2014.08.30 「鎮海楼」目黒

麻布十番納涼まつりの食べ飲み歩きを満喫して、
まだ時間が早かったので夕暮れの中をぶらりお散歩。

麻布十番から白金を抜けて、地元目黒まで戻ってきました。
地下鉄で3駅分くらい歩いたことになるのかな。

お散歩大好き家族、結婚する前も
色んなところを一緒にお散歩しました。
そして新婚旅行のときも旦那様とお散歩三昧。
旦那様もお散歩好きで良かったわ。




お祭り反省会(?)〆のお店はこっそり決めていたの。
外観
目黒の餃子の有名店、家すぐの老舗なのに
意外と住み始めて10年間訪問することなく…
旦那様と結婚してから初めて訪れたのでした。
それ以来両親も連れて行きたくって。

店内はお客さんでいっぱい、運よく予約なしで入れましたが
その後すぐに満席に。




目的は餃子、それならば「びーぎょ」しなくては。
瓶ビール
お祭りで散々ビール三昧した後なんですけどね。
餃子とビールの組み合わせは鉄板なもんで。





こちらのお店のお通しはサラダ。
お通しのサラダ
結構なボリュームの胡麻油風味の中華サラダ。
しゃきしゃき野菜に中華ドレッシングはシンプルに美味しい。

食べる順番で最初にサラダってダイエットにいいとか
言いますよね…なんてこれまでに祭りでどんだけ食べてきた?






目的の餃子メニューは焼き、水、揚げ、蒸しの4種類。
餃子メニュー
メニューにも「うちの売りは餃子です!!」としっかりアピール。
1個150円(税別)の自信ありのお値段設定。
1種類につき4個以上からのオーダーで、
4個以上であれば個数指定できます。

ちなみに水餃子だけがニラベースで、
それ以外の3種類はキャベツベース。
老舗店の長年の創意工夫の結果、
この組み合わせがベストってことになったのかしら。






焼き餃子
焼き餃子
裏の焼き目が重要ポイントの焼き餃子。
個人的にはもっと焦げてるくらいでもいいかも。

こちらの餃子は見た目かなりの大き目サイズですが、
肉汁系の餃子ではなく具材が野菜と
ごろっと塊サイズの海老がメインになっているので
かる~くいけちゃいます。
お腹空いてる1軒目の訪問だったら
いくらでも入っちゃいそうな危険な食べ物やも!?

しばらくPINGさんの五反田餃子
自分の中の餃子スタンダードでしたが、
同じ餃子とは言え全く別ものって考えていいくらいです。
あ、そういえばPINGさんの餃子はニンニク不使用ですけど、
こちらのお店もほとんどニンニク感を感じませんでしたね。






水餃子
水餃子
中の具が透けていてなんだかクラゲ(!?)みたい~。
うっすら見える赤色がぷりぷり海老さんです。
中の海老の分量はかなり多めで食感をよく味わえます。

水餃子は更にかるくつるんっといけちゃいますね。

唯一のニラベースの水餃子、今までに
水/蒸し/焼きを食べてきましたが(揚げは未だならず)
この水餃子が一番美味しい…と言うか好みです。
ニラベースの焼き餃子とかも食べてみたいものですけれど。






餃子の前につまみとして食べようと思ってたら
最後に来ちゃった、押し豆腐の和え物。
押し豆腐の和え物
麺状のお豆腐はぷつっと切れることなくしっかりとした固さ。
シンプルでさっぱりとした前菜でいつも頼んでしまいます。





旦那様と訪問する際は〆の麺類はマストなんですが
(旦那様的には名物の餃子以上にここの麺類大絶賛なの)
今回は祭りからの流れだったのでお腹ぱんぱんご馳走様です。

お祭りで訪れた「あべちゃん」じゃないですけれど、
長年続く老舗店にはそれだけの美味しいって理由ありですね。

両親にも満足してもらえて、食べ歩きお祭りの〆も
無事美味しくお開きとなりました。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑新しいお店が日々出来ていく東京。
今新しく出来たお店もいつか老舗と呼ばれる日がくるのかも。
それまでの過酷な競争もあるでしょうけどね…。
新しく出来ては消えていく…それもまた現実。
今残っている老舗は戦いを勝ち残った美味しいお店なのね。

スポンサーサイト



夏の終わりで大分日が落ちるのが早くなったとは言え、
15時スタートですからまだまだ祭りの夕べは長いのです。
前編から引き続きのノンストップ食べ歩き♪

ビール片手に美味しい匂いに釣られて、
あっちにふらふらこっちにふらふら。
※酔っ払い過ぎのフラフラ~ではありませんよ。




牛たん串500円に引き寄せられて~
牛タン串
やっぱり肉を焼く図って惹かれるものがありますよね。
煙や匂いも含め肉食女子ほいほい(笑)

牛タン串
薄めのお肉ですけど、歯ごたえはしっかりタンを主張してます。
肉汁を楽しむと言う感じではなく、やっぱりタンは食感命。






鉄板でじゅーっと焼かれるソーセージに引き寄せられて~
焼きソーセージ
ソーセージは3種類のラインナップ、1本700円の強気お値段。
あらびき、ちーず、行者にんにく

