「上海家庭料理 海上海」根津

2015.02.05.Thu.22:42
わざわざ有給を取って旦那様とのデートDAY♪

その日のデートは旦那様プロデュース。

行き先を伝えられずに山手線に乗って、目黒から
ぐるりとほぼ山手線半周して下車したのは日暮里。


旦那様プランは谷中スタートの下町食べ歩きデート。
夕焼けだんだん
さすがお散歩大好き、食べるの大好きな
わたしのことよく分かってらっしゃる♪

写真は谷中銀座商店街入口にある
有名な「夕焼けだんだん」と言う階段でパシャり。





まずは写真撮影禁止(厳禁?)の惣菜屋さん
「いちふじ」で軽くアジフライとコロッケで食べ歩きはじめ。
アジフライとコロッケ
あくまで惣菜屋さんですので揚げたてと言う訳ではなく。
旦那様とは普通にお弁当に入ってそうな…と言う感想。

ちなみにこのお店を写真撮影をしようものなら、
「何撮ってんだよ!! 撮影禁止って書いてあるだろう!!」
くらいの剣幕で怒鳴られてしまうとの話らしいです…(怖)





谷中ぎんざをぶらりしましたが
同じ系統のお惣菜屋さんが多くて、思ったより
食べ歩きと言う食べ歩きが出来ないまま続くお散歩。

谷中を抜けて、千駄木へ…そのまま根津方面へ。

せっかくの食べ歩きデートなんだから
お互い食べるものに妥協はしたくない!と
なかなかお店を決められずにてくてくてくてく…

歩いていたら先にお腹の方が空腹で限界を迎えまして!


目の前にあった根津の中華屋さんに飛び込みました。
外観
もちろん食べ歩き→中華ときたら
「びーぎょ」(ビール&餃子)狙いです。


ランチタイムだったためか店内はかなりの賑わい。
(後ほど調べてみたら食べログ高評価の人気店でした)

テーブルにはランチの定食メニューしかなかったので
別にグランドメニューをリクエストします。
点心メニュー

ここは日本の街の中華料理屋さんと言う感じではなく、
店員さんも皆中国人の本格中華系のお店です。






瓶ビールを頼んで、とりあえずつまみ。
胡瓜と砂肝炒め、ビールにぴったりのピリ辛味です。
砂肝ときゅうりの炒め物
砂肝がちょっと薄切り過ぎてあまり食感を楽しめなかったかな。

つまみってお酒飲みながらゆっくり…行きたいところですが、
あまりの空腹のためがっついちゃった。






水餃子
水餃子
なんだか岩塊のような見た目…ごろっとビッグサイズです。

まずは旦那様ががぶり、と一口いったところで肉汁ぶしゃー!
テーブルの外まで飛ぶくらいの勢いで肉汁!
もしや小籠包ですか!?と思うくらいのお汁が潜んでいました。
(ちなみに別に小籠包のメニューもあり)

2番手のわたしは慎重に頂きます。
水餃子断面
肉汁の割には中の具はかなりの比率でお野菜。

でもそれよりなにより外の皮がものすごい厚いんです。
もちもちしていて美味しいけれどこれはお腹にたまる。

中国人の方が日本人が餃子とご飯を一緒に食べるのが
信じられないと言う話を聞いたことがありますけど…
(どちらも炭水化物だから)この皮厚餃子なら納得です。






焼き餃子、フライパンでそのまま提供。
焼き餃子
ころんとしたかわいらしいお姿…ですがこれもかなり大きい。

一応先に学んだ通り肉汁に気をつけて。
焼き餃子断面
相変わらずもっちりとした皮の厚さが全面に出てます。
水餃子、焼き餃子どちらも共通する皮のインパクトに
むしろ同じものを焼いているんじゃないかと思ってしまうほど。

日本式中華で出される餃子のイメージとはまた違いますね。



そんな訳で軽くびーぎょ♪のつもりでいたところが
想定外のもっちり(肉厚ならぬ)皮厚餃子2連発に
随分お腹が膨れてしまいました~。

瓶ビール2本飲んで、大体2,500円ほどのお会計。
お店の外観は街の中華屋さんという雰囲気でしたが、
お値段も少しお高めの本格中華料理屋さんでした。





腹ごなししつつ…谷中から始まった食べ歩き道中続きます。
谷中の猫の銅像

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑まだまだ続く食べ歩きデートに応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト