2014.07.31 「やきとり家 すみれ」渋谷

クーポンサイト: くまポン
割引: 4,000円→1,990円(50%OFF)
内容: 飲み放題付焼鳥コース

クーポン出たらマストバイになっているこちらのお店、
今回で3度目の訪問です。

クーポンって結構色んなクーポンサイトで
重複して掲載していることが多いのですが、
このお店はなぜか「くまポン」専売になってます。

正直渋谷と言う街はあまり好きではないのですが、
お得に美味しい焼鳥が食べれるとあらば
どこへでも、きっと山の中海の中でも(!?)


お通しの塩キャベツ。
塩キャベツ(お代わり自由)
3回目の訪問にて初めて発覚した事実が。
こちらのお通しキャベツ食べ放題だったの!
今まで全く聞いてなかったよ~~…と言う訳で
生野菜好きな旦那様とお代わりしまくり、
結局5皿くらい食べたんじゃないかな。
結構ごま油と塩気が強いタレがかかっているので、
途中タレ少なめとか注文つけちゃったりしてね。




居酒屋おつまみ定番、枝豆。
キャベツと枝豆
枝豆は可もなく不可もなく。
たまにちゃんとした和食居酒屋さんとかで
茹でたてのとっても美味しいやつとかありますよね。




鶏皮ポン酢と、長芋わさび漬け(後ろ)。
鶏皮ポン酢
鶏皮は脂っぽくなく、大根おろしと一緒にさっぱりと。
あまり皮系が好きじゃない旦那様からもうまいを頂きましたよ。




野菜スティックはたらこマヨネーズと一緒に。
野菜スティック
たらこマヨはピンクでキュートね。
美味しかったので後日家でまねっこしてみました。
たらこじゃなくて、明太子で作ってもいけましたよ。



おつまみゾーンを超えて、本丸串ものゾーン開始!

まずはお店の看板王様レバー。
王様レバー
肉厚レバー、ふんわりとろ~りと柔らかく濃い味。
もちろん臭みなどなし。
王様を語るだけはあるのですよね。




豚シソ巻きとエリンギ。
豚シソ巻きとエリンギ
肉に負け時とエリンギも肉厚のビッグサイズ。
キノコ類って焼くと水分が落ちて小さく縮みますけれど、
それでもこのサイズですからね。
おかげ様でエリンギの醍醐味歯ごたえをしっかり味わえます。
豚シソ巻きはシソ好きとしては
もう何枚かシソを巻き込んでほしかったかも。




つくねとひなトロ。
つくねとひなトロ
皮ぱりっ、ジューシー肉のひなトロこそザ・焼鳥。

つくねはこの迫力を感じて頂きたく、アップで。
つくね
このごろっとした肉塊、1口じゃ食べられません。
ジューシー系と言うよりもみっちり詰まった感のある肉団子。
濃いめのソースとこれまたよく合います。




こちらのお店、コースメニューには珍しく〆ものがないのです。
炭水化物大好き旦那様のために追加オーダーを検討。
アラカルトメニューをお願いしてみると…
メニュー
これは何かの雑誌…??

いえいえ、中はちゃんとメニューになっているのですよ。
メニュー中身

まるで雑誌のレイアウト。
メニュー中身

ちなみに今までずっと気軽なクーポン訪問だったので
意識していませんでしたが、
こちらの焼鳥1本が200円~300円弱の
結構な高級焼鳥様だったんですね。
(大きさは普通の1.5倍くらいありますが)
そう考えると更にクーポンのありがたみを感じるわ。



串ものゾーンが終わると、
フライドポテトと唐揚げ(写真撮り忘れ)が
何故か〆の位置づけで出てきてきます。
毎度このパターンなんですけど、何故に最後に揚げ物??

意外に揚げ物のボリュームで満足出来たので
今回は旦那様には珍しく〆なしでご馳走様。

最後にバニラアイスでお口さっぱり。
バニラアイス



やっぱりこの焼鳥の大きさと質でこのコスパは
引き続きマストバイの優秀クーポンです。
アラカルトメニューのお値段を見る限りでは、
コースなら定価でもかなりお得感あるかも。

ひとつだけ難を言うとするならば提供のスピード。
特に串ものゾーンに突入すると怒涛の勢いで出てきます。
冷めないうちにってどうしても急いで食べちゃうんですよね。

でもやっぱりまた出たら買っちゃいます♪
いつもありがとうございます、ご馳走様でした!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑まだまだ東京お得うまうまクーポン狩ってきますよ~。
ランキング応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト


2014.07.29 「なっぱ ごちそう」目黒

またまたいつもの仕事後、遅い時間の飲み処探し。

今回訪問したのは前から気になっていた、
「色んな意味で」面白そうなお店。

あ、でもエンターテインメント要素が強いお店は
あまり好きじゃないんですよね…。
やっぱりごはん屋さんの主役はあくまでお食事ですから。

こちらのお店はご飯の評判が上々なうえでの
面白感もあるそうなので期待…

ってまずいきなりお店の入口から、びっくり?
本棚が入口
本棚…だよね??

