「甲殻類専門店 Shrimp Bank (シュリンプバンク)」池袋

2016.04.26.Tue.15:45
職場の先輩にご馳走になって参りました♪

自分の普段の行動範囲から少し外れた池袋。
(今回池袋地域の記事を初めて書きます)

美味しいもののためならどこへでもとプチ遠征。

更にお店は池袋駅からてくてく歩くこと15分ほど。
繁華街からはかなり離れて商店街の中の隠れ家店。
看板
土地勘のある先輩抜きでは辿りつかなかった…。


あまりと言うか全く聞いたことがない「甲殻類専門店」。
店名に「Shrimp」と付く通り海老ちゃんがメインのお店。

しかも原価でオマール海老とか食べられるとかで、
グルメな先輩のお誘いにとても期待値が高い訪問です。



まず店内に入ると大きな生簀に海老ちゃんがうようよ。
生けす
今はまだ生きている海老ちゃん達をこれから頂くのです。






シュリンプカクテル 3種のソース 850円
シュリンプカクテル 3種のソース
乾杯のお供に相応しい、綺麗な海老の花が咲いてます!
海老の赤色の発色がとても鮮やかです~。

お供のソースは左からほうれん草+ガーリック、
レモン塩にサルサソース、王道はやっぱりサルサかしら。

月並みな表現ですが正にぷりっぷりの海老ちゃんです!
はじけんばかりのぷりぷりとした弾力がたまりません~。

本日は海老をメインで食べる夜、スターターから絶好調!






甘海老ユッケのピータン豆腐 550円
甘海老ユッケのピータン豆腐
一口サイズのれんげに乗せられたお洒落な一皿。
れんげひと匙の上に色んな要素が詰まっています。

甘エビならではの甘みに、ピータンのアクセント、
あっさり役の豆腐に加え生姜とパクチーが効いてます。

これらが全部合わさって…一言、美味しいんです~。
ちょっともったいない気もしますが一口で頂くのが正解。

それぞれ主張がある素材達を殺さずに、
コラボして美味しく完成された創作の逸品です。






丸ごと活オマール海老のお刺身 2,580円
丸ごと活オマール海老のお刺身
こちらが堂々たる今日の主役です!!
結婚式で出されるイメージのオマール海老、生は初めて。

生簀から出されたばかり、ひげがぴくぴく動いている鮮度。


生だからこそ見られる薄くピンクに色づいた透明の身。
オマール海老アップ
驚くくらいの甘みとぷりっとした弾力、そして生の食感。
焼いたり、蒸したりするのよりももっと贅沢な美味しさ。

思わず歓声が出てしまった感動レベルの美味です~。

そしてこの海老ちゃん1尾の命を丸々もらいましたから、
これだけでオマール海老の美食は終わりません…続く。






サラダ 二ソワーズ(ハーフサイズ) 500円
サラダ 二ソワーズ(ハーフサイズ)
二ソワーズの意味が分からずスマホで検索してたら、
お店のお兄ちゃんが「ニース風」と教えてくれました。

それでもよく分からずにとりあえず頼んでみました。

ハーフサイズとは思えないボリュームのサラダで、
珍しい野菜が種類豊富、彩りもよく使われていて豪華。

ツナやオリーブが乗ってるあたりが「ニース風」かしら。






ガーリックシュリンプ ハワイスタイル 850円
ガーリックシュリンプ ハワイスタイル
ご一緒した先輩はハワイ出身、本場を知っている方です。
その方もこのガーリックシュリンプに感嘆する美味しさ。

ガーリックソースの旨みと海老の甘みは相性抜群。
しっかりした味のソースですが海老の主張は損なわれず。

火を通した海老はもうどれもすべてぷりっぷりですね。






オマール海老の続きその①、ボイルしたはさみ。
活オマール海老のハサミ
さすがはオマール海老、はさみだけでも立派な大きさ。

火が通ったみはふっくらとして生とまた違う美味しさです。
なんとなく蟹にも通じるようなお味かもしれません。

はさみの先の身の薄い部分にも旨みが凝縮されてます。






フライドポテト トリュフ塩 500円
フライドポテト トリュフ塩
角切りのポテトは新聞紙に包まってお洒落に提供。
ほくほくっとして甘みが強く、お芋のいいところ堪能です。

一切れの大きさと量的にもかなりのボリュームでした。






本日の牡蠣(生) 1個350円(確か)
本日の牡蠣(生)
メニューには170円とありましたが今日の牡蠣は350円
…と言うことでしたがそれ以上の価値ありのすごい牡蠣!

まずは大きさに驚き、こんなに大きく太った牡蠣いるのね。
そして食べて驚き、こんなにミルキーな牡蠣いるのね。

臭みは全くなく、こんなとろけるような生牡蠣初体験かも。

先日「びすとろ UOKIN」で食べたのも美味しかったですが
正直言ってここのはもはや別物レベルでした…。






海老とジャンボマッシュルームのオイル煮 850円
海老とジャンボマッシュルームのオイル煮
所謂アヒージョですが、やはり海老が他にないクオリティ。
火を通しても縮むことなく堂々、ぷりぷりの海老健在。






サバの生ハム 650円
サバの生ハム
初めて聞くサバの生ハムは脂のりのりでいながら
さっぱりと食べられる海老ちゃんに隠れた逸品。

ねっとりとしてサバの良さを十二分に発揮しつつも、
銀魚ならではのクセや臭みが抜けて食べやすいです。

実はあまり魚が得意でない先輩も美味しい、の一言。






炊きたてエビカニミソご飯 1,300円
炊きたてエビカニミソご飯
〆はこれしかないと始めからターゲット決めてました。

ご飯の量より海老と蟹が多いかもと言うくらい具沢山。

それに別添えの蟹味噌を加えながら頂くと…悶絶もの。
蟹味噌の風味と濃厚さが加わった海老蟹ご飯に感激!

ご飯ものと言うよりも海老と蟹を堪能するべくのお料理。






〆の後…最後のとりはオマール海老の続きその②。
活オマール海老の味噌汁
オマール海老ちゃんの頭を豪快に使ったお味噌汁です!!
これもお刺身の続きでサービスで提供してもらえます。

お味噌汁と言っても所謂お味噌ではなくって、
海老の頭に詰まった海老味噌のお味噌汁なんです~。

海老の濃厚な味噌で作られた贅沢すぎるお味噌汁。
これでこそ海老の命全てを味わい切った達成感です。






最後の最後まで海老ちゃん大満喫させて頂きました!

お味はもちろんお値段も頑張ってくれてる隠れ家店。
池袋の外れにあっても知る人ぞ知るで人気も納得。


何より美味しいものを一緒に楽しめる先輩に大感謝。
やっぱり美味しいものを共有できる人こそ友です~。

楽しく美味しい時間のお誘い、ありがとうございました!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑先輩主催で次回6月に予約入れてもらいました♪
またこの海老ちゃんに会えるのが楽しみでなりません。
スポンサーサイト