「ゴールデンミートバル」五反田

2014.02.27.Thu.07:47
銀だこでさくっと立ち飲みを切り上げてさてどこに行こうか。
なんだか肉が食べたい~と言う旦那様の希望に合わせてリサーチ。
五反田は実は焼き肉ホルモンの激戦区だったりします。
で、目についたのは肉の中でも洋風の肉!
店名からして肉!なこちら。だって「黄金の肉バル」ですよ!?
旦那様につられてわたしまで頭の中は肉モード!で行って参りました♪

五反田のサイゼリアの裏あたり、大通りから少し入ったところなので
ちょっと気づきにくいですけれどお洒落な外観が目を引きます。
まず入ってカウンターに席を確保してから
すぐに店内一角にあるワインセラーへ。
こちら、なんとワイン全種ボトル2,000円なんです!
肉を食べるのに赤ワインを飲まなくてどうする~なわたし達夫婦。
ワインセラーの赤ワイン選択肢は20本くらいあったのかな。
全然銘柄とか詳しくないですし、説明読んでもよく分からないので
直感勝負!!…と言いつつも結構2人であれやこれやと悩んだのですが。
選んだのはこちら南アフリカのワイン、もちろん2,000円
ワイン2,000円
ミディアムボディであまり重すぎず、飲みやすくて美味しい。


ワインセラーで悩んでいる間にテーブルにはお通しが。
グリッシーニとそれにつけるクリームチーズ。
お通し(クリームチーズとグリッシーニ)
クリームチーズには蜂蜜がかかっているのか優しい甘みがあり、
スイーツ感覚。女性好みのお通しでわたし1人でほとんど食べちゃった。


お通しはキュートな感じでしたけれど、あくまで目的は肉!
まずはの前菜に頼んだ肉はこちら、和牛のカルパッチョ。
和牛のカルパッチョ
カルパッチョのイメージとは異なりかなり分厚く切られたお肉。
たっぷりの玉ねぎみじん切りで隠れちゃってますけど、
お肉の赤色の鮮やかさが半端ないです!
脂身は少な目の赤身を、生を軽く炙った程度のレアで頂くと…
これこそわたし今肉を喰らっています!
肉そのものの味を味わってます!って実感そして堪能。
柔らかいけれど歯ごたえもあるお肉、最高です~~。
玉ねぎとバルサミコのソースもニクイ(肉い?)引き立て役です。


もつ煮があったらマストで頼まなきゃ~ってことでオーダー。
こちらは洋風でフィレンツェ風とありますが、要はデミグラス煮。
牛モツフィレンツェ煮込み
お鍋でぐつぐつっと煮られたアツアツがお目見え。
洋風なのでシチュー感覚で頂けます。
モツはかなり部位が豊富で、くにゅくにゅ食感が楽しく嬉しい。
モツ自体の美味しさは然ることながら、
モツエキスをたっぷり吸ったデミソースも絶品。
デミグラスの濃厚な味付けが旦那様にストライク。これ好みだ!と一言。
これは綺麗に頂かなくてはと言うことでバゲット別注。
バゲット(ハーフ)
一応バゲットにオリーブオイルもついてきますが、
もちろん目的はこのたっぷりのモツソースを頂くためのお供。
バゲットでなめるようにソースを綺麗に回収しましたよ。


そして今回一番テンションが上がった!のがこちら。
鴨のロースト1,500円。
鴨肉のロースト
葉っぱ達の真ん中に佇むこの立派で美しいお姿。
なんですかこの厚み!?なんですかこのショッキングピンクに近い赤み!?
こんな鴨肉初めて見ましたよ~~~って思わずもう1枚。
鴨肉のロースト
あまりのわたし達のテンションの上がりっぷりに
カウンターの内で見てた店長さんもなんだか嬉しそう。
ナイフを入れるのがもったいないくらい…と
見とれちゃいましたがもちろん速攻で頂きます。
鴨肉らしい野性のお肉の味を感じますけど、全然臭みがないんです。
柔らかいと言うよりもしっかりと噛みごたえがあるお肉で、
(そこらへんが鴨の野生?)噛めば噛むほど濃い鴨の味~♪
鴨肉ならではの皮目とお肉の間にある脂身がまたいいんですよね。
下にひかれたソースは酸味が強めの目にも鮮やかな
ベリーソース、濃い味の鴨肉にぴったり。
これは肉を目当てに訪れたわたし達の最高の収穫です!

この鴨肉と赤ワインでハイテンションになったわたし達は
店長さんに鴨肉の感動をお伝えすべくおしゃべりしちゃって。
お腹いっぱいになったきてましたけれど、
追加でおススメの自家製サルシッチャ頼んじゃいました。
いつもながら自家製と言う言葉に弱いわたし。
自家製サルシッチャ(鶏)
このお肉がみっちり詰まってる感と立派な太さ、こんがり焼き目が素敵!
サルシッチャは鶏、豚、ラムの3種類あってこちらは鶏肉。
本当はラムを頼みたかったのですが(クセのあるお肉が好き)
残念ながら売り切れ。
鶏肉なので普通のソーセージからイメージするよりどちらかと言うと
淡泊めですけれど、ハーブの風味がしっかりと効いてとても美味。
ラムの具材はカレーと枝豆と言う組み合わせで作られているそうで
これは次回訪問時には絶対に食べなくては!(もう再訪決定)


2人でボトルの赤ワインを開けた後は、
自家製のリモンチェロ(レモンの皮を使ったリキュール)や
これまた自家製フルーツのスプリッツァー
(フルーツのリキュール漬けを炭酸で割った感じのもの…かな?)
を頂いてお肉に満足したお口はお酒のデザートタイムに移行。
イチゴのスプリッツァ
こちらの綺麗な色のドリンクは期間限定ものの苺のスプリッツァー。
甘みはそこまで強くなく、甘酸っぱいと言う感じでわたし好み。
他にもアップルミントやグレープフルーツなど色々なフルーツが
漬けられている瓶が並んでいて女子的に心惹かれました☆


店名とワインボトル2,000円に惹かれて偶然入ったお店でしたが
ここまで満足させてくれるなんて…嬉しすぎな予想外!
今度は早い時間の1軒目に訪問して、
改めてゆっくりたっぷりお肉を味わいに行きたいです。
でも今回は遅い時間だったおかげでお客さんが少なくなってきたところで
カウンター越しに店長さんと色々お話も出来て楽しめました。
お店の雰囲気もいいですし女子好みのリキュールもあったりで、
肉食女子こんなところにデートに誘われたらキュンときちゃうわ~。
お値段もワインだけでなく、このお肉でこのお値段でいいの?ってくらい
お手頃価格ですしこれは旦那様との日常デート使い決定です。
五反田でお肉。焼き肉やホルモンだけでなく
こんな素敵なお店もあるんですよ~皆様是非!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「築地銀だこ ハイボール横丁 五反田店」

