2015.08.29 「びすとろUOKIN 五反田店」

お盆のサラリーマン街五反田は閑散としていました。

10社近くも転職を重ねてきたわたしですが、
お盆が休みの会社に勤めたことなかったのですけど…

でもやっぱり世間はお盆は休み、なんですね。


ならば、普段はなかなか行けないお店にも行けるのでは。
外観
訪れたのは五反田に4店舗ある魚金系列のビストロ店。
予約もなかなか取りずらいし、飛び込みは大概断られる。

こういうとき(お盆)はどうか…と飛び込みで行ってみたら、
ラストオーダーも近い時間とあって無事飛び入り成功!

しかももうお客さんが来ないと踏んでいたのか
2名なのに広いテーブル席に通してくれました。





実はこちらは旦那様との初デートのお店でもあるのです☆
久しぶりの訪問にかんぱ~い。
スパークリングワイン
ワインはスパークリングも含めボトル2,800円からあります。

迷いなく一番お安いものを頼むわたし達でありますが、
それでも十二分に美味しく楽しめます。
キンと冷えていて、ワインクーラーも用意してくれますよ。






お通しのパン 380@人
お通しのパン
久々の貴重な訪問にパンでお腹を膨らましたくなかったので、
こっそり鞄に入れて持ち帰り…翌日のブランチになりました。

家のトースターであっため直して美味しく頂きました。






ビストロUOKINでこれを頼まない人はいないのでは?
海の幸カルパッチョ6点盛り 980円
海の幸カルパッチョ6点盛り
白身系が2種、サーモン、カンパチ、蛸(生と茹での2種)。

驚いたのがそれぞれのお魚で全てソースが違ったんです!
所謂オリーブオイルベースのものから、
バジルや柚子の香りがする和風のソースまで。

6種盛りでボリュームもありますがこれなら飽きさせません。


…ただお魚の鮮度だけで言うとわたし達夫婦の見解では
魚金系列より四十八酒場系列に軍配だと思うんですが。






自家製塩漬け豚肉のスタミナサラダ~レモン風味~ 580円
自家製塩漬け豚肉のスタミナサラダ~レモン風味~
お魚だけじゃなくてお肉も…と頼んだらなんとも想定外。

豚肉→スタミナではなくて、ねばねば→スタミナだったのか!

オクラやめかぶ、とろろ昆布などのねばねば素材に
混ざって豚肉さんが…明らかに豚肉は脇役でしたね。






鮎のムニエル~バルサミコ柚子胡椒風味~ 480円
鮎のムニエル~バルサミコ柚子胡椒風味~
大好きな季節ものの鮎、家ではいつも塩焼きだから新鮮。

下のソースが結構しっかりとしたお味だったので、
つけるのは程々にして鮎そのもののお味を楽しみます。

調理法を変えても変わらないのは鮎の美味しさ、旬のもの。

もちろん頭から尻尾の先まで余すことなく綺麗に頂きました。






合鴨のロースト~グリーンペッパーソース~ 1,280円
合鴨のロースト~グリーンペッパーソース~
提供までに40分ほどかかると言う愛する鴨肉は…

ボリュームたっぷりでお肉の色も綺麗なロゼで美味しそう!

いざ食してみると…これは美味しい鴨さんだ~~~!!!
臭みは全くなく、鶏より濃厚で深みのある肉のお味…美味。

魚金系列なのに何故にこんなにお肉までもが美味しいの!?

このお値段で、このボリュームのこのクオリティの
鴨肉を食べることが出来るなんて感動ものでした~。






絶賛の鴨肉で〆るか迷いましたけど…頼んじゃいました。
マルゲリータ 680円
マルゲリータ
これまた頼んで正解、正統派の美味しいナポリピザ。

生地はもちっもちでピザ専門店と比べても遜色ないくらい。
ピザ好きのわたし達もぐっとテンション上がっちゃいました!

五反田のピザの名店「ガリバルディ」無き今…
旦那様に至ってはピザ食べにここ来たいと言わしめた程。





魚金系列なのでお魚は確実に美味しいって頭でいたので、
むしろお肉料理+ピザに感動しちゃったくらいでした。

でももちろんお魚料理も期待に違わず大満足。
久しぶりの訪問で夫婦揃ってさすが人気店と再認識です。

今度はいつ訪問できるかなぁ。
今回はお盆の遅い時間で本当に穴場でラッキーでした。








そして気分はちょっと夜更けのデート♪
看板


家近のバーで軽く2軒目、お酒をお供に語らいました。
マルガリータ
これにて珍しく大人らしく夜を〆られたと思います~。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑人気店には人気店たる理由あり、改めて実感です。
ぽちっとランキングに応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト


2015.08.27 「麻布十番納涼まつり」

先週末に開催された麻布十番納涼まつりのレポートです!
麻布十番納涼祭

このお祭りは食べ歩き好きには外せない一大イベント。

所謂お祭りの屋台ではなく(それもそれで好きですが)、
麻布十番商店街を中心としたお店が出店を出すんです。

つまりはレストランなどのお料理が食べ歩き出来るのです。



土日休みではないシフト勤務の仕事をしているので、
これがために有休を取って出陣して参りました!!