…から行者にんにくをチョイス。
ビールと行者にんにくソーセージ
同じく700円の地ビールとセットで割引の1,200円。
この堂々たる太さと、ジューシー肉汁は納得の食べ応え。
ぱりっと焼かれているので外の皮の弾力も美味しいポイント。

ちなみに遥々北海道サロマからの出展だそうです。
北海道=美味しいものって頭の中で自然と結び付きます。






これは普通のお祭りの屋台っぽい感じ、
とうもろこしの串揚げ400円に引き寄せられて~
とうもろこしの串揚げ

屋台でとうもろこしと言ったらバター醤油焼き…
と言いたいところですが大人味はシンプル塩味で。
とうもろこしの串揚げ
1本の串に粒粒が20個弱ずつ刺さってて…
一体どうやって作ったのかしら??
そういえば、とうもろこしが綺麗にむける便利グッズって
どこかで見たことがあったような…。






そして麻布十番老舗のもつ屋さん「あべちゃん」には
予想範囲内の行列にも漏れなく引き寄せられて~
あべちゃん
実はもつ好きの父親を以前からずっと連れて行きたかったお店。
今回はお祭りなので店内での飲食はやっていませんでしたが、
こういうB級グルメには屋台形式も似合います。
近くの路上片隅に陣取ってほおばるのよね。


タレ注ぎ足し注ぎ足しであろう立派な黒光りのツボ。
あべちゃん


もつ煮(小)とレバー、シロ串。
もつ煮(小)とレバー串、シロ串
煮込みはこってりと濃ゆいお味で
豆腐にも芯まで味が染みわたってます。
もつが苦手な母親も味染み豆腐にご満悦。

くにゅくにゅ食感のもつもよ~く煮込まれていて
名店の味はやっぱりうまい!を実感。
B級グルメの中の一流なのです。

個人的にはもつ串は五反田の「ばん」押しなので、
ここではやっぱり煮込みを一押ししたいところです。






少しずつ日も落ちてくるにつれて、
人出は更に増えて大盛況の大混雑。
麻布十番納涼まつり
お祭りの混雑って楽しいところもありますけれどね。
閑散としたお祭りなんてちょっと寂しいじゃないですか。






途中、サザエの塩焼きに引き寄せられて~
サザエの塩焼き
もちろん目当ては敢えて写したグロテスクな肝の部分。
こちらはちゃんと肝が切れてしまう残念なことにならないよう
ちゃんと取りやすく下処理がしてありましたよ。
この肝の苦みがたまらない~と言うわたしは通じゃない?(笑)






食べ歩き最後はそれに相応しいご馳走に引き寄せられて~
蒸し雲丹
この黄金色に輝く壮観は、蒸し(焼き?)雲丹!

大、小のサイズから奮発して大800円を。
蒸し雲丹(大)
貝に盛りあがるくらいたっぷりぎっちり詰まった雲丹。
見かけ倒しじゃなく、本当にこんなに!?ってくらい。
これは豪勢!! お店で食べたら絶対1,000円オーバーです。
ふっくらとした雲丹は味が濃くてとっても美味しい~。

今回はビール三昧でしたけれど、
こちらは日本酒で頂くのがベストだったな。





これにて飲んで食べての宴も終了…?
いえいえ、お祭りは名残惜しくも引き上げましたが、
地元目黒に帰ってお祭りの反省会(?)
と言う名目のお店で〆の1杯に続きます。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑「東京食べ歩き」好きの皆さまには
是非是非ご参加頂きたいお祭りです!
来年はご覧頂いた皆様も食べ歩き祭に繰り出しましょう♪




曲がりなりにも「東京食べ歩き」ブログをやってるからには
行かなくてはならぬ、勝手に命名「東京食べ歩き」まつり☆

今年は8月23日(土)24(日)15時~21時の開催。
週末休みではないシフト勤務の身としては
戦々恐々でしたが無事おやすみを確保して
食べ歩き祭りに出陣して参りました!
今回は実家の両親を連れだしての参戦。



15時スタートダッシュで訪れたのにすでにこの賑わい。
麻布十番納涼まつり
お店ののぼりにワクワク、テンションうなぎ登り!
だってどの屋台も「食べ物」のお店なんだもの。

花火大会でも花火より屋台がお目当てのわたしですから。




まずはうなぎ串300円に吸い寄せられて~
うなぎ串
土用のうなぎも食べてなかったし、厳しい残暑に負けないように
スタミナウナギとビールでスタートもいいじゃないですか。

ビールとうなぎ串
1切れが小さく見えますけれど、ふんわり食感は健在。
うなぎのタレの味ってビールと合いますよね。






魚介焼きに引き寄せられて~
イカ焼き串

イカ焼き串300円
イカ焼き串
ぷりっとした歯ごたえ、香ばしい焼き目、磯の風味…
海の家で夏満喫の気分だわ。





海のものが続いたら…米沢牛に引き寄せられて~
米沢牛串
こちらの屋台はかなりの行列、最後尾のプラカードが出るくらい。

行列をさばくべく、お店の人もがんがん肉を焼いていきます。
米沢牛串


米沢牛串500円はせっかくなので2本。
米沢牛串
柔らかい肉質で、断面には赤みが残って、絶妙なサシ加減…
これはもはや立派なステーキ!
しかも「とってもいいお肉」のステーキと言っていいくらい。