実はこの真ん中の本棚が引き戸になっているんです。
なんかゲームの中の隠し扉的な感じじゃないですか?
(FF5の古代図書館的な…わかる人にはわかる)
元ゲーマーオタクとしてはテンションあがるわ☆

そして本棚の隠し扉の中には更に扉。
写真は撮りそびれましたけれど、今度はボタンが3つあって
正しいものを押さないと中に入れないのよ~。
どこぞのダンジョンですか、ここは!?


店内はかなり照明を落としてあって薄暗く…
ファミコン
暗闇の中にファミコンの画面が浮かび上がってる~。
ソフトは「Dr. MARIO」実際にプレイできます(しました)。
あの薬のカプセルを消してくパズゲーね。



3,700円のコースメニュー(2名~OK)を頼むと、
なんと500円で3時間飲み放題がつけられるんですが、
今回は初訪問ですしアラカルトで

…とこの判断が明暗を分けてしまったのです。



お通しはスモークサーモン。
お通しのサーモン
お通しよりその背景に「ぐりとぐら」の絵本があることが気になる。




本日のおすすめから「カルパッチョ」1,280円。
カルパッチョ
魚が見えないくらいのたっぷり香味野菜トッピング。
隠れてる魚介は確か鯛、甘海老、ホタテのラインナップでした。
ちょっと野菜のえぐみが強かったかな。




好奇心にかられて頼んでみたのは、
「半干し鰹の生ハム仕立て」580円
鰹の生ハム仕立て
なんだか塩気の強い鰹節をスライスした感じ??
あの生ハムのねっとり感とかあれば良かったのになぁ。




「フライドサーモンとトマトとパクチーのプララーキン」780円
フライドサーモンとトマトとパクチーのサラダ
揚げたてあっつあつのサーモンはごろっとビッグサイズ。
これだけでもとても贅沢な一品ですが、
たっぷり山盛りパクチー(好物)と一緒に食べたら
豪華エスニックサラダ感覚。




「鶏のざくざくあげ 葱たっぷりソース」680円
鶏のざくざく揚げ 葱ソース
揚げ物大好き、葱大好き、看板メニューときたら頼まなきゃ!
所謂唐揚げと言うよりも、もも肉1枚肉を丸まま揚げて
後でざくざくっと切って葱トッピングと言う感じです。
その切り方がまた豪快で1切れがビッグサイズ。
もも肉自体もスーパーで売っているようなものの
厚みも大きさも1.5倍くらいあるんじゃないかってくらい。
お肉は期待違わずジューシ~~、ボリューム満点!!


ちなみにこの巨大鶏肉の後ろにはたっぷりサラダ。
こちらのお店、メニューのかなりの枠を揚げ物が占めていますが、
付け合わせにこんもりお野菜が盛られてくるのが嬉しい。
もう揚げ物ばかりだと胃もたれしちゃう歳なのよ…。




「枝豆のガーリックナンプラー炒め」580円
枝豆のガーリックナンプラー炒め
いつもこれ系のお料理で不思議なのが、
豆を殻付のまま炒めたりまぶしたりしているのに
豆の中までほんのりお味が染みているんですよね。




これは正直残念だった…赤ワイン550円。
赤ワイン…少ない
味じゃなくて、この量! さすがに少なすぎじゃないですか!?
ちょうどボトル1本空いたタイミングだとか、
何かしらの事情があったのかもしれないですけれど…
550円でこれはいくらなんでもね…少ないです。




「アンチョビガーリックポテト」580円
アンチョビガーリックポテト
これは「揚げ物」の文字通りがっつり重かった~。
揚げてあるフライドポテトをガーリックとアンチョビ風味の油で
更にソテーしているような感じ。
おかげで最後にまたビールに戻っちゃったじゃないの。
多めの油分はビールで流すものなのよ。




ポテトフライで大食いスイッチはいっちゃったか!?
〆にこれ「あぶりベーコンの極太ナポリタン」980円
極太ナポリタン
アルデンテの「パスタ」じゃない、太くで柔らかい麺に
ケチャップソースの日本の喫茶店式ナポリタンもいいですね。
フレッシュトマトもたっぷり、ごろごろベーコンの
ナポリタンはきっと昔ながらの~より豪華。




食後の珈琲はサービスで。
食後の珈琲(無料)
珈琲と一緒に小菓子がついてくるところが、
ドイツ新婚旅行を思い出させるわ。



がっつり飲んで食べてしたら…
(それでもいつもより控えめ飲みですが)
しまった! まさかの1人頭6,000円オーバー! 完全予算オーバー!
飲み放題付4,200円のプランにしておけばよかった…と後悔。

でもユニーク感満載の美味しいお店、今度は是非とも
安心安全の飲み放題プランで再訪したいと思います。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑しみじみと…東京には色んなお店がありますねぇ。
ランキング応援よろしくお願いします!