2014.02.26.Wed.23:19
今年になって家最寄の五反田ほん駅前に出来た銀だこ立ち飲み。
JRとコラボしてるんじゃないか?って疑うくらい駅ど真ん前の立地です。
出来たときからずっと気になってたのですが、
その当時海外にいた旦那様から1人外飲みを禁止されていて。
(外でわたし1人へべれけにならないか心配みたい。
ちなみに結婚前はふつーに女1人居酒屋してました)
旦那様が帰ってきてやっとこさ2人で行ってきました。
友達をわざわざ五反田まで呼んで行くってお店でもないと思いますし。

仕事終わって21時過ぎ、お店はすごい賑わい。
定時に終わる会社の人なら2次会くらいの時間帯。
立ち飲みで1杯くらいならちょうど2次会需要にもいいのかも。
テーブルを片付けるのに少し待って案内されました。
セルフサービスかキャッシュオンデリバリーかと思ってましたが
意外にもテーブルオーダー制で最後に伝票会計。

わたしは基本的にはあまり立ち飲みが好きな方ではないので
ここはサクッと飲んで食べて移る予定でメニューを吟味。
たこ焼きメニューはこんな感じ。
たこ焼きメニュー
たこ焼きは6種。銀だこならではの冒険トッピングもあり。
たこを使ったおつまみも結構あります。
チーズフォンデュたこ焼きなんてメニューもありましたよ。
ただでさえ銀だこのたこ焼きは外を油でカリッと焼いているのに
それをチーズにつけるって…もうこの年では胃もたれしちゃいそう。
という訳でわたし達30歳オーバーの夫婦が頼んだのは
たこ焼きの中でも一番あっさりかなって言うねぎだこ。
ねぎだことハイボール
ビール派だけれど、店名がハイボール横丁ですし
ビールとジンジャーハイボール1杯ずつ頼んで2人でシェア。
ねぎたこはソースもマヨもかかってなくて、
麺つゆと大根おろしにつけてさっぱり頂く一品です。
たこ焼きの中はあつあつとろーん、外のカリっと焼かれた油を
つゆと大根おろしが優しく流してくれて…
これが一番美味しんじゃないかなぁ。
でも周りを見るとやっぱりソースとマヨの王道たこ焼きが一番出ていました。
わたし達夫婦よりどう見ても年上のサラリーマン方のテーブルに
運ばれていくこってりソースマヨのたこ焼き…
自分は健啖家と思っていたけれど程遠いかも!?
ちなみにメニューにねぎたこ4個350円とありますが、
+150円で6個入り、+250円で8個入りも出来るそうです。
たくさん頼むとちょっと割安になるのね。


所謂たこ焼きの銀だこ以外に系列店も並んでいるため
たこ焼き以外のおつまみも色々とあります。
串カツから唐揚げやおでん、もつ焼きに地方名物グルメまで…
ただ色々と言ってももちろんすべてB級グルメ。
立ち飲みですしね…あ、でも近頃は立ち飲みで
A級グルメを出すのが売りの俺の~系のお店が人気ですけれど。
色々B級グルメの中からおでん。
おでん3種
人気の大根が売り切れていて3種だけ頼んだので
少し寂しいビジュアルに。たまご、こんにゃく、牛すじです。
わたしの好みは牛すじのくにゅくにゅ食感。
どれも外れなく美味しいのですけれど、
クオリティはコンビニおでんを彷彿とさせます。
まぁコンビニおでんも美味しいのですけれどね。


オーダーが通ってなくてかなり待たされたのですが、
これは美味しかった!厚切りハムカツ確か380円。
厚切りハムカツ
出てきてびっくり「厚切り」の文句を裏切らない厚切り具合!
ハムは柔らかくジューシーで食べごたえ抜群。
でもとんかつみたいに肉って感じではなくあくまでハムなんですよね。
そのチープさがまたいいんです。チープなんだけれど
この厚さには豪華さを感じてしまう、ちょっと嬉しいB級グルメ。


ここらで切り上げて、ゆっくり座って飲めるお店へ移動することに。
ねぎだこ4個盛り、おでん3種、ハムカツにビール×3とハイボール1杯。
2人で3,000円はいかなかったかな。
でもビールが1杯450円ってのがちょっとネックかなぁ。
立ち飲みなら200円代とまではいかなくても
せめて390円くらいでは出してほしいところ。
この立地の良さなので土地代とか考えると
仕方ないのかもしれませんが…。
昼の11時からやっているみたいなので休日の昼にちょっと1杯とか、
少し食べたりない飲み足りない2軒目にサクッと寄ってく…
とか言う用途がいいのかもしれませんね。
でも仕事から帰ってきて駅の目の前にたこ焼き…
またついつい引き寄せられてしまいそうです。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

「HUNGRY HEAVEN」目黒

2014.02.25.Tue.22:33
つい先日旦那様がいない間に訪れた家近ハンバーガー店。
(前回の訪問はこちら)
これは絶対に連れて行かねば~!と誓ったところだったので
旦那様の帰国早々待ってましたとばかりに連れて行きました。

平日のランチ12時ちょうどの訪問。
わたし達は運よく最後のひと席の空きで並ばずに入店出来ましたが、
タッチの差で次のお客さんからはウェイティングに。
相変わらずの人気店です。
外観
ちょっと分かりずらいですが、看板の左側赤いのが
こちら日中営業のハンバーガ店。
右の黒い「GYUBIG」は夜間営業の焼き肉屋さん。
昼夜で営業形態が違うとはいえ、昼も肉、夜もまた肉なのね。

席について、相変わらずの多彩なメニューに悩み…。
テーブルの上


わたしの今回のセレクトは前回気になっていた
「モッツァレラ&ルーコラ」にトッピングでトマトスライス+50円で追加。
ルッコラモッツァレラバーガー
ハンバーガー君の口から葉っぱが生えてる~~。
パッと見、ルッコラしか挟まれてないんじゃない!?
ってくらいのものすごい量のルッコラ大盤振る舞い。
もちろん大量のルッコラに隠れて、
肉肉しい立派なパテが隠れているんですけれど。
ちなみにこちらのバーガー女性人気no.1だとか。