これに行列ってさすが皆様いい嗅覚しています。





実は米沢牛の前に寄り道していたの、
メンチカツに引き寄せられて~
メンチカツ
こちらのお店、完全に米沢牛串の行列に隠れちゃっていました。
可哀想な立地だねぇと話していたのですが…
実はそうでもなかったのです。

メンチカツ
みんな米沢牛を待ってる間に思わず買っちゃうのよ。
そしてわたし達家族もその例にもれず。
甘い玉ねぎたっぷりの揚げたて熱々メンチは
米沢牛の前座と言うにはもったいない美味しさ。





どこのお店でも生ビールは売っているけれど、
黒ビール500円に引き寄せられて~
飛騨ブラックビール
このお祭りでの生ビール相場は500円。
(でも店によって微妙にコップのサイズが違うので要チェック)
黒の地ビールでもこのお値段ならば嬉しい価格。





ビールのお供があれば揚げもの続きなんてちょろいもの、
はものクリームコロッケ200円に引き寄せられて~
はものクリームコロッケ

クリームコロッケはクリームコロッケだけれど…鱧?
はものクリームコロッケ
食べ進めてみると、黒い鱧の断片のようなものが混ざっていて
…一応鱧らしき風味はあるかなぁ。
やっぱりクリーム勝ちのでも美味しいクリームコロッケ。






ほろ酔いで屋台を冷やかしぶらりそぞろ歩き、
人の賑わいもまた美味しいつまみ。
麻布十番納涼まつり

夕刻に向かうに従ってどんどん人出も増えてきました。
麻布十番納涼まつり

長い夏の夕方、まだまだ続きます食べ飲み歩きまつり♪
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑後編も応援どうぞよろしくお願いします!



2014.08.22 「蛸家 新橋店」

たこ焼き好き夫婦のご贔屓店となった蛸家さん。
あまりのはまりっぷりに会社でも宣伝したところ…
即刻会社飲み会が開催されることに。

お目当ては前回チェック済みの、タコタコパーティ。
飲み放題メニュー
たこ焼き8種全部堪能できると言う
文字通りたこ焼きパーティ。




世間はお盆休みまっただ中、金曜日の割りには
閑散としている新橋駅すぐ飲み屋街。
新橋飲み屋街

言いだしっぺのわたしが案内役、
雑多な飲み屋街の中を迷いなく最短ルートで到着です。
外観





まずいつものウコンが出て…から全員揃ってビール!
生ビール(恵比寿)
エビスビールと言うのが嬉しいポイント…でしたが、
エビスにしては軽くない?と先輩より疑惑が(多分本物でしょう)





いかにも居酒屋のおつまみ~って感じ、枝豆と塩キャベツ。
枝豆と塩昆布キャベツ
塩キャベツは正しく言うと塩昆布キャベツ。
キャベツ+塩気+ごま油の組み合わせって
なんでこんなに合うのやら。





お目当てのたこ焼きスタート、まず4種。
たこ焼き4種
左奥: めんたいマヨ  右奥: タコでんがな
左前: しょうゆマヨ   右手前: ねぎぶっかけ
4名の訪問なので1種につき1玉…と思うと少なそうですが、
なんせ全8種あるので全部食べたら
8個1人前を丸々食べたことになります。

個人的にはベースとなるたこ焼きそのものが
ふわふわとろーりで絶品なので、
あまり明太子とか田楽とか冒険しないオーソドックスが好み。





牛すじどて煮と串カツ盛り合わせ。
牛すじどて煮と串カツ盛り合わせ
どて煮はかなり濃いめお味の煮込みでご飯にぴっ…
いえいえビールにぴったり♪
串カツは5種5本を4人で分けることになりますが、
さすがに会社務めの大人対応ケンカしないで譲り合いです(笑)
わたしはヤングコーン串に当たりました。





続きましてたこ焼き2種、すじコンとソースマヨ。
たこ焼き2種
やっぱり一番人気でした、王道たこ焼きソースマヨ。
こちらののソースはかなり濃厚こってり系なので、
女子的にはしょうゆマヨくらいの濃さが好きかも?

あ、すじコンは具材がその名の通り
牛すじとこんにゃくなのである意味たこ焼きにあらず…。





ここでタコタコパーティコース脱線。
「唐揚げは飲み物です」(カレーも同様)を
宣言してはばからない先輩が別注で唐揚げ500円。
鶏の唐揚げ
1つ1つが嬉しいかなりのビックサイズ。
わたしの好きなPINGさんの唐揚げ
全く引けを取らないかそれ以上のジューシーさ。
PINGさんのは特製スパイス入りだから、
こちらの方が「ザ・王道の美味しい唐揚げ」って感じです。





たこ焼きパーティに戻りましてとんぺい焼き
とんぺい焼き
つい先日五反田の炎丸市場でも頂きましたが、
そちらより包んだ玉子がふわっとしていて
中の具より玉子感とソースの味勝ち。
このふわっと感はきっとたこ焼きでつちかったものなんだろうな。