フランクフルトから始まり、フランクフルトで終わる…。
電車の旅の終着地は、新婚旅行スタートの地。
この宴ももう酣…旅の終わりはいつもちょっぴり切ない。


ドイツ最終日はちょっと(かなり)贅沢。
フランクフルト最高級ホテル
「Steigenberger Frankfurter Hof」に宿泊しちゃいました!
ホテル外観
歴代のVIPも泊まったと言う由緒正しいホテル。
一生に一度の新婚旅行だもん、
最後の1日だけ大贅沢も大目に見て。





フランクフルト最後のディナーはなんとびっくり
ドイツ到着初日のお店に舞い戻って参りました。
外観
「BASELER ECK」
ここ10日ほど色んなお店でドイツ料理三昧しましたけれど、
もしかしたらこちらのお店が一番美味しかったかも!?
だったので最後に確かめてやろうじゃないかとね。




初日に飲んだビールを思い出しつつ。
ビール
ブラックと、ウィートで。頼み方ももうこなれたものよ。




今まで頼もうと思っててチャンスを逃していた、
シュパーゲルのスープ。ラストチャンスを物にしました。
シュパーゲルスープ
シュパーゲルの旨み濃縮スープ。
ただちょっと塩気が強めだったかな。




これは確実、ここの極太シュパーゲルが一番美味しかったです!
シュパーゲル
この堂々の太さは他のどこのお店でも見られませんでした。
ジューシーで繊維も根元まで柔らか、
野菜だけどこれだけで立派なメイン料理。
最後に一番美味しいシュパーゲルを食べられてご満悦。




こちらは…確か子牛とマッシュルームのソテー。
もはやポテトフライの山に占拠されてる。
子牛ソテー(?)
本当は子羊(ラムチョップ)が食べたいなぁと思っていて、
初日訪れたときに「子羊」のメニューがあったつもりでいましたが、
実際は「子牛」のメニューだったの、うっかり。

それでもまぁ、と頼んでみましたが…う~ん。
お肉はかなりしっかりと焼かれていて
レア好きのわたしとしてはちょっと残念。
やっぱりドイツは牛でも鶏でもなく、豚肉文化を再認識。



…と言う訳でドイツ人もびっくりのもう1品追加オーダー。
しかもまた初日リターンズ「アイスバイン」
アイスバイン
出てきましたわたしの頭サイズの肉塊。

初日は衝撃でしたけれど、
もはや淡々と解体できるようになりました。
解体
柔らかくほぐれるお肉とプルプルの皮は健在。
やっぱりこれはうま~~い、と再確認。


脂身(コラーゲン)たっぷりのお肉のお供は
ザワークラウト、マッシュポテト、そして赤ワイン。
赤ワイン



ドイツ10日間の食べ歩き修行の成果、綺麗に完食!
完食
初日食べきれずに残してしまった自分達に見せつけてやりたいわ。




最後の夜だし気が大きくなって、デザートも頂いちゃった。
洋ナシのアイスクリーム乗せ。
洋ナシのアイスクリーム乗せ
たっぷりの生クリームにチョコレートソース、
それに埋もれる洋ナシとアイス…かなり濃厚こってり。
なんて言うかアメリカ的なジャンキーデザート。

その甘さには濃いブラックコーヒーがよく合います。
デザートと珈琲
それにしても料理にフォーク(もしくはナイフ)ぐさっと刺しは、
ドイツ流なのかしら…もう3回ほど見た光景。




ドイツ人も驚くボリュームを頂いて、ラストディナー大満喫。
ドイツ食べ歩き総決算と言っていいくらい。
今回のドイツ食べ歩き旅総合しても、こちらのお店の
ドイツ料理はとっても美味しかったと思います。

実はわたしが小学生だった20年ほど前にすでにあったお店、
いつか訪れる次のドイツ旅行でもきっと行くことが出来るはず。




そしてドイツ最後の夜は更けていったのでした…。
ホテル外観(夜)
宿泊しているホテル、夜の景観も美しかった。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑次が本当に最後のドイツ食べ歩き新婚旅行記です。
最後までお付き合い頂ければ幸いです。



2014.07.27 「ミスタードーナッツ」

健康診断のため新橋にやってきました。
ちょっと1杯のために夜の新橋はよく行きますけど、
お昼間に新橋を訪れるのは久しぶり。

午前中で健康診断が終わって
久しぶりの外食ランチ、しかも最寄駅を離れて…
だったのに寄ってしまったのはミスド。

よりによってチェーン店。
でも家最寄の五反田/目黒には意外とミスドがないのですよ。

しかも冷たい麺発売中のぼりが出ていて思わず。

冷やし汁そばのドーナッツセット570円
ドーナッツセット
暑かったのでアイスコーヒーにしかけましたが、
ミスドはホットならお代わり自由なのでチェンジ、チェンジ。




冷やし汁そば
冷やし汁そば
冷やし麺メニューはかなり豊富で、こちらを含めて5種類。
これが一番安くてシンプル・イズ・ベストな麺。
柚子の香りがほんのりするさっぱりスープに
つるつる細麺が絡んで、これはうまい!って言うかわたし好み。




