「肴・飯 和料理屋 元」五反田

2017.06.11.Sun.00:08
家近で新規開拓、またしても当たり店を見つけました!!
駅よりも家から近くて徒歩5分程、そこが超の付く大当たり。
外観
実は前から気になっていたいつもお客さんで賑わう小さなお店。
あの「さかなクン」も御用達と言うお魚料理の居酒屋さんです。

その日も外から覗いてどうしようかお店の前で迷っていたところ、
通りがかったおじさまに「ここ美味しいから」と勧められまして。

それが決定の一押しとなって今回めでたく初訪問となりました。



平日の遅い時間でしたがほぼ満席、多くは常連さんみたいです。

瓶ビール(中瓶) 500円と、お通しはアボガドの海苔佃煮和え。
瓶ビールとお通し
ねっとりと熟れたアボガドに海苔の磯の風味がよく合います。





初めてのお店だしまずはと今日のおススメを聞いてみました。
あぶりたこ 500円
カウンターの中で大きな蛸をすごい火力で炙ってるのにびっくり。
あぶりたこ
出てきたのは軽く焦げがついてるもののほぼ生の身厚なたこ。

たこはその弾力や食感も醍醐味ですが…ここのは違いました。
苦なく噛み切れるくらいに柔らかくてこんな感触のたこは初めて。
大きな吸盤の部分までぷりっとしていながらも柔らかなんです。

普段お目にかかるたこよりも身の質感が繊細な印象、美味しい。

ねっとりとしていて甘みを感じるかのようなたこの旨みも強いです。




そんなたこさんに合わせてすかさず日本酒(冷) 600円投入。
日本酒(冷)
日本酒は3種類ほどあってほぼ600円の価格帯でお手頃です。






このお値段で出してくれるのはすごい、かにみそつまみ 300円。
かにみそつまみ
日本酒のつまみの代表格、お値段で想像するよりもたっぷりです。
すごい濃厚と言う訳でないですがしっかり主張するかにみその風味。

日本酒ちびちび、かにみそちびちびを交互に頂けば至福の時。






たらことチーズの出汁巻き 700円
たらことチーズの出汁巻き
綺麗に成型されていて、まるで金の延棒みたいですねぇ(笑)


とろとろふんわりの玉子に加えてチーズとたらこ、贅沢です。
出汁巻き断面
たっぷり入ったたらことチーズの塩気が結構強めなのですが、
玉子の優しいお味に包まってちょうどいい塩梅になっています。

ちなみに普通の出汁巻きと、納豆とチーズのもありましたよ。
玉子の半熟加減も絶妙でしたし次回は普通のを食べてみたい。






まぐろあご煮付 700円
まぐろあご煮付
お皿に鎮座する巨大な塊、一見チャーシューにも見えますが鮪。


箸を入れてみるとぷるぷるのまぐろのコラーゲン質がお目見え。
脂と言えばそうかもしれないけどやっぱりお肉とは違う質のもの。
まぐろあご煮付断面
ぷるぷるだけじゃなく身もしっかり骨にへばりついています。

身の色が濃い血合いの部分が多いのはむしろ嬉しいとこ。
血合いって魚の味が濃い一番の美味しいどころだと思うんです。

煮付けの甘辛さもあくまでまぐろのお味を邪魔しない味付け。

まぐろの美味しいとこ取りのような逸品、感動もののうまーい!






〆は狙っていた名物、40分ほどかかるので早めのご注文を。
~名物~ 鯛めし 1,200円
~名物~鯛めし
鯛のお頭が丸々のっかった土鍋炊きご飯、見た目から美味しい。


炊き上がりを見せてもらってから、身をほぐされて出てきました。
お頭の状態から綺麗に骨を取るのは結構な手間だと思います。
鯛めし(ほぐした後)


お茶碗によそって頂きまーす…の一口目でこれは美味しい!!!
鯛めし(茶碗取り分け後)
味付けは最低限で鯛の出汁がこれでもかと染み込んだご飯。
白身の鯛ながら結構しっかりと鯛の脂を感じられるご飯…。