たこ焼きこれで7種目、ゆず胡椒
たこ焼き(柚子胡椒)
柚子のぴりりがアクセント。
好き嫌いが分かれましたけれど、女子好みだと思います。





するめ天
するめ天
するめ揚げたのって聞いたことはありましたけれど、
実食したのはこれが初めてでした。
揚げ衣とするめのジャンキーさがビールのおつまみにぴったり。
これもっとコースの前段階に出してもらえたら良かったかな。





たこ焼き8種のフィナーレを飾るのは、おだし。
たこ焼き(出汁)
出汁につかったたこ焼きは…要は明石焼きですね。
店員さんより「とても熱いので気をつけて下さいね」とのことで、
すでに今までの熱々たこ焼きで火傷しかけていた皆身構える(笑)






タコタコパーティ最後の〆はソース焼きそば。
ソース焼きそば
具だくさん焼きそばは普通に美味しかったですけど、
たこ焼きほどの感動はなかったかなぁ。
それにしてもたこ焼きに続いての麺…
やっぱり大阪は粉もの文化なんですね。






タコタコパーティ、先輩同僚方にもご満足頂けたよう。
わたし達たこ焼き夫婦のご贔屓店ですから当たり前!?(笑)

ただ個人的には前回アラカルトで訪問した際、
瓶ビール×3、ドリンク、たこ焼き2種、おつまみ2種で
確か計3,000円代のお会計だったので
好きなたこ焼き選べてこのお値段なら、
飲み放題より個別注文の方がいいかも~って思いました。

とは言え会社宴会とかだとやっぱり飲み放題
いくらぽっきりは安心感がありますよね。
特にうちの会社のメンツはがっつり飲む、飲む…ですから。


そして2次会は新橋のカラオケ屋に消えていったのでした…。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑旦那様不在により飲みの頻度が下がって
ちょっと寂くなるブログ更新ですが応援よろしくお願いします!



2014.08.21 「大衆酒場 PING」五反田

前回訪問時が旦那様渡航前最後に…
と言う話だったはずでしたが、その渡航前に
2人でまた行っちゃったのいつものPINGさん。

しかも渡航の前日に。
本当は準備も忙しいかと思い家ご飯を考えていましたが、
旦那様が前回のブログを見て
「渡航前にPINGの唐揚げを食べ納めしたい!」
とのご希望がありまして。


そういえば旦那様もこのブログの(数少ない)読者様なのよね。
内容気をつけて書かねば突っ込みが入っちゃうわ(笑)




いつもと変わりなく、生ビール390円で乾杯。
生ビール
大体飲むピッチが一緒なんですよね。
次の日から乾杯の相手がいないと思うと…やっぱり寂しい。





今回の主役は唐揚げですが、揚げものに合わせる
あっさりおつまみは先に確保しておきます。
みょうがと玉ねぎのサラダ
みょうがと玉ねぎのサラダ290円。
こういう自分で「それらしきもの」が作れるメニューは
普段あまり頼まないんですが(なのでいつも串焼きメイン)、
しばらく生野菜と縁遠くなる旦那様ですからね。

渡航先では、まだまだ水事情が悪く
生野菜を頂くのはリスクありなの。





あまり芋類を好まない旦那様なのですが、
今回は珍しく…ポテトサラダ350円。
ポテトサラダ
でもそんな旦那様でも美味しいじゃないって言う、
PINGさんのポテトサラダはワサビ風味の大人味。





そしてこれがお目当てだった! 唐揚げ4個300円。
鶏の唐揚げ
ジューシーでお店特製のスパイスの味が効いた唐揚げ。
新鮮良質なモツがモットーのPINGさんですから、
きっと唐揚げのお肉もこだわってるのよね。

大きいのを2つ選定して旦那様にご進呈。

実はここにもまた渡航先事情があったの。
水だけでなく油もあまりよくないらしく
美味しい揚げものにありつくのも難しいみたい。





そして今回のラッキーは21時近くの遅い訪問だったのに、
いつも売り切れ必死の限定もの上タン串が残っていたのです!

大体1本串を2人で分け合って食べるわたし達ですが、
まだ2本あるということでこれは確保せねば~。
上タン
普通のタンだと90円、上タン串は150円。でもその価値あり。
肉厚でやっぱり歯ごたえと言うか食感が違います。
強めの食感、かと言って固い訳ではなく柔らかさもあり…。

巡り会えたら必ず頼みましょう、のひと串。





続いて「上」を攻めちゃいますよ~上ハラミ150円。
上ハラミ
これはもはやモツとは思えない、立派な精肉。





肉には赤ワインが定番のわたし達。
いつもと同じルートを辿っています、赤ワインデキャンタ990円。
樽生赤ワイン
デキャンタ…と言うかもはやボトル。





かなり前から通い詰めているわたし達にとっては、
比較的新しい新参者メニューなのに
いつのまにか毎度マストオーダーになってました。
五反田餃子1人前390円。
五反田餃子
このサイズ、この焼き目、この具のジューシーさは
きっと中華料理屋さんも真っ青なクオリティ。
ニンニク大好き旦那様ですが、この餃子はニンニク抜きなの。





