「みなとや食品 本店」上野

2016.04.08.Fri.13:36
ちょうど桜が満開となった日に上野へ…

でも目当ては桜ではなくて「た・こ・や・き♪」

アメ横行列店のたこ焼き屋さんと待望の再会。
ブロガーさんの記事を口をくわえて見ていたんですよね。
行列
実のところはたこ焼き屋さんではなく海鮮丼屋さん。

でも海鮮丼よりもたこ焼きの方に長い行列がずらり。
わたし達が並んだ後にもどんどん列が伸びてました。

きっと多くの方は「桜」ついでの「たこ焼き」なんだろうな。
わたし達は「たこ焼き」ついでの「桜」でしたけど~。



たこ焼きにはやる気持ちを抑えながら待つこと10分程。
お店



やっと焼き姿も見られるカウントダウンへ突入。
たこ焼きを焼いてる様子
1人の方が焼きから提供までを全てをこなしているので、
焼き途中のたこ焼きの面倒も見つつ対応されていて
先頭近くながら結構時間がかかってうずうずします。

とは言え手際の良さには目を見張るものがあるんです。

たこ焼きが焦げないようくるくると器用に返しつつ、
小さめのものには生地を足したりフォローを入れつつ、
更にお客さんの注文を聞くなんてもはや神業のようです!

そんな神業を見ながら待つのも楽しみかもしれません。






そしてやっとこさお待ちかねのたこ焼き 8個 350円。
後ろに生ビール 350円が控えてるのはいつものこと~。
たこ焼き
きれいなまん丸のたこ焼きは特大サイズ、でも350円。




たこ焼きのトッピングはセルフサービスでカスタマイズ。
たこ焼き用のトッピング
ソース・マヨ・青海苔・鰹節が業務サイズで置いてあります。




こちらが完成版、マヨ抜きにソースも少なめでシンプルに。
トッピング後の完成版たこ焼き
焼けたらすぐ売れていくたこ焼きは間違いなく熱々。
でも待ち時間もあった分、待ちきれずにがっつきます!


外は丸く成形された分多少固まった層があり・・・
たこ焼き断面
その中からとろ~りとろとろの生地があふれてきます~。

やっぱりたこ焼きの理想(好み)はとろとろシチューです♪
ここのは大きい分1個がシチューとして完成してるかも?

たこもたこ焼き自体の大きさに負けじと大だこです。

でも大きさの割りに生地が詰まってなくてとろとろなので、
そこまでお腹にたまる感じでもなく、いいおやつです♪

熱々とろとろの生地に焼けどしつつ美味しく頂きました。


お味も、大きさも、お値段も満足度ぴか一のたこ焼き。
行列に並ぶのも、このために上野に来る(!?)のも納得。






たこ焼きついででしたがちゃんと見てきましたよ~桜。
上野公園の桜

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑桜はまた一年後…、たこ焼きは次いつになるかしら。
美味しいたこ焼きにぽちっと応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト

「隠れ家カフェ & バル manten」湯島

2015.09.05.Sat.07:05
クーポンサイト: ポンパレ
割引: 5,250円 → 2,500円 (52%OFF)
内容: 3時間飲み放題付コース


このクーポンを購入するにあたって大失敗を犯しました…。

ポンパレはほぼ常時ギフト券を発行していて、
この時も4,000円以上の購入で1,000円引きと言う
大盤振る舞いなギフト券が利用可能だったんです。

つまりはただでさえ半額のクーポン券を2枚買えば、
1枚につき更に500円割り引かれると言う計算になります。

もちろん利用しない手はないのですが、
購入ボタンを押した瞬間…あぁ!!ギフト券選択されてない!!!


