2017.11.04 「もつ千 五反田西口店」

ブロガーさん情報を得て家近五反田のニューオープンに突撃。
外観
事前調査でメニューをのぞいてみると、潔いくらいの肉三昧!
居酒屋定番の刺身はあくまで肉刺し、魚系のメニューは皆無。

ここしばらく魚に偏り気味だったので、肉攻めもいいじゃない♪




乾杯の生ビール(プレモル)でサイズ検証、大 699円・中 499円。
生ビール(大)・(中)
我らの酒量ならば確実に大ジョッキで攻めた方がお得だと判断。



お通し299円@人は、おかわり自由のキャベツ。
お通しのキャベツ
ごま油と塩の量が少なめで肉と合わせるには程よいのが◎。
アンチお通し派ですがこのキャベツのおかげで肉が進んだ~。






炙りタン刺し 399円
炙りタン刺し
このお値段でこれだけの量のタンで、しかも結構な厚切りです。


断面は赤身が残ったいいレア加減、タンと言うか肉としてうまい!!
タン刺しアップ
タンならではの食感と弾力に加えて肉の旨みがじゅわ~っとくる。
炙りで食べられる鮮度も、なるほど食べれば分かる美味しさです。

焼肉屋さんでタン焼き食べるよりもタンの満足度高いと思ったくらい。

この幸先良い肉三昧のスタートにメニューを見る目が変わります。






大山鶏のレバテキ 399円
大山鶏のレバテキ
大きな塊のレバーはふっくらとして柔らかくとろけるように濃厚。

(ほぼ)生のレバーの主張がガツンと来るのに臭みは全くありません。
葱・塩・ごま油のしっかりした味付けもかすむくらいの濃いレバー。

極レア焼きの上等な焼き鳥串を大量に頂いちゃってる感覚です。
タン刺しに続いての鮮度が物を言う絶品にレバー好きは悶絶~。






ハチノストマト煮 399円
ハチノストマト煮
イタリアンで言えばトリッパの煮込み、これまたイタリアン顔負け。


肉厚で柔らかなハチノスがとにかくごろっごろと贅沢に入ってます。
しかもこの大きさですから存分に口の中でくにくにの食感を堪能。
ハチノスアップ
ハチノスはもちろんのこと、トマト煮込みとしても絶品なんです。
トマトがフレッシュで甘みと酸味のバランスが良く、優しいお味。

もし主役のハチノス無しだとしても美味しいと言えちゃうくらい。
旦那様に言わせればこれを作った人は料理に愛があるって(笑)

今まで食したトリッパ煮込みの中でも1,2を争う…いや1番かも!?






10月中はオープン記念で199円だったジムビームハイボール(大)
199円のメガハイボール
ブログの更新が遅くてすでに終わってます…通常価格499円。






霜降り馬刺 499円
霜降り馬刺
美しい赤色の身はねっとりとしていて程よいサシがとろけます~。

あまり馬肉と言う感じでもなく牛刺しと言われても分からないかも。
どちらにせよ生肉好き、焼いても極レア派としては堪らない逸品。






やわらかローストビーフ 399円
やわらかローストビーフ
いいレア感のロゼ色のお肉は見た目から美味しいと分かるやつ。
柔らかくてしっとりとした肉質で赤身ながら上品な脂も感じます。

赤提灯だけどホテルビュッフェのカービングに出てきても遜色なし。
もう少し厚切りで出てきたら上等なレアステーキと間違えそうです。

ここですかさず赤ワイン投入、カルル・ロッシ ダーク グラス399円。






牛マルチョウ焼(タレ) 499円
牛マルチョウ焼(タレ)
たっぷりの脂を孕んだマルチョウがたっぷりのこってりメニュー。
噛んでみればくにっとした食感に続いてじゅわ~と脂、脂、脂!!

牛脂を食べてるようなもんだけどしつこくなく脂があまくてうまい。
普段肉の脂を好まない旦那様ですら箸が進むマルチョウマジック。

ただわたし達のお年頃にはインターバルのキャベツが必要ですね。

マルチョウ→赤ワイン→キャベツ→マルチョウ→ビール→キャ…
この流れでいけばたっぷりの脂もエンドレスで頂けちゃいそう!?






トロトロゆでタン 399円
トロトロゆでタン
〆がてらにスープもの、韓国料理のコムタンスープみたいなお味。
ほっこりとして優しいスープの中にはタンが惜しげもなくごろごろ。

どれだけ煮込まれたのか繊維がほろりとほどけるほどに柔らかい。
タン刺しとはまた違う癒しのゆでタン、めちゃくちゃ美味しいです~。





宣言通りの肉攻め、そしてどれもこれもハズレ無しに美味しかった!
お肉の質がいいせいか肉にもたれることもなく美味しくご馳走様。

これだけがっつり肉三昧して飲んでも、お会計は6,200円程なり。

肉の質や鮮度、料理のクオリティ、そしてコスパも最高レベルです。
旦那様も超絶賛で訪問した次の日にはまた行きたいと言うくらい。



五反田で魚を食べるならここってお店は決まっていましたが、
これにて五反田で肉を食べるならここって言うのも決まりかも!?
赤提灯

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑気づけばお値段設定(税別)がすべからく末尾「99円」で統一。
「500円」と「499円」との1円差の心象の違いは大きいかしらね。

スポンサーサイト


2017.10.16 「肴・飯 和料理屋 元」五反田

3度目の訪問にして、もはや五反田で魚はここ!の地位を確立。
外観
家から徒歩5分の小さな魚居酒屋さんがここ一番のお気に入り。
誰か魚好きの人がいれば迷わずこちらを紹介すると思うくらい。

先日も両親をひき連れて4度目の訪問したところ、頻度高過ぎ。





こちらの生はアサヒなのでサッポロ赤星の瓶の方が好みです。
加えて初っぱなからお刺身に備えて日本酒も注文しとく周到さ。
瓶ビール(サッポロラガー赤星 中瓶)と日本酒




お通しはかなり辛みがきいたキンピラごぼう、ビールに合う~。
ビールとお通し






迷いはなくやっぱりお刺身から、〆さば・まぐろ・いわしの3点。
お刺身3点(〆さば・まぐろ・いわし)
基本”刺し盛り”はなくて単品注文式、これらも個別のオーダー。
多分盛り合わせで注文しても受けてくれそうな気がしますけど。

揃いも揃ってどれも美味しそうで思わず迷い箸しちゃいます~。



まぐろ刺し (確か500円ほど…)
まぐろ刺し
軽く凍った状態で出てくるので少し我慢して待ってから頂くのが◎。
いや、ひんやりのまま舌でゆっくり脂を溶かすのもありですが。

繊維の細かい上品な鮪の身はどこの部位かしら、美味しいです。
いい意味で繊維質の食感もあるので所謂刺身の身とは違いそう。

濃厚でしっかりとした赤身の味に続いて溶け出る脂の旨みに悶絶。






〆さば 500円
〆さば
他で見る〆さばと質の違いが分かるくらいに綺麗なピンクの身!!
本当に酢で〆ているのかと思うくらい生、の艶やかな鯖です~。

酸味がほぼない分、素のままの鯖の身や脂を堪能できる贅沢。
赤い血合いの部分まで臭みもなくねっとりとした身は感激もの。

鮮度が良くて生で食べられるのなら生が一番と感じた”〆”さば。






いわし刺 300円
いわし刺
皮目から身まで美しい層のいわしは前回に続いて絶対注文。

同じ光ものなれど、さばとはまた全く違う旨みを蓄えています。
ちゃんといわしがいわしの美味しいところを鮮度抜群に主張。

このお値段でこんな口福を味わえるなんて…青魚好きの至福。





これには日本酒も進むってもんです~魚の脂×辛口日本酒最高!
日本酒


ちなみに前まで3種類だった日本酒も5銘柄にバージョンアップ。
日本酒メニュー






待ってましたの冬の味覚、個人的にはフォアグラよりも好き。
あん肝 400円
あん肝
食べてみてびっくりあったかいんです、ふんわりしていて濃厚!!

なんと出来立てほやほやだそうでふわっとあん肝が香るほど。
冷たいものより肝の風味を強く感じられて口の中はもう至福~。

臭みなんて皆無、きめ細やかでしっとり、でも濃厚さが半端ない。
しかもこの質でこの分厚さの量でこのお値段、贅沢なあん肝三昧!

今期初のあん肝でしたがこれ以上のは現れないかもってくらい。






いさき刺(焼霜) 400円
いさき刺(焼霜)
皮目は炙られて芳ばしく、身はぷりっとしてて弾力があります。
淡い桜色の身は軽く火が入ってお味がきゅっと凝縮された感じ。

鮪や青魚と比べるとインパクトには欠けますが上品で美味しい。






うなぎたれ焼 700円
うなぎたれ焼
前回に鰻屋さん以上と感動してお代わりまでした逸品をもう一度。

ふっくらとしてほろほろの柔らかな身は間違いなしの美味しい鰻!
脂のりも十分ながらあくまで上品、後味がしつこくない質の良さ。

こってりたれ味もうなぎの身や脂を邪魔しない程よい甘辛です。

お刺身は入荷に拠るところが多いですが、こちらは定番メニュー。
4度目の訪問でも頂いて、次回も絶対にたのむであろうこと確実。






くじら刺 500円
くじら刺
最後は鰻に続いての精力がつきそうなお魚…と言うよりお肉か?
見た目ジャーキーのようですが、それに違わず濃密な肉のお味。



日本酒が進む進むで6杯くらいか、それでもお会計は8,300円程。

今回も絶品魚三昧を堪能させて頂いてもはや頭が上がりません。
店主の元さんと女将さん、またお魚パワーを頂きに参ります~♪







オマケ:魚の後の〆は大和家閉店セールで最初で最後の訪問。
大和家閉店セール


こってり濃厚な家系ラーメンご馳走様です&お疲れ様でした。
ラーメン並盛 500円
相変わらず閉店も新規も多い、しのぎを削る飲食業界の五反田。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑頑張ってる飲食店さんの恩恵を受けての食べ歩きライフ。
感謝の気持ちを忘れずに美味しいブログも綴ってまいります!



2017.10.02 「魚かん」五反田

バンコク旅行前日、冷蔵庫を空にして家近で飲んできました。
明日は早いし軽く飲もうと言いながら結構飲んじゃうパターン。

海外旅行前と言えば日本食系、刺身系を食べておきたいとこ。

お気に入りの「」さんは週末定休なのでこちらに初訪問です。
外観
気になってはいたけど外は看板だけだし地下だしで入りにくくて。


旅行前に美味しいものを外したくない、と願いながら降ります。
地下入り口への階段
週末の五反田のせいかお客さんはわたし達だけ…果たして。




しばらくシンハー三昧になる心積もりで日本のビールに乾杯。
生ビール(サッポロ黒ラベル) 430円
生ビール(サッポロ黒ラベル)



お通しは小鉢にこんにゃく麺ときんぴらごぼう、家庭的なお味。
お通し(こんにゃく麺ときんぴらごぼう)






店員さんにおススメを聞いてみるとお刺身全てとのことで期待。
おまかせ刺盛(4点盛り)は期間限定(!?)で1,580円→980円。
おまかせ刺盛
カンパチ系、白身系、〆サバ、生しらうおと好みのラインナップ。


見た目からしてつやつやで美味しいって分かるものです~。
特に〆サバなんて皮目の銀の色がキラキラと光っています。
おまかせ刺盛アップ
しかも〆サバは酢の締めが甘めで要は生に近いような状態。
つまりはそこまでお酢締めしなくてもいいくらいの鮮度ってこと。

酢の酸味が少ないサバは青魚の脂をよく感じられて美味しい!

珍しい生しらうおも鮮度がよくなければお目にはかかれません。
小さなお魚一尾ずつがこりっとした食感で存在を主張してます。

近頃五反田界隈で質のいいお刺身ばかり頂いてきましたが、
こちらのも遜色ないくらいに新鮮で美味しくって期待以上です。

それにこの鮮度で4点盛りで1,000円切るのはコスパもすごい。




そこに美味しいお刺身があるのならば日本酒は欠かせません。
日本酒はなんと数量限定ですが大盤振る舞いのこのお値段!
売切御免300円の日本酒
魚率が高いこの頃は日本酒によくお世話になっていますけど、
300円でこれらが頂けるのは五反田の大衆酒場でもありません。


もちろん4種類全部制覇する気満々で順に頂いて参ります。
日本酒
ちなみに「ひやおろし」って秋用に寝かせておいたお酒だそう。
日本酒好きながら素人なのでここでひとつ知識を学びました。






こちら店員さん一押しの珍しい一品、カスベのカラアゲ 600円。
カスベのカラアゲ
”カスベ”とはエイヒレのこと、普段は定番の乾き物ですよね。
生のものはなかなか入荷がない珍味だそうでそのお味とは…。

乾き物のイメージをくつがえすようなふっくらと上品な白身で、
言ってみれはフグを彷彿とさせるような感じでとても美味しい。

白身に混ざってこりこりっとしたナンコツのような食感が”ヒレ”。
鶏の軟骨みたいな脂は感じず柔らかなこりこり感がたまらない。

ふわっと白身にこりっと食感のヒレ、初めてのカスベうま~い!






ハガツオの竜田揚げ (おろしポン酢) 550円
ハガツオの竜田揚げ
またも聞きなれないお魚、カツオと付きながら鮪に似た感じとか。


醤油・酒に漬け込んで衣で揚げる所謂竜田揚げではなくて、
ほぼ素揚げのお魚を後でポン酢で味付けてしているみたい。

そのおかげでハガツオの素材の味を誤魔化さずに頂けます。
竜田揚げアップ
個人的にはブリと似た身の質感とお味と言う印象で美味しい。
脂のりもよいのでさっぱりとおろしポン酢はよく合っています。

カスベと言いハガツオと言い、初めて食べる食材って楽しい♪






名物!!まぐろのスペアリブ塩焼き
名物!!まぐろのスペアリブ塩焼き
最近まぐろのアゴやカマ焼きを頂いてきましたが、スペアリブ!
ごつごつっとした巨大な塊は一番迫力があるかもしれない。


通常880円のところサイズがないのでお安くしますと言われて、
これでいつも出してるのより小さいって言うことらしいですね。

後で聞いてみると逆に大きなものしか仕入れがなかったため
半分にして提供したそうで…つまりは倍の大きさだったのか。
まぐろのスペアリブ塩焼き
ごっつい骨に肉厚なまぐろの身が外に中にへばりついてます。
身の厚みで言ってもアゴやカマより食べ応えがあるくらいかも。


身をほじくり返していると中の方はなんとレアな部分も残ってる。
焼けていないとかじゃなくレアでも美味しく頂けちゃう質のもの。
まぐろ肉アップ
血合いの部分まで半生で食べられるのは珍しい、そしてうまい。
見た目と大きさに比例せず繊細な身は鮪の旨みが詰まってます。






最後にたのんだ尾瀬の雪どけは残りわずかで瓶ごとサービス。
尾瀬の雪どけ(残りはサービス)
横のグラス1杯に加え、残り分グラス3/4杯くらいありましたよ。




珍しいお魚を頂けて、どれもこれも美味しくて、とっても満足♪
きっと独自の仕入れルートがあるんだろうなと思わせるお魚達。

ビール4、5杯に日本酒もグラスで5杯くらい結構飲みましたが、
食べログの10%OFFクーポン利用でお会計6,400円程とお安い!

今まで二の足を踏んでたのが悔やまれるほど、再訪確実です。


これで心置きなくバンコクに旅立てます、ご馳走様でした~。
大漁

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑本当に五反田の魚居酒屋は混戦し過ぎで嬉しい悲鳴です!




7月にオープンしてから、8月時点で早くも2度目の訪問です。
お店ののれん
前回食べそびれたお店の名物、鶏の半身揚げor蒸しを頂かねば。




何にせよまずはかんぱ~いの生、プレモル香るエール 431円。
生プレモル 香るエール
風味が強い香るエール、それでもぐびぐび行けちゃう夏の夜~。


そう言えば同じくサントリーが出している「クラフトセレクト」で
いまやI.P.Aなどもお手軽に缶で飲めるようになりましたけど、
それを生ビールに導入してくれる居酒屋さんはないですかねぇ。

