旦那様のご用事ついでに秋葉原までひっついてきました。
用事が終わったら、早速頭を食に切り替えてアキバ散策開始。

電気街は男性が多いせいなのかもっぱら麺(ラーメン)と肉ばかり。
麺は家系・豚骨等々から、まぜそばにつけ麺までなんでもござれ。


豊富な麺の選択肢に迷いながら優柔不断が決めたのがこちら。
外観
北海道らーめんを名乗りながら北海道に店舗がないらしいけど…。



食券機で購入する方式、後ろに人がいると焦ってよく間違える。
食券機





このお店の決め手となったのは実は北海道らーめんではなくて、
期間限定で生ビール(中)が通常500円のところ300円だったから。
生ビール(中)
ラーメン屋さんと来くればびーぎょ(ビール&餃子)は欠かせません。
麺を頂く前のこの一杯と餃子をつまむのがお楽しみなんですよ♪



餃子がなかった故に選択肢から漏れたお店もありましたしね。
特製焼き餃子 300円
特製焼き餃子
焼き目は少し白いかな、小さめがつまみにちょうどいいサイズ。


にんにく不使用の餃子は野菜たっぷりであっさりとしています。
餃子断面
肉汁系でもなく、味付けも控えめで、野菜がメインの優しい餃子。
パンチには欠けるけれど、それでもビールとの相性はばっちり。

それにがっつり肉汁が厳しくなってきたお年頃にも優しいしね…。






北海道でラーメンと言えば一番は味噌ラーメンのイメージで
こちらでも一番人気は「札幌味噌らーめん」みたいでしたけど、

旦那様が味噌の気分ではなかったようなので外してみました。
函館塩らーめん 680円 (麺かため)
函館塩らーめん
塩と言うにはスープが豚骨色…その通り豚骨の出汁を感じます。
更には北海道らしくほのかにバターの風味も感じるような気も。

でもベースは恐らく貝類系と思われる海鮮出汁もちゃんといます。

結構しっかり脂ですが一応塩ベースのためかしつこくありません。
むしろ脂がいいコクを加えてて出汁のお味と美味しい相乗効果。


麺は北海道ラーメンのイメージと違わない黄色の中太ちぢれ麺。
かためでお願いしたので麺の弾力とこしが強めでいい具合です。
麺アップ
トッピングのチャーシューも柔らかなとろとろ系で美味しかった~。


お店人気の味噌らーめんは頂きませんでしたが塩らーめん当たり!

あっさり塩を期待するとちょっと違いますがコクのある塩スープは
豚骨や魚介が混ざり合って美味しくてかなり飲んじゃいましたよ。

がっつり男性でもそこまではいけない女子にも満足できそうです。





最後に嬉しいのが食後のドリンクがセルフで1杯無料サービス。
食後のドリンク、セルフサービスで1杯無料
しっかりとしたコーヒーメーカーにテイクアウトカップまで完備。
おかげで美味しい珈琲片手にアキバ散策することが出来ました。






オマケに珈琲があるんだから、食後の甘ーいデザートもね♪
外観


クレイジーいちご 520円
クレージーいちご
甘酸っぱいいちご、こってりホイップにほんのり甘いクレープ生地。
2人でひとつのクレープを交互に食べるアキバデートはリア充!?

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑ちなみにラーメンも2人で1杯、でもビールは2人で3杯でした。

スポンサーサイト



たらふく日本酒を利き酒して(つまりは飲んだくれて)満足して
…あれ、そういえば近くにクラフトビールのお店なかったっけか。

記憶を頼りに行ってみると残念ながら日曜日はお休みでした。
※ CRAFT BEER MARKET 淡路町店

2度目のそういえば、ブロガーさん情報で神田に支店があったぞ。


酔っ払いは神保町から神田駅までぶらり歩いてお目当てに到達!
外観


同じ支店でもここは一癖あり、クラフトビール×ラムのお店です。
更に加えるとしたら×パクチー押しのそれこそ二癖ありのお店。
看板
そして羊肉らぶ、クラフトビールらぶのわたし達にはうってつけ。

