「肉バル BARLEY WHEAT (バーレイウィート)」蒲田

2017.07.16.Sun.14:27
クーポンサイト: PONiTS
割引: 4,000円 → 2,000円 (50%OFF)
内容: 4,000円分の飲食券


わたくしごとながら7月7日の七夕で結婚4周年を迎えました!

あっという間に過ぎていく毎日が積み重なって気づけば4年。
その中で色んなことがあったけど思い返せば愛おしい日々。

記念日は普段振り返ることない大切な時間を想う日なのかも。


そんな訳で祝いのかんぱ~い、祝杯もクーポンを使いますよ。

ちまたでもブーム、わたし達の中でもブームのクラフトビール。
取り扱うお店も増えて気軽に楽しめるようになったのが嬉しい。
内観



こちらでは国産クラフトビールが入れ替わり15種類も取り揃え。
クラフトビールのメニュー
クラフトビールを選ぶだけでも一苦労なのがまた嬉しい悲鳴。

ちなみに平日の17:00~19:00はHAPPY HOUR開催中にて、
通常クラフトビール1Pint一律1,000円のところ800円になります。

今回クーポン利用でしたがそれに加えてHAPPY HOUR適応OK。





優柔不断が迷って決めた大事なはじめの2杯はこのチョイス。
伊勢角屋麦酒 グレープフルーツIPA (左)
Aoi Brewing Thanks IPA (右)
伊勢角屋麦酒 グレープフルーツIPA ・ Aoi Brewing Thanks IPA ・ チャージのナッツ
IPA=インディアンペールエールが好きなのでそこから2種。
IPAだけに絞って選んでも種類がかなりあったので悩みました。

基本IPAはグレープフルーツのような苦味と爽やかさが特徴。
2杯とも飲み比べると多少風味の違いはありますが似ています。

しいて言えば苦味の強さのレベルが一番分かりやすい違いかも。

チャージ216円@人はナッツ、ビールの合間につい手がのびます。






燻製牛もも肉のタタキ 972円
燻製牛もも肉のタタキ
タタキと言っても燻製肉なので少し普通のとは感じが違います。

お肉に赤みは残っていますが燻されて中まで火が通ってる。
生っぽさはあまりないものの代わりに燻した香りがふんわりと。

タタキよりもローストビーフの方が近い感じなのかもしれない。
柔らかで上品な肉質、赤身らしい肉の旨みも凝縮されています。

濃厚な卵黄醤油とワサビで和風に頂くのがまたよく合うんです。






砂肝のコンフィ 540円
砂肝のコンフィ
大粒な砂肝は柔らかでぷりぷり、ほんのりあったかいのもいい。

串焼きとかで頂く砂肝はしゃりとした食感と歯ごたえがありますが
コンフィになるとふっくらとしてまた別の感触になるのが不思議。






乾杯に続いてクラフトビールおかわりチョイスもまた悩みました。
京都醸造 春夏秋冬 夏 (左、セゾンタイプ)
さくらブルワリー メイフラワーIPA (右)
京都醸造 春夏秋冬 夏 ・ さくらブルワリー メイフラワーIPA
京都醸造は「夏」と言うだけあって爽やかで飲みやすいです。
春夏秋冬とありますしそれぞれの季節ごとに作ってるのかしら。

右は同じIPAでも1杯目よりもかなりエールの色が濃いタイプ。
グレープフルーツ、オレンジとパインまで使っているそうですよ。


普通のビールならこの季節ぐびぐび何杯でもいけちゃいますが
クラフトビールはアルコールも比較的強めのものが多いですし、
風味が強く味もガツンと来るのでゆっくり味わいながら頂きます。






そしていざ前評判から気になっていたこの肉に挑もうでないか。
スペアリブメニュー



でもそれに備えて先手を打っておく…ザワークラウト 324円。
ザワークラウト
こういうさっぱりインターバルがないとがっつり肉は厳しいお年頃。




スペアリブ BBQソース 500g(ハーフサイズ) 1,620円
スペアリブ BBQソース 500g(ハーフサイズ)
山のごとく組み上げられた巨大な骨付き肉は迫力あります~。
数えてなんと6本もあるスペアリブは見るからにボリューミー。