もう食べ方指南を見ないでもわかります。
串を外して紙袋に入れてがぶり!
ルッコラたっぷり
ルッコラのグリーンに、トマトソースの赤、
こっそり覗くモッツァレラチーズの白、パテの肉色に
それらを挟むバンズの香ばしい色…
彩り麗しいハンバーガー様です~。
大量のルッコラの青々しい苦みがいいアクセントになっていて、
パテもちゃんとお肉を主張しているから負けてない。
そして味付けとなるトマトソースとチーズのコンビは鉄板でしょ!
前に頂いたハングリーヘブンバーガーより
味付けはしっかりとした濃厚めな印象ですけど
たっぷりのルッコラで爽やか感も追加されていいバランス。
これは女性人気no.1と言うのもなるほどうなずけます。


初来店となった旦那様は前回のわたしと同じ
ハングリーヘブンバーガーをチョイス。
やっぱり店名がついたシンプル代表メニューは食べておかなきゃね。
ハングリーヘブンバーガー
旦那様は無料のポテト大盛り(120g)にて。
ハンバーガーは美味しかったのか、わたしが半分食べる間に
バクバクかぶりつきペロリとご完食してました。

ちなみにコーラをドリンクのサイズアップ+100円でオーダーした
旦那様…まさかのジョッキコーラが出てきましたよ。
(写真はだいぶ飲んだ後ですが)
サイズアップのコーラ
ビッグサイズのコーラ片手にハンバーガーとポテト…
このアメリカンでジャンキーな組み合わせがまたいいんですよね~。
コーラはダイエットじゃなくて普通のやつでね。


ミャンマー滞在中はなかなかハンバーガーに恵まれなかった
旦那様、大満足してくれたみたい。
2回目の訪問となったわたしももれなくまたまた大満足。
お味はもちろん、お値段もグルメバーガーなのに
嬉しいドリンクとポテトセットで1,000円を切りますし。
ファーストフードと言ってしまえばそうかもしれないですけれど
ちょっと豪華で幸せ気分を味あわせてくれる美味しいハンバーガー、
またちょくちょく通わせて頂きまーす!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

「大衆ビストロ JILL」目黒

2014.02.24.Mon.09:09
西麻布で沖縄料理を堪能した後は…地元に戻って軽く2軒目。
お腹は充分一杯だったのでしたが、沖縄料理で頂いたのが
ビールと泡盛だったので…これはちょっとワインいっちゃう!?
と言う訳で目黒の人気ビストロへ訪問。
前回と同様遅い時間の訪問でしたがすごい賑わい。
はじめ立ち飲みスペースしか空いておらず、
そこで1杯しながら席の空きを待つことに。

まずはお約束のこぼれスパークリング。
2種あったうちのもちろん辛口の方で。
こぼれスパークリング
一口すすっちゃった後の写真ですが、
しっかり升にこぼしてくれましたよ。
升が前回より新しくなって店名のロゴが入ったものになってました。


前に頼んだ期間限定の人参ムース美味しかったなぁ…
と思ってたら今回もありました、期間限定野菜のムース。
2月はごぼうのムース、もちろんオーダー。
ごぼうのムース
またしても可愛いプリンスタイルのお姿でサーブされました。
今回は例えるならミルクプリンかな。
嫌なえぐみが全くないけどごぼうの味がちゃんとする
滑らかなあっさりムースにコンソメジュレのアクセント。
こちらのお店、野菜ムースは月替わりで野菜変えて出してるのかなぁ
…それだったら毎月制覇したくなっちゃうじゃないか!


ここらでカウンター席に座ることができました。
乾杯スパークリングから赤ワインにシフトしたので
ここらで王道ワインのおつまみ、レバパテ。
レバパテ
ムースと言いここのお店は盛り付けが可愛いんだなぁ。
缶詰のような入れ物半分にたっぷりレバパテ、
この缶嬉しいことに結構底が深いんですよ~。
バゲットにつけても全然余りますけれど、
そのままを箸でちびちびするのもまたいいんです。
とっても滑らかでしっかりとしたレバーのお味。
たまにレバーの臭みを消しているパテも見ますが、
こちらはレバーの主張をほとんど消さずに作られた感じ。
赤ワインが進んじゃうでしょ~。


珍しく甘いものが食べたい~モードだった旦那様。
上のムースと同じ器ですがこちらは正真正銘スイーツのプリン。
大人のプリン
わたし達夫婦にかかればスイーツももちろんワインのお供。
甘みの強い濃厚カスタードのプリンに
ほろ苦キャラメルは赤ワインにぴったり。
わたしも一口だけ頂きましたけれど、
残りは旦那様にペロリと食われちゃいました。


美味しかったですけれど、こちらのお店で
心惹かれるのはがっつりお肉料理の数々。
300gの牛ロースのグリル1,800円なんて
食べてみたいじゃないですか!
やっぱり1軒目にしっかりお料理と一緒に頂きたいですね。
3月の野菜ムースが何かも気になりますし、また通わねば。
学芸大学に2号店も出来たそうでそちらも行ってみたいです。

その後ほろ酔い(…より酔ってますよね)で
目黒雅叙園から目黒川沿いをお散歩して
1軒目、2軒目共に満足ディナーの帰路につきました。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

「DEIGO 西麻布」

2014.02.23.Sun.11:57
クーポンサイト:GROUPON
割引:7,000円→3,500円
内容:飲み放題付沖縄料理コース

クーポン利用で2回目の訪問です。
前回の訪問がとっても良くて、クーポン再掲載に即購入。
内容は同じで前よりクーポンのお値段が500円ほど
値上がりしていましたがそれでも3,500円、全然ありです。
そういえばクーポンサイトも前と違いましたね。

六本木駅からも乃木坂駅からも10分ほど歩く
西麻布路地裏地下の隠れ家。
知ってる人じゃないとなかなか気付かないんじゃないかな。
わたしは家最寄の目黒から千駄ヶ谷駅行のバスに乗って
西麻布で下車、これが一番賢いアクセスかも。
沖縄料理のお店ですが、店内はお洒落なダイニングバー
と言った感じで沖縄と言うより高級バリリゾート的かしら?
でもところどころにシーサーとか沖縄感も。

