2017.05.01 「築地 活鮮市場 上野アメ横店」

上野食べ歩き一番のメインイベントたこ焼きを頂いたら、
続いては直感勝負で2軒目を探してアメ横を彷徨います。

この時期になるとオープンエアで呑めるお店に心惹かれますね。
店頭で飲み食いしているお客さんを見ると気になってしまうし。

アメ横にはそんな屋台風のお店が連なっていますから目移り~。


普段は食べログの評価とか調べますが、ここは気分で決めたい。
オープンエアで美味しい海鮮が食べられそう、入ってみようか。
外観


アサヒビールの提灯の下、アメ横の喧騒を眺めながらの一杯。
アサヒビールの提灯でお祭り気分



お通し300円@人の小鉢と、旦那様のラムネジュース 290円。
お通しの小鉢とラムネジュース
相変わらず断酒中の旦那様に悶々…ちなみに自分はビール。
提灯の下でラムネを飲む旦那様はお子ちゃまのお祭り状態(笑)






本鮪炙り刺し 580円…なのに炙ってない。
本鮪炙り刺し(炙ってないけど…)
店員さん曰く炙るにはもったいないくらいの鮪だからそのまんま。
確かに綺麗なサシが入った見るからに美味しそうな鮪ブツです。

口に入れればマグロの脂が溶け出してきて…これは美味しい!
大トロくらいの脂ですが、しつこくなくて確かに炙らなくてもいい。

北海道の市場で食べた大トロを彷彿とさせるくらいのマグロ。
ひとつのブツが大きいのでひとかけで口の中はもう鮪で満開。

この質で、この量で、このお値段は相当にお得な満足の一皿。






うずら串揚げ 200円
うずら串揚げ
うずらの玉子の串揚げに外れがあるはずなく、安定の美味しさ。
海鮮もの以外にも串ものや所謂居酒屋メニューも揃ってます。






鮪の頭の身は希少部位で美味しいって聞いたことがあったから。
鮪脳天串焼き(タレ) 280円
鮪脳天串焼き
ほろりと柔らかく脂がのっていてお肉とはまた違うお魚の旨み。
中までしっかり火が通っていますが固くならずふっくらとした身。






ワンコインでこれはびっくり、ねぎとろ爆弾いくら掛け 490円。
ねぎとろ爆弾いくら掛け
日本酒の升の上に鎮座するは山になったトロとこぼれるいくら。

トロは先の鮪の刺身が美味しかったようにねっとりとして濃厚。
いくらに塩気があるのでそれをアクセントに醤油は要らないくらい。

そして升は上げ底ではなくてその中には…たっぷりのとろろ。
ねぎとろいくらの下にはとろろ
そのままねぎとろといくらを楽しむもよし、とろろに混ぜてもよし。


2/3くらいはトロといくらをちびちびと、そして残りはとろろに投下。
とろろと混ぜて頂きます
ねばりの強いとろろは出汁がきいていてそれだけで美味しい。
それにトロといくらまで加わって2度楽しめて2度美味しい贅沢。

このお店に来たらこれを頼むべきとオススメできる逸品です。



断酒中の旦那様を横目に日本酒をお供に…力 純米 620円。
日本酒(力 純米)






家でもよく作るんですけど好きだから、真たこ唐揚げ 450円。
真たこ唐揚げ
しっかり下味がついた芳ばしいタコからはおつまみにぴったり。
衣の中のタコもむっちりとしていて食感も味わいもあって美味しい。






まだ日本酒が残っていたのでお供に、ヤリイカ刺身 450円。
ヤリイカ刺身
つやつやと光っている身からして鮮度の良さを感じられます。
ねっとりとしていて弾力があって、イカのうまいとこ全てを網羅。