お祭りは15時開始ですがここは作戦を練ってきました。
ものすごい人出のこのお祭り、15時に合わせてくると
麻布十番駅のエスカレーターに乗る時点で行列発生。

今回は14時前に到着しておいて近辺のお店で時間を潰し、
15時になったら即祭りに乗り込めるような段取りです。


わたし達にとって祭りまでの時間潰しもすでに宴の始まり。
ビールとタイえびせん
カフェのオープンエアの席で外を眺めながら
シンハービール 700円とえびせん 300円。

外では出店設営のみなさんがワイワイと準備中。
祭りに来るのも楽しいけれど、祭りを催す側も絶対楽しい。

なんて言うか大人版の学園祭って感じです♪
お酒が飲めると言うのが大きな違いよね~。






どこも出店の準備に追われていて、
お店自体の営業をしているところは少ないです。

そんな中祭りの前にはしご酒、ビールとゼッポリーニ 500円。
ビールとゼッポリーニ
ゼッポリーニとはピザ生地に海苔を混ぜ込み揚げたもの。
ピザ生地ならではのもちもち食感がたまりません~。

出店にも出すそうで、1口サイズは食べ歩きにぴったり。






そして…15時、今回は六本木側からお祭りへ挑むことに。
麻布十番納涼祭(六本木側入り口)






まず目に留まったのは、たこ焼き好き夫婦ならでは「タコ」。
たこガーリック
たこをガーリックバターで炒めてる~これは食べるしかない!!


タコガーリック 500円
たこガーリック
タコはかなり大きなサイズのぶつ切りですごい弾力です。
ぷりっぷりのタコさんはガーリックとの相性もばっちり。

口をタコでもきゅもきゅさせながらビール片手に食べ歩き♪






こちらに見えますのはクラフトビールの出店。
クラフトビールの出店
ワンコインでバイツェンやエールなどのビールが頂けます。


炎天下の元だったので爽やかにバイツェン 500円。
バイツェン
これがドイツで飲んだのと同じくらい美味しいバイツェン!!
しかもワンコインながら他のお店より大きいくらいのコップ。

他の種類も飲みたーい(可能なら全種制覇)ところでしたが、
あまりの人出にこのお店まで引き返すことを断念…。






鉄板で焼かれているこれはなんでしょう。
マグロのテールステーキ
あまり普段見ない食べ物を見つけるのも祭りの醍醐味。


マグロのテールステーキ 500円
マグロのテールステーキ
真ん中にマグロの骨が通っている尾の身のステーキ。

さすがにこれは食べ歩けなかったので路地脇に退避。

脂がのっていて見た目もまるでお肉のようですが、
ステーキとは言えやっぱり魚のお味を主張しています。

意外とあっさりとしていてボリュームありつつもぺろり。







まだ16時、祭りは21時までの長丁場ですがすでにこの状態。
夜が更けるにつけてもっとすごい混雑になるみたい。
祭りの混雑
食べ歩きは周りに迷惑をかけないように気遣うのがマナー。






去年食してから狙っていたのよね~、行列の出来る出店。
米沢牛串
他にも色んな牛串が出店してますが、ここが一番の行列店。


ちょっと高いけど…並んで頂きましょう米沢牛串 700円。
米沢牛串
少し小さ目、でもこのお値段ですから2人で1本で我慢。

でもこの柔らかい肉質にいい塩梅の脂ののり…美味し~。

やっぱり1串500円超えのブランドがつくお牛様は違うのね。
2人で食べると2切れずつ…この貴重感もまたいいのかも?

やっぱり並ばれるお店は並ぶだけの価値があるのよね。





並ぶ…と言えば麻布十番を代表するお店の「あべちゃん」。
昼から飲めるもつ煮、もつ焼きの老舗有名店。
あべちゃん
食べる気満々だったのですが店をとぐろする行列に断念。

…並ぶのも一興なのですが、今回は理由があったのよ。


もうこの日の高い時刻で祭りを退散してまでも行く処が。





麻布十番からぶらり歩いて白金台まで。

2年近く前結婚式を挙げた式場でのサマーパーティ♪♪♪
【白金甚夢迎賓館】
結婚式場外観


結婚式を挙げたカップルに送られる招待状。
ビュッフェ形式の食事+飲み放題で3,500円のお手頃パーティ。
Summer Partyのご案内


もう懐かしいと言える2年前、結婚式の初心忘れべからず。
結婚式場記念撮影
これからも仲良く食べ飲み歩き夫婦でいられますように。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑ちょっとおまけもつきましたが…満喫しました♪
わたし達の季節の風物詩「麻布十番納涼まつり」




武蔵小山からスタートした品川区食べ飲み歩きは、
戸越し銀座を巡りてくてくと五反田まで帰って参りました。

旦那様の仕事が多忙なため、残念ながら夜遊びはNG。
今日は名残惜しくもさくっと食べ歩きを〆ることになりました。


〆と言ったら…ラーメン、それにびーぎょもつけちゃいます!