うずらフライ100円とズッキーニフライ120円。
うずらフライとズッキーニフライ
旦那様のお好みはうずら玉子、わたしの好みはズッキーニ。
でも仲良く分け合って美味しく頂くのが夫婦かと。





今日は明日のこともあるので早めにさくっと切り上げ。
肉でフィニッシュ、カシラ90円。
カシラ
こちらもあまりモツっぽくないですね。
ハラミと似たタイプの食感のような気がします。








PINGさんで唐揚げミッションをクリアしたら
自宅で改めまして、無事を祈ってかんぱーい!
ラオホビール
こちらの濃い琥珀色の液体の正体は…

この日のためのとっておき、
「富士桜高原麦酒 ラオホ」
日本のラオホビール
富士桜高原…と言うよりも重要なのは「ラオホ」ビール!
麦芽を燻して作られた独特な製法のビールで、
本場はドイツ・バンベルグ。
ドイツ新婚旅行で初めて飲んで、
今までの長いビール人生の中で一番美味しいかも~
と惚れ込んだビールです。
残念ながら日本では滅多にお目にかかれない希少ビール。

こちらは本場ものよりは多少軽めな感じでしたけど、
燻した麦芽の独特な香りを堪能して
「いってらっしゃい」の飲み納めとなったのでした。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑しばらく旦那様との東京食べ飲み歩きはお預けです。
ひとりでも、楽しんでくぞ、食べ歩き(五・七・五の俳句的に)
ランキング応援よろしくお願いします!



2014.08.19 「煮炊魚金」五反田

神田のクーポンイタリアンで大満足~
…した後の2軒目。
お腹はいっぱいでしたけど、
早い時間に終わると飲兵衛夫婦は
ちょっともう1杯と語らいの時間を求めちゃうのよ。

これぞ夫婦団らん!?(笑)



2軒目終わったらすぐに家でばたんきゅーしたい
と言う訳で地元五反田まで戻っての店探し。

サラリーマンの街五反田の週末はちょっぴり静か。
なら普段行きにくい店にも行けるかも!?
…の狙いでビンゴだったのがこちらのお店。
外観

五反田の中にある魚金系列4店舗の中で
唯一行ったことがなかった「煮炊魚金」に飛び入り成功!

ちなみに他の店舗は以下の通り。
「魚金五反田店」「ビストロUOKIN」「目黒川魚金

五反田は今のところ4店舗ですが、
新橋に行くともはや魚金村が出来上がってますよね…。




ビールとワインはもうたっぷり飲んだから、
日本酒と柚子サワー(もしかしたらすだちだったかも…)で
2次会スタート☆
日本酒と柚子サワー





お通しは乗っけ豆腐。
お通し
ちょっとピリ辛のごま油風味の味付けは
ビールに合うように作られている気がします。
きっと乾杯ビールのお供で想定されてるんだろうな。





お腹いっぱいだからちょっとつまみたいだけなの~
…って魚金でお刺身3点盛り頼んだら
こうなるの分かってたはずでしょ!?
お刺身3点(?)盛り
カツオ、マグロ、カンパチ、アジ、なんか貝類、
ばってら寿司に生ガキ…の「3点盛り」(笑)

お腹いっぱいだけどやっぱり嬉しい悲鳴。

特にこれがお目当てだったの♪
生ガキ
生ガキさん、魚介で一番磯の味を感じる気がするの。
つるんと口に入れて一瞬でなくなってしまうけれど、
その最高の一瞬のためにカキを食べるのだ~。
そういえば夏ですし、多分岩ガキだったのかな。


さすがにお腹いっぱいの2軒目だったので、
お刺身1品でちびちびと飲んで打ち止めです。
まぁ、1品だけ…とは言っても
2人でこれでもかと言うくらい生魚を食べた気分でしたが。
魚金の代名詞のお刺身ですけれど、
3点盛りでも4名くらいで挑みたいものです。






今回のおまけ「松蔵ポテト」夏季限定商品の
夏ミカン(だったかな??)のワッフル。
みかんワッフル
クリームもミカン系のお味でとっても爽やかな夏仕様でした。

それにしても「松蔵ポテト」で敢えて
お芋系商品以外を買ってしまったわ。
ちなみに「松蔵ポテト」ってパン屋さんの
「DONQ」系列なんだそう、知らなかったです~。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑よく地方の新鮮なお刺身盛りとかTVでやってますが、
さすがに及ばないかもしれないけど東京も頑張ってます!



2014.08.18 「ビストロ釧路」神田

クーポンサイト: higawari
割引: 5,000円 → 2,500円(50%OFF)
内容: 飲み放題付コース

以前にもクーポンで訪問させて頂いたこちらのお店。
前回は友達と訪れたのですが、その際のブログを見て
旦那様が自分もこれ行きたかった~と言っていたので
再掲載に迷わず購入。

でも今回のクーポンは色々制限がつけられていて、
火~木利用不可、月/金は21時以降の利用
土曜日のみランチタイムからでも利用可能でした。
こういうとこクーポン買う時は要チェック。

そんな逆境にも負けずに買う価値ありのお店。
何故か食べログの評価はそんなによくないんですけどね。




お店は神田の飲み屋街から離れてぽつねんと現れます。
外観
洗練されたビストロと言う感じではなく
どちらかと言うと素朴な雰囲気、それがまたいい感じ。
素材が美味しいお料理を食べさせてくれるお店。