骨だけじゃなくて身も脂もしっかりたっぷりへばりついてますよ。
スペアリブアップ①
この脂のいい焦げ目もまた食欲をそそられるポイントですね。


もちろん手づかみで豪快にしゃぶりついていただきまーす。
スペアリブアップ②
お肉は柔らかくてジューシー、思ったより簡単に骨からはがれます。

焼かれて余分な脂が落ちたのか脂身の部分もしつこくありません。
むしろ脂の部分が芳ばしさと甘みを感じられる美味しいところです。

BBQソースは意外とあっさりとしていてソースとして控えめなくらい。
もっと口の周りも手もぎとぎとになるようなソースを想像してました。

6本のスペアリブ、見た目のインパクトよりもペロリといけちゃった。






もう1杯おかわり、ナギサビール アメリカンウィート(ウィートエール)
ナギサビール アメリカンウィート
ウィートと言うからに小麦麦芽を配合したフルーティーなビール。
個人的な感想ではウィート系はパイナップルの風味を感じるような。





店員さんにビールに合う軽いつまみでおススメを聞いたところ。
麦味噌大根とクリームチーズ 540円
麦味噌大根とクリームチーズ
麦味噌大根、かなり漬け込まれたたくあんと言った感じです。
お漬物の系統で味噌の風味がとても強く歯ごたえもあります。

その濃い味噌漬け大根+クリチが意外なコラボで美味しい。
主張が強い大根(たくわん)がクリチ効果でまろやかになります。




ピザも気になったけど程々にお腹が膨れたのでこれにてお暇。

4,000円(2枚利用)で8,000円分の飲食が出来る今回のクーポン。
おかげ様で追加料金750円程、実質5,000円弱でこんだけ堪能。

絶品クラフトビールにお肉料理で大満足の記念日となりました。
敷居の高いお店で背伸びの乾杯よりもわたし達にはこっちです。




オマケ: お家でワインにシフトしての2次会、改めて乾杯☆
家でも乾杯☆

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑結婚記念日の乾杯は旦那様への感謝の気持ちを込めて…。
スポンサーサイト

「麺匠 呉屋 (くれや)」蒲田

2016.04.29.Fri.19:47
クーポン美食を堪能してからの蒲田の2軒目。
1軒目が美味しかったからそれに続きたいところ。

でもグルメブロガーさんが一押しされていたので、
間違いないであろう安心感と期待を持ってお店へ。


突如現れる、木目が雰囲気ある和の佇まいのお店。
外観
こちらには看板とのれんがかかっていますが、


反対から来たらお店とは気付かないかも…。
外観②




カウンター席のみの店内は結構なお客さんの入りです。
食券機で購入、食べるものは決まってたのでスムーズ。

お目当てはこちら、標語のようなメニューが可愛らしい。
お目当てのメニュー





でもその前にとりあえず~の1杯、ハートランド生 490円。
ハートランド生
どれだけ先に日本酒を飲んでいたとしても、
また次のお店に行けばリセットされてビールからなのよ。






お目当ての前にびーぎょ(ビール&餃子)も欠かせません。
特製 丸ぎょうざ 420円
特製 丸ぎょうざ
餃子のイメージを覆すまるで白玉団子のような”餃子”。
添えられてるのは酢醤油じゃなくてみらたし?とか思ったり。