セットのドーナッツは初めて食べるwaff(ワッフ)のきなこ味。
waff
実は冷やし麺には惹かれたものの、
そこまでドーナッツを食べる気分じゃなくて。

でも↓のトリックがあったので軽そうなドーナッツでセットにしたの。
冷やし汁そば単品334円+コーヒー単品270円 = 604円
冷やし汁そばドーナッツセット(麺+ドリンク+ドーナッツ) = 570円

ドーナッツただでついてくるって言うどころか、
ドーナッツ付の方が30円以上も安いじゃない!?
やっぱり「ミスタードーナッツ」だけあって
ドーナッツは喰えよ! ってことなのかしら(笑)

どういう意味か分からないけれど「waff」、
所謂ドーナッツの重さがなくて軽くてふんわりの
シフォンケーキ的な食感だったかな。
きな粉の主張はそこまで強くなかったです。





今回のおまけ、虎ノ門ヒルズの「とらのもん」
とらのもん
ドラえもん公認の虎ですよね?(笑)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑東京にはブランドドーナッツも多種多様ありますけれど、
庶民の味方ミスドも美味しいのよ♪



2014.07.26 「Ginsai Plus」銀座

クーポンサイト: LUXA
割引: 8,500円→4,300円(50%OFF)
内容: 飲み放題付コース

7月ももう終わり…こちらのお店は
今月中に書いときたかったの。


私事になりますが、
7月7日七夕で結婚1周年になりました!

入籍、引っ越し、結婚式、新婚旅行も無事終わって
新婚行事はとりあえず全てクリア。
たくさんの人に支えられつつの
本当にあっという間の1年間でした。

ずっとそれぞれ1人暮らしをしていた
2人の足並みも大分揃ってきて、
夫婦として少しは落ち着いてきたのかな。
…でもまだまだらぶらぶ新婚さん継続中!?なんてね(笑)



と言う訳で七夕は結婚1周年記念dinner。
記念日もクーポン、それがわたし達夫婦。

そして記念日もビールでスタート。
ビール
スパークリングの方が雰囲気出たかな。
残念ながらシャンパンと言う選択肢はないのよ~。




有機野菜の前菜7種盛り合わせ
前菜7種
様々な種類の野菜が使われた
目にも鮮やかな色とりどりの前菜達。
色んな種類を少しずつの女子心をがっちり掴んでくれるわ。
「前菜盛り合わせ」と一言で終わらせるには華やか過ぎます。


これにはビールよりスパークリングが似合うのよね。
スパークリング
飲み放題にスパークリング込みも嬉しいポイント。
すでに前菜2口目くらいで2杯目のスパークリングに移行。
早くも店員さんに、こやつら飲むやつだ…と危険信号送信。




冷製ポタージュ
冷製スープ
夏には爽やか冷たいスープが美味しい
…が、何のスープだっけか!? 確かとうもろこし系?
申し訳ありません、失念です…。




鮮魚のポアレ
鮮魚のポアレ
フレンチ/イタリアンのフルコースって言ったら、
このメニューは外せないですよね。
厚みがある白身魚はあっさりとしていますけど、
パサパサしておらずふっくらとしていて上品。
付け合わせのお野菜もお魚に負けじと立派で瑞々しい。




お口直しのソルベ、ブラッドオレンジだったかな。
口直しのソルベ
これだけでデザートの立派な1品として
成立してしまいそうな完成度。




鴨のローストとフォアグラ&みやじ豚のラグー
鴨ローストとフォアグラ&みやじ豚のラグー
肉食女子から見るとお肉がちょっと小さいかなぁ…
でも野菜押しなお店としてはしょうがないのかも。

なのでフォローと言ってはなんですが、お肉をアップで。
メインのアップ
この厚みと赤みは見目麗しいじゃないですか~。
鴨肉もフォアグラも濃ゆい味コンビなのに
バッティングせず、見事なコラボ。
口に残った脂感は赤ワインで流せば蕩けてすっきり。

豚肉は柔らかく煮込まれた上で外を焼いてあるみたい。
やっぱり脂身部分が甘くて美味しいのよね。
メニューに「ラグー」とあったので、
ミートソース風なイメージでいたんですけど
そういう意味じゃないのかな?
※後ほどGoogle先生に聞いたらフランス料理では
「ラグー」って煮込み料理なんだそうです。




