FC2ブログ

正式名「ローテンブルク・オプ・デア・タウバー」にやってきました!
ローテンブルク入口
こちらが正に中世の街への入り口。
街がぐるりと城壁で囲まれていて、
中に入るともはやタイムトリップした気分。

ローテンブルク街並み
これが「普通」の街並みですからね。
日本人含め観光客であふれかえっています。

ローテンブルク街並み
なるほど、観光業で成り立っているであろう街です。
街のどの部分を切り取ったとしても
「ローテンブルク」と言うイメージを崩しません。




今回は前日にネットでホテルを予約済み。
「地球の歩き方」でも一番に出てくるくらいの有名老舗ホテル。
ホテル名: Hotel Eisenhut
ホテル外観
ホテルも自然に街並みの一部に溶け込んでいます。
どこのホテルも街の景観を壊さず、
この街で高層ホテルなんかできちゃったら顰蹙ものだわ。

一番安い部屋を取ったのにそれでも素敵すぎて興奮しちゃった。
ホテル室内
部屋のタイプも色々のようで、わたし達は青が基調のお部屋。
ニュルンベルグのホテルも素敵でしたけれど、
こちらはもっと「姫」の気分!?

元々行き当たりばったりの電車旅、この街で2泊することに決定。
この旅行の大一番なのやも!?





下調べしておいた街の名物お菓子。
「シュネーバル」英語で言うと「スノーボール」。
シュネーバル
きっと見た目から名づけられたんでしょうね。

シュネーバル
ものとしては何かと言うと、細長いクッキー生地を丸めて
油で揚げて砂糖などをまぶしたお菓子。
実はサーターアンダギーなどが苦手な旦那様…。
食べられるのか?の疑いがあったため、
小さいサイズを2人でシェア。
本式はこれの2倍くらいあるサイズなんですよ。
(マッチ箱とか用意しとけばよかった)

お味は…2人揃って「う~ん素朴」の一言。
美味しくない訳じゃないですが、美味しい!って訳でもないかなぁ。
なんて言うかたまごボーロを揚げたような感じの味…?
まぁ、名物を食べたということで記念にね。





どんな綺麗な街並みでも楽しみは
いつでもどこでもやっぱりご飯♪
観光地だけあって飲食店も多いですが、見ていると
ホテルに併設されているレストランが多いみたい。
店名: Hotel Roter Hahn
ホテル名がレストランの名前にもなってるみたいですね。

毎度言うまでもなく…のビール。
ビール
ビールは銘柄によってグラスも変わります。




ドイツ4度目のシュパーゲル。
シュパーゲル
ひょろなが君タイプですね。
極太タイプ数本 VS ひょろなが大量本数、なら断然極太押し。
極太はアスパラのジューシー感が違うんですよね~
…ともはやシュパーゲル通気取り。




そしてこちらはドイツ2回目となる「シュバイネハクセ」
この頭大の肉塊のボリュームで8.9ユーロ(約1,250円)。
シュバイネハクセ
豚のすね肉塩漬け「焼き」バージョンです。
ちなみに「茹で」バージョンは「アイスバイン」。

シュバイネハクセとザワークラウト
この肉肉しさには、酸味のあるザワークラウトがマスト。

そして赤ワインもね♪もちろんドイツワインでお願いします。
ドイツワイン(赤)



炭水化物好きの旦那様のために
ドイツ風パスタと言うものを頼んでみたら…。
ドイツ風パスタ
なんだか予想外…パスタ???と言うより
ポロポロに炒めた玉子に多少粉ものを混ぜたといったイメージ。


1日目、2日目は食べきれなかった巨大豚すね肉も
もはや制覇したわ! ぺろりと完食!
完食
この太い骨、わんちゃんとかにあげたら喜びそう。
軟骨も含めて綺麗に食べちゃってるけどね。





夜はローテンブルクナイトツアーしてみたり。
夜のホテル
「夜警ツアー」と言う夜のローテンブルクを周る
公式(?)アトラクションもあるのですが、
わたし達は自己流のただの夜中の街徘徊。
夜の街でも治安面の不安を感じないのが素晴らしい。


この素敵な街で、明日はわたしのバースデー♪
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑バースデーも何がってやっぱりグルメに期待。 
スポンサーサイト







Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/240-45631d5e