五反田はサラリーマン街なのでラーメン屋さんも
数多くありますが…選択肢があり過ぎるのも悩みもの。


結局先日ランチに訪問した中華料理屋で刀削麺×びーぎょ。
刀削麺ってラーメンのジャンルとはちょっと違いますけどね。
外観
実のところハッピーアワーのビール300円に惹かれたんですが。




店員さんも中国人の本格派中華、店内も中国にいるみたい。
店内






ラーメンの前にびーぎょ「ジュージュー鉄鍋ギョーザ」500円。
焦げ目がきつね色に芳ばしく焼き上げられた餃子。
ジュージュー鉄鍋ギョーザ
熱々の鉄鍋からはぱちぱち音を立てて油が飛んできます。

種は野菜が多めなのか思ったより油っぽくなくて、
皮も薄いのでおつまみ感覚でかる~く食べられちゃいます。


でもびーぎょの片割れ、ビールがぬるかったのよね…。
ハッピーアワーで300円と言うこともあり文句言えず。






ふとここで今日ほとんど野菜を食べていないことに気付き、
(焼き鳥→明石焼き&お好み焼き→唐揚げと来たので、
辛うじてお好み焼きのキャベツくらいか…)
フォローを入れてみました「木耳の酢漬け冷菜」500円。
木耳の酢漬け冷菜
ぷるんとして黒々とした木耳がたっぷり、実は大好物。

酢漬けと言えどそこまで酸味は強くなくて、
さっぱりしているので餃子の間の箸やすめにぴったりです。

後味にぴりっとした辛みのような香辛料のお味がしました。
中華香辛料は奥が深いですからね…何だったんだろ。






更には麻婆豆腐まで頼んだのか…
本場味の麻婆刀削麺



ではなくて、〆の「本場味の麻婆刀削麺」750円です。
旦那様の希望で辛み増ししてもらいました。
麻婆刀削麺、麺アップ
刀で削られた独特の麺はもはやラーメンとは別ものですね。

もちもちとした食感が美味しく、そしてお腹にもたまります。
スープにとろみもついているので麺によく絡んで辛うま。

かなり辛みがあるので麺と辛さが合わさってインパクト大。




取り分け後のお皿を見てもスープは真っ赤な地獄色。
麻婆刀削麺取り分け後
でもこの山椒系のぴりりとした辛みがクセになるんですよね。

麺の量もかなりありましたが辛さに食欲増進されてご完食。






しかし帰り際にショッキングなことが発覚したんです。

刀削麺と言ったら刀で小麦粉の塊を削り落として作る
職人技の麺のはずでしたが…
刀削麺製作人形
なんとここでは刀削麺人形君が機械仕掛けで作ってた!!!
オブジェとかではなく本当に動いて麺を削ってたんです。

高度な職人技が必要とばかり思ってたので衝撃でした…。
これこそ知りたくなかった事実ってやつなのかもしれない。




最後にオチがあった品川食べ歩き、これにてご帰宅です。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑1日を総合して考えると意外と量食べてないのかも?
その後わたしは家で晩酌タイムしましたけどね。




戸越銀座→食べ歩き…と言ったら外せないものがあります。

それはみんな大好き「か・ら・あ・げ」♪

少し前にケンタッキーの「鶏から亭」も進出してきましたし、
それ以外にも唐揚げの専門店が複数店舗あるんです。

戸越銀座商店街は唐揚げ激戦区と言ってもいいくらい。

たださすがに唐揚げ巡りはキツいので(年齢的にも、汗)
どこのお店の唐揚げに決めるかが悩ましいところ…。



今回は以前にも商店街のイベントで訪問したお店へ再訪。
外観
簡易卓と椅子ですが、イートインスペースは結構広いです。




店名に「デリ」と銘打つだけあって鶏を中心にメニューも充実。
メニュー
地元密着系商店街の中にある唐揚げ屋さんながら、
中国語のメニューにも対応してるそうですよ。

日本に来る外国人観光客が増えていると聞きますけど、
戸越銀座商店街にまで到達する観光客もいるのかしら。






唐揚げを食べるからにはとりあえずビールを頼んで…
と一緒に鶏レバー煮込み 200円。
鶏レバー煮込み
小さな小鉢で見たところ少なそうに見えますけど、
こっくりと煮込まれた濃厚レバーは思う以上の食べ応え。

煮込みなので焼鶏にあるようなレアな感じはないですが、
濃い目の味付けに負けないくらいのインパクトある
濃ゆ~いレバーは一級品のおつまみかも。

重いタイプの赤ワインと一緒に食してもいいかもしれない。

ちなみにレバー以外にハツのような部位も混ざってました。






お目当ての唐揚げは色々選択肢ある部位の中から、
多分一番王道であろうと思う「もも」 100g 270円。
からあげ もも 100g
100gで約3個とありましたが、お店のご配慮か4個入りでした。

唐揚げと言うからにからりと芳ばしく揚がっていて、
そしてサイズは一般的な家で作るような大きさながら
とってもジューシーで肉汁で火傷しそうなくらい。

やっぱり唐揚げはもも肉、柔らかくも弾力がある肉質に
何より皮目と芳ばしさと肉汁の脂がたまりません~。

肉汁をビールで流す瞬間はもう至福の時なのです。


そういえばつい先日会社の先輩が居酒屋さんに行ったら
唐揚げが売りきれていてありえないと怒っていました。
…その気持ちすごい分かるかも~。

唐揚げ専門店ならずともビールに唐揚げは最強タッグよね。


鶏レバー煮込みと唐揚げ、ビール×2で1,300円弱のお会計。
煮込み200円、唐揚げ270円を考えるとほぼビール代ね…。




飲み食いしてると1日があっという間に過ぎていきます。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑品川区食べ歩き、最終編もお付き合い頂けたら幸いです。