そんなくだりで泣く泣くギフト券を棒に振ったのです…。

たかが1,000円、されど1,000円。
そもそもが半額のクーポンなんだからそれだけで十分に
お得だって分かってるんですけどね…それでも悔しい。




すみません、お店至るまでの前置きが長くなりました。


お店は湯島天神様のお膝元、確かに店名の通り隠れ家的。
外観




店内も可愛らしくて、女子心をくすぐります~。
店内
南仏のようなイメージもあるのかなぁ。






前菜盛り合わせ、こちらは1人1皿の提供。
前菜盛り合わせ
蒸し鶏のマリネ、人参のマリネ、ポテサラにクリームチーズ。

全体的にあっさり、さっぱりとした組み合わせで、
わたくし的には白ワインに合わせろと言われてるようだわ~。

1つ1つのポーションは少ないのですが、
お酒とペースを合わせながらちびちび頂くとちょうどいい。






魚介のシーザーサラダ
魚介のシーザーサラダ
2人分としてはかなり大盛りのサラダが嬉しい。

グリーンの葉物の中に豆苗も入っていたのが珍しい。
家料理だといつも炒め物なので、今度生食もしてみよう。

シーザーサラダのドレッシングってお店によっては
クリーミーだったりさっぱりしてたりしますがこちらは後者。

でも魚介の…と言うにはちょっぴり御幣があるかな。
小さな浅利と小海老の細切れのトッピングだけだったので。






本日の特製アヒージョは、エビ、ムール貝に、キノコ類。
本日の特製アヒージョ
オイルたっぷりなのが嬉しい、バゲットもありますしね。
アヒージョって具材よりオイルが主役だと思うんですよ。

ガーリックも抜かりなく入っていてオイルのいい香りづけ。


バゲット & エビとアボガドのタルタル
バゲット & エビとアボガドのタルタル
エビ&アボガドの組み合わせは女子好みの代名詞ですが、
エビちゃんはアボガドの濃厚さに負けちゃってたかなぁ。

クリーミーなアボガドペーストとして頂けばそれもそれでよし。






シェフのおすすめパスタは、和牛ラグーのボロネーゼ。
シェフのおすすめパスタ(和牛ラグーのボロネーゼ)
牛肉と言うよりはフレッシュトマトが全面に出ていたソース。

たっぷりのトマトソースは甘みあり、ほのかな酸味もあり、
また重すぎずによくパスタに絡んで美味しいです~。

パスタ自体の量も結構ありましたけど、
美味しいトマトソースに食が進んでペロリと頂きました。






そしてメインはお店の一番人気と言う、
三元豚のとろっとろ自家製ミートパイ。
三元豚のとろっとろ自家製ミートパイ
シチューのパイ包みって言ったら冬のケンタッキー以来かも。

ケンタッキーのと比べちゃ失礼、ですね。
(ケンタッキーのポットパイも美味しんですけど~)
ナイフ入刀
いざナイフ入刀です、サクッとしたパイを崩すのも楽しい。

オープンしてみると熱々デミグラ系のシチューに
ごろごろっと大きな塊サイズでありながら、
ほろほろと崩れる程に煮込まれた豚肉がたっぷり。

小さく見えながら中のお肉の量はかなりのボリューム。
でもお肉は柔らかくお口のとろけちゃますからね~。

更にはサクッとしていたパイ生地がシチューに浸って
てろ~んとなったところもまたまた美味しんですよ。

なるほどお店の1番人気の看板を裏切らない美味しさ♪






追加オーダーもしちゃいました、
正式なメニュー名失念しましたがイカ焼き 780円。
イカ焼き
イカ焼きと言ったら肝ソースであってほしい…期待通り!

厚切りで弾力あるイカに濃い味の肝ソースが絶妙。
肝もイカの一部ですからイカの身に合わないはずがない。

食べごたえもあり肝のお味でこっくりと濃厚なお味、
赤ワインのお供としても優秀な逸品でした。


…引きずるようですがちゃんとギフト券使えてたら
これ無料で食べられてたってことなんだよなぁ、なんて。






3時間の飲み放題もラストオーダーを迎え、
最後にデザートのバニラアイスでクールダウン。
デザートのバニラアイス
見た目ティラミスらしく見えたのが裏切られましたけど(笑)






お料理、店内共に女性好みする印象の可愛らしいお店。
平日の訪問でしたが19時頃にはほぼ満席の繁盛。

…でも心配なことがありました。
周りを見渡す限り皆さん揃って同じクーポン客。

ポンパレを見ると999枚購入され完売していましたし、
その後もまた再販しているのを見かけたんですよね…。

お料理も美味しいし、サービスも良かったし、いいお店。
クーポン頼りのお店にはなってほしくないと願うばかり。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
↑お財布に余裕が出来たらちゃんと定価で訪問したい!