わたし達夫婦に飲み放題オプションはマスト。
飲み放題メニュー






前回も出て感動したこちらの前菜と嬉しい再会!
「モッツァレラチーズとトマトのトウモロコシソース」
モッツァレラチーズとトマトのトウモロコシソース
モッツアレラは相変わらず肉厚ふんわり濃い味で美味しい。
トマトはフルーツトマトなのか野菜と思えない甘さ。
お皿にかかってる白いのがトウモロコシソースですよ~。





野菜のパイ仕立て
野菜のパイ仕立て
サクサクのパイの中にはマッシュポテト(好物)が詰まっていて、
その上にパプリカや珍しいコリンキーで彩り鮮やか。
ちなみに一口サイズではなく、結構しっかりボリュームあります。





鮮魚のソテーとバゲット(鮮魚は釧路直送だとか)
鮮魚のソテーとバゲット
前回はタジン鍋で提供されましたが、今回は普通のお皿で。
でも弾力ある白身魚の濃い味は健在。
白身魚なのに淡泊じゃないの、これが「釧路直送」の魚の強さ!?
そして魚介出汁の旨みがたっぷり詰まった
ガーリックスープはバゲットとの相性抜群。





「阿寒ポークのハンバーグ仕立て」
ポークのハンバーグ仕立て
これはハンバーグと言うより「つくね」って言った方が合うかも。
お肉は元々ひき肉を使っているようではなく、
普通のお肉をあら微塵にして使っているような感じで
軟骨とか色々な部位が入っているのか食感も面白い。
ジューシーだけど脂っぽくなく
美味しいハンバーグ…ならぬ「豚つくね」?





これまた前回に引き続きのヒットお料理
「イカの塩辛クリームパスタ」
イカの塩辛のクリームパスタ
塩辛の塩気がいい具合にクリームでまろやかになって、
それがまたよく麺に絡んでやっぱりうま~い、再確認。
塩辛クリームソースも舐めるように綺麗に頂きましたよ。





デザートにも手抜きなし。
確か、キャラメルケーキとバニラアイス。
キャラメルケーキとバニラアイス
結構な大きさでボリューム満点、かと言って
重すぎないスポンジとクリームのキャラメルケーキ。
欲を言えば珈琲と一緒に頂きたかったなぁ…
残念ながらコースに食後のドリンクはついていないのです。
(前回は例外的にサービスで頂きましたけど)




2度目の再訪も大満足のうちにご馳走様。
こじゃれた雰囲気重視のお店より、
そんなに立派な佇まいではないけれど
実直に素材に拘った丁寧なお料理を出してくれる
こんなお店がやっぱり好きです。

確かに駅や繁華街からも少し離れた目立たないお店で、
クーポンを出したりして宣伝するのも大変だと思いますが
このまま美味しいお料理で頑張って!と応援したいお店。




…そして地元五反田に戻り…あれ?
お腹いっぱいなのに2次会するの?
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑東京と言うグルメ大都市では
良くも悪くも隠れちゃうお店もあるものですよね。




外苑前でイタリアンして、六本木ヒルズで夜景デートして…
地元五反田に戻ったらもう1杯いっちゃう~!?
と言いつつももう日付変更線も近い時間。

でもこちらなら安心の朝4時まで営業。
しかもただ朝までやってるってだけじゃなくて、
味も美味しい本格沖縄料理♪

お店の外観からも漂う沖縄感。
外観




1軒目でビール欲は満足しているから、
沖縄らしくシークァーサーサワーと泡盛で第2ラウンド。
シークァーサーサワー
サワーのコップに南国レトロ感(?)を感じる。
泡盛はもちろん琉球ガラスで。




お通しはいつものもずく。
もずく
連日の暑さにはつるっとさっぱりお通しが嬉しい。
とは言えひょろっとしていない立派な沖縄もずく(多分)


食べようとして箸に手を伸ばした先も沖縄~♪
カウンターも沖縄





以前訪問してからずっとまた食べたかった、
あったかいモツの酢のものはマストオーダー。
もつ煮
肉厚のくにゅくにゅ食感に、まろやかなお酢が絶妙。
あまり沖縄料理としては聞かないですが、
このあったか酢モツはここに来たら食べるべき逸品です。




チャンプルーの中では一番お高いイカ墨チャンプルー。
イカ墨チャンプルー
お野菜たっぷり、要は野菜炒めなんですよね。
そこまでイカ墨って感じはしなかったですけれど、
美味しかったからそれにイカ墨が一役買ってるはず。




2軒目なのにがっつりスイッチ入ってきちゃいましたよ~。
前もずくの天ぷらと、あおさの天ぷらで迷って
あおさにしたので今回は張り切ってもずく!
もずくの天麩羅

アップでもずく感を。
もずくの天麩羅アップ
もずく以外の海藻類も入っているのかな。
だ~いぶへべれけでしっかりと味の感想が出来ないのが
もどかしいですが、個人的には
あおさの天ぷらのもっちり感の方が好みでした。