でもちゃんと中身はニラが主張する餃子の具です。
丸ぎょうざ 断面
でも皮のもちもち感はお団子に通ずるところもあるかも。

小さいながらもっちり厚めの皮(団子)はお腹にたまります。
その皮(団子)に負けじと中はじわっと肉汁を感じられます。






海老そば 880円
海老そば
前座を踏んでやっとお待ちかねのお目当てに到達です。

透明のスープにワンタンが浮いた見ためにも美しいそば。


そういえば麺や餃子をはじめお店の雰囲気作りまで
全体的に見ためからして綺麗で洗練されてますね。

コンセプトがしっかりとしているお店と言う印象です。
もちろん味が勝負ですが、いかにも女性受けしそうな感じ。



麺はちぢれのある中細麺くらいなのかな。
海老そば 麺アップ
でも正直麺より何よりここは海老ワンタンが主役かも。

たっぷり乗った海老ワンタンはぷりっぷりで海老感満載。
一応すり身ですが多少粗めなのか海老の主張がすごい。

スープは塩系の優しいお味で2軒目のお腹にも収まりよく。
和のスープはラーメンと言うよりかそばが確かに相応しい。

塩分もきつくなくて飲み干せるタイプの美味しいスープ。

ただ海老そばと言う割りにスープ自体には
そこまで海老出汁のお味は感じなかったかも…。

海老ワンタンが押してる海老そばと言う感じでしょうか。






2軒目でしたがこれならお腹も安心出来る〆の麺でした。

さすがグルメブロガーさんの情報は間違いなしでしたね。
突発でお店に入るのもそれはそれで楽しいけれど、
下調べして美味しい情報を元に入るのもまた楽しい。


和食から始まり、和の麺で〆た蒲田の夜だったのでした。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑蒲田の3大餃子制覇もまだまだ諦めてませんよ~。
美味しく楽しく、にポチっと応援よろしくお願いします!

「かんどころ蒲田」

2016.04.28.Thu.21:53
クーポンサイト: RaCoupon
割引: 7,000円 → 2,980円 (57%OFF)
(RaCouponの割引チケット-1,000円利用で実質2,480円)
内容: 日本酒30種込みの飲み放題付コース


久々の蒲田上陸、お目当ては新鮮なお魚と日本酒♪
看板
蒲田と言えば餃子激戦区ですが、今日はしっぽり和で。




落ち着いた店内は小料理屋と居酒屋の間のような感じ。
クーポンですがのれん越しの半個室に通してくれました。

先付の小鉢は、お魚の漬け。
先付
色々なお魚の残った切れ端で作られた余りもの料理…
と言えばそうなのかもしれないけど美味しければ万事よし。

ちょうどいい具合に漬かってお魚がねっとりとしています。
これはいきなり日本酒のお供と来ちゃったかしら。






しらすと大根の梅サラダ
しらすと大根の梅サラダ
大根の白に負けじとてんこ盛りのしらすが嬉しい♪
小さいお魚なれどこの量なのでよーくしらすを味わえます。

梅ドレッシングがついていますが(左横)、
しらすの上品な塩気が十分なドレッシング代わり。

漁港とかで頂くしらす丼並みの満足感あるサラダでした。






美桜鶏のタタキ
美桜鶏のタタキ
中心部の薄いピンクがなにか色気を感じるお肉です。
しっとりとして柔らかくきめ細かい肉質は上品そのもの。

少し柚子胡椒を乗せるとお肉の甘みが引き立ちます。






ビール欲が落ち着いたら…クーポンの目玉、日本酒に突入!
日本酒のメニュー
ずらりこれだけの種類が全て飲み放題なんです~贅沢。
でも定価でも1合500円なのでかなり良心的なお値段です。


辛口をメインに色々攻めてみましたよ。
日本酒一合
はじめの1杯はたっぷり1合注いでもらっちゃいましたが、
後は半合くらいにしてもらって飲み比べを楽しみました。

飲み放題だから出来る贅沢なテイスティング飲みです。

かなり飲んだので定かではありませんが「ばくれん 吟醸」、
「宝剣 超辛口」等々6、7種くらいは頂いたかと思います…。

辛口ながらまろやかさも兼ね備えた日本酒達に舌鼓。






かんどころ絶対盛り~お造り10種以上盛り合わせ~
かんどころ絶対盛り~お造り10種以上盛り合わせ~
日本酒に続いての今回のメインはこれ、お刺身タワー!
階段上に一種類ずつ、階段下には王道どころが鎮座。


下は白身系から上がって参りまして…
お造り下の段



上がるにつれ脂のりがいいお魚へ遷移していく感じ。
お造り上の段
家近の五反田エリアだと「四十八酒場」のお魚の鮮度に
太鼓判を押してるわたし達ですがこちらも負けず劣らず。