「なんちゃん」→「みなとや食品 本店」上野(たこ焼き)

2015.02.06.Fri.07:52
下町食べ歩きデート続編その2。

谷中→千駄木→根津→…から延々歩いて上野到着。
上野の食べ歩きと言えばやっぱりアメ横でしょ。

そしてわたしが訪問するブロガーさん情報で
美味しいたこ焼き屋さんがあることも知ってるのよね。
(しつこいようですが夫婦共通の好物はたこ焼き)


いそいそとお目当てのお店へ向かってみると長蛇の列。

う~んと悩んで、そういえばその近くにも
美味しいたこ焼き屋さんがあるらしいじゃないか
(またしてもブロガーさん情報)…と向かってみました。


【なんちゃん】
「なんちゃん」外観
アメ横のメイン通りからは少し外れたところにあります。

店内にカウンター席もありましたが、
1人1パック頼まないと入れてくれないそうなので
2人で1つ買って店の前のベンチで頂くことに。


たこ焼き6個 250円、安い!
たこ焼き6個
いつも通りマヨ抜きでお願いしました。


小玉なたこ焼きさん、いただきまーす♪
たこ焼き断面
外側は焼きあがりから時間が経っていたのか、
少し固くなってたのがちょっと残念…。
小玉なので理想のとろ~りとろける感じは難しいですが、
それを思うとなかなかのふわとろ頑張っています。

お値段もサイズもお子様でも気軽に頂けるおやつ感覚。

理想とするたこ焼きからは少し外れていましたけれど、
駄菓子感覚で頂ける小玉たこ焼きに満足。
あ、サイドメニュー(?)でたこせん150円もありましたしね。






…でもやっぱりブロガーさん一押し店が気になる。
なかなか上野に来る機会もないし一期一会、並んでみました。

【みなとや食品 本店】
「みなとや食品」外観
そもそも実はたこ焼き屋さんじゃなくて、海鮮丼屋さん。

併設するような感じでたこ焼きを販売していますが…
どうみてもこっちの方が繁盛してるような。

待っている間に店員さんのたこ焼きさばきを見て研究。
たこ焼き、焼き中
自分達が家でも美味しくたこ焼きを作るための鍛錬です。
ちなみに近頃周期的に家でたこ焼きパーティ開催中。





そして待ってましたのたこ焼き6個 280円、またも安い!
たこ焼き6個トッピング前
こちらは先ほどと比べなくても標準よりもかなり大玉。


お店は海鮮丼のお客さんしか着席出来ないので、
たこ焼きのお客さんは立ち食いかテイクアウト。
トッピングはテーブルに置かれた調味料でご自由に。
トッピング自由




少なめソースに、たっぷり青のり&鰹節でいただきまーす♪
たこ焼きトッピング後


断面を見て…びっくり、空洞になってる。
たこ焼き断面
中に生地がみっちりともとろ~りとも詰まっていないのです。

でもその空洞のおかげなのかふんわりとしていて、
内側の壁がとろ~りしているのでハイレベルなふわとろ度!

「なんちゃん」も美味しかったですけれど、
わたし達好みのふわとろを求めるなら大玉がいいのかも?

あ、しまったと思ったのが生地の出汁の味を確かめるのに
1玉くらい何もつけないでプレーンで食べてみればよかった。



アメ横ぶらり散歩もしましたけれど、きっと今後
アメ横で連想するのはたこ焼きに他ならないんだろうな。






その後、お散歩は更に合羽橋→浅草まで続き…
さすがに疲労がたまってきたのでバスで錦糸町まで移動。

錦糸町のコメダコーヒーで一休みして…
ブレンドコーヒーとソフトクリーム
そろそろ食べ歩きデートの〆、夜のプランを考えましょか♪

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑食べ歩きにたこ焼きはわたし達夫婦の必須アイテム!
その日は1日中遊びます~、夜編に続きます。

「来来来 (みらい)」押上

2014.10.29.Wed.17:45
浅草の屋台で1杯から、バスで一路押上まで移動。
押上からなら地元五反田まで浅草線で1本なので、
酔っ払いの帰宅アクセスもいいですしね。


今や押上と言う地名よりスカイツリーと言った方が通じますね。
スカイツリー
スカイツリーが出来て、ソラマチも出来て
一気に最先端の観光/商業地になりましたが、
元々は人情あふれる下町のイメージが強い押上です。