やっぱりここはオリオンビールで乾杯して。
前菜三種、左から島らっきょ、海ぶどう、ミミガー胡麻和え。
前菜3種(島らっきょ、海ぶどう、ミミガー)
初っぱなから沖縄満載で嬉しい♪
島らっきょは手前の油味噌につけて、海ブドウはポン酢で頂きます。
ミミガーの胡麻は薄めのドレッシングタイプでさっぱり。
らっきょ特融のほのかなツンとしたお味、海ブドウのプチプチ、
ミミガーのコリコリ、沖縄感じる爽やか前菜です。


沖縄南風原サラダ。
南風原サラダ
たっぷり葉物の緑、トマトの綺麗な赤色、
アボガドのグラデーションある黄緑、
アクセントにカボチャチップスのオレンジが入って、
クリーム色のドレッシング…と、種類豊富でとっても色鮮やか。
鮮やかな色って南国を連想させますよね、メニュー名に偽りなし。


待ってました、ビールにぴったり揚げ物盛り合わせ。
鶏の唐揚げ、カーリーポテトフライ、紅芋コロッケ。
揚げ物3種(鶏の唐揚げ、ポテトフライ、紅芋コロッケ)
もちろんどれもあっつあつの揚げ立てです!
鶏肉さんはとってもジューシーで柔らか~。
よく話題になってる専門店の唐揚げって言われても納得なくらい。
旦那様は食べる前に大きい方もらっていいよね!って申告してがぶり。
くるくるっとカールされたポテトは
スパイスがきいていて昔よく食べたアメリカの味。
アメリカの本場ものの方がもっときつくスパイスきいてたかな。
日本でもマックとかでやれば人気出ると思うんですけどね。
紅芋コロッケはお芋の甘みでスイーツ要素もあり、
揚げ物ですけどビールじゃなくても泡盛でもありかも。


旦那様絶賛、ゴーヤチャンプル。
ゴーヤチャンプル
味は濃くないですけどしっかりと出汁の味がする美味しいチャンプル。
苦みが美味しい素材のゴーヤに、こってりランチョンミートの塩気と、
しっかりとした固形の豆腐にうっすら玉子がコーティング。
この組み合わせこそ沖縄料理の王様です!


ラフテーと島豆腐の厚揚げ。
ラフテーと島豆腐
お葱の下にはこってりと甘辛く柔らかく煮つけられた豚の角煮。
そういえばラフテーって泡盛で煮てるんじゃなかったでしたっけ?
だからこんなに泡盛に合うのね~と言う訳で
オリオンビールを卒業して泡盛にシフト。
こちらの飲み放題、嬉しいのが古酒以外の泡盛
30種類以上が全部飲めるんですよ~~~。
沖縄の地域別に分類された泡盛メニューだけで分厚いものが。
泡盛酒造地図
全部飲んでみた~いってところですけれど、さすがにならず。
今回は「珊瑚礁」「山原くいな」「沖之光」「夢航海」を
それぞれロックで頂きました。
沖縄の仕事仲間に聞くと、泡盛の種類は星の数ほどあるから
その方もこの4種の中では「山原くいな」しか
知らないってことでした。奥深き泡盛の世界…。


何故かメニューにある海老マヨ。
海老マヨ
大振りのぷりぷり海老さんが1人1つずつ。
ソースにシークワーサーを使っているところが沖縄なのかな。
爽やかソースに葉物野菜でサラダ感覚で頂けます。


アグー豚のお鍋。
アグー豚の鍋
説明によると何やら特製美肌鍋とか…きっとコラーゲンですよね。
アグー豚の脂身の白とピンク色の身のコントラストが美しいです!
脂身が多めなのも嬉しいポイント、良い脂だから甘いのです~。
濃いクリーム色のスープはこってりと濃厚めですけれど、しつこくなく。
スープだけでもすすっちゃうくらい…これでコラーゲン吸収!?
沖縄とは程遠い寒い冬の日に沖縄の食材でほっこりあったまります。
〆は沖縄そばと雑炊で選べて、前回と同様沖縄そばで!


スイーツはブルーシールアイス、さとうきび味。
ブルーシールアイス(サトウキビ味)
メープルシロップの味と言うか黒糖と言うか…優しい甘み。
ハフハフお鍋でほてってきてたところに、
冷たい素朴な甘さのアイスクリームが嬉しい。


やっぱり2回目もクーポン買って良かった、
沖縄大満喫で大満足でした。
旦那様も行く前はもう前にも行ったところだしなぁ…と
なんとなく乗り気ではなさそうでしたが
行ってみたらうまいうまい!と太鼓判。
優しげな笑顔が素敵な店員さんもドリンクによく気づいてくれたり、
お料理を持ってくるタイミングなどサービスも心地よい。
週中の早い時間に訪問したのですが、
帰る頃には店内はほぼ満席。
雰囲気もいいせいか合コンみたいなグループもいましたよ。
路地裏の分かりにくいお店ですけど、
やっぱり美味しく雰囲気いいとなれば人気も出るものですね。
また来たいなぁ~でも西麻布と言う土地柄仕方がないのかも
しれないですが、定価1人7,000円の出費はなかなか痛い…
またクーポンに期待しちゃう!?

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

「Cafe Rouge」六本木

2014.02.18.Tue.06:54
クーポンサイト:RaCoupon
割引:6,000円→2,980円(50%OFF)
内容:飲み放題(最大5時間)付コース

旦那様が帰ってきてすぐのバレンタイン、かなり前から
デートディナー(クーポンだけど)をプランニングしてました。
しかしその日は大雪…でも負けませんでした!行ってきました!
ミャンマーと言う南国から帰国して
いきなりの雪国外出となった旦那様。
せっかくだし雪でも行きたい~行きたい~と
ぐずるわたしに付き合ってくれた旦那様の優しさです。
でも正直ここまで降るとは予想外…って感じでしたけどね。

お店は六本木の大通りから一歩入って
住宅もちらほら見える静かな一角に突如出現。
18時開店少し前についたせいか看板もなく雪で視界も悪く…
ただ店名が「Rouge」とあるように
お店の外観も真っ赤だったのであ、ここだって分かりました。
写真を撮りそびれたのが惜しいですが店内も真っ赤。
でもちょっと色を落とした赤色なので大人な雰囲気に。

今回のクーポンの飲み放題プランすごいのが何時に入店しても
23時のラストまで時間制限なしの飲み放題なんです!
つまりは開店の18時に入れば5時間の飲み放題。
ちなみにわたし達は18時入店~酒飲み夫婦に恐ろしい予感が…。
雪降る寒さにビールではなくワインで乾杯して。