脂のりや歯ごたえ、肉質など鮮度がいいからこそ
それぞれのお魚の違いや良さを味わえるってもんです。

日本酒同様、これだけの種類を食べ比べ出来る贅沢。






イイダコの唐揚げ
イイダコの唐揚げ
鶏の唐揚げにも見えますけど、衣の中はタコのお姿。
イイダコは小さなタコさんで丸まま頭も足もついてます。


1つの塊が1匹のイイダコ、上が頭で下がたこ足です。
イイダコの唐揚げ アップ
家で普通のタコの唐揚げはよく作るのですが、
イイダコはなかなか手に入らないので貴重です。

頭付き、足付きで丸ごとタコの旨みを楽しめる唐揚げ。

あ、でも揚げてる途中に爆発しないのか少し気になる…。
タコ好きとしては是非家でもイイダコ唐揚げ実践したい。





銀鰆の西京焼き
銀鰆の西京焼き
西京味噌の優しい香りと風味をまとった上品な焼きもの。

味噌は強すぎずにあくまで美味しいお魚の引き立て役。
それでいながら主張する西京味噌がお酒を進ませます。

お魚の脂も味噌でコーティングされて丸く優しく上品に。

美味しい西京焼きって美味しいんだなぁとしみじみ実感。






まだ飲み放題の時間に余裕があったので、
せっかくの日本酒を余さず堪能すべく追加注文。
ホタルイカの沖漬け 562円
ホタルイカの沖漬け
自家製なのかしら塩気以上に濃いホタルイカのお味。
ボイル蛍烏賊+酢味噌も好きだけど日本酒には断然こっち。

見た目的にアウトな旦那様(宇宙人に見えるらしい…)を
横目に一人で日本酒をぐいぐい進めながら頂きました。

ただお値段の割には量がちょっと少なめだったかな。
でも珍味系はちびちびと、量頂くものではないですよね。






白身魚の出汁茶漬け
白身魚の出汁茶漬け
お魚の出汁が繊細で上品な、お腹にも優しい〆もの。
日本人がホッとする瞬間ってこういう時なのかもね。






本日の甘味は柑橘系のアイスクリーム。
本日の甘味
さっぱりとして少しは日本酒で酔っぱらった頭もすっきり?






当初の目的通り、日本魚と鮮魚を大満喫致しました~。

お魚の鮮度はもちろんのこと西京焼きやお茶漬けなどの
一品料理達も上品で丁寧に作られているのを感じます。

一口でこれ美味しい!って言うよりかは、
じわじわと味わって美味しさを噛みしめる方ですね。

もし家近にあったら行きつけの「四十八酒場」と並んで、
”海外旅行の後に行きたいお店”ランクイン確実です。


お刺身に日本酒…日本人で良かったなぁとしみじみ。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑この後はブロガーさん情報で狙ってたお店へはしご。
もう1軒蒲田の美味しい処にお付き合い頂けたらです。

「你好(ニイハオ) 恵馨閣」蒲田

2016.01.22.Fri.21:32
蒲田の整骨院に通い始めました。
昔から腰痛持ちのわたしと姿勢の悪い旦那様とセット。

前々から整体やマッサージ屋さんの常連でしたが、
根本的に治してみようじゃないかとの旦那様の提案で。


最寄駅の五反田から蒲田へは池上線の始発と終点。
アクセスは悪くないですが意外と行く機会のない蒲田。

これを機に蒲田グルメ散策してみようじゃないですか♪
そんな訳でもしやの整骨院がおまけの食べ歩き目当て。



通院1回目は王道から、蒲田と言えば羽根付き餃子。

ブロガーさんが絶賛されていた「歓迎」に行こうとしたら、
ちょうど昼と夜の中途半端な時間帯で準備中。

他に有名処は…と彷徨っていたら目についたのがこれ。
タイムサービス
中途半端な時間帯が逆にラッキーのタイムサービス。
しかも蒲田餃子御三家(があるらしい)に入る有名店。



これは入るしかないと蒲田食べ歩き1号店決定。
店入口
後で分かったのですがこちらは本店ではなく、
蒲田含めて他にも何店舗かあるみたいですね。



さすが有名店、更にはタイムサービスのおかげか
おやつタイムの昼下がりにも関わらずかなりの混雑。
あ、おやつに餃子って言うのもありなのかもしれない。

とりあえず迷いはありません、餃子&ビールセット 600円。
元祖羽根付き焼き餃子
想像していたのより餃子の焼き色が薄くてちょっと寂しい。
やっぱりこんがりとしたきつね色を期待してしまいます。