鯛の身なしでご飯だけを食べても分かる鯛の滋養のお味。
普通に鯛だけを食べるよりも鯛を感じられるような鯛めしです。

ご飯ものを普段そこまで食べないわたしでもお代わり連発。
旦那様に至っては食べる食べるで…2人で大きな土鍋完食!
完食!
はじめ余ったらお持ち帰りしようとか言ってたのが嘘みたいです。
鯛めしどころか今まで食べた炊き込みご飯の中でもNo.1かも。




最初から最後まで大満足、さかなクンが通うのもなるほど納得。

ひとつひとつのお料理の美味しさはもちろんのことですが、
一品食べ終わった頃合いを見て次を提供してくれる配慮までも。


常連さんが多いながらもわたし達のような初見の客にも優しい。

たらふく食べて日本酒2杯もらってお会計は6,800円で済みました。


お魚が食べたいときには一番にこちらを思い浮かべそうです。
メニューボード

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑ここは今までの中でも当たり中の当たり、目指せ常連さん!
スポンサーサイト

「陳家私菜 (チンカシサイ) 五反田店」

2017.05.25.Thu.21:51
先日ランチで訪問して美味しかった家近中華で初ディナー。
※ ランチ記事→こちら
看板
看板はどーんと大きいですが入り口は狭く細い階段を上って2階。

店内はもう出来上がっちゃったサラリーマンの宴会で大賑わい。
その中で中国人の店員さん方がきびきびと給仕されています。

中国人の方は大概愛想ないけど(笑顔がない…)働き者ですね。
日本の中華料理とかじゃなくて完全アウェイの本場本格中華。





まずは仕事終わりの1杯がうまーい、瓶ビール(中瓶) 620円。
瓶ビール(中瓶)
旦那様断酒中につきグラスは2つあれど1人で空けますが…。





お通し250円@人は、ピリ辛の鶏皮和えと中華風春雨サラダ。
お通し
鶏皮は花山椒らしき辛味がきいていてビールによく合う~。
春雨サラダはランチでセルフの食べ放題のと同じなのかな。

ちょこっとの量ですがこれだけで随分ビールが進んじゃいます。






鉄鍋ゴマ棒餃子 (5個) 480円
鉄鍋ゴマ棒餃子
芳ばしい色のゴマがたっぷり…と言うかびっしりついた餃子。
変わりダネと言えるかもしれませんがこのお店で餃子はこれ。


断面は厚みがなくて薄っぺらいですが餡の旨みはたっぷり。
餃子断面
皮は軽く餡をくるんでるだけなので食べる下から肉汁ぽたぽた。
ジューシーですが野菜もたっぷり入っていて脂っぽくありません。

餡の味付けはむしろあっさりしていながら何もつけずに美味しい。
鉄鍋系によくある油っこさもなくて軽く何個でもいけちゃいそうな。

少し焦げが付くまで焼かれたゴマの風味と芳ばしさ、食感もいい。

常連客が選ぶ一番人気のメニューと言うのも納得の餃子、うま!






特製皮蛋(ピータン)豆腐 580円
特製皮蛋豆腐
ピータンはそこまでクセが強くないものを使っているようです。
それと優しい出汁味がきいた崩し豆腐を合わせて上品な前菜に。

ピータン好きなので色んなお店でピータン豆腐を食べましたが、
ここのがバランスもよく洗練された感もあって一番美味しいかも。






三元豚の黒酢酢豚 980円
三元豚の黒酢酢豚
黒酢餡の照りがまぶしくて美しいと言えるくらいの酢豚さんです。
餡はかなりどろっとしてとろみが強く豚肉や野菜によく絡みます。

豚肉は外はかりっと固めに揚げられて中は柔らかくてジューシー。
それなりに脂のある部位を使ってますが黒酢効果かしつこくない。

豚肉の旨みと、黒酢餡の酸味と甘みが絶妙な美味しい酢豚。
一応揚げたお肉ですけれどそんなに罪悪感を感じないかな(笑)






搾菜(ザーサイ)とネギの香味和え 480円
搾菜とネギの香味和え
箸休め的に注文したこちらが大正解、とっても美味しかった。

何よりザーサイがよくあるものより薄味で油っぽくありません。
塩気もきつくなくさっぱりとしてザーサイ本来の味が分かります。

それに香り高い香菜(パクチー)とネギのアクセントもいいです。

お肉料理のインターバルにはぴったりのさっぱりとした一品。
そしてザーサイと言うお野菜の美味しさを実感した一皿です。






エビ、蟹棒、ホタテと春雨のXO醤炒め 880円
エビ、蟹棒、ホタテと春雨のXO醤炒め
たっぷりの春雨はXO醤と辛味オイルでこってりめの味付け。
魚介類の出汁も感じられて旨みを吸った春雨うまーい、です♪