香るエールはすでに居酒屋界でも市民権を得ているようなので
続いてはクラフトセレクトで気軽にクラフトのお味も楽しみたい。






大山鶏のレア刺し 三点盛り合わせ (レバー・ハツ・砂肝) 626円
大山鶏のレア刺し 三点盛り合わせ (レバー・ハツ・砂肝)
生ではないけどまるで生のようなねっとりとした鶏もつトリオ。
塩とゴマ油のシンプルな味付けは正にレバ刺し仕様です。

濃厚なレバーにぷりっとした砂肝、柔らかなハツどれも美味しい。
臭みもなくそれぞれの鶏もつが持ってる良さが活きています。


前回に同じく合わせるのはカリフォルニアの赤ワイン 421円。
大山鶏のレア刺しに赤ワイン
口に残るレバーの濃厚な風味と赤ワインの渋みがたまりません。






ホワイトチキンのメンマパクチー 464円
ホワイトチキンのメンマパクチー
軽いつまみのつもりでたのんでみたら当たりの一品でした。

鶏は胸肉と思われますがパサパサせずしっとりとして柔らか。
どの料理でも鶏の肉質の良さが光る、さすがは”とり屋”です。

パクチーは香りが強くて元気なのがたっぷり入っててて嬉しい。






前回の訪問時にクーポン付きのちらしを頂いてたのですが…
クーポン付きのちらし
よく見ると「3名以上のお客様」の注釈があったじゃないですか。

でも店長さんが快く2名でも大丈夫ですよ~と請け負ってくれて、
更にちらしの半身揚げ→半身蒸しに変更までOKしてくれました。



そんな訳で大山鶏の半身蒸し 通常880円→クーポンで480円。
大山鶏の半身蒸し
湯気を上げて大きな鶏さんの登場、写真は店員さん切り分け後。

切り分けと言っても最低限の間接部分を切ってもらっただけで、
後は自らがこの巨大な蒸し鶏と美味しく格闘していきますよ~。


熱々言いながら身を割いてみるとじんわりお汁が滴り出ます。
半身蒸しアップ
肉汁が赤く見えますが火が通っていない訳ではありません。

ちょうど絶妙な火の通り具合で身は柔らかくてしっとりとしてます。
お汁は肉汁と言うよりかはまるで鶏出汁スープみたいな旨み汁。

蒸されたおかげか脂や皮身もしつこくなく旨みだけが残ってるよう。
逆に脂が少ない胸身のような部分もパサつかずに上品な肉質。

大きくてボリュームもあるけどぺろりといけちゃう美味しい鶏さん。
揚げよりも蒸しの方が鶏そのものの質感や旨みを感じられるかも。

これはお店の名物も納得、鶏の美味しさ全てを堪能致しました~。






那須御養卵のオムレツ風卵焼き(ニラ) 680円
那須御養卵のオムレツ風卵焼き(ニラ)
ニラの他に同じお値段で明太子、チーズ入りのもありました。


表面を箸で触れるだけでぷるっとなって、お楽しみは断面…
卵焼き断面
とろっとろでふわふわの黄金色の半熟玉子のお出ましです~。
真ん中を縦に切ってたらオムライスの上に乗っかってるやつね。

色からも分かる濃厚な玉子のお味は甘みを感じられるほど。
ニラと言うクセのある食材すら玉子のインパクトに負けてます。

一体何個の”那須御養卵”を使っているのか…贅沢な卵焼き。





生ビール6杯に赤ワインも飲んで、お会計は5,300円弱と明朗。
はじめから最後までひたすら”鶏”を堪能、”とり屋”を堪能でした。

同じく五反田に小樽の半身揚げの有名店「なるとキッチン」も
出来ましたし食べ比べもしてみたい、意外や半身揚げ激戦区?