こちらのクーポン旦那様としては残念だったのが、
大好きな〆の炭水化物ものがついてなかったの…。

その代わりと言ってはなんですが別注で頼んでみました、
好物のトリッパ煮込み(炭水化物じゃないじゃん)
トリッパと夏野菜の煮込み
主役のトリッパがまぎれちゃうくらいに、
おくらやとうもろこしなどの夏野菜がごろごろ。
でも肉厚トリッパのくにゅっと感の主張は野菜達に負けてないわ!
この食感を味わうにはやっぱり肉厚じゃなくちゃね。




デザートはサプライズプレート!
デザートプレート
ロウソク付のティラミスとフルーツ、そして嬉しいメッセージ付。

メッセージ
もちろんこの「Wedding Anniversary」も
綺麗にこそげとって美味しく頂きましたよ。




いい雰囲気のお店で、野菜たくさん種類たくさんのお料理に
丁寧なサービス、サプライズまであり…
これぞ女子が喜ぶ記念日ディナー☆
たまの記念日、こういうひと時を大事にしていきたいわ。

…と言いつつも酒! 食! が第一、雰囲気二の次、それがわたし♪
お洒落で甘~い素敵な雰囲気を満喫した後は、
新橋の飲み屋街に消えていった
新婚記念日1周年だったのでした…。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑記念日ブログ書いたと思ったら、
ちょうどアクセス数が10,000HIT OVERになってた!!
これからものんびり美味しいブログに
応援よろしくお願いします。




白金の自然教育園(有料の自然公園)散歩がてら、
こちらの「& MARKET」に寄ってきました。
外観

ずっとただの輸入食材店だと思ってたんですが、
実は「BONNAT」と言う希少なチョコレートの
正式輸入代理店だったんですね。
…チョコレート買ったことないですけど。

ちょうど目黒の自宅から結婚式場(白金甚夢迎賓館)への
道のり途中にあるので、
結婚式の打ち合わせの度に通ったものだわ。

アジアン系食材や、おつまみになりそうなチップス類、
パスタなどが白金価格ではなく結構お安いのが嬉しい。




その日は暑かったのでね~散歩の後の休憩はビール♪
輸入ものビール
輸入食材屋さんですから、もちろん輸入ビールで。
ここらへんドイツ新婚旅行気分が抜けてないのよね。



ビールのお供はお洒落にキッシュ。
キッシュ
食材以外にも、店内カウンターではこちらのキッシュをはじめ
アップルパイなどのペストリー系のお菓子や、
珈琲にソフトクリームも買うことができます。


それらをお店のオープンエアで頂けば、
(カウンターとテーブル席あり)
なんちゃってプラチナセレブ気分になれるかも?
外観





昼間の一杯+軽食でひと休みに満足して
スーパーで買い物をして帰宅するつもりが…
また途中ひっかかっちゃった、夫婦の好物たこ焼き。

だって東急ストアの目の前に待ち構えるように
出店が出てるんだもの! しょうがないじゃない!

白金の公園
公園のベンチに陣取って、

たこ焼きとビール
たこ焼き500円と、またしてもビール。
たこ焼きはふんわりとろーり系のなかなか好みのタイプ。
油っぽくもないので冷えても美味しく頂けそう。

大好物のたこ焼きを夫婦仲良くパクついていたら…
どこからか視線を感じる。 「はっ!?」
見つめるチワワちゃん
足元でチワワちゃんが物欲しげにたこ焼きを見つめてる~!!!
お洋服も着ているし、きっと白金のお犬様よね。
飼い主さんもいるだろうし、あげる訳にもいかないのよ~許せ!

と言う訳でチワワちゃんの熱いまなざしに
罪悪感を感じつつたこ焼きをご馳走様したのでした。





こういう休日の午後の過ごし方もいいですよね。
東京のど真ん中ですけれど、喧騒からは少し離れて
のんびりとしたおやすみの一幕でした。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑東京の休日の過ごし方にグルメ要素はマスト。
休日は美味しいものをゆっくり食べるためにあるのよね。




中世の街ローテンブルクを惜しみながらも出て、
最終目的地フランクフルトの前の中継地点に到着。
ちょうどローテンブルクとフランクフルトの
真ん中くらいに位置する街です。

フランクフルト→ドレスデン→電車で気ままにストップオーバー
しながらフランクフルト戻りの旅も最終章。



ヴュルツブルクは一気に生活感満載の庶民の街。
駅を出ると、スーパーや量販店などの日常が溢れていて
ある意味ホッとするかもしれない。
ローテンブルクやバンベルグの方が正直街としては
美しかったですが、実際に自分が住むならこっちかも。