「元祖羽根付き餃子」を名乗る餃子のお味はいかに。
餃子断面
皮は普通のラーメン屋さんより厚めでもちっとしています。
羽根のぱりぱりより皮のもちもちの方が好きな食感。

厚めの皮に包まれた具は野菜多めで多少あっさり系、
肉汁ジューシーと言う感じではありません。
それでもしっかりめの皮に負けずにいいお味出してます。

もちっと皮に合う具でバランスのいい王道も納得の餃子。
びーぎょ(ビール&餃子)を美味しく堪能致しました~。






名物餃子でお腹を満たしたらつまみモードにシフト。

生姜風味蒸し鶏 300円
生姜風味蒸し鶏
そんなに生姜味は強くなくしっとりとした肉質の上品な鶏肉。
脂身部分が少なめながら柔らかくて美味しいです。






ピータン 300円
ピータン
独特なクセがあるピータンはパクチーと同じ感覚で好き。
欲を言えば黄身ならぬ黒身がとろりとしている方が好み。






焼き餃子の皮が美味しかったので、ゆで餃子 500円。
IMG_6710.jpg
本式の中華料理ではゆで餃子が基本なんですよね。
これが主食(炭水化物もの)になるのも納得なくらいに、
分厚い皮で焼き餃子以上のもっちり感が美味しいです。

ころんとして可愛らしくも見ますが、結構お腹にたまります。






黒キクラゲとわさびの和え物 300円
黒キクラゲとわさびの和え物
大好きなキクラゲ、プリッとコリっとした食感がたまりません。
でもちょっとワサビが強すぎて鼻がつーんとなりました。

300円のおつまみ系小鉢が充実しているのが嬉しい♪






〆のラーメンはなんとお値段 350円!!
ラーメン
350円とは思えないほど立派な中華そばがやってきました。

お野菜もたっぷり乗って、スープは澄んだ醤油ベース。
ラーメンからイメージするには随分とヘルシーな感じです。
だからラーメンと呼ばずにむしろ中華そばと呼びたい。


麺はいつもの癖で固めで注文しました。
麺アップ
細麺でつるつるっと食べやすくあっさりスープと相性◎。
これなら飲みの後の〆でも身体に優しいかもしれない。





生ビールはタイムサービスの餃子セットを頼むと、
2杯目以降はサービス時間内300円と言う大盤振る舞い。

基本ビールでもシェアしちゃうわたし達ですが、
さすがに気が咎めて一応別に瓶ビールも注文しました(笑)

生ビール3杯も頂いてこれだけ食べてお会計3,600円強。
美味しいびーぎょに大満足の蒲田グルメ第1号でした~。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑これから池上線沿いのグルメも開拓していきます♪
地元密着系の商店街が多そうなので期待大です。

「おさかな処 かね吉」西大井

2015.09.02.Wed.00:08
珍しく会社の面子で女子会です!

わたしの職場は交代シフトで働いている面々が多く、
なかなか皆で飲み会と言う機会も少ないのですが…

なんと入社まだ2ヶ月と言う新人さん(中途採用)が
自ら企画、取りまとめて女子会開催まで至ったのです!

すごい積極性に社交性…少しは見習いたいと思ったり。



お店は会社から歩いてちょっとのお魚屋さん。
本当に文字通りの魚屋さんに食堂がくっついた感じ。
外観
お昼は定食もやっていて職場のランチ常連さんのご紹介。

わたしはいつもランチは品川駅ナカやコンビニなどで
買ってきてしまうので会社の近くにありながら初訪問です。




お料理のみのコースを注文したと聞いていたので…
酒飲みのわたしはくれぐれも飲むペースに注意せねば。

1人だけぱかぱか飲んじゃったらお会計がややこしいしね。

女子会は楽しいながらも、ちゃんと気遣いが必要なのです。



全員揃うまでの間にとりあえずの付け出し3品のお鉢。
南蛮漬け
南蛮漬け
お魚は豆あじかな~さすが魚屋さんの南蛮漬け美味しい。
味付けの酸味もいい塩梅で何より魚の味を殺してません。




