐの薄造りです。
ほのかなピンクが桜を思わせるような繊細さ。

淡泊な白身のお魚ですが、他の白身魚より弾力強めです。
やっぱりこちらも味はポン酢勝ちしちゃいますけれどね~。






ふぐの唐揚げ
とらふぐ唐揚げ
これぞ日本版、更には高級版のフィッシュ&チップス?
(さすがにチップスはないけど…)

ふっくらと肉厚で柔らかな身はジューシーで、
白身魚の淡泊さを感じさせないほど。
お肉の唐揚げに負けじと劣らずの美味しさです。

骨付きの身が揚げてあるので、
しゃぶるようにして綺麗に頂いちゃいましたよ。
骨の周りの身が肉でも魚でも一番の美味しいどころかも。







乾杯ビールからのお酒のお代わりは
ふぐ屋さんならではの、ひれ酒。
ひれ酒
ヒレにマッチで火をつけて、蓋を閉めて香りを閉じ込めます。
少し待ってから蓋を開けてみると…
ふんわりと芳ばしい香り漂うひれ酒の出来上がり。







そしてこちらが主役、泳ぎてっちり。
泳ぎてっちり4人前
4人前分のふぐの山は結構迫力があります。
まだ〆られたばかりでぴくぴくっと身が動いているあたり、
うわ~~と言いつつも美味しさを予感させちゃう残酷さ。


骨身から先に入れて。これがいい出汁にもなるんです。
てっちり骨付きの身から
骨のついていない薄切りの身はしゃぶしゃぶで。

上品な白身のお魚、高級食材ふぐ。
正直これうまい!感動!…と言う感じではないのですが、
しみじみと美味しさを感じられる奥ゆかしいお魚さんです。




最後は影の主役かもしれない、
ふぐの旨みがたっぷり染み込んだ出汁で作る雑炊。
雑炊
お店の方が作ってくれますが、ほとんど出汁を捨てないので
かなり汁だく状態の雑炊が出来上がります。
でも、そのふぐ出汁が美味しいのだからそれもまた良し。

雑炊って水分でお米が膨れて量が増えるので
いつも食べきれない~もったいない~ってなるのですが
米喰らいの旦那様のおかげで綺麗にご完食できました。






デザートも上品に最中アイス、きな粉味でした。
きな粉最中アイス




滋養にも良さそうなふぐ料理、美味しく堪能させて頂きました。
でも何より弱っているわたし達を心配して御馳走してくれた
両親の気持ちが一番の薬だったのかもしれませんね。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑もう元気に復帰して、元気に東京食べ歩きしてます♪
ぽちっとランキング応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト







Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/347-b55caae5