そしてその日わたし達が求めるものは、それ!
下町の昔ながらの中華屋さんで
びーぎょ(ビール&餃子)で1日を〆たいって気分。

ソラマチの中に「銀座天龍」と言う
有名な老舗餃子屋さん(高級感あり)の支店もあるようですが、
わたし達が求めるものとは違ったの~。




そんなわたし達を待ってましたとばかりに現れたのが、
バスの停留所を降りた目の前のこちらのお店。
外観
自ら「昔ながらの」って主張しちゃってるし、
お店の老朽化感(失礼)も歴史を物語ってるじゃないですか。

いつもお店リサーチを欠かさないわたしですが
口コミとかそういう情報以上に、この外観からして
あまりにその時の気分にはまっていました。

そういう飛び入りもまたいいですよね♪




お店に入る前にすでに頼むものも決まっててよ。
店の外のメニュー





店内も予想通りと言うか期待を裏切らない、
無口で少し頑固そうなおやじさんが1人で切り盛り。
メニュー一覧
看板にあるタンメン1本勝負!って感じではなく、
意外にもメニューの種類豊富でした。
中には「味噌ミルクカレーラーメン」と言う試行錯誤ものも。






ビールとおつまみにメンマの小皿。
ビールとお通しのメンマ
メンマは塩気とごま油控えめで美味しい、
でもさすがに自家製ではないんだろうな。

ちなみに常連さんっぽいお客さんのお通しは
チャーシューとかちょっと豪華でした(覗き見した)。
きっと長年通っている方の特典ね、羨ましい~。


ビールよーく見るとスカイツリーバージョンでした。
ビールのロゴがスカイツリー
もちろん味が変わる訳じゃないですけど、なにか嬉しい。






餃子6個350円と、大葉餃子5個350円。
餃子6個と大葉餃子5個
大皿でまとめてどーんと出来ました。
焼き目のこうばしい色が食欲をそそります~。
結構大き目サイズでぷっくりとしています。



まずは普通の餃子からいただきます。
餃子断面
お野菜たっぷり、お肉って言うより野菜のジューシーさ?
優しいお味で、このお野菜の分量はきっと身体にも優しいかも。
皮も薄めなのでこれは量食べられちゃいそう。



こちらは大葉餃子。
大葉餃子断面
ニラに見えるけれど大葉の鮮やかな緑。
大葉って具に練りこんじゃうと香りが抜けちゃいそうですが、
最後に混ぜ込んでいるのか大葉のいい風味が残ってます。







〆はやっぱり文字通りの看板メニュー「太麺 タンメン」
太麺 タンメン
一応太麺/細麺から選ぶことができますが、
看板に「昔ながらの太タンメン」とあるからにはね。

お野菜てんこ盛りが嬉しい、スープはあっさりめ。

では、どの程度の太麺かと言いますと…
太麺
「太っ!!!」
中華麺の太麺と言うよりももはやうどんレベルの太さ。
そしてアルデンテ(麺カタ)の茹で加減なので、
歯ごたえと言うか弾力がすごいです。
小麦のお味もしっかり感じられるなんというか強い麺?

それでも不思議と優しいお味のスープは負けてません。


野菜もりもりのお店看板極太タンメンは
うどん感覚で胃もたれしない優しいスープ、
かと言って男性でも満足できるくらいのがっつり度。

これは意外にも万人受けする長年愛されてきた
美味しいタンメンじゃないかなって。

なかなかない珍しい麺だと思いますので、
麺類好きの方には1度食べて頂きたい逸品です。





最後はお店情報、夜は結構早めに閉まるようですのでご注意。
飲んだ後の〆のラーメンって感じではないので、いいのかな。
名刺

瓶ビール大瓶×2、餃子2種、タンメンで〆て2,200円。
「昔ながらの」はお財布にも優しい明朗会計でした。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑これにて休日の食べ歩き〆てご馳走様…
と思ったらBARでスイーツtimeが待ってました。
終わりのない食べ歩きブログに応援よろしくお願いしいます!