飛び入りで入ってみたお店でしたが、大正解の大満足です♪
あれだけのお刺身を頂きながらお会計5,000円で済みました。

惜しむべくは「生うに刺し 580円」の入荷が無かったこと…(泣)
マグロやイカで鮮度と質は証明済だし美味しかっただろうなぁ。






そして引き続きのぶらりアメ横グルメは甘い誘惑につられて。
外観


イチゴチョコショコラ 510円
イチゴチョコショコラ
こってり生クリームとあまーいチョコ、それとイチゴのコラボ。
イチゴも甘いはずですがこの中では酸味がむしろアクセント。

クレープ生地も薄いながらももっちりとした食感で美味しい。

甘いクレープを2人で食べ歩きなんて若い子のデートみたい
…でも揃って生クリームで胃もたれした30代夫婦でした(汗)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑まだまだ攻略の余地があり過ぎる上野アメ横グルメです。

スポンサーサイト


2017.04.29 「みなとや食品 本店」上野

上野の東京国立博物館で見識(?)を広めて参りました。

…でも博物館の後の上野アメ横グルメの方がうきうきしちゃう♪

博物館を出て上野公園を抜けてアメ横までの足取りは軽く。
桜はもう散っていましたが、そもそも桜あっても花より団子。


上野グルメは絶対外せないお目当てがありますから、直行。
外観
海鮮丼屋さんですが、お店の行列の先にあるのはたこ焼き。
わたし達も海鮮丼は食べたことがなくてもっぱらたこ焼きです。


上野に来たら必ず、行列でも並ぶ、その価値のあるたこ焼き。
たこ焼き屋店頭
なんせ味、コスパ、大きさ、3拍子揃ったたこ焼きさんですから。


行列に並ぶ間たこ”焼き”の技術を盗もうとがん見する旦那様。

近頃自宅のタコパレベルもかなり上がっていると思いますが、
プロのたこ焼き返しの手際はさすがのもので遠く及びません。

旦那様に至っては腱鞘炎にならないのか…と心配するほど。
たこ焼き中
17時半過ぎくらいの時間帯でそこまで並ばずにありつけました。



大だこ焼 8ヶ入り 400円
大だこ焼 8ヶ入り
綺麗な丸い形をしたたこ焼きは名前に恥じない大きなサイズ。
ソース・マヨ・青海苔・かつお節のトッピングはセルフサービス。


セルフトッピング後のお姿、基本的にマヨはあまりつけない派。
生地自体の出汁味は薄めなのでソース多めがオススメです。
たこ焼きトッピング後
出来たてはとにかく熱々、大きさも相まって中の熱は焼けど必死。


でもその熱さを乗り越えて頂くとろ~りとろとろの生地はうまい!
外はふわっとして少しカリッと、そして中は申し分ないとろとろ。
たこ焼き断面
外見だけでなく中のタコさんも大きいぶつ切りが入ってます。

大きいけどふわとろだからおやつ感覚でぺろりといけちゃう。
ふわとろ派も大満足のたこ焼きへの賛辞は”海鮮シチュー”
シチューのようにとろりとしていて美味しくてとろけちゃいそう。




まずは大本命のたこ焼きをクリアしてからの上野散策グルメ♪
グルメはもちろんお店がひしめくアメ横は歩くだけでも楽しい。

途中、アメ横の赤提灯を背景ににゃんこをモフモフしたり。
アメ横のにゃんこ


「いらっしゃいませ」の上に鎮座しているのは看板猫かしら。
アメ横のにゃんこ





そして続く上野グルメは…たこ焼き2ターン目来ちゃいました!
大だこ焼 6ヶ入り 300円
大だこ焼 6ヶ入り
盛り沢山の上野アメ横グルメの誘惑の中でまさかのリピート。
しかも今回ももちろん行列に並んでまでのたこ焼きリピート。


他にも頂いてきた上野アメ横グルメも追ってご紹介しますが、
一番は大好きなたこ焼きを安く美味しくのみなとやさんでした。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑家の近くにあったら日参してしてるであろうたこ焼きです。



