FC2ブログ
2013.10.05 「La cuisson Pays Merveilleux」恵比寿

クーポンサイト:くまぽん
割引:2,800円→1,400円(50%OFF)
内容:プリフィクス形式フレンチコース

またしても行ってきました、大贔屓のこちらのお店!
結婚式のお疲れ様打ち上げ会は
絶対にここでしようと決めていました。
これでクーポンでの訪問も3回目。
もう絶対に満足出来ると言う安心ある期待と共に訪問♪

お酒はクーポンについてませんけど、
スパークリングでも1本2,900円と嬉しいお値段。
結婚式無事終了のお祝いだしやっぱりスパークリングで乾杯☆

アミューズ。洋風茶碗蒸しとキャロットケーキ(甘くないもの)。
アミューズ
実はわたし大の茶碗蒸し好きで家でもいつも食べてるんです。
こちらは洋風で少し嗜好は違うものの
茶碗蒸し好きのわたしにも大満足な一品。
キャロットケーキは前の訪問でも出て美味しかったから
また食べられて嬉しい。
相変わらず幸先良いスタート切っちゃいましたよ♪

今回もシェアスタイルで頂きます。
1品が多いですし、色々食べられるから絶対シェアが正解。
それを許してくれる肩肘張っていないレストラン、
だけどお料理は本格って本当に素晴らしい。

前菜1、牡蠣のマリネ。
牡蠣のマリネ
盛り付けも美しい~~。ぷりっぷりの牡蠣が二つ。
前回生牡蠣がすでに終わっていて悔しい思いをしたので
今回無事リベンジを果たせましたよ。
臭みのない牡蠣で、マリネ液も濃すぎず
生牡蠣の美味しさを存分に味わえます。


前菜2、前回も頼んだエスカルゴ。
エスカルゴ
ジャガイモをくり貫いた器に入ったエスカルゴ達、
器の外も含め惜しみない量が入っています。
フレンチと言ったら絶対頼みたくなっちゃいます~。
そしてソースはパンにたっぷりつけて綺麗にすくって頂きます。


メインのご紹介の前にいつもながら
食べ放題の大盤振る舞いの付け合せ。
野菜のグラッセ。
野菜のグラッセ
根菜を優しいスープ味で煮込んであります。
すごい印象があるお料理って訳じゃないのですが、
シンプルで優しいお味がすばらしい引き立て役。


もう一つは、ラビオリ。
ラビオリ
旦那様の感想があ、水餃子かぁって…違います。
チーズにあえてあるので結構濃厚でお腹にたまりますけど美味しい。


メイン1、子羊の背肉炭火焼。
子羊の背肉炭火焼
しまった、このアングルあまりお肉が見えない・・・。
せっかく綺麗なピンク色をした美しいお姿を見てもらいたかったのに・・・。
こちらのお店は珍しいことに子羊料理が2種類あり、
前回はもも肉のグリルを頼んだので今回は背肉。
お肉は柔らか~しっかり子羊の味ですけど全然嫌な臭みもない。
背肉なので脂身がある分もも肉よりこちらの方が柔らかいかも。
骨の周りのお肉は綺麗にしゃぶっちゃいましたよ~。


メイン2、ロッシーニ(+500円)
ロッシーニ
ちょっと贅沢して追加料金メニュー頼んじゃいました。
でもその価値あり!と言うか値段以上に価値ありすぎます!
ふわっふゎのフォアグラに、脂身が少ないはずなのに
柔らかないい焼き具合の牛フィレが最高にマッチ。
ソースも重すぎず、主役のフォアグラとお肉を引き立ててて・・・うま!
今話題の「俺のフレンチ」とかで目玉がロッシーニってありますが、
ここのも味も去ることながら
コスパも全然負けてないと思うんですけど!


最後にデザート、1品目アイス2種。
アイス2種
この盛り付けだけで女子的にときめいちゃいます☆
アイスだけでなく、クッキーとフルーツもセットの豪華デザート。


1品目はスフレ。
スフレ
こちらの盛り付けもまたテンション上がります!
ふわふわのスフレは重くなく、優しいデザート。
ベリーソースをつけたり、フルーツと食べたり…至福。


デザートと一緒にコーヒーを頼んだら、こんな可愛いセットが。
ミルクとお砂糖
わたしはコーヒーはブラック派なのですが、
これには思わずパシャリしてから金平糖をつまみました♪


最後にお会計のときに季節感あふれるお飾り発見。
ハロウィン
もう10月ハロウィンですもんね。
あまり日本ではハロウィンって定着していないイメージですけど、
こういうのを見るといいなぁって思っちゃいます。
ちなみにハロウィンは旦那様のバースデーなのでプレゼント考え中。


今回もやっぱり大大大満足ディナーさせて頂きました!
味もコスパももちろんなんですけど、お店の雰囲気や
店員さんのサービス含め全て言うことなしのお店です。
これくらいのお店だったら普通サービス料とか
取りますけれどそういうのもないんです。
庶民価格で庶民じゃない思いが出来るこちらのお店。
これからもずっと末永く仲良くさせて頂きたいお店です。
今回も本当にありがとうございました!!
スポンサーサイト







Secret

TrackBackURL
→http://shimarisukan.blog.fc2.com/tb.php/114-37afa944