イカと大根の煮物
イカだいこん
イカゲソっていい味が出るんですよね~。

スーパーでゲソやエンペラは安価で売ってますけれど、
焼いても、煮ても、揚げても美味しい優良食材です。

そしてイカの旨みをたっぷり吸った大根もまた美味し。




肉じゃが
肉じゃが
南蛮漬けのところから感じていたけれどなんて言うか、
いい意味でレストランの味と言うよりも家庭の味です。

お母さんが作ってそうな常備菜と言う感じ、癒されます~。
そういえば店員さんもお母さん世代のおばちゃま方でした。






残業メンバーも無事到着して全員揃いました~
と言うところで1人に1尾立派な鮎の塩焼き登場です!
鮎の塩焼き
季節ものの鮎、そろそろ秋刀魚の季節に移り変わりますね。

季節はじめの稚鮎であれば頭から丸ごとパクリですが、
もう随分と大きく成長して少し骨が固かったかな。
それでも結局頭から尻尾の先まで余さず頂きましたよ。

周りを見ているとわたしのように丸ごと全部食す人、
頭と尻尾を外す人、ワタを除ける人様々で興味深いかも。

それにしてもさすが魚屋さん、ちゃんとワタ残してくれたのね。
鮎と言えば(秋刀魚もそうですが)ワタのほろ苦さが醍醐味。

綺麗にワタを処理して提供するお店もありますが、
それが親切だと思えない~だってそこが美味しいんだもの。






お刺身盛り合わせ
お刺身盛り合わせ
鮪に、白身、〆鯖に銀魚とバランスの取れた組み合わせ。

女子会だと女子トークが主食になってしまうので(笑)、
みんなお刺身はしゃべりながらちょこちょこつまむ感じに。

わたし1人女子トークをスルーしてお刺身堪能してました。






鰹のたたきのサラダ
鰹のたたきのサラダ
鰹はかなりの豪快な厚切りで食べ応えあります。
野菜と一緒に食せどしっかり鰹が主役をはってます。

家だと薬味(青ねぎ・茗荷・シソ・生姜)にポン酢で食べる
鰹のたたきですが今度はサラダも作ってみようかな。






白海老の天ぷら
白海老の天ぷら
揚げたてさくっさくの白海老は小さいながらも海老を主張。
大きな海老天を食べるより海老の旨みが凝縮されてるかも。

でもこれまた女子トークのつまみになってましたけどね。






さつま揚げ
さつま揚げ
スーパーでもたまに買ったりしますけれど、
作り置きと揚げたて出来たてのさつま揚げはもはや別物。

揚げ物はなんでも揚げたてが一番美味しいのは鉄則ですが、
それ以上に揚げたてのさつま揚げはあまりに違います。

いつも買って食べているのがさつま揚げだとしたら、
これは魚のすり身を揚げた逸品料理って感じでしょうか。






巨大な丸々1尾のカレイの煮付けはこれで3人分。
カレイの煮付け
旦那様が煮付けをあまり好まないので家で作りませんが、
久しぶりに食して美味しいなぁってしみじみ実感。

ふっくらとした上品な白身に甘辛のお醤油ベースの
お味が染み込んでこれこそ和食の基本じゃないかしら。

今度家でも美味しい煮付けにチャレンジしてみようかな。
お魚屋さんの煮付けに敵うはずありませんけどね。






〆はあさりのお味噌汁。
あさりの味噌汁
わたしはお酒の〆にほっこりとお味噌汁で癒されてましたが、
お酒を飲まない女子はご飯オーダーしてましたよ。

そういえばお味噌汁とご飯のセットって基本ですもんね。
もういつ頃からか、ご飯がお酒に取って代わられてました。






店内は近所の顔見知りの常連さんの方々で大盛況。
店内
確かにここなら夕飯を食べる目的だけでも良さそうです。
1人暮らしの学生さんとかの家近にあったら重宝しそう。

なんせお値段もこれだけたっぷり美味しいお魚食べて、
お酒を2杯ずつくらい飲んで1人4,000円弱でしたからね。




今度ランチでお魚定食食べに行ってみようかしら♪
のれん

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑楽しい女子会、でも花咲く女子トークより
お酒と料理に目が行っちゃう飲兵衛の食いしんぼうです。