でも少し駅前から足を延ばせばこんな景観。
ヴュルツブルク景色


ジェラート片手にぶらぶらと毎度恒例の街歩き。
ジェラート
今回のフレーバーは確かラムレーズンとキウイ。




マイン川のほとりに寝転んでまったりとしていたら…
ヴュルツブルク景色


こんなかわゆいご家族とご対面。
カモの親子
カルガモの親子。必死に母カモにくっついてく子カモが愛らしい。





旅行も終盤戦、毎度毎度好奇心に任せてはしゃぎながら
街歩きしてきて、さすがに疲れがたまっていたので
その日はホテル部屋宴会となりました(ドレスデンでも実施済み)
ホテル飲み

地元民に交じってスーパーで買い物も楽しいものです。
肉系のつまみは外せない。
肉系おつまみ

シャンピニオン(マッシュルーム)のオリーブオイル漬けは
旦那様と共通のお気に入り。
シャンピニオン(マッシュルーム)



…でも一番旦那様のテンションが上がったのがこちらでした。
アジア麺
アジア系の焼きそば…やっぱりこういう
醤油、ソース味の炭水化物が恋しかったのねぇ。
お店を見つけた時から絶対買う!って宣言してましたもの。
わたしは未だにドイツ料理一辺倒でも全然大丈夫だわ。




2人揃って感動したのがこちら。
フランケンワイン
ボトルの形が独特なこの地方特有の「フランケンワイン」です。
辛口でそこまで重くない赤は、飲みやすくとても美味しい。
今まで飲んだドイツワインの中で堂々のNo.1!

そして翌日…フランケンワインがなるほど美味しいからね
と実感した出来ごとが。

ビアガーデンを見つけてもちろん寄ってこ~…としたら
ワインガーデン
なんとびっくりビールがない!?

そうです、こちらはフランケンワインガーデンだったんです!
ワインガーデン
小さなビールジョッキのように見えますが、こちらワインジョッキ。
ドイツと言ったらビールってイメージがありますが、
こちらの地方はワイン押しだったんですね。
それだけフランケンワインが美味しいってことよね。


でもそれに合わせるのはやっぱりドイツ、ソーセージ。
ソーセージ
肉汁ジューシーなソーセージに、さっぱりながらも
味の濃い目なフランケン白ワインはなかなかいい相性。





もう、旅も名残惜しくも終り…最後にまたフランクフルトです。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑ドイツ食べ歩き最後の〆もお付き合い下さい。
ランキング応援よろしくお願いします。



2014.07.21 「蛸家 新橋店」

ドイツ食べ歩き新婚旅行含め、
書きたいグルメがた~くさん溜まっていますが、
現在大はまりと言うか夫婦でブームが来てしまった
こちらのお店をご紹介。

外観
2Fのたこ焼きののぼりにご注目。

実は結婚式のプロフィールに「好きな食べ物」を
2人揃って「たこ焼き」と書いたくらいのたこ焼き好き夫婦。

すでに2軒目で酔っ払い、ふら~と吸い寄せられるように入店。

お通しはないけれど、お通し代わりのウコン。
お通しのウコン
わたしはウコンの味があまり得意じゃないので
旦那様の肝臓を守って頂くべく差し上げました。



ビールは生より瓶がお得だと思うのよね。
サッポロラガー大瓶500円。
瓶ビール




そして主役のたこ焼き、メニューは8種類。全て8個500円。
たこ焼きメニュー
出来たてあつあつの提供のため待ち時間は10分~20分。



あっさりぴりりのゆず胡椒
ゆず胡椒たこ焼き




おだしのたこ焼き、所謂明石焼きですね。
おだしたこ焼き

たこ焼きはふんわり柔らかで、とろ~んとくずれちゃうわ。
おだしに浸けたたこ焼き



サイドメニューも充実、牛すじポン酢。
牛スジポン酢



美味しかった~美味しかった、それは分かりますけれど
へべれけ酔っ払いの2軒目での訪問。
これではちゃんと「どんな風にどれだけ」美味しかったか
お伝えすることが出来ない!!!…と言う訳で
日を開けずにいそいそと再訪して参りました。

その日は連休前の花金で新橋はサラリーマンのすごい賑わい。
こちらの蛸家さんも例に漏れず大盛況で、1度満席で撃沈。
諦めずに他のお店で時間をつぶしてから22時過ぎようやく入店。

また出たウコン。
お通しのウコン



メインのたこ焼きが出来るまで、
たこキムチをつまんで時間をつぶします。
蛸キムチ
なんと言うかたこキムチon葱って感じ。
ねぎたこ焼きもメジャーですし蛸と葱って出会いものなのかしら。
ちなみにタコは茹でたものではなく
生のまま唐辛子につけてあるタイプ。




ねぎぶっかけ(マヨ抜きで)
ねぎぶっかけたこ焼き
大量の葱と、味付けは醤油ベースのあっさり系。
たこ焼きは玉子感をとっても感じる柔らか明石焼き系統。
ふんわりとろ~んで箸でもつと崩れちゃいます。
銀だことかみたいに外を油で焼いたりしていないし、
重くなく小ぶりなサイズだから8個なんてぺろり。

「これはうまい!!!!」
お酒もまだそこまで入っていないクリアーな頭で改めて宣言!