キャロットラぺ
キャロットラぺ
レモン汁も使っているのかさっぱりして白ワインにぴったり。
中に赤いものが入っていて、てっきりトマトを刻んだものかと
思ってたらピンクグレープフルーツでした~。
散らされたピスタチオとグレープフルーツのアクセントがいい感じ。


ポムピューレ
ポムピューレ
お洒落な名前にお姿でやってきましたけれど、
つまるところ洋風のポテトサラダです。
でもやっぱりただのポテトサラダと侮るべからず。
ポテトはごろっとした塊も入っていますが、それ以外の
ペースト部分はとっても滑らかでクリーミー。
その中にアンチョビの塩気がピりっときいて
これ美味しい…と言うかわたしはすごい好みです!
ポテトサラダがあまり得意でない旦那様もパクパク食べてましたよ。


鯵のマリネ
鯵のマリネ
これが曲者だった~~~。
クーポンのメニューではカルパッチョと書いてありましたけれど、
これはむしろ塩漬けですね。とっても塩気が強くて、
マリネと言うよりアンチョビをそのまま食べてるみたい。
小さく切ってちびちびと赤ワインと食べるにはいいのですが、
それでもちょっと塩がきつくて…。
と言う訳でパンに乗せて食べれば…と思い別注文でオーダー。
残念ながらバゲットは置いていないそうなので変わりにピタパン。
別注文のピタパン
もっちりとして美味しかったですけれど、欲を言うと
ビストロならバゲット置いといて欲しかったです~。


パテ・ド・カンパーニュ
パテドカンパーニュ
お肉感がとってもしっかりしていて、お肉の色んな部位が
入っているのかパテの中に食感の違いも感じられる
とっても美味しいパテドカンパーニュです!
飲み放題の赤ワインは2種あったのですが、ここらで
軽いものから重めのものにシフト。


マッシュルームフライ
マッシュルームフライ
黄色のタルタルお花畑の上にに鎮座する
マッシュルーム達はなんだかちょっと可愛らしい。
濃厚と言うよりもあっさり目のタルタルソースと
ジューシーマッシュルームフライが良くあいます。
前にOutbackで食べたものより、小ぶりで
衣は薄めできめ細かくソースも含め上品なフライと言う印象。
同じマッシュルームフライですけど、Outbackのはアメリカ料理、
こちらはフランス料理だなって感じです。
それでもやっぱりフライはビールと、ですね。


ステーキ&フリッツ
ステーキとフリット
最後にどーんと豪華なメイン。
細いマック的なポテトフライとがっつり肉なので
少しジャンキーな組み合わせ?むしろそれがそそられる~。
お肉は薄めですが、断面はほんのり赤くいい焼き具合。
赤ワインと一緒に美味しかった~…ですけれど
この時点でだーいぶできあがっちゃってたので
すみません詳しいお味の感想は置いときます…。


デザートはついていませんでしたけれど、いいんです。
バレンタインデーですから手作りトリュフを旦那様に。
クリームチーズとホワイトチョコにドライフルーツを練りこんで
ラム酒で香り付けしたトリュフ…これもお酒に合いそうじゃない?
雪の中行き返りは大変でしたけれど、
お洒落なビストロで窓の雪を外目にワインを傾け美味しい料理…
久しぶりに幸せな時間を過ごせました。
外ご飯でも家ご飯でも一緒にご飯の時間を毎日大事にしたいです。
やっぱり夫婦は一緒に美味しいご飯を食べてなんぼです!

今回のブログ、写真をすべてプロの旦那様に
撮ってもらったので写真に自信あり!です。
妻の欲目なくしても、綺麗にバランスよく取れてますよね~。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

「お届け寿司 活」

2014.02.16.Sun.15:13
2ヵ月ミャンマーで仕事されていた旦那様無事帰国です!(狂喜)
せっかく帰国したんだから張り切って新妻の手料理♪…
と行きたいところだったのですが
その日わたしは休日出勤が重なり4連荘の夜勤明け。
さすがに料理を作る元気もなく、
海外疲れの旦那様と夜勤疲れのわたしの
お疲れ夫婦の再会ディナーは宅配寿司!になりました。
なかなかミャンマーじゃお寿司と言うか生ものは食べられませんし、
お寿司ならお疲れの胃にも重くないかなと思って。

こちらの宅配寿司、目黒の行列人気回転寿司屋さんの系列です。
名前も同じ「活」、元々は回らない「美登利寿司」が本家。
目黒の回転寿司はいつも並んでいますけれど、
宅配は並ぶと言うハードルがないのが嬉しい…
なんせお疲れディナーですからね。

いくつかある寿司盛りの中で真ん中お値段のものをチョイス。
「幸」2人盛りで4,200円なり。
参考までにお値段バラエティーはこんな感じ。
「歓」1,700円 / 「笑」2,400円 / 「幸」4,200円
「福」4,800円 / 「雅」5,800円(全て2人盛りのお値段)
なんだかおめでたいネーミングですね。
外食することを思えば全然お得値段。
それにわたし達夫婦は外食の中でお酒代の比重が結構大きいので
家ビールに家ワインで済ませられるのは随分の節約。

お寿司が届くまでスパークリングと
つまみ(缶詰のあん肝とか作り置きの煮物)で乾杯します。
30分ほど晩酌したところで届きました、お寿司「幸」盛りです!
宅配鮨
豪華じゃないですか~~♪ネタは以下の通り。
マグロ赤身、烏賊、中トロ、サーモン、生海老、
ブリ(かな?もしかしたらカンパチ?)、いくら、雲丹、
エンガワ、カニ、ねぎとろ巻に玉子。
ネタもつやつや光って美味しそう。
鮨アップ

鮨アップ2
あ、旦那様にもう1つ雲丹食べられてた。
雲丹をまず1貫目に選ぶなんてなかなか珍しいんじゃない?
わたしはマグロが赤身と中トロで
2つあったので1貫目のチョイスはマグロ赤身。
ちなみにわたしは日本人大好きマグロには
そこまでテンションが上がらない方なんですけどね。
個人的な好みでは生海老と雲丹が好きかなぁ、
烏賊も好きなんですけど2貫とも旦那様に食べられた~。
あ、鯵とか鰯みたいな銀魚も1品あったら嬉しかったんですけど。

お寿司、新鮮で脂が乗ってるべきものには乗っているし、
海老のねっとりした食感とかいくらのプチプチとか
それぞれのネタとっても美味しいです!
確かに回らない高級寿司店と比べちゃいけないかもですけれど、
宅配寿司じゃ…なんて侮ってはいけない美味しさです。
なんて言うかちゃんとしたお寿司です。
スーパーとかのお寿司とは格が違う思いますよ。
(と言いつつもスーパーのお寿司も好きなんですけど)

おうちでゆっくりお疲れ寿司ディナー満足、満足でした。
なんか回転寿司の「活」よりお寿司が丁寧に作られている印象が…。
あそこはいつも行列ですし板前さんも忙しそうですからね。
宅配の方が作る人にも余裕があるのかもしれない??