日本酒どんだけ飲んできたかは置いといてうきうきと初訪問です。



店内は日曜日の遅い時間にも関わらずすごい賑わってました。
わたし達含め昨今のクラフトビールブームにのっかってるかしら。
内観(ビアタップ)


クラフトビールは日替わりで30種類も、1Pint 780円均一です。
本日のクラフトビール
これは目移りしちゃう~先の日本酒バルと同じく店員さんに相談。
こちらでも店員さんは好み等しっかり聞いておススメしてくれます。





右: サンクトガーレン 湘南ゴールド【オレンジ】 (神奈川)
左: 志賀高原ビール ゆるブルWheat (長野)
サンクトガーレン 湘南ゴールド【オレンジ】 ・ 志賀高原ビール ゆるブルWheat
サンクトガーレンの方はオレンジを使ったフルーツビールです。
オレンジの爽やかな酸味と甘みも感じながらもしっかりビール。

左のウィートビールは1杯目にたまらない爽快なビールです。
…1杯目って1軒目で日本酒飲んだくれの言葉とは思えない(笑)
個人的にはウィート系はパイナップルと似た風味を感じます。

うーん、やっぱりクラフトビールは美味しいですね~別バラ(??)




お通し300円@人は燻製の枝豆と空豆、燻製の香りがポイント。
お通しの燻製枝豆・空豆
普通の枝豆と空豆でも他では十分なお通しになるとこですが、
そこを燻製にしちゃうあたりがいい意味で一癖あるお店かしら。






ラムパク餃子(6ヶ) 600円
ラムパク餃子(6ヶ)
クラフトビール×ラム×パクチーの本領発揮の一品ですね。


もちろん中にはラム肉とパクチーがたっぷり入った一癖ありの餡。
ラムパク餃子断面
じゅわっと肉汁と同時に口の中は羊肉独特の風味と香り~。
パクチーの香りが肉汁の脂を中和してくれるパクチーマジック。

皮もきつね色に焼かれて焼き餃子としても優秀ですけれど、
やっぱりここは中の餡のラム肉とパクチーのパンチが醍醐味。

香りが強くてクセあり同士が合わさって足し算以上の美味しさ。
苦手な人は苦手だろうけど、好きな人にはたまらない餃子!!






揚げ羊出汁豆腐 480円
揚げだし豆腐ならぬ…真ん中に「羊」がついた豆腐とはいかに。
揚げ羊出汁豆腐
見た目ところは普通の揚げだし豆腐と変わりがありませんが…


口にいれるとびっくりするくらいすごい羊の香りが広がります!!
揚げ羊出汁豆腐断面
出汁は透明で肉の欠片もないけど羊の要素が凝縮されてます。

正直これは餃子よりも羊肉の好き嫌いの難易度では高いかも。
それだけ羊の風味がすごい出汁…むろんわたし達は大好き。

それにしても全く羊肉を見せないでいてこれだけの羊の主張。
羊肉を煮込んだ煮汁を使ってるのかしら…作り方気になります。





クラフトビールは普通のより濃いですし味わいながら飲むので
少々ピッチは遅く(いいことですが)ゆっくり飲んで2杯目に突入。

左: うしとらブルワリー #190 HopGun IPA (栃木)
右: FyneAles×CMB ラズベリーウィート (スコットランド)
うしとらブルワリー #190 HopGun IPA ・ FyneAles×CMB ラズベリーウィート
IPA(インディアンペールエール)はグレープフルーツのような
爽やかな苦味が強くて好きなクラフトビールの代表格です。

ラズベリーウィートはフルーツビールの一種で本当にラズベリー!
こんなにもラズベリーの甘酸っぱさを主張しながらこれもビール。


日本・世界各国のクラフトビールを気軽に飲めるって幸せ…。






お店の看板料理は食しとかねば、ラムチョップ炭焼き 480円。
ラムチョップ炭焼き
ラム肉料理の一番の定番はシンプルに羊を味わえる一品です。

でも近頃は近くの東急ストアでもラムチョップなどを売っていて、
家ではこれよりもっと極極レアで焼き上げる(炙る?)んですよね。

こちらも結構レアですがレア愛好家としては家の方が好きかも。

そういう意味ではスーパーのラムもクオリティが高いんですね。
家で我流の極レア焼きしても悪い意味の臭みは全くないですし。




クラフトビール4杯にラム料理を頂いて、お会計は5,300円弱。
大好きなもの三昧しちゃった満足感でお腹いっぱい幸せ気分♪





…と言いながら五反田に戻ったら一風堂で〆ラーメンの3軒目。
白丸元味(一風堂)
その後カラオケオールしたあたりまだまだ若いのかも…なんて。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑翌日グロッキーでしたがそれ以上の満足感の夜でした~。
頑張る東京呑んだくれの食べ歩きに応援よろしくお願いします!