店内はカウンター席のみ、オリオンビールの提灯を見ていると
なんだかお祭りの屋台で食べている気分に。
店内




更には2軒目の〆まで到達しちゃいましたよ~。
前からお店の前に夏限定メニューののぼりが出ていて
気になっていた、冷たい海藻蕎麦。
海藻の冷たい蕎麦
あまりラーメンなどは好まないわたしですが冷たい麺は大好き。
こちらは結構お酢(?)が効いてるのか酸味が強めのスープ。

海藻にお酢のヘルシーコンビ、
これならこの時間(すでに日付変更済)に食べても許される!?
…すでにこの前段階のがっつりでNGでしょうけどねぇ。




イタリアンから始まり、沖縄料理で
夜のデートは大満足のうちに幕を下ろしたのでした。
ただもう歳かしら…次の日は食べすぎ胃もたれで
夜ごはんまで何も食べられませんでした~なさけない!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑食べ歩きには強い胃腸、肝臓が必須ですね!
楽しんでそして頑張って食べ歩き、応援よろしくお願いします。




クーポンサイト: ポンパレ
割引: 7,000円 → 3,500円(50%FF)
内容: 飲み放題付コース

これから旦那様渡航前最後の
飲み食い納めモードに入ります!
この壮行会的儀式がないと、
旦那様不在の間わたしが持ちこたえられないわ。

…渡航で本当に苦労するのは旦那様の方なんですけどね。



スパークリングも飲み放題のイタリアン、
クーポンも完売御礼で楽しみにしてたとっておき。

お店は外苑前と言うなんとなくお洒落な立地ですが、
エレベーターもない小さな雑居ビル3階。
中に入ると一転、カフェのような色合いも可愛いインテリア。
店内
ベランダ外にはまだ緑のカーテンになり切れてないゴーヤ。



愛するスパークリング飲み放題とは言え、
この暑さの中やってきたんだからまずビール。
観葉植物とビール
テーブルの観葉植物とツーショット。いつもながら飲みかけ。




前菜…なんと7種盛り!
前菜盛り合わせ
確かクーポンには5種と書いてあったけど…
おひとりで全て切り盛りする優しげなマスターさん
「少しずつ色々はいいかな」って。
うんうん、女心を分かってらっしゃる。
わたしの好きなレバーに、カルパッチョやマリネ、
クロスティーニ、ポテトサラダなどバラエティ豊か。

お酒と一緒に少しずつ色んなものを交互につまむ幸せ。
ちなみにこのお皿で1人前、全て1人1皿で提供されます。




パスタ1品目はイカの墨(?)?肝(?)和え
イカ墨(?)パスタ
色合い的にはそこまで墨っぽくないし…肝和えだったか?
どっちにせよイカの濃厚な魚介の旨みがパスタにぴったり。

アルデンテとかやっぱりドイツ旅行時のレベルとは別格を実感。
郷に入れば郷に従え、で
ドイツではドイツ料理が美味しかったですけど、
日本ってどの国のお料理も
本場顔負けのレベルで作っちゃいますよね。




パスタは2品、ラグーのペンネ(何肉かは失念…)
ラグーのペンネ
ペンネのもっちり強めの弾力がたまらないです~。
味付けももちろんいいのですけど
やっぱりペンネ自体の食感、茹で加減がミソよね。




わたし達は開店すぐの入店でしたが、
少し経ってくるとちらほらお客さんが入ってきました。
カウンターで慣れた雰囲気の常連さんも。
店内
なんだか自分の家か、友達の家かで
手料理を振舞われてる気分になってきます。
カウンターの中で1人忙しいマスターがホストでね。




豚フィレのブルーチーズソース
豚フィレのブルーチーズソース
主役の豚さんはしめじ達の下に隠れてます。
…いや、このお料理の主役は豚さんじゃなくて
ブルーチーズソースかも。
そもそもちょっとクセがある種類のチーズですが、
そのクセをいい意味で活用した感じで、
ただの濃厚じゃ済まないお味が豚肉以上に印象的。




デザートはバニラジェラートのバルサミコかけ
バニラジェラート バルサミコソースかけ
アイスに醤油とか、塩とか意外と合うもののひとつよね。
甘いだけじゃない酸味が大人のデザート。
でも旦那様は「甘い」ものに「酸っぱい」とか「塩気」とかが
交じっちゃうと頭が混乱しちゃうんだって。お子ちゃまね。



美味しかったですけれど、ひとつ欲を言えば
前菜の後からは色みがちょっと寂しかったかも…。
店内の照明の影響も多少なりともありますけれど、
写真を見るとなんとなく茶色っぽくて華のある色がないかな。
基本美味しければ全てよし、のわたしなので
その場では全く気にならなかったですが
ブログ書いてておっと気づいちゃった。

でも味よし、雰囲気はなんか落ち着くアットホーム的な感じ、
更にはマスターの優しげな人柄。
目立たないレストランではありますが、
常連さんが多いらしいことになるほど納得。






満足イタリアンの後のデートコースは六本木へ。
六本木の街をあまり好まない旦那様ですが、
この日は六本木ヒルズ最上階シティービューへの
無料入場券をGETしていたのでむりやりにでも誘うかたちで。