でも半身蒸しは(多分)五反田でここしか食べられないおススメ。




その後向かいにある「82 ALE HOUSE」でギネス 1Pintを飲み…
ギネス 1Pint


更に駅前の「銀だこハイボール横丁」に寄ってたこ焼で〆ました。
たこ焼 8個
ちなみに駅の改札すぐの絶好の立地でいつも賑わってましたが、
9月18日を持って「銀だこハイボール横丁」は閉店となりました…。

建物は取り壊すそうで次は何が出来るのかしら、飲食店がいいな。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑あ、家に帰ってからラーメン&ビールもしてたわ(てへぺろ←古い)




仕事の中日でしたがさくっと飲みたい気分でいつもの五反田。

久しぶりの訪問となりました、去年の末にオープンしてから
すでに激戦区五反田で地位を確立している人気の大衆酒場。
外観
週末だったせいかそこまでの混雑もなく入ることが出来ました。



とりあえずその日の仕事は終わり、かんぱーいの生中 380円。
生ビール(サッポロ黒ラベル)





刺身三点盛り (まぐろ・いか・わらさ) 470円
刺身三点盛り
ワンコインでこの盛りは「晩杯屋」さんにまで及ばずともコスパ◎

ものすごーーい鮮度がいい訳ではないですが十分に美味しい。
水っぽくもなくねっとりとしてそれぞれのうまみを主張しています。

美味しいお刺身って言える質のなのに今は比べてしまうから…。
同じく五反田の「」さんを知ってからお魚の舌が肥えたのかも。






本日の刺身 〆サバ 320円
〆サバ(本日の刺身)
浅締めなのか酸味は控えめで脂がじんわりと口に馴染みます~。


…とくれば即刻日本酒投入です、越野景虎 龍 (新潟) 440円。
越野景虎
店員さんがこぼれたらすみません、と言いながら受け皿の
表面張力ぎりぎり(少しこぼれたくらい)まで注いでくれました。

こちらでは20種類以上の地酒が440円均一で頂けるんです♪
飲み比べも楽しいですが今回はもう1杯だけ「無風」を頂きました。






アジフライ 330円
アジフライ
衣は固めに揚げられてざっくざく、そして中の身はふっくらです。
かなり身厚で大きくて食べ応えもあるのでアジを堪能できます。

醤油か、ソースで食べるのかは永遠の課題なので半分ずつで。
(そう言えばこの話題、呑み漫画「ワカコ酒」でもやってたな…)






鶏レバー串 140円×2 ・ しろ串 130円×2
鶏レバー串 ・ しろ串
つやつやと黒光りしてるレバーはタレにも負けない濃厚なお味。
力強いくらいのレバーの風味は精力をもらえそうな濃さです。

レア焼きではないですがいい具合に柔らかくてねっとり、うまい。


しろと言えばあのくにくにっとした食感が醍醐味と思うのですが、
ここのはちょっと違うタイプでこれもまた面白く美味しかったです。

しろはくるっと丸まっていて外面はよく焼かれた芳ばしい感触。
それに続いて中の方はむっちりとして脂の旨みを孕んでます。

”くにくに”もなくはないけど違う、お店の特徴を感じるしろでした。





乾杯の生以降は瓶ビールで攻めました、なんせ大瓶で570円。
大瓶ビール(サッポロ 赤星)
銘柄はサッポロ2種、キリン2種、アサヒ1種と選択肢も豊富。
わたし達はサッポロ派(エビス含む)なのでサッポロ 赤星縛りで。






いかの肝焼き 560円
いかの肝焼き
家でもホイル焼きで作りますが、さすがのお店クオリティでした。

いかは柔らかいながらもすごい弾力、噛めば噛むほどにうまみ。
かなりご立派ないかさんで大きくて肉厚でぷりっぷりのむっちり。

濃厚な肝の風味も絡まっていかを余すところなく堪能致しました。
いかって旨み成分の塊でお酒の友達なんだなぁと思ったり(笑)






その日は軽くの心積もりだったし(珍しく)予定通りにさくっとお暇。
お会計をたのんだら、食後のサービスにお吸い物を頂けます。
サービスのお吸い物
優しいお出汁のスープにほっこりと癒されていい〆になります。




”さくっと”言いながら結構飲んで生ビール2杯、大瓶ビール2本
日本酒2杯でそれでもお会計は5,400円、さすがの大衆酒場さん。


平日は混み合ってることが多いのでやっぱり週末が狙い目かな。
外観
そう言えば今回はクラフトビールを飲みそびれてしまったわ…。
日替わりで2種のクラフトビールが500円でお得に頂けますよ。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑さくっと飲みでもはしご酒でもお通し&サービス料なしが鉄則。
たまにお洒落なお店にも行きたくなるけど、基本は大衆酒場♪