武蔵小山に続きましての戸越銀座商店街で食べ歩き。

戸越銀座商店街と言ったらテレビでもよく食べ歩き特集が
組まれているくらい東京の中でも食べ歩きの聖地です。



気の向くままの食べ歩き流れ旅なので、
行くお店を決めていた訳ではなかったのですが…

そういえば明石焼きを出すお店があったじゃないかと即決。
たこ焼きを愛する夫婦はもちろん明石焼きにも弱いのよ。
外観
店頭にある明石焼きのレプリカが前から気になっていたの。

明石焼きと言うよりもお好み焼き屋さんなんですけどね。




武蔵小山商店街をぶらり冷やかしながら来たので、
時刻はもう14時過ぎさすがにランチ客もなく空いてました。

明石焼きはマストで頼むとして、もう1品くらい…
アルコールセットメニュー
飲兵衛のわたし達にぴったりのセットメニューを発見。

炭水化物系をがっつり行くと今後の食べ歩きに響きそう
…と言う懸念もありましたが腹ペコ旦那様に一蹴されました。






明石焼き 600円
明石焼き
少し崩れた感が柔らかさを物語る可愛らしい明石焼き。


お出汁に浸していただきまーす♪
明石焼きin出汁
ふわっふわんの明石焼きはかなり玉子率が高いです。
粉ものと言うより丸形の玉子焼きと呼べるレベルの玉子度。

お出汁と、柔らかく優しい玉子のお味は癒しですね~。

ただ残念だったのが、蛸さんがかなり小さく固かったの…。
たこ好きが高じてのたこ焼き好き→明石焼き好きだから、
これだけはちょっとポイント下げざる負えなかったかも。






アルコールのセットメニューの方は「1. 豚玉set」1,000円。
豚玉
滴るほどのソースマヨにいい意味でのB級感を感じます。

外側はかなりカリッとしっかり焼き固められています。
そういえば鉄板で焼いてるところ見ると結構油使ってました。

一方の中は凝縮されたキャベツ、キャベツ、キャベツ。
こちらもあまり粉を使わずほぼキャベツなんじゃないかって。

焼かれたキャベツって甘みを増して美味しいんですよね。

焼き固めの油とたっぷりのソースマヨのジャンキーさを、
大量のキャベツがフォローを入れてくれてる感じかしら。



セットの他にビール480円を追加して約2,000円のお会計。
美味しかったですが明石焼きの蛸だけ悔やまれます…。







全長1.3kmにわたる戸越銀座商店街は歩きがいあります。

途中、ベローチェでアイスコーヒーと珈琲ゼリーの小休憩。
アイスコーヒーとコーヒーゼリー
正直ベローチェの珈琲はあまり好きではないのですが、
珈琲ゼリーは好きでちょいちょい食べ歩きに登場してます。
濃厚ソフトクリームと苦みのある珈琲ゼリーのバランスが◎。

珈琲はLサイズ、旦那様とシェアして540円のおやつ休憩。



まだまだ続きます、1日分の品川区食べ歩きレポート。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑たこ好き夫婦にとっては蛸の良し悪しが明暗を分けます。
家ご飯でもモータリア産じゃなくて明石の蛸を使うプチ贅沢。




お昼まで寝坊した(いつものことですが)休日の過ごし方。

しばらく仕事が忙しく相手をしてくれない旦那様でしたが、
その日は気分転換に一緒にお出かけしてくれると言うことで。

それならばと1日中食べ続ける食べ歩きツアーに決定。
1日1食と言えばそう、だけど1日を通して食べますよ~。

元々戸越銀座に所用があったのでその方面で食べ歩き♪



まず目黒から東急線でスタート地点の武蔵小山まで参ります。
駅のエレベータ目の前に第1のスポットが待ち構えてました。
外観
昼間からやっている立ち食いの焼き鳥スポット。

こちらの駅前店と、武蔵小山商店街の端に本店があります。
どちらでも同じように店頭で立ち食い立ち飲み可能。

その日の1食目は焼き鳥×ビールで腹ごなしに決まり。


立ち食いカウンターに陣取ると目の前には焼き鳥がずらり。
立ち食い焼鳥
作り置きですが、あったかい鉄板の上なので冷めてません。

一見様でおたおたしているわたし達に
お店のおばちゃんが世話を焼いてくれます。

まずは立ち食い焼き鳥システムのご説明。
串は一律150円、好きな串を自分で取るセルフサービス方式。
中央にあるタレは共用なのでもちろん2度漬け厳禁ですよ。
最後に串の数を見てお会計してもらいます。



生ビール 500円と、食べかけの串。
ビールと食べかけ串
おばちゃんのお勧めで確かネック(首)のお肉と言われたような。






焼き鳥と言ったら外せないのが、レバー。
レバー
作り置いてるのに、柔らかく火の通り加減も良くて美味しい。
ふんわりとして中心部はしっとりとレア感も残しています。

がつんとインパクトある濃厚味のレバーに
空腹のお腹も一気に動き出した感じです。






焼き立てが出来たけどどう?と勧められて思わず、ナンコツ。
ナンコツ
結構お肉部分を残していてなかなか食べ応えがあります。
お肉+ナンコツ独特の食感を楽しめて1度で2度美味しい♪