「居酒屋 とん平」浅草

2014.10.25.Sat.08:03
ゆったりビール片手に船の旅を楽しんで、浅草到着。

浅草に来たからにはやっぱり寄ってかなきゃ、浅草寺。
(こっそり旦那様写ってます)
浅草寺
お台場ではそこまで感じませんでしたが、
こちらではさすが週末の混雑です。
特に外国人の観光客の方々でごった返していました。



その日は偶然毎月18日の縁日の日に当たったようで
…とは言え参道はいつも縁日状態なのでは?

参道のお店を冷やかしながら歩いていると…
きらびやかな龍の舞い出現!
縁日のドラゴン
これが縁日の出しものなのかしら。


おはやし隊も龍の後に続きます。
縁日のおはやし


龍が参道脇の観客にうねるように向かってくると
みんなどうにかして触ろうと手を伸ばすので、
これはもしや触ったら御利益ありってやつ!?
と思い手を伸ばして龍の頭をタッチ!!
縁日のドラゴン
なんかいいことあるといいな。






浅草寺を少し離れて浅草下町をぶらりお散歩。

日も落ちてきて夕暮れの時に近付いてきたところで
わたし達を待ち受けていたかのように、浅草の屋台街出現。
浅草屋台街
とにかくものすごい数の屋台が連なっています。
(屋台と言ってもお店が道路はみ出て席を出してる感じですが
…雨降ったらどうなるのかちょっと気になります)

多少の店の大小や、ごった返しているところや
比較的空いているところ様々なんですけど、
みんな一様にもつ焼きや煮込み系で
一体どこに入ればいいのか分からない~~~。

客引きにあいつつも屋台街を行ったり来たり。


結局客引きのおじちゃんの押しに負けたのと、
それなりに混んでるけれどあまりに窮屈そうじゃなかった
こちらのお店に入ってみることに。
外観






まずは瓶ビールに…屋台なれど残念ながらお通しあり280円。
瓶ビールとお通し
この小鉢で280円はう~んとなってしまいますけれど、
サービス料みたいなものだからしょうがないのかな。

そう考えるといつも通っている地元五反田の、
PINGさんかね将さんのお通しなしシステムがありがたい。





メニューは大衆居酒屋さんにありそうなものはなんでもござれ。
メニュー
ちょっと観光地値段かな…と言うのはいなめないかもですが。






一押しメニューから「牛スジ煮込み」600円
牛スジ煮込み
想像より薄めの味付けに、ごろごろサイズの大きくも
よく煮込まれた牛スジがとっても美味しい~!
ほろりと口で崩れる柔らか牛スジはスジだけれど上品。

名脇役の大根やこんにゃくもいいですが、
やっぱり主役の牛スジがたっぷり盛られているのが嬉しい。






「つぶ貝焼き」550円
つぶ貝焼き
本日前半戦の蛸(たこ焼き)に続いての歯ごたえ系。

意外とこちらも所謂酒のつまみで想像するような
味の濃さではなくあっさりとした醤油味。
その分ぷりっとしたつぶ貝の弾力をよく楽しめます。


余談ですがコンビニおでんのつぶ貝串を食べたいけれど
200円近くするから手が出ない…70円セールも対象外だし。






ビールを飲んでいるからには揚げ物も1品、迷って
「白身魚フライ」600円
白身魚フライ
白身魚のフライと言うとPUBとかにある
フィッシュ&チップスを想像してしまいますが、
こちらは英国ではなく日本の大衆居酒屋さん。
ふっくらとした白身を揚げて…と言う感じではなく
ハムカツ並みに薄い白身を揚げて衣メインで楽しむ感じ。

このチープな感じが屋台の雰囲気も相まってたまりません!





ここではビールとつまみで軽く小腹を満たして退散です。
3,500円ほどのお支払をしてご馳走様~。

お味も美味しかったですけれど、なにより
この屋台の雑多な雰囲気の中で食べるのが醍醐味。

浅草寺と違ってここらは大半が日本人でしたが、
是非外国人の方にもこの屋台街で
もつ焼き、煮込みにチャレンジしてみてほしいものです。



まだまだ終わらない食べ飲み歩きの1日、
次はバスで押上(スカイツリー)へ向かいます。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑東京食べ歩きじゃなくなっちゃいますけれど、
いつか博多の本当の屋台にも行ってみたい♪
ぽちっとランキング応援よろしくお願いします!