最後におまけ、旦那様のミャンマー土産北京ダックどーんと1羽!
ちゃんと頭も足もついてますよ~~文字通り丸ごと1羽。
北京ダック
ミャンマーでお世話になった方に持たされたとのことでしたが
よく持って帰ってきましたよね…
ってか普通税関でひっかかって没収されますよねぇ。
後日頑張って解体して頂きましたが、
所謂北京ダックのような皮のカリッと感はなかったので
なんていうかミャンマーダック?
でも北京ダックみたいに白髪ねぎと胡瓜と
甜麺醤で食べたら美味しかったです♪

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

「ビストロ釧路」神田

2014.02.11.Tue.00:09
クーポンサイト:RaCoupon
割引:5,000円→2,500円(50%OFF)
内容:飲み放題付フルコース

いつでも共同購入クーポンが手持ちにあるわたし。
いいクーポンを見つけたら有効期限と場所をチェックして
直近で行く予定がなくてもとりあえず購入。
家の最寄が五反田・目黒なので、場所は山手線の
東京駅~新宿駅がクーポンチェックの射程範囲。
池袋あたりでも結構クーポン出てますけどそちらは自分的範囲外。
遠かったりしてなんとなく行く機会なく…
で、クーポン失効なんてことは避けたいですからね。
今回のクーポンは神田駅でびみょーに射程範囲から外れているので
普段なら少し考えたりするところですけれど、
あまりの内容の良さに即決購入。
それが良かったのか正午に売り出されたクーポン、
その日の夕方には完売してました!
そんな期待大のお店に行って参りました♪

お店情報によると神田駅もしくは大手町駅から徒歩8分。
わたしは大手町から友達は神田駅からのアクセス。
大手町からは結構歩いたかなって印象ですけれど、
大通りを一直線に歩くだけなのでスムーズに着きました。
一方の友達は神田駅からちょっと迷ったみたい。
オフィス街のこんなところに!って場所に見つけた小さなお店。
ビストロという言葉からイメージするお洒落な感じではないかな、
こじんまりとした可愛らしいお店。
店名に「釧路」がつくことから分かるように
釧路の食材を使っているお店だそうです!
北海道は美味しいものが多いですからね~。

まずはモッツァレラチーズの前菜、カプレーゼです。
モッツァレラトマトの前菜
ミニトマトとバジルの飾りで目にも可愛らしいイタリアンカラーに。
カプレーゼによくある薄切りではなく太く三日月型に切られた
モッツァレラチーズ…これが今まで食べたモッツアレラの中で
一番かも!?と言うくらい美味しかった!
ふんわり柔らかく、何というか…モッツァレラに使う言葉じゃ
ないかもなんですけどチーズがジューシーなんです。
濃い乳のエキスが出てくるというか…。
シンプルなお料理だからこそ素材の良さが引き立ちます。
白いソースは珍しいとうもろこしのソース、
優しい甘みがチーズに合います。


もう1品前菜、わかさぎのフリット。
ワカサギのフリット
またしても可愛らしい盛り付けでやってきました。
小さいですがぷくっと太ったお魚さん…
それはお腹に卵がたっぷり入っているからです!
子持ちシシャモや良く食べますけどね、こちらはワカサギ。
もちろん骨まで食べられるサクッと揚がったフリット、これ美味しい~。


次はお魚料理…とタジン鍋でやってきました。
タジン鍋
自宅にはないですが一時タジン鍋って流行ってましたよね。
テーブルで蓋オープンの演出です。
お目見えしたのはスープたっぷりの鮮魚のソテー。
鮮魚のソテー
このお料理がなんていうか…ほんと素材がいい!って一言。
もちろん素材の旨さを引き出すお料理の腕もいいんでしょうけど、
それ以上にそれぞれの素材がシンプルに美味しすぎて。
ガーリックが強めにきいたスープには貝の出汁がたっぷり。
出汁はいいのですが、実はアサリやシジミ系の身は苦手なわたし。
そんなわたしでもこのアサリさんは美味しく頂けたんです!
お魚は白身なのに全然淡泊な感じではなくて、
スープのガーリックに負けないくらいの濃いお味。
(もちろん味付けが濃いと言う意味ではなくお魚本来の味が)
一応お魚なので白ワインを飲んでましたけれど、
軽めの赤ワインならこのお魚君張り合えちゃいます。
お魚の下のエリンギも歯ごたえしっかりで脇役にはもったいない。
そしてこの美味しいスープは…バゲットを浸して頂きましたよ~。


お肉料理は豚のグリル。
豚のグリル
お肉は中心が少しピンクがかっているところが
わたし好みの嬉しいポイント。
この豚肉さん…脂身がものすっごい甘いんです!
ここまでお肉って甘みがあるんだ…って感動するくらい。
2種類の塩で頂くんですが、なるほど
この甘さを引き立てるのは塩がベストだって食べて納得。
そしてまたまた嬉しいのが豚肉の下に惹かれたマッシュポテト。
実は大好きなんですよね~お肉の名脇役。
とっても滑らかクリーミーで美味しい。
釧路の食材ならば北海道のじゃがいも使っているってことですよね。


〆は烏賊の塩辛のクリームパスタ。
烏賊の塩辛のパスタ
これはまた珍しいアイディア料理。
クリームと言ってもそこまで濃厚タイプではなく、
どちらかと言うとクリームとスープの真ん中くらいの感じ。
クリームの柔らかさに塩辛の塩気がマッチして美味しい!
香味野菜のトッピングもあり和風のさっぱり目のパスタ。
普通の塩辛のイカは生でぬるっとしていますが、
こちらはパスタに入れていい感じに火が通った状態です。
結構量多めのパスタですがこの美味しさにペロリ。
もうバゲット食べちゃってましたけど、
このスープにバゲットを浸しても美味しかっただろうなぁ。


デザートも豪華な一品。
デザート
これは名前としてはなんて言うものだろう…
わたしのイメージだとシブーストのリンゴが入ってない版と言うか。
まったりとしたカスタードが美味しい。
こちらも北海道の玉子とか乳製品使ってるのかなぁ。
これは是非濃い珈琲と一緒に頂きたいなぁと思って、
クーポンには入っていない食後のドリンクを
別注文しようとしたらなんとサービスで頂いちゃいました。
実はこの前に団体さんが来訪されていて、その際
わたし達はテーブル移りますよ~と言って移動したんです。
それのお礼でサービスだそうで…そういうお気遣い嬉しい!