基本串はタレですが、ナンコツとスナギモだけ塩みたい。





平日の真昼間から焼き鳥屋で立ち飲みする
30代女性を旦那様がこっそりパシャリ。
平日昼間の立ち飲み姿
恥ずかしいので小さな写真で載っけてみました。



これから食べ歩きの1日は長いのでここはさくっと
串3本と生ビール1杯で計950円のお会計。
(串もビールも旦那様と2人でシェアしてこのお値段)

でも1串150円は武蔵小山価格にしては高い気も…。
美味しかったし、雰囲気もまたいいから納得ですけどね。




焼き鳥屋さんを後にして…その先の路地裏に
大井町で人気の激安立ち飲み屋「晩杯屋」さん見っけ!
外観
中目黒にもお店が出来ましたがこんなとこにもあったとは。
平日のお昼13時過ぎ…でも人でごった返しています。

わたしとしては2軒目に入る気満々だったのですけど、
大井町で行ったし~と旦那様に却下され泣く泣く次へ。






武蔵小山商店街パルムをぶらりお店を値踏みしてたら…
2軒目を見つける前にあっという間に戸越銀座に到達。
戸越銀座商店街入り口
※ 武蔵小山商店街と戸越銀座商店街は
ほぼつながっているような立地です。
両方の商店街をハシゴするのもおすすめ。

品川区食べ歩きと銘打った休日、次は戸越銀座編です。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑今回はごめんなさい、1軒で食べ歩き終了の武蔵小山。
次はもっとじっくりと武蔵小山を食べ飲み歩きせねば。



2015.08.20 「Paris食堂 EPICES (エピス)」中目黒

クーポンサイト: LUXA
割引: 7,000円 → 3,500円 (50%OFF)
内容: 飲み放題付きココット&タジン鍋コース


こちらのお店(2F)を訪れたのは遡ること1年近くも前…。
外観
結婚式1周年記念として訪れ、記念日に相応しいお店でした。

その際はPONiTSのクーポンを利用しての訪問。
お店も素敵であまりに内容も良いクーポンだったので、
ずっと再販を切に願っていたのですが…

今回PONiTSで再会!…の瞬間売り切れていたのです(泣)

かなりのショックを受けていたところになんとLUXAの方でも
お値段を上げて(PONiTSは3,000円)販売しているでないか!

500円高いもののお料理の内容もPONiTSのクーポンより
少しグレードアップしていたので迷いなく購入に至りました。





お店はゴージャス感もありつつ可愛らしい中目黒の隠れ家。
店内
お店の紹介には「屋根裏のパリ食堂」って名前を裏切らない。




まず乾杯はビール、泡が滑らかエビスのクリーミートップ♪
乾杯のビール






本日のおまかせ前菜盛り合わせ+生ハム盛り合わせ
本日のおまかせ前菜盛り合わせ+生ハム盛り合わせ
前菜はラタトウィユ、ビーツのマリネ(紫色が鮮やか!)、
もう1品はさっぱり大根系のサラダだったかな…失念。

お皿の右半分にはピンク色が綺麗な生ハム系が3種類。
同じお肉の加工品でもそれぞれ違う特色を楽しめます。

さすがはビストロ、ワインに合うプレートのスターターです。

本格的な一皿一皿出てくるようなフレンチ程かしこまらず、
大皿盛りで気軽に食せて味は絶品、こういうのが好き。
お皿の中でお野菜とお肉のバランスもちょうどいいです。






お料理の付け合わせとなめてはいけないバゲットは、
ハーブで薫りづけされた「エルブドプロバンス薫るバゲット」。
エルブドプロバンス薫るバゲット
タイムやローレルなどの香りが主張し過ぎずも、
ふんわりとバゲットにアクセントをつけています。

お料理に添えるだけのバゲットとしてはもったいないくらい。






こちらはまさかの白いスパークリング!?…ではありません。
本日の冷静ポタージュのビシソワーズ(じゃがいも)です。
本日の冷製ポタージュ(ビシソワーズ)
冷たいスープはポタージュでありながらさっぱりと爽やか。
今の季節にぴったりのスープですね、美味しい~。






ベーコンとポルチーニ茸のキッシュ
ベーコンとポルチーニ茸のキッシュ
焼き立てなのかと思うほどさっくりとして、あったかいです。

パイ生地の中身はふわっと柔らかく優しい卵のお味。
たっぷり混ぜ込まれているポルチーニ茸もいい香り~。

有名処のパン屋さんで売られているキッシュと比べても
勝るとも劣らないくらいクオリティ高い美味しさです。






エピス風モロッカンサラダ
エピス風モロッカンサラダ
クーポンメニューを見るとモロッカン…なんだろうかと
食べてみると要はシーザーサラダのお仲間なのかな。

クーポンのメニューはどこのお店でもその時々によって
変更になることも珍しくないのですが、
このサラダはこれがモロッカンサラダで良かったのか
それともシーザーサラダに変更になっていたのか…。