今度は軟骨塩焼き390円をつまんで次のたこ焼きを待ちます。
軟骨焼き
結構身の部分がたっぷりついた豪快軟骨。
コリっとした食感と、身との間の脂にビールがすすみます。
唐揚げを頼むよりはヘルシーなおつまみかもね。



瓶ビール一辺倒もなんだから、女の子らしく(?)
生搾りグレープフルーツサワー450円を頼んでみました。
生グレープフルーツサワー
女の子らしく…と言っても旦那様リクエストですけどね。
ちなみに「生搾り」じゃない普通の
グレープフルーツサワーもあります、若干安め。




王道たこ焼き、ソースマヨ(…と言ってもマヨ抜きオーダー)
ソースたこ焼き(マヨ抜き)
たこ焼き達がソースの海の中に浮かんでいます~。
すごいソースの量なので自分でソースのつけ具合を調整。
うん、これこそ安心のB級グルメのたこ焼きだわ。
でもやっぱりふんわりとろ~りは健在なので重すぎない。

旦那様はこれが一番お気に入りみたい。
もう一度「これはうまい~~~!!!」




4名~からですが、宴会メニューもあるじゃない。
飲み放題メニュー
たこ焼き8種制覇+お料理7品+
飲み放題付で3,500円の驚愕コスパ!
会社の人に話したら、とりあえず行くぞ!と言われました。




最後に壁に貼られたこんな写真を見ちゃってね。
店長さん宣伝
そんなこと言われたら弱小ブロガーとはいえ
書かねばでしょ!って触発されちゃったわ。

いや、だって本当に美味しかったんだもの
「蛸家 Love」になってしまったんだもの☆

…と言う訳でたこ焼き Love、「蛸家 Love」にもなってしまった
わたし達夫婦はまた今週にでも訪問する予定なのでした。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑美味しいたこ焼きを求めて三千里…ならぬ
五反田→新橋間で見つけちゃったわ。さすが東京!



2014.07.20 「ビストロ ガブリ 五反田店」

麻布十番の高級焼鳥でお腹を満たした…ものの
旦那様の炭水化物欲はまだ満たされていない模様。
ご飯1杯じゃあもの足りないあたりが男の子ですよねぇ。

地元五反田へ戻って2軒目は、500円ピザを求めガブリさんへ。
いつも繁盛している人気店ですが、
日曜日の遅い時間だったのですんなり入れました。



焼鳥屋さんでね、たっぷり180分飲み放題の後だけどね。
スパークリング
だって飲み放題には愛するスパークリングは
入っていなかったんだもの~。
と言い訳しつつも迷いなくボトルオーダー。

ちなみにガブリさんではボトル2,500円が基本ラインナップ。
500円のグラス5杯分…と思うとボトル頼んじゃうじゃない。




お通しのパンはお代わり自由。
お通しのパン
お代わりすると違う種類のパンが来たりします。
でも、ピザはありだけれどパンなんぞでは
旦那様の炭水化物欲は満たされないのよね~贅沢者め。




目的はピザでしたけど、こんなにメニューがあると2軒目でも
ちょっとくらいつまみたいよねって目移りしちゃいます。
メニュー


スパークリングのお供にと頼んだのが
「タコとアボガドのサラダ仕立て」650円
タコとアボガドのサラダ仕立て
タコもアボガドもわたしの大好き食材。
サラダ仕立てだけれど、アボガドが入ると
一気にまったりとした濃厚感が出ます。
外食でいつも思うのがアボガドの熟れ具合がさすが。
タコに柔らかく多少角が崩れたアボガドが絡んで美味しい。




お目当てのピザは「マリナーラ」をチョイス。
ピザの王道はやっぱりマルゲリータだとは思うのですが、
ここのマリナーラは450円のお安さで侮ることなかれなんです。
マリナーラ
マルゲリータのようにモッツァレラは乗っておらず
シンプルにトマトソースだけなんですけど、こちらのは
1切れ1切れにチェリートマトがのっかっているんです!
見た目にもトマトのお花が咲いてるみたいでキュート☆

大きさは小ぶりながらも生地のもっちもち感は健在。
そうそう、このもっちもちを求めて人はピザを食べるのよ~。





1軒目の訪問ならもう1枚ピザ食べてたわね。
今回はこれにて旦那様の炭水化物欲も満足してくれたみたい。
店内
地元五反田駅徒歩30秒の安うまビストロ、
初めての訪問はいつのことだったか…
もう随分と長いお付き合いになりました。
今後もちょいちょい便利使いさせて頂きまーす。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑東京で美味しく楽しくグルメに勤しんでいます。
ランキング応援どうぞよろしくお願いします!