2016.04.08 「みなとや食品 本店」上野

ちょうど桜が満開となった日に上野へ…

でも目当ては桜ではなくて「た・こ・や・き♪」

アメ横行列店のたこ焼き屋さんと待望の再会。
ブロガーさんの記事を口をくわえて見ていたんですよね。
行列
実のところはたこ焼き屋さんではなく海鮮丼屋さん。

でも海鮮丼よりもたこ焼きの方に長い行列がずらり。
わたし達が並んだ後にもどんどん列が伸びてました。

きっと多くの方は「桜」ついでの「たこ焼き」なんだろうな。
わたし達は「たこ焼き」ついでの「桜」でしたけど~。



たこ焼きにはやる気持ちを抑えながら待つこと10分程。
お店



やっと焼き姿も見られるカウントダウンへ突入。
たこ焼きを焼いてる様子
1人の方が焼きから提供までを全てをこなしているので、
焼き途中のたこ焼きの面倒も見つつ対応されていて
先頭近くながら結構時間がかかってうずうずします。

とは言え手際の良さには目を見張るものがあるんです。

たこ焼きが焦げないようくるくると器用に返しつつ、
小さめのものには生地を足したりフォローを入れつつ、
更にお客さんの注文を聞くなんてもはや神業のようです!

そんな神業を見ながら待つのも楽しみかもしれません。






そしてやっとこさお待ちかねのたこ焼き 8個 350円。
後ろに生ビール 350円が控えてるのはいつものこと~。
たこ焼き
きれいなまん丸のたこ焼きは特大サイズ、でも350円。




たこ焼きのトッピングはセルフサービスでカスタマイズ。
たこ焼き用のトッピング
ソース・マヨ・青海苔・鰹節が業務サイズで置いてあります。




こちらが完成版、マヨ抜きにソースも少なめでシンプルに。
トッピング後の完成版たこ焼き
焼けたらすぐ売れていくたこ焼きは間違いなく熱々。
でも待ち時間もあった分、待ちきれずにがっつきます!


外は丸く成形された分多少固まった層があり・・・
たこ焼き断面
その中からとろ~りとろとろの生地があふれてきます~。

やっぱりたこ焼きの理想(好み)はとろとろシチューです♪
ここのは大きい分1個がシチューとして完成してるかも?

たこもたこ焼き自体の大きさに負けじと大だこです。

でも大きさの割りに生地が詰まってなくてとろとろなので、
そこまでお腹にたまる感じでもなく、いいおやつです♪

熱々とろとろの生地に焼けどしつつ美味しく頂きました。


お味も、大きさも、お値段も満足度ぴか一のたこ焼き。
行列に並ぶのも、このために上野に来る(!?)のも納得。






たこ焼きついででしたがちゃんと見てきましたよ~桜。
上野公園の桜

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑桜はまた一年後…、たこ焼きは次いつになるかしら。
美味しいたこ焼きにぽちっと応援よろしくお願いします!



2015.09.05 「隠れ家カフェ & バル manten」湯島

クーポンサイト: ポンパレ
割引: 5,250円 → 2,500円 (52%OFF)
内容: 3時間飲み放題付コース


このクーポンを購入するにあたって大失敗を犯しました…。

ポンパレはほぼ常時ギフト券を発行していて、
この時も4,000円以上の購入で1,000円引きと言う
大盤振る舞いなギフト券が利用可能だったんです。

つまりはただでさえ半額のクーポン券を2枚買えば、
1枚につき更に500円割り引かれると言う計算になります。

もちろん利用しない手はないのですが、
購入ボタンを押した瞬間…あぁ!!ギフト券選択されてない!!!