鶏とポテトのスパイシーフリット
鶏とポテトのスパイシーフリット
スパイシーと言っても辛いわけではなくて、
エスニック系スパイスの風味が加わったクセになるお味。

ただでさえポテトは手が止まらないマジックがあるのに、
スパイス効果が加わると更なり、ビールお願いします~。






自家製スパイシーカレーのココットグラタン仕立て
自家製スパイシーカレーのココットグラタン仕立て
エスニック料理と言えばカレー、グラタンと言えばフレンチ。
正にこちらのお店のコンセプトに沿ったお料理です。

カレーはそこまでエスニック、エスニックを主張し過ぎず。

びっくりしたのが煮込まれた牛肉がたっぷり入ってたの!
お肉の繊維がほろりとほどける程柔らかに煮込まれ、
かつごろっと大きい塊で食べごたえもあります。

カレー×チーズ×牛肉の豪華な逸品でした、美味しい~。






豪華なお料理続きます、本日の貝の香草ワイン蒸し。
本日の貝の香草ワイン蒸し
…でも実はわたし火の通った2枚貝が苦手なんです。
サザエとかは大丈夫なんですが、蛤やムール貝はNG。

という訳で貝は全部旦那様に回収頂いたのですが、
この貝のお出汁がたっぷり染み出したスープ!!
優しい磯のお味がする滋養に良さそうなスープは絶品。

貝が苦手なわたしでも貝のスープは美味しく頂けました。






そして最後のお料理、色も形もかわいらしいタジン鍋を…
タジン鍋
卓上で店員さんがオープン!
お料理がお目見えするまでのわくわく感もいいですね。



鶏と塩レモン、オリーブのタジン
鶏と塩レモン、オリーブのタジン
鶏の塊肉をスパイスの効いたスープで煮込んだお料理。
パクチーものっちゃってエスニック寄りの一品です。


それに合わせる付け合せも更にエスニック。
クスクスと自家製アリッサソース
クスクスと自家製アリッサソース
クスクス(奥)は小麦の一種なのでこれが主食になります。
スープご飯のような感覚で頂けて、お腹に優しい〆です。

スープはあくまで優しい酸味とスパイスのお味ですが、
アリッサソースはかなりの辛みがあっていいアクセントに。

スパイス効果か、酸味や辛さのアクセントのおかげか
最後に出てきた大きな鶏さんも美味しくぺろりとご完食。

この鶏肉もよく煮込まれて柔らかく美味しかったですが、
主役は優しくもスパイスのひと捻りあるスープだったかも。






デザートは(確か)マンゴーとパッションフルーツのアイス。
マンゴーとパッションフルーツのアイス
マンゴーの甘味×パッションフルーツの酸味が絶妙。
濃厚さもありながらさっぱりと頂ける美味しいアイスでした。






前回よりフレンチからエスニック寄りになった印象。
どちらだとしても期待に違わず絶品お料理達に大満足!

またクーポンを出してくれてもうお店に感謝の気持ちです。
看板
☆クーポンなしでも訪問したい素敵なお店☆

↓ぽちっとランキングに応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村




24時間営業の鶏手羽のお店が出来た、と言う情報は
前に山手線車内のTV(サントリーグルメガイドみたいの)で
仕入れていましたがついに訪問となりました。

外観
出来て間もないのにテレビのセットのような昭和の演出。
あからさまなくらいのB級感を前面に出しています。

果たしてお値段とお味の兼ね合いはいか程のものか…
いざ24時間居酒屋チェーンのお手並み拝見です。
(B級演出につられてちょっと上から目線かも??)





五反田の大衆酒屋はお通し代無しのお店が多いのですが、
やはりチェーン店はお通し(席代)のハードルがありました。

お通し@300円は、塩昆布 on キャベツ。
お通しの塩昆布onキャベツ
キャベツの分量に対して多すぎはしないか山盛り塩昆布。

串カツ 田中」ではお通しのキャベツ食べ放題でしたが、
ここでお代わり出来るのかは聞く勇気無かったです…。

メインの手羽先のお供として頂くキャベツだったとしたら、
塩昆布なしのお代わり自由が良かったかもしれない。





ビールは嬉しいエビス、そしてその日は水曜日。
IMG_3535.jpg
なんとワンコインでエビスビールも含む1時間飲み放題!
普通のお店なら1杯で500円以上取るのもざらですよね。

この飲み放題メニューの種類が若干少なめですが、
エビスビールが込みならば十二分に価値ありです。

もちろん飲兵衛夫婦、ワンコイン飲み放題をお願いします。

ちなみに他の曜日のイベントも見てみましたが…
どう見ても水曜の飲み放題が一番お得だと思うのですが。

月曜の「デブの日」って…どうやってデブ認定するのかしら。






店名が「酔っ手羽横町」と言うからには売りはこれでしょう!
伝説の鶏手羽 五本 380円
伝説の手羽先
タレか塩か選べますが、手羽先と言ったらタレだと思う。

皮目が芳ばしくパリッとしていてタレの甘辛味がうま~い。
骨が通っているので身の部分としては少なめですけど、
柔らかくジューシーで優秀なビールのおつまみです。

五反田には有名な鶏手羽チェーン「とめ手羽」もありますが、
確か1本で150円しましたから…コスパは断然こちらに軍配。

お味もそこまで負け時と劣らずなレベルで美味しいので、
「とめ手羽」としては結構脅威なんじゃないでしょうかね!?