韓国のチャプチェとは味付けも違いますが通ずるとこがあるかも。
春雨にしっかりと味が染み込んでいるところがポイントですね。


エビ・蟹棒・ホタテの具は思ったよりもたっぷり入っていました。
春雨炒め(取り分け)
量もかなり多かったですが旨みと辛味に思わず箸が進みます。

濃い目の味付けで油も多めな感じでしたけど(それがうまい)
そこは先のザーサイがちょうどいい箸休めになりましたよ。





最初から最後まで、これはうまーいを連発しまくった中華料理。

五反田の中華料理はまだまだ開拓の余地がありますけれど、
今のところでわたし達の中では五反田No.1中華に決定です。

瓶ビール×2本+ウーロン茶+ぐるなびの10%OFFクーポンで
お会計5,500円ちょいは質・量を考えればかなりお値打ちでは?


また家近で中華気分になったらこちらに来るだろうと思います。
お皿の上の豚ちゃん
※ この子はザーサイのお皿に乗ってきた豚ちゃんです、可愛い。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑次はお店の名物、「頂天石焼麻婆豆腐」を食べてみなくては。
でもお気に入りが出来ちゃうと新規開拓の食指が鈍りそう…。

「びすとろ UOKIN 五反田店」

2017.05.14.Sun.14:04
いつもの家近人気店には週末×遅い時間の飛び入り訪問。
予約も取りにくいお店ですがこの作戦で大概入れてもらえます。
外観
今回はGW最終日のラストオーダー45分前だったので、
すんなり入店出来てしかも2人で窓際の6人席にゆったり♪

サラリーマン街五反田ならではの人気店攻略法ですね。
GWも関係なくこの時間まで仕事だったってことなんですが…。





グラス白ワイン 490円 ・ プレモル 580円
白ワイングラスとプレモル
白ワインはこれでもかと言うくらいなみなみの量が嬉しい。
いつもボトルで注文していましたが意外とグラスがお得かも。

…旦那様断酒中につきビールもワインもわたしのもの(いじけ)





お通し410円@人は定番、パンとしらすのガーリックオイル。
お通しのパンとシラスガーリックオイル
2種類のパンはトーストされてあったかい状態で出てきます。
軽井沢の老舗店ASANOYA(浅野屋)さんのパンらしいですよ。

しらすのオイルはそれだけでお酒のお供になるいい塩加減。

ここ数年間お馴染みのお通しですが美味しいからいいのです。






ここに来たら外せません、名物 海の幸 カルパッチョ 980円。
名物 海の幸 カルパッチョ
大輪のお花のごとく綺麗に盛り付けられた圧巻のカルパッチョ。

その日は鯛、かんぱち、鰹、マグロ、サーモンに生牡蠣が2個。
トッピングもドレッシングもそれぞれのお魚で違うと言うこだわり。

つやつやとしたお魚達は鮮度もよく自らのお味を主張してます。
脂のりのいいサーモンやカンパチ、ねっとりとした鯛やマグロ…。
カルパッチョアップ


中央に鎮座する生牡蠣は透明のポン酢ジュレと一緒につるん。
生牡蠣アップ
大きさは小ぶりですがぷっくらと身が太っていて臭みもなく濃厚。
口の中が磯の風味でいっぱいになる味の濃い牡蠣さんです。






白ワインとお魚を堪能しつつ、続く肉料理に備えて赤ワイン。
表面張力の赤ワイングラス
先の白ワイン以上になみなみと注がれてもはや表面張力。

グラスを持ち上げも出来ないのでとりあえずすすりました。
すすって飲みました






赤ワインはこのために…ハンガリー産 鴨のロースト 1,380円。
ハンガリー産 鴨のロースト
美しいロゼ色のお肉に目が釘付け、見るからに美味しいお肉!

UOKIN(魚金)と言う名前ながらお肉料理も抜かりないんです。
特にこの鴨肉は質も焼き加減も今まで食した中でトップレベル。

皮目はパリッと焼かれて、身は柔らかく噛むほどに味が出ます。
鴨アップ
鴨肉ならではの肉々しい野性味のある風味がたまりません~。
そのお肉の主張に少し甘めのソースがよくマッチしています。

鴨の旨みを余すことなく堪能出来る鴨好きも絶賛の一皿です。






〆のピザはここに来る理由のひとつ、マルゲリータ 780円。
マルゲリータ
芳ばしい焼き目に厚めでもっちりとした生地がうまいんです!
王道のナポリピザから外れていないピザ専門店も顔負け。

トマトソースやチーズもいいけれど何よりミミがピザの醍醐味。
もちもちっとしていてひきがある生地は美味しいピザの証明。

今のところ家近の五反田・目黒近辺で一番好みのピザです。
テイクアウトも出来るので外の公園で食べるのも楽しいかも。





さすがの人気店、期待を裏切らずに今回も大満足でした~。
お会計はビールにワイン2杯でサービス料5%加えて6,300円弱。

また次回も週末の遅い時間を狙って突撃したいと思います。
看板

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑週末も働いたご褒美があると思えば頑張れるものです。
美味しいグルメのために働くブロガーに応援お願い致します!

「陳家私菜 (チンカシサイ) 五反田店」

2017.04.24.Mon.07:24
飲食店ひしめく五反田、その中でも中華料理屋さん多いです。

ほとんどのお店は中国人の方が切り盛りされている本場もん。
ひとくくりに中華料理と言っても地方にもより色々ありますが…。


特にランチはどこのお店も手頃なお値段でボリューム満点。
サラリーマン街五反田の胃袋を支えてるであろう中華料理。


わたし達もいくつかの中華に訪問しましたがこちらは初めて。
外観
細い入り口から細い階段を上がって2階にあるお店です。
都内に他にも何店舗かある結構有名どころだったみたい。


すでに13時半もまわったところでしたが店内はすごい賑わい。
ほぼ満席の店内で店員さんが戦場のように働かれています。



席について注文を済ませたら、セルフサービスコーナーへ。
セルフサービスのランチセット
中華風サラダ・水餃子(1人3ヶまで)・スープ・ご飯はセルフ式。
ランチを頼めばこれらがついてくるのは嬉しいサービスです。



瓶ビール 620円も頼んじゃてこれだけでつまめちゃいます♪
ランチセット(水餃子・サラダ・スープ)
水餃子は手作りの皮がもちもちっとしていて美味しいです。
それにピリ辛のキャベツと春雨のサラダ、中華風玉子スープ。






皇帝口水鶏(本場四川やみつきよだれ鶏) 800円
皇帝口水鶏(本場四川やみつきよだれ鶏)
見るからに辛そうな赤いタレの上に鶏肉の山が鎮座してます。
胡瓜やもやしで多少底上げされていてもかなりのボリューム。

鶏肉はしっとりしていて皮も身も柔らかく、鶏の旨みがぎゅっと。

それに香辛料(主に四川山椒の風味を感じました)たっぷりの
辛いタレを合わせたら正によだれもたまる口水鶏、うま~い。

かなり辛みは強めですが唐辛子よりか複雑な香辛料の辛み。
辛いと言いながらも鶏肉の旨みも相まって止まらない美味しさ。

ランチはご飯もセットですが、個人的にはビールのお供ですね。






元祖麻辣汁無刀削麺 800円
元祖麻辣汁無刀削麺
「麻辣」とつくのに辛く見えない…と思ったら底に真っ赤なタレ。


もちもちとした独特の食感の刀削麺、好きなんですよね~。
麺を削ることで厚みにばらつきが出るのも好きなところです。
刀削麺アップ
よく混ぜるとあっという間に麺が麻辣色に染まっていきます。
もちっとした麺の食感に続いて舌が香辛料でピリリと痺れる~。