そんなくだりで泣く泣くギフト券を棒に振ったのです…。

たかが1,000円、されど1,000円。
そもそもが半額のクーポンなんだからそれだけで十分に
お得だって分かってるんですけどね…それでも悔しい。




すみません、お店至るまでの前置きが長くなりました。


お店は湯島天神様のお膝元、確かに店名の通り隠れ家的。
外観




店内も可愛らしくて、女子心をくすぐります~。
店内
南仏のようなイメージもあるのかなぁ。






前菜盛り合わせ、こちらは1人1皿の提供。
前菜盛り合わせ
蒸し鶏のマリネ、人参のマリネ、ポテサラにクリームチーズ。

全体的にあっさり、さっぱりとした組み合わせで、
わたくし的には白ワインに合わせろと言われてるようだわ~。

1つ1つのポーションは少ないのですが、
お酒とペースを合わせながらちびちび頂くとちょうどいい。






魚介のシーザーサラダ
魚介のシーザーサラダ
2人分としてはかなり大盛りのサラダが嬉しい。

グリーンの葉物の中に豆苗も入っていたのが珍しい。
家料理だといつも炒め物なので、今度生食もしてみよう。

シーザーサラダのドレッシングってお店によっては
クリーミーだったりさっぱりしてたりしますがこちらは後者。

でも魚介の…と言うにはちょっぴり御幣があるかな。
小さな浅利と小海老の細切れのトッピングだけだったので。






本日の特製アヒージョは、エビ、ムール貝に、キノコ類。
本日の特製アヒージョ
オイルたっぷりなのが嬉しい、バゲットもありますしね。
アヒージョって具材よりオイルが主役だと思うんですよ。

ガーリックも抜かりなく入っていてオイルのいい香りづけ。


バゲット & エビとアボガドのタルタル
バゲット & エビとアボガドのタルタル
エビ&アボガドの組み合わせは女子好みの代名詞ですが、
エビちゃんはアボガドの濃厚さに負けちゃってたかなぁ。

クリーミーなアボガドペーストとして頂けばそれもそれでよし。






シェフのおすすめパスタは、和牛ラグーのボロネーゼ。
シェフのおすすめパスタ(和牛ラグーのボロネーゼ)
牛肉と言うよりはフレッシュトマトが全面に出ていたソース。

たっぷりのトマトソースは甘みあり、ほのかな酸味もあり、
また重すぎずによくパスタに絡んで美味しいです~。

パスタ自体の量も結構ありましたけど、
美味しいトマトソースに食が進んでペロリと頂きました。






そしてメインはお店の一番人気と言う、
三元豚のとろっとろ自家製ミートパイ。
三元豚のとろっとろ自家製ミートパイ
シチューのパイ包みって言ったら冬のケンタッキー以来かも。

ケンタッキーのと比べちゃ失礼、ですね。
(ケンタッキーのポットパイも美味しんですけど~)
ナイフ入刀
いざナイフ入刀です、サクッとしたパイを崩すのも楽しい。

オープンしてみると熱々デミグラ系のシチューに
ごろごろっと大きな塊サイズでありながら、
ほろほろと崩れる程に煮込まれた豚肉がたっぷり。

小さく見えながら中のお肉の量はかなりのボリューム。
でもお肉は柔らかくお口のとろけちゃますからね~。

更にはサクッとしていたパイ生地がシチューに浸って
てろ~んとなったところもまたまた美味しんですよ。

なるほどお店の1番人気の看板を裏切らない美味しさ♪






追加オーダーもしちゃいました、
正式なメニュー名失念しましたがイカ焼き 780円。
イカ焼き
イカ焼きと言ったら肝ソースであってほしい…期待通り!

厚切りで弾力あるイカに濃い味の肝ソースが絶妙。
肝もイカの一部ですからイカの身に合わないはずがない。

食べごたえもあり肝のお味でこっくりと濃厚なお味、
赤ワインのお供としても優秀な逸品でした。


…引きずるようですがちゃんとギフト券使えてたら
これ無料で食べられてたってことなんだよなぁ、なんて。






3時間の飲み放題もラストオーダーを迎え、
最後にデザートのバニラアイスでクールダウン。
デザートのバニラアイス
見た目ティラミスらしく見えたのが裏切られましたけど(笑)






お料理、店内共に女性好みする印象の可愛らしいお店。
平日の訪問でしたが19時頃にはほぼ満席の繁盛。

…でも心配なことがありました。
周りを見渡す限り皆さん揃って同じクーポン客。

ポンパレを見ると999枚購入され完売していましたし、
その後もまた再販しているのを見かけたんですよね…。

お料理も美味しいし、サービスも良かったし、いいお店。
クーポン頼りのお店にはなってほしくないと願うばかり。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
↑お財布に余裕が出来たらちゃんと定価で訪問したい!