2014.07.19 「地鶏割烹 稲垣」麻布十番

クーポンサイト: LUXA
割引: 8,000円→3,500円(56%OFF)
内容:飲み放題付コース

しばらくクーポンでも手が届かない高級志向になってるLUXA。
久しぶりにお値段手頃かつ、いい感じのお店を発見。

今年の2月にオープンしたばかりの新しいお店。
口コミなどの情報が少ない場合、
お店の良し悪しが分からないから
クーポン購入を悩んだりしますが…
今回はほぼ直感でこれはいいぞって思ったの。
180分飲み放題だし~、焼鳥大好きだし~♪


麻布十番の所謂メインの商店街通りのビル5F。

やっぱりわたしの直感はあたっていたわ!
お通しから期待膨らむ「おにおろし大根と比内地鶏の卵黄」
鬼おろしと卵黄
黄金色に輝く卵黄、光を反射さえしてるわ~。
見るからにも濃厚な卵黄に、さっぱり大根おろしは最強タッグ。




鶏のお刺身3種
胸肉のたたき、砂肝、ささみのこぶ〆
鶏の刺身
これはなんというかもはやお魚のお刺身と変わりませんね。
胸肉はさっぱりとした白身魚。
砂肝は歯ごたえが正に貝類のお刺身。
ささみのこぶ〆は鯛のこぶ〆と言われても納得しちゃいそう。

後、お刺身の立役者が山葵。
擦りたてなのか甘さもある辛みが美味しかった~。
酒のあて用にお刺身食べ終わっても取っておいたのよね。
焼鳥のアクセントにちょっと乗せるのもまた良かったわ。



それでは、主役の焼鳥串スタート!

…が、色々な部位がありすぎて、どれがどの部位だったのか
説明を失念していて分かりません…ご容赦ください。

確かぼんじりっぽい感じ?
ぼんじり?
ジューシー柔らか。でもぼんじりだったらもっと脂っぽいか??
脂分はそこまで多くなくちょうどいいくらいの塩梅。
でも形は小さくぷりっと鶏さんのお尻みたいな形じゃない?




これも確か…せせりかな?
せせり?
濃厚タレ味に負けない、パンチのある食感と脂感。




これは多分正解、ハツ。
はつ?
歯ごたえ系のお肉大好きなんですよね~。
脂身はあまりない部位ですが、柔らかで濃い鶏の味。
だって心臓ですもんね、鶏さんの命の源!濃いはずよ。



焼鳥途中で日本酒にシフト。
日本酒
実はすでに赤ワインも飲んでましたけどね~。




王道のひな鶏系かな。
ひな鶏?
所謂お肉部分と皮とのバランスがこれこそザ・焼鳥。
皮目もパリっと香ばしく、お肉はジューシー。
代表格の串が間違いなく美味しいのはさすが。




これは絶対、皮。
皮
くにゅっと食感わたしは大好きなんですけど、
脂分が多いのが苦手な旦那様の分までいただき~☆




あれ、このタイミングで前菜的な??
野菜系のおつまみ
ゴマドレッシングのラタトゥイユ(胡麻だから赤色じゃないの)、
ポテトサラダ(燻製してる?)と鶏のテリーヌかな?
こういうのって先付け的に最初に出てくるもんじゃないのかなぁ
とか思ったんですけど…
そういえば飲み放題180分。まだまだ制限時間全然あり!
つまりはこれをつまみつつ、まったり飲めってことか!!




180分を楽しむための飲み放題メニューも豊富だったのよ。
こちらはあらごしみかんの果実酒。
あらごしみかん
フレッシュジュースみたいだけど、だまされちゃいけないお酒。




〆は意外にも「鶏」ではなく「牛」だった、牛トロ飯。
牛とろ飯
生の牛フレークをあったかご飯に乗せると
牛脂がとろーとご飯に染み込んで、うまい~!

でもユッケが提供禁止になってからしばらく…
こういう生肉は規制的には大丈夫なのかしら?
美味しければ規制関係なく食べちゃいますけどね。
それにしても来年にきたる豚レバ刺しの禁止…許せない!!





デザートは白胡麻杏仁豆腐。
白ゴマ杏仁豆腐
杏仁と言うよりも胡麻感が強い和風のプリンと言った感じ。
でも胡麻だれとかがあまり好まない
旦那様も美味しく頂いてましたわ。






上品、上質な焼鳥屋さんに大満足。自分の直感大当たり☆
また行きたい~~でも、やっぱり正規お値段では厳しいかなぁ。
焼鳥1本300円はわたし達夫婦にはレベルが高すぎるわ。
でもお店はかなりの繁盛で、わたし達もいつの日か
上品上質焼鳥を日常使いにたしなむくらいにレベルアップよ!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑いつかは高級店巡りのブログに!?
でも愛すべきは自分の身の丈にあった
美味しい庶民のお店ですよね。