FC2ブログ

いつもの仕事終わりの1杯ご飯を求めて。

普段は家近の五反田or目黒からの選択肢ですが、
旦那様が仕事で家に缶詰だったこともあり
ちょっと気分転換がてら少し範囲を広げてみることに。

と言っても遅い時間なので大崎、品川くらいまでかな…と。

品川駅ナカも候補に上がったのですが、
意外と22時頃に閉まってしまうお店が大半。

そういえば前回のバーガーキング大崎店訪問の際、
大崎ニューシティー内って色々飲食店なかったけっか?
…と言う訳で行って参りました。



飲兵衛ですからお酒をベースにして考えまして
迷ったのはビールを取るかの「エビスバー」と、
ワインを取るかのこちらのワイン食堂。
外観




エビスバーは言わずとしれたYEBISUビール系列のお店。
旦那様的には大きな企業の確立された飲食店より
この手書き感満載のメニューに惹かれたみたい。
メニュー
と言っても東京にも店舗を持つお店だったみたいですよ。





ビールとワインからワイン食堂を選んだとは言え乾杯はビール。
やっぱり仕事終わりの1杯はビールから始めなくては。

お通しのパンはメゾンカイザーのパン、これは嬉しい!
メゾンカイザーのパン
外のクラストと中のもちっとした生地が美味しい。

ブランド主義…?ではないですけれど、
メゾンカイザーのパンと聞くと
間違いない美味しさが保証されてる気がします。

毎朝メゾンカイザーに買いに行かれているそうですよ。







絶対旦那様好みだと思い、わたしたってのオーダー
「芽キャベツのフリット」
芽キャベツのフリット
外の葉っぱはぱりっぱりに揚げ焦げで、
中はギュッと詰まったキャベツの甘み。

旦那様の「これうまいね!」に、やっぱりねと密かににやり。






このメニューがあったらマストオーダー、
その台詞まで常套句化してきた「トリッパの煮込み」
トリッパ煮込み
嬉しい肉厚トリッパ、はじめはふわっと柔らかい口当たりで
噛み進めるとくにっとした食感も。

これは「王道の美味しいトリッパ」ドストライクです!!
意外性はないけれど、美味しくあるべきお料理が
ちゃんと美味しくある実力ありきの逸品です。
自分の好物が自分の期待する通りに美味しいって幸せ。






「たこと砂肝の香草バター炒め」
たこと砂肝の香草バターソテー
大きな砂肝は焼鳥串によくあるような
シャリシャリっとした歯ごたえかと思いきや
ふっくら柔らかく肉厚でなんだか鮑を食べてるみたい。

そうか、我らたこ焼き好き夫婦ですが
蛸をはじめイカやトリッパ、砂肝じゃないですけれど
歯ごたえ系の食べ物が好きなんだなぁって今更ながら。






ワイン食堂を名乗るだけあって、
やっぱりワインに合うお料理が多いですねぇ。

それにワイン食堂でワイン頼まないなんて失礼だわ~
とオーダーしましたのがこちらのカリフォルニアワイン。
カリフォルニアワイン
ワインはもちろん一番安いボトル3,490円からのチョイス。
赤白それぞれ3種ずつありましたが
一応好みはある程度あるものの、
良し悪しなんてまるでわからないわたし達。

店員さんに聞いてみたら地名からはじまり、
重さや風味等々至極丁寧に教えて下さいました。
さすがはワイン食堂の店員さん、
しっかりとワインの知識が頭に入っています。

そして店員さん情報を元に選んだこちらのワインが…
本当に美味しかったんです!!
ワインラベル
重めの赤ワインだそうですが、
さわやかな風味と相まってかそこまで重さは感じません。

そして常温が基本の赤ワインのところ、
ほのかに冷たさを感じるくらいに冷やしてあって
それがまたこのワインにちょうど合っているんです。

また飲みたいという意味を含めてラベルをパシャリです。






ワインが美味しければ食事もまた進みます~。

マグロにはそこまでテンションはあがらないけれど、
ネギトロは好きなわたしの目を惹いた
「まぐろねぎとろ 3種のねぎの香り」
まぐろねぎとろ 3種のネギの香り
お肉のミンチの塊のようなまぐろに
(このまま焼いたらまぐろハンバーグになりそう)
青ねぎと、上には玉ネギフライ(?)らしきもの、
3種のねぎのうち1種は混ぜ込まれていたのかな、確認できず。

味付けはオリーブオイルとマヨネーズベースで結構濃厚。
ちびちびとまぐろの塊を削りながらのワインは最高です。




パンもお代わりしちゃった。
パンお代わり








美味しいワインと美味しいお食事に舌鼓を打っておりましたが、
名残惜しくもラストオーダーのお時間に。
最後の〆は「スペアリブ」にて!
スペアリブ
太い骨と骨が纏っているお肉にテンション上がります!


わたしは手づかみでかぶりつく気満々だったので、
ウェットティッシュをお願いしましたが
旦那様曰く「不要だと思うよ」とのことで…
ホロホロのお肉
まったくその通り!! フォークとナイフで力を入れずとも
お肉がほろほろとはがれ落ちていきます。

やわらか~く煮込まれ焼かれたスペアリブ、
特に骨にくっついていた境目部分のお肉が最高!!

〆に相応しいお肉を頂きまして、
お皿には綺麗に骨のみが残されていましたとさ。





帰りは店長さん(かな?)と
ワインを丁寧に説明して下さった店員さんが
わざわざ店の前までお見送りして下さいました。

これは家近にまたいいお店見つけちゃったんじゃない?
また美味しいワインとそれに合う美味しいお料理達に
お世話になりに行くと思いまーす。

ぶらり酔い覚ましに家まで夜のお散歩をして
いい気分で1日を終えることができました。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑ワインとお料理だけでなく、
店長さん、店員さんのお人柄も印象的でした。
「美味しいお店見つけ隊」に応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト







Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/309-5a22cb73