下町食べ歩きデート続編その2。

谷中→千駄木→根津→…から延々歩いて上野到着。
上野の食べ歩きと言えばやっぱりアメ横でしょ。

そしてわたしが訪問するブロガーさん情報で
美味しいたこ焼き屋さんがあることも知ってるのよね。
(しつこいようですが夫婦共通の好物はたこ焼き)


いそいそとお目当てのお店へ向かってみると長蛇の列。

う~んと悩んで、そういえばその近くにも
美味しいたこ焼き屋さんがあるらしいじゃないか
(またしてもブロガーさん情報)…と向かってみました。


【なんちゃん】
「なんちゃん」外観
アメ横のメイン通りからは少し外れたところにあります。

店内にカウンター席もありましたが、
1人1パック頼まないと入れてくれないそうなので
2人で1つ買って店の前のベンチで頂くことに。


たこ焼き6個 250円、安い!
たこ焼き6個
いつも通りマヨ抜きでお願いしました。


小玉なたこ焼きさん、いただきまーす♪
たこ焼き断面
外側は焼きあがりから時間が経っていたのか、
少し固くなってたのがちょっと残念…。
小玉なので理想のとろ~りとろける感じは難しいですが、
それを思うとなかなかのふわとろ頑張っています。

お値段もサイズもお子様でも気軽に頂けるおやつ感覚。

理想とするたこ焼きからは少し外れていましたけれど、
駄菓子感覚で頂ける小玉たこ焼きに満足。
あ、サイドメニュー(?)でたこせん150円もありましたしね。






…でもやっぱりブロガーさん一押し店が気になる。
なかなか上野に来る機会もないし一期一会、並んでみました。

【みなとや食品 本店】
「みなとや食品」外観
そもそも実はたこ焼き屋さんじゃなくて、海鮮丼屋さん。

併設するような感じでたこ焼きを販売していますが…
どうみてもこっちの方が繁盛してるような。

待っている間に店員さんのたこ焼きさばきを見て研究。
たこ焼き、焼き中
自分達が家でも美味しくたこ焼きを作るための鍛錬です。
ちなみに近頃周期的に家でたこ焼きパーティ開催中。





そして待ってましたのたこ焼き6個 280円、またも安い!
たこ焼き6個トッピング前
こちらは先ほどと比べなくても標準よりもかなり大玉。


お店は海鮮丼のお客さんしか着席出来ないので、
たこ焼きのお客さんは立ち食いかテイクアウト。
トッピングはテーブルに置かれた調味料でご自由に。
トッピング自由




少なめソースに、たっぷり青のり&鰹節でいただきまーす♪
たこ焼きトッピング後


断面を見て…びっくり、空洞になってる。
たこ焼き断面
中に生地がみっちりともとろ~りとも詰まっていないのです。

でもその空洞のおかげなのかふんわりとしていて、
内側の壁がとろ~りしているのでハイレベルなふわとろ度!

「なんちゃん」も美味しかったですけれど、
わたし達好みのふわとろを求めるなら大玉がいいのかも?

あ、しまったと思ったのが生地の出汁の味を確かめるのに
1玉くらい何もつけないでプレーンで食べてみればよかった。



アメ横ぶらり散歩もしましたけれど、きっと今後
アメ横で連想するのはたこ焼きに他ならないんだろうな。






その後、お散歩は更に合羽橋→浅草まで続き…
さすがに疲労がたまってきたのでバスで錦糸町まで移動。

錦糸町のコメダコーヒーで一休みして…
ブレンドコーヒーとソフトクリーム
そろそろ食べ歩きデートの〆、夜のプランを考えましょか♪

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑食べ歩きにたこ焼きはわたし達夫婦の必須アイテム!
その日は1日中遊びます~、夜編に続きます。