こちらは今まで買ったクーポンの中でも
トップランキングに入るかも!?な
とっても美味しくお得な大満足クーポンでした~。
お店の方も控えめながらもとても心地の良いサービス。
確かに立地はあまりいいとは言えないので
宣伝効果期待のクーポンなのかな。
でもこの内容なら5,000円でも充分納得だし、アラカルトも
お手軽お値段で美味しそうなものがたくさんあったので
(お酒もお手頃値段)定価来訪もありかも。
お料理は素材を引き立てるお料理の腕もあるのでしょうが、
本当にひとつひとつの素材そのものが
いいもの使っているんだなって言う印象が強かったです。
釧路の食材かぁ…北海道に旅行に行きたくなりました。
もちろんグルメ目当ての食の旅でね。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

「Mexican Restaurant Don Blanco」新橋

2014.02.09.Sun.20:41
クーポンサイト:RaCoupon
割引:6,575円→3,100円(52%OFF)
内容:飲み放題付プリフィクスコース

わたしは基本的には12時間のシフトで働いていて
日勤の終わりは20時半…それから
友達と飲みに行くなんてなかなか出来ないので
仕事終わりにさくっと飲みにいくかぁが出来ないのが少し寂しい。
その日は休日出勤…それはめんどいですけど
珍しく19時仕事上がりだったので
これは仕事帰り飲みが出来るでないか~
と友達をお誘いしちゃいました♪
仕事休みの休日に飲みに行くのも楽しいですけど、
仕事終わったばかりの1杯いくかぁ~もまたいいんですよね。
まぁ毎度サクッと1杯で終わったことなんてないんですが。

新橋の烏森口からすぐの雑居ビルの3階。
周りは小さなお店がひしめいていて風俗店やスナック、
赤提灯居酒屋さんが多い雑多な街並み。
ビルはエレベーターもなくかなり古びていて昭和初期の雰囲気、
こんなところにこんなお店が!?って少しびっくり。
店内は週の半ばなのに結構な賑わい。

今回のクーポンの嬉しいところはメニューが選べるプリフィクス。
サラダ3種から1品、前菜3種から1品、
メインは確か6種くらいから1品、ブリトーは1人1つ好きなもの、
デザートも3種から選べます。
共同購入クーポンを使っているとコースでメニューが
決まっていることの方が多いので選べる楽しみがあるのは嬉しい。

まずはビールで乾杯して、サラダからは「アボガドサラダ」
アボガドサラダ
これで2人分、かなーりビッグサイズのたっぷりサラダです。
真ん中のアボガドペーストメインに
サルサソースにチーズとザ・メキシカンって感じ。
アボガドペーストには玉ねぎなどが混ざっているためか
意外にもさっぱり頂けます。
アボガドって結構濃厚なお味ですからね。
サルサはかなり辛みもきいているのでビールが進みます~。


前菜からは「ナチョス」
ナチョス
香ばしいトルティーヤチップスに、チリコンカン、チーズ、
サワークリームがたっぷりかかってこれぞビールのおつまみ。
このチップスが今まで食べたことないくらい固めのカリカリで
トウモロコシ(かな?)の香ばしい風味が強くて美味しい~と
思ってたら後で見ると自家製のチップスだったみたいです。
なんでも既製品のものも企業が工夫に工夫を重ねて
作られているからそれはそれで美味しいですけれど、
なんで「自家製」ってものはいつもこんなに美味しいんだろう!?
お店のメニューでも「自家製」のなんとかって
出てると頼みたくなっちゃうものですよね。


メインから「牛肉のチポトレ(?)煮込み」
牛肉の煮込み
盛り付けからして南国のお料理~って感じです。
メインの牛肉の他にご飯と、お豆のペーストに、ライム、
玉ねぎやトマトを刻んだものが添えてあります。
店員さんにどうやって食べるんですか~って聞きましたけれど
混ぜるとか…好きなようにとのあいまいなご回答。
じゃぁ好きに食べてやろうじゃないか(笑)
お肉は繊維状になっていて少しパサッとした脂身があまりないもの。
とりあえずあるもの全部混ぜてみたら、
ライムと刻み野菜のさっぱりが意外とお肉に合って、
そこにおまめペーストのまったり感が加わって
うん、これはなかなかいけるじゃないですか!?


ブリトーは2人で鶏と牛をオーダーしてシェア、外見はおんなじ。
ブリトー
色味も可愛いスイーツみたいなお姿でやってきましたよ!
大きさもどーんと貫禄あるビックサイズ。
半分こして、断面チェック。
ブリトー断面
お肉もたっぷり、レタスやトマトのお野菜もたっぷり…
そしてこれは予想外!お米が入ってました。
これは〆としても充分なボリュームです。
ピンク色の完熟トマトのソースにチーズ、そして中身の具材達の
バランスが多分ちょうどいいからこんなに美味しいんですね~。
トマトソースにお野菜も入っているから重すぎず、
でもお米も入ってお腹の満足感も高い…メキシコ〆料理素敵。


今回は飲み放題付で生ビールとワインしかチョイスが
なかったのですが、さすがメキシコ
頼もうと思えば色んな種類のお酒があるみたい。
お酒が飾ってある店内
わたしはメキシコのお酒(なのかな?)なら
フローズンマルガリータがとっても好き。
王道のライムはもちろんストロベリーも美味しい。
こちらのお店もメニューにはあったんですが、
1杯1,000円と…やっぱり凝ったカクテルは
結構お値段しちゃいますね。


最後にデザートからは「ココナッツアイス」
ココナッツアイス
かなりココナッツの味が濃厚なタイプで、中には
シャキシャキのココナッツファインも練りこまれていて
ココナッツ好きには万歳なデザート!