結婚指輪をヒルズで買ったら、知らないうちに
ヒルズシルバー会員みたいになっててその特典だって。
六本木ヒルズシティビュー
やっぱりせっかく行くなら夜景でしょ!!
こちらはシティビューの中でも更に上のスカイデッキから。
文字通りの屋上で屋根もなく、
ヘリポートの周りから東京空の散歩気分。

六本木ヒルズシティビュー
東京の夜は眠らない、キラキラ光の洪水です~。
一応スカイツリーも観られますが、
立地的に東京タワーの方が綺麗に観られました。



きっと自他共に見ても素敵な夜景デート(笑)の後は…
さて、2次会♪2次会♪ まだ飲むぞ~。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑東京の夜景も美味しく頂きましたが、
やっぱり飲んで食べての食べ歩きが一番のデート。



2014.08.13 「炎丸酒場 五反田店」

仕事終わりの飲み処発掘隊☆

いつもお世話になっているPINGさんなどもいいけれど、
新しいお店にも挑戦してみたいのよ。
特におひとり様でも入りやすいお店を、
ひとりじゃないうちに発掘しておきたい。

と言う訳で仕事中にこっそり食べログリサーチして
やってきました、こちらのお店。
PINGさんのすぐ近く1本道を隔てたところにあります。

外観
「大阪 鉄板 牛もつ」って暖簾がいいじゃないですか。
いかにもな雰囲気の居酒屋さんって好き。


そのベタな「いかにも居酒屋」を想像していたのですが…
本日のメニューには意外にも洒落たメニューが色々。
本日のおすすめメニュー
あの暖簾からは想像できないような洋風女子的メニューも。
ラタトゥイユですと!? パテ・ド・カンパーニュですと!?




生ビール380円で乾杯して、まずは一番人気メニュー
煮込み 全部入り570円をオーダー。
煮込み全部入り
店の一押しは押さえておかねば~~。
創業以来の継ぎ足しで隠し味に赤ワインだとか。
ぷりぷりくにくにのもつはかな~り煮込まれ濃厚味。
それがまたごっつい焼き豆腐にも合うんだな。
玉子は半熟じゃないのが惜しい…煮込みだから当たり前か。
玉子好き旦那様にご進呈。


煮込みに合わせるはお店推奨コンビのガーリックトースト。
ガーリックトースト
食べログのクーポンで人数分サービス。




大阪風 とんぺい焼き(葱たっぷり)520円
大阪とんぺい焼き 葱たっぷり
とんぺい焼きだけでも色々種類がありましたが、
葱好きは迷わず葱たっぷりオプションで。

そういえばとんぺい焼きの定義とは??
薄焼き玉子の中には豚肉と文字通りたっぷりの葱。
具材は玉子、豚肉、葱だけ(多分)
味付けはそのままお好み焼きって感じかな。
葱たっぷりじゃなかったら何が入ってたんだろう? キャベツ?




大阪風 イカ焼き370円
大阪風イカ焼き
所謂イカの姿焼きみたいのを想像していたので、想定外。
小麦粉の薄い生地の中にイカ足がちょいちょい入ってます。
「大阪風」ってつくメニューは要はお好み焼き味付けってこと?




カウンター席に座ったので、目の前で
鉄板じゅーじゅーの調理を眺めることができます。
鉄板




ネギ塩桜ユッケ660円
ねぎ塩桜ユッケ
そういえば牛ユッケが食べられなくなりもうしばらく…。
豚レバ刺しにも規制が入るやらで、馬刺し系も心配だわ。
こちらはかなりごま油の風味が強かったかな。




肉を食べたからには…赤ワインが飲みたくなった。
旦那様とわたしのことなのでもちろんボトルオーダー。
赤ワインボトル
ボトルワインのメニューも居酒屋さんのイメージを裏切るくらい
種類豊富でなんとお値段1,890円~。
こちらはスペインの1,890円。お名前は店員さんも困る
「ガルシアカリヨン オペラプリマ テンプラ」…天麩羅?(笑)
少し軽めですが暑い日にはちょうどいい。




赤ワインで更に肉モード触発されて。
赤身の旨み 牛サイコロステーキ740円
赤みの牛サイコロステーキ
肉塊から切り出され、サイコロ状になって
鉄板で焼かれるまでの過程をカウンターから全て見られるの。
すごいボリューム! 肉肉しく筋肉質なのかちょっと固めかな。
大根おろしとさっぱり頂く、がっつりお肉に赤ワイン。




〆は北海道タラバ蟹と九条ネギの塩焼きそば760円
たらば蟹と九条ネギの焼きそば
たっぷりの葱にテンションあがる!!…けど全くの生なので
ちょっと葱のツンツンが強いかな。
少し火が通ってるくらいの方が葱の甘みも出て良さそう。
結構しっかり塩味の焼きそばはお酒のおつまみにも可。




かなりメニューが豊富なので、再訪して色々頼んでみたい。
でも1人飲み使いには1品のポーションが多めかな。
あ、ビールと煮込みだけでサクッと1杯の1人使いはありかも。
お店はPINGさん同様活気ある元気系のお店。
ビールとつまみと元気をもらいにまた参りまーす。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑常連店の近くにもまたいいお店発見。
お店からお店を食べ歩き、応援よろしくお願いします。