肉味噌やナッツ、ネギのトッピングも混ぜこぜして美味しい。

ランチの刀削麺は大盛り無料ですが…普通でもかなりの量。
でも辛い旨いの麺は箸が進むってもんでお腹いっぱいで完食。


今まで五反田の他のお店でも刀削麺を食べてきましたけど、
ここのが何が違うのかはよく分かりませんが一番好みかも。

刀削麺そのものだけじゃなくて香辛料のタレとか含めて好き。




他のランチセットも基本的に800円でどれもボリューム満点。
サラリーマンでごった返していたのも納得の中華料理屋さん。
お客様との三つの約束

次は夜に訪問してお酒と一緒に色々つまんでみたいです♪
ビール+棒餃子+小皿のお疲れさまセット980円が気になる。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑五反田の中華ワールドまだまだ奥が深そうです~。

「恵比寿餃子 大豊記 五反田」

2017.04.13.Thu.16:25
4月6日にオープンしたばかりの珍しく地元のホットな情報を!
家から徒歩5分圏内に餃子のお店が出来たと言うすごい朗報。

早速偵察がてらにびーぎょ(ビール&餃子)しに参りました。
外観
まだオープンしたてなのでお祝いのお花が飾られています。
店名のとおり恵比寿に本店があって他にも店舗があるみたい。

白い壁に白木がベースの外観、内観は共にとてもお洒落です。
なんだか餃子のお店と言うよりかは可愛らしいカフェみたい。



お店がお洒落であろうとなかろうとびーぎょ目的はぶれません。
瓶ビール (キリン クラシックラガー 大瓶) 690円
瓶ビール(キリン クラシックラガー 大瓶)
ビールが進む餃子とくれば大瓶の取り揃えがあるのはナイス。






極上ピータン 寿司ガリ添え 680円
極上ピータン 寿司ガリ添え
美味しいですけれど”極上”と付くには普通のピータンかなぁ。
ただ黄身(黒身?)の比率が高めなので濃厚な風味を楽しめます。

ピータンに寿司ガリを合わせてくるのは初めて見る組み合わせ。
クセのあるピータンに甘酸っぱいガリで口直し的な感じかしら。






ニラ入りスープ餃子 580円
ニラ入りスープ餃子
想像していたより大きなお椀にたっぷりのスープで登場です。


4個入った餃子は皮が厚くてもちもちの中国式の水餃子。
水餃子


中の餡は鮮やかな緑色でかなりニラの密度が高そうです。
餃子断面
肉の分量は少なくあっさりとしていて優しいお味の水餃子。
ニラも餡になって火が通ってツンツンした感じはありません。

スープもシンプル、あっさりな中華味でほっと癒されます。
たっぷり量のスープですが最後まで美味しく飲み干しました。

これはビールのお供よりかは二日酔いの朝に頂きたいかも。





そしてこれがお店の看板でもあり、お目当てでもあります。
元祖 恵比寿餃子


元祖 恵比寿餃子 3ヶ盛 480円
恵比寿餃子 3ヶ盛
まず驚いたのがその大きさ、今までみた餃子の中で一番巨大!
比較対象が無いのが悔やまれるくらいの大きさ(マッチ棒とか)

大きい上にぷっくらと太って厚みもあるのですごいインパクト。
外見からしてもみっちりと餡が詰まっていることが分かります。


大きな口でいざひとかぶりしてみると…断面はピンクのお肉色。
恵比寿餃子断面
先のスープ餃子とは対照的に野菜の配分がかなり少なくて
ほとんどお肉の塊を食べているかのようなボリュームです。

お肉は国産豚の他にイベリコ豚さんを使用しているこだわり。
このお肉のピンク色はイベリコさんがいるからなのかもね。

一応海老もすり身ではなく形のまま入っているのですけど、
あまりのお肉のジューシーな主張に存在感があまりない…。

旦那様曰くはもはや餃子と言うよりソーセージだね、なるほど!


餃子と言えば目黒に老舗の名店がありますが→「鎮海楼
そことは美味しい点だけ共通しても全く似て非なるものです。

どちらも違う美味しさがありますが肉を求めるなら断然こちら。




今回はお目当てのびーぎょをさくっとお試しさせて頂きお暇。

お通しやサービス料もないのでお会計2,600円程で済みました。
餃子以外の中華のメイン料理的なものを頼むとお高くなるかも。



びーぎょの儀式を終えて、五反田の夜桜散歩はちょうど満開。
五反田の夜桜


夜の闇に浮かび上がる桜もまた赴きがあるものですねぇ。
五反田の夜桜

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑家近に新たなびーぎょの選択肢が増えて喜ばしい♪