やっぱりメキシコ、南国のお料理って感じですね。
冬に南国気分ってのも贅沢でいいですけれど、
ここは夏に汗かきかきビールにピリ辛お料理で楽しむのがいいかも!
ちなみにメキシコ料理わたしの印象は
「トマト(サルサ)」「肉」「チーズ」「豆」そして主食の
「トルティーヤ」が基本で、それらをどう組み合わせて調理するかの
工夫から作られたお料理達なのかなって思いました。

お腹いっぱいになりましたし、美味しい満足ディナーでしたけど
クーポンなしの定価6,500円越えはちょっとないんじゃないかなぁ。
今回の3,000円は申し訳ないくらいのありがたお値段でしたけどね。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

「Aquavit」渋谷

2014.02.08.Sat.09:00
クーポンサイト:GROUPON
割引:6,000円→2,980円(50%OFF)
内容:飲み放題付コース

チーズフォンデュにスパークリングも飲み放題、
メニューには生ハムにエスカルゴまで…
ってワイン呑兵衛は速攻getしました!なクーポンです。
今回は留学時代の友達と訪問。
場所は渋谷の宇田川町、きらびやかなネオンに
若者でにぎわう雑多な街の中にたたずむBAR…。
入口は小さな看板ひとつで分かりにくく、地下にもぐる隠れ家。
店内は暗い照明に静かな大人な雰囲気。
店内
バーカウンターの中に浮かび上がるお酒のライトアップも素敵。
こんなところで飲むなんて、わたしには早いかも!?
(実年齢的には全く問題ないですが、精神年齢的に…汗)
とちょっとドキドキしつつも期待が膨らみます。


飲み放題付ですがビールは乾杯の1杯のみ。
でもこの日は雪も降ってかなりの寒さだったので、
いつも冬でもまずはビール!ってわたしも
ビール気分になれずスパークリングで乾杯。
キリっといい具合に冷えた辛口スパークリング…美味。
まずはワインのお供の王様かも?な生ハム。
生ハム
お肉のピンクグラデーションの美しさ、
脂身のてらりと光る白さにもテンション上がります。
トレーシングペーパーのような薄切りのお肉を
口に入れると脂がとろける~~~。お肉が甘いです!
お肉の甘さと塩気のバランスがばっちりワインに合うの。
初っぱなからこれじゃあワインピッチあがっちゃうでしょ!?


前菜3種盛り合わせ。
キノコのマリネ、スペインオムレツ、冷製鴨肉。
前菜3種
キノコのマリネはベーコンも入っているのか
あっさりしすぎずちょうどいい感じ。
スパークリングや白にぴったりのお供ですね。
スペインオムレツは他は冷製なのに、
これだけあったかいものが出てきましたよ。
そういうひと手間が嬉しいんですよね。
鴨肉も所謂出来あいのハムっぽい感じではなくて、
なんて言うかちゃんと鴨肉を食べてるって感じです。


エスカルゴのオーブン焼き。
エスカルゴ
ココットの中にエスカルゴが4つ。
濃厚なガーリックバターにからまったプリンとしたエスカルゴ。
ソースと一緒にバゲットに乗せて頂くと…
これはソースの濃厚さをすっきりスパークリングで洗い流すべきか、
濃厚に濃厚な赤ワインをぶつけるべきか迷っちゃうわぁ。
こんな次々とワインに合う料理が出てきて嬉しすぎて困っちゃう。


バーニャカウダ。
バーニャカウダ
オリーブオイルがたっぷりで
オイルフォンデュに近いタイプのバーニャカウダ。
アンチョビもオイルに負けずしっかりと主張しているソース。
お野菜に対して余っちゃうくらいのたっぷりソースが嬉しい。
これバゲットにつけても絶対美味しい。
お野菜は大根、チコリー、茄子、人参、セロリだったかな。


ハーブチキンのグリル、トマトポン酢と一緒に。
ハーブグリルチキン
ハーブがしっかりきいたジューシーチキン。
トマトポン酢につけてと言うことだったんですが、
つけなくても充分に美味しい。
むしろトマトポン酢はそんなに主張なかったかな…
ちょっと後味がさっぱりしたくらいかも。
チキンの肉厚な部分は柔らかなお肉が美味しいし、
ちょっと細身の部分は鶏皮をメインに楽しめてまた美味しい。


そして、お待ちかねのチーズフォンデュです!
チーズフォンデュ
2人分とは思えない大鍋にたっぷりのチーズがぐつぐつ。
ふつふつとなっているチーズにときめきます。
たっぷりあるからにはたっぷりつけねば~って訳でこんな感じ。
フォンデュディップ
バゲットも、ミニトマトも、ウィンナーも、ジャガイモも、
ブロッコリーも元々の素材が見えなくなるくらいに
チーズをしっかりと絡ませていただきまーす。
とろーりとろける濃厚チーズとお野菜やバゲットのコラボ、
美味しくないはずがないでしょう!?
チーズも濃厚なんですけどワインパワーも手伝ってか
そこまでもたれる感じもせず、ひたすらせっせと
「つけては食べ」の手が進んでしまいます。
最後は鍋底で煮詰まったチーズをこそげ取るのも幸せ…。
外は雪も降る寒さ、そんな中アツアツのチーズフォンデュで
あったまる…もう気分はアルプスの少女ハイジ!?


最後にちゃんとスイーツも、イチゴとカタラーナ。
デザート
わたしはいまいちカタラーナと言うスイーツを知らなかったのですが、
バニラ風味がしっかりしたカスタードを凍らして固めたみたいの??
なんと言うかカスタードのテリーヌって感じなのかなぁ。
これは最後にもう一度スパークリングに戻って頂きました。
イチゴもよくホテルとかだとスパークリングのグラスに
添えてあったりしますもんね、合わないはずがない。


ワインのためにあるような美味しいお料理達に
ワインもどんどん進んで大満足!
これはワイン好きの旦那様も連れて行ってあげたかったなぁ。
わたしも旦那様もあまりワインの良し悪しは分かっていないのですが、
(普段は1本600円前後のワインばかりが食卓に…)
こちらのワインは銘柄とかは分からないですけど
美味しい!って思うものでした。
でもお洒落な大人BARですし、本当ならもっとしっぽりゆっくり
杯を重ねるべきなんですよね。ぐびぐび、はいけないですよね。
…と言いつつも美味しい美味しい、楽しい楽しいで
進んじゃったんだからいいじゃないですか?
そこまでワインを飲まない友達には付き合わせちゃいましたけど…。
お付き合い頂ける友達に感謝の気持ちを忘れず…
そして調子に乗ってへべれけになって
ご迷惑かけないよう気を付けます~。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村