鶏さんがメインのお店ですがその日はお魚も食べたく
お刺身を頼んでみました、五点盛りで1,380円。
刺身盛り合わせ(五点盛り)
奥から蛸、サーモン、カツオ、カンパチ(かな?)とイカの5点。

う~ん…厚切りでボリュームはあるんですけど、
正直鮮度は残念で他の料理に比べてコスパも悪めです。

わたしの好きな銀魚(アジ・イワシ系)がいなかったのも
足が速いからラインナップに入らなかったのかも…。

やっぱり素直にお店の売りの料理を頂くのが安全策。

ちなみに五反田で鮮度のいいお魚が食べられるお店
と言うと駅ビルの「四十八酒場」がおススメです。






お刺身から頭を切り替えて、鶏さんに戻ります。
焼鶏は50円~からとお財布に優しい値段設定。

ちなみに普通焼鳥屋さんではタレと塩から選べますが、
こちらのお店では素材の味押しで基本全てが塩で提供。
(タレも頼めば作ってくれるみたいですけど)

お店の流儀に従って全部塩で頂こうじゃないですか。

砂肝 70円、レバー 70円、にんにく 120円。
砂肝・レバー・にんにく
串は小ぶりなんですが、焼き加減と肉質はばっちり◎。

レバーは柔らかで程よい感じのレア感を残して美味しい。
レバー好きも大満足のレベル高い濃厚レバー串です。

にんにくは相変わらずの旦那様スタミナ源補給用。






ねぎま 50円、もも 120円、軟骨 50円。
軟骨・ねぎま・もも
もも肉はジューシー柔らかで香ばしくとても美味しいです!

ねぎまのお肉も多分もも肉を使っていると思うのですが、
ネギ+お肉で肉が少ないとしてもこれで50円はすごい。



手羽先が売りのお店の焼鳥はやっぱりレベル高かった。

店内
ここらで飲み放題の1時間が経過したのでさくっとおいとま。
ほぼヱビスビール一辺倒で2人で7,8杯くらいは飲んだかな。

お会計は4,000円弱とお酒だけで元取れちゃってますね。

足を引っ張ったのは明らかにお刺身盛り合わせ…。
次回訪問時は魚は頼まず鶏一本で参ろうと思います。







おまけはお惚気☆
旦那様的にはわたしの手羽先揚げの方が美味しいって。
手羽先揚げ(家料理)
こちらが家で作った手羽先揚げ(COOKPAD ID:2785470)。
でも皮のパリッと感はやっぱりお店には敵わないですね。

それでも旦那様のリップサービスが嬉しかったのです♪

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑ぽちっとランキングに応援よろしくお願いします!



2015.08.14 「銀座2丁目 ミタスカフェ」

久しぶりに女子友とランチして参りました~。

ここしばらくは仕事漬けの毎日に、ご褒美は旦那様との飲み。
久々の素敵お姉さまとのランチで女子力アップを期待です!


お姉さまが選んでくれたお店は外観からも期待大。
外観
銀座に来るのも久々、路地裏にあるお洒落な和風カフェ。
木を基調としていて、モダンでありながら温かみもあります。

店名の「ミタスカフェ」は「ココロとカラダをミタス」から。





平日のランチタイムメニューは日替わりとカレーの2種類。
土日祝はお値段上がってもっとメニューが増えるみたい。
メニュー
選択肢が少ないのはちょっと寂しいけれど、
日替わりのメニューは全部心惹かれるお料理達です。

毎日通ったら文字通りココロとカラダが満たされそう~。
…わたしの現実は場所とお値段に無理があるのだけど。


お姉さまもわたしも日替わりランチを選択、その日は酢豚。




まずは小鉢でお野菜から、ここも女子ポイント高いです!
サラダ・漬物・小鉢
手前が「大根サラダ梅ソース」、しらすもたっぷりトッピング。
奥がお漬物に、もやしのナムル。
ナムルと言っても胡麻油控え目であっさり素材のお味です。





お野菜を食べつつ女子トークに花を咲かせていると…

メインの酢豚(+お味噌汁とご飯)の登場。
酢豚
器が大きいのでこう見えてなかなかのボリュームです。



テーブルいっぱいに日替わりランチが勢ぞろいしました。
日替わりランチ
酢豚はお肉は一口じゃ食べられないくらいのサイズ。
柔らかくて適度な脂身がちょうどよく美味しいです。

味付けはしっかり目で酸っぱさと甘さのバランスが絶妙。
あ、でも個人的に言えば甘めの酢豚で万人受けしそう。

お野菜もたっぷりでこちらも大きめのカットです。
玉葱、人参、筍、ピーマンが入って彩りもばっちり。

ちなみに好き嫌いが分かれる酢豚のパイナップル問題、
こちらのにはパイナップルは入っていませんでした。


かなりのボリュームでしたが、お野菜も多いですし
脂っぽくないのでペロリと美味しく頂けちゃいましたよ。






日替わりランチはドリンク付で1,150円。
まだまだ花咲く女子トークに備えて、
ハーフデザート300円を追加でつけることにしました。

通常のデザートメニュー(単品750円前後)の中から
好きなものをハーフサイズで選べるお得なランチサービス。

2人揃ってトマトのシフォンケーキを頂きました。
ハーフデザート
ふんわりシフォンはたっぷり食べた後のお腹具合にぴったり。

トマトの野菜的な主張はほとんどなくて、
甘さ控えめのシンプルなシフォンケーキと言った印象。
添えられてるホイップがいい仕事してましたよ。





銀座でヘルシーなランチにスイーツ、そして女子トーク♪
楽しく美味しい女子満喫なランチとなりました。

少しは素敵なお姉さまの恩恵を受けられたかしらん。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑仕事に忙しい旦那様をよそに贅沢しちゃった罪悪感も
満たされた「ココロとカラダ」の中にちょっぴり…ね。




神田のワインバーで大満足、大満足に偽りなし。
でも、いやむしろ満足だったからこその夜の続編ありき。

神田から山手線で五反田まで帰宅しようとしたら、
やってきたのは大崎止まりの電車。

ならば大崎で降りて五反田まで歩こうかと言うことになり
…その時点ですでに夜遊びフラグが立ってたのね。

大崎から五反田までには誘惑がいっぱい落ちてるのよ。




まず引っかかったのはオープンエアの席があたかも
ビアガーデンに見えちゃった「キリンシティ 大崎店」。

ワインバーのクーポンではビール1杯限定だったから、
この暑さの中きっとビールに飢えていたのね。


メガ達人ブレンド 1,050円 & 一番搾りスタウト(黒生) 520円
メガ達人ブレンド & 一番搾りスタウト(黒生)
メガサイズの大きさは通常サイズと比べると親子のよう。

2杯ともサイズ違いの同じ黒ビールに見えますが、
達人ブレンドは「ブラウンマイスター」と「一番搾りスタウト」
7:3の比率のハーフ&ハーフです。

メニューの写真だともうちょっと琥珀がかってたんだけどな。


さすがビアマイスターが注ぐご馳走ビールと名乗るだけあり、
なめらかな泡までしっかりコクを感じる黒系です。



重めのビールと、すでに膨れていたお腹に対応する
つまみの悩ましい選択「タコときゅうりの山葵マリネ」 550円。
タコときゅうりの山葵マリネ
アングル悪くきゅうりの漬物状態になっていますが、
大き目のぶつ切りタコさんも負けじと隠れてますよ。

元々タコ好き夫婦、よくタコ料理をオーダーしますが
近頃はタコの生感を残しているお店が多く嬉しいとこ。

茹できって弾力が強く固くなりかけているものよりも、
ちょっと生っぽい柔らかさを残したのが美味しいの。






調子に乗って「"こがね鶏"の自家製ハム (small)」 500円。
'こがね鶏'の自家製ハム (small)
スモールは少し寂しいハム4枚、でも今はちょうどいい量。

こがね鶏は聞いたことなかったですが、
敢えて「"こがね鶏"」とするからには特別な鶏なんだろう。

脂身が少なくともパサパサせずしっとりとして柔らか。
綺麗な桜色の鶏ハムは上品さすら感じさせます。

でも上品過ぎて黒ビールのコクに押され気味だったかな。






夏の夜風に吹かれながら、高層マンションを眺めつつ
(それとも見下ろされつつ?)ビールタイムを満喫♪
テラス席からの景色






今宵はまだまだ終わりません、ビールタイムは続きます。

何故ならこんな見っけもんしちゃったものですから。
「82 ALE HOUSE 五反田西口店」
外観
五反田のHUB系列のイングリッシュビアパブですが…


その日はなんとドリンク全品半額デーだったのです!
ドリンク半額
ラッキーと言うべきかトラップに引っかかったと言うべきか。






82プレミアムジントニック 620円 → 310円
愛するギネス 1 Pint 930円 → 465円
カウンター横にあると手が伸びるミックスナッツ 310円
82プレミアムジントニック & ギネス & ミックスナッツ
ギネスがこのお値段で飲めるなんて…3軒目の長居も決定。






お腹いっぱいなのでお料理は食べられないけれど…
お酒のつまみならいけちゃうの、ニシンの塩漬け 410円。
ニシンの塩漬け
塩気も脂もしっかりのった濃いお味のニシンは
少量でもインパクトがあって濃いお酒にも負けません。






ギネス追加、ブラック&タン(ハーフ&ハーフ系ビール)やらも
頼んで更におつまみも…ガーリックシュリンプ 410円。
ガーリックシュリンプ
トッピング+ガーリックをまとったエビちゃんは彩り鮮やか。
にんにくの香りとぷりぷりのエビちゃんにお酒が進む~。






結局ビール1 Pint 3杯にジントニック2杯飲んじゃって。
ギネス
割引総額約2,000円、分かっていたけど半額って大きい!



長居を決め込んで半額ビールを楽しんでいたら、
いつの間にやら日付変更線を越えて半額デーも終了。

1日が終わりを告げた訳ですが…酔っ払い夫婦は
またしても年齢を忘れて夜遊びに繰り出したのでした。
(言ってしまうとゲーセンとカラオケ、どこぞの高校生か!?)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑翌日夫婦揃って撃沈…は言うまでもない。
それでも飲みます、食べます、人生楽しんできます♪