クーポンサイト: RaCoupon
割引: 4,318円 → 2,550円 (40%OFF)
(RaCouponの割引チケット-1,000円利用で実質2,050円)
内容: 4時間飲み放題付きコース


4時間の飲み放題+お料理9品付きで約2,000円と
もはや心配になるレベルのクーポン…結果報告です。


お店は神田駅からすぐ所謂飲み屋街のど真ん中。
立地はいいですが飲み屋さんだらけで競争が激しそう。
外観
昭和レトロな酒場風を演出している居酒屋さんです。



狭い店内と思いきや実は3階まである大所帯でした。
店内
わたし達は1階の窓際席で外を眺めながらの2人宴会。
サラリーマン方の移ろいを横目にするのも楽しかったり。


まずはビール(アサヒスーパードライ)でかんぱ~い☆
安いクーポンだと発泡酒や第3のビールを代わりに
提供するとこもありますが、やっぱりビールがいいです。


胸肉の塩たたき
胸肉の塩たたき
外を軽く炙っただけのほぼほぼ生と言えるたたきです。
ここはつくねまで「生」で出せる鮮度のお肉を提供してます。

胸肉は淡泊ながらしっとりと柔らかく上品な肉質。
あっさりしているので葱とポン酢味になっちゃいますけど。

生肉と言う抵抗を感じないくらい美味しかったですが、
旦那様は生の鶏肉はアウトでほとんどわたしがペロリ。






手作りポテトサラダ
手作りポテトサラダ
玉子たっぷり、マヨたっぷりの手作り感溢れるポテサラ。
お店と言うより家で出てきそうなポテサラにむしろ癒され。






生つくね焼盛合せ
生つくね焼盛合せ
同じものが6串に見えますが…実は3種類×2のつくね串。
食べてびっくり、中にウィンナーがいたりうずら卵がいたり。

つくね自体は火を通し過ぎないようにしているみたい。
本当の「生」のつくねのメニューがあるくらいですしね。

そして店名に「つくね製作所」と名乗るだけあって、
実はつくね串のメニューはこーんなにあるんです!
つくねメニュー
もはや種類があり過ぎて読むことすら困難です…。
つくねに色んな具材を組み合わせてこのラインナップ。

常連のような感じのお客さんも来ていましたが、
それでもこのつくねメニューを制覇することないと思う…。






日南鶏の焼ギョーザ
日南鶏の焼ギョーザ
餃子と言うと豚肉のイメージでしたがここでは鶏肉。

鶏肉ならあっさりしてるのかと思いきやかなりジューシー。
想像以上の肉汁系の餃子でビールとよく合いました♪






これがこのコースの大目玉、鶏の一匹丸揚げ!
鶏の一匹丸揚げ
2人でもどーんと丸々一羽やってきてかなりの迫力です。

店員さんが大きな枝切りばさみを持ってきて、
「切ってみますか」と言われたので旦那様チャレンジ。
お店の方が切り方を指南してくれます。

まず真ん中を横に切ってくださーい。
鶏の一匹丸揚げ解体①


次に前後それぞれ縦に切ってくださーい。
鶏一匹丸揚げ解体②


鶏一匹丸揚げ解体③
4等分出来たら、後はかぶりついてくださーい。

後ろの半分がもも肉で、前の半分が胸肉の部位ですね。
もも肉は脂がジューシーで、胸肉はパサッとしてたかな。

皮はぱりっぱりで芳ばしくお肉はふっくらジューシー。

美味しい、美味しいけど2人で1羽は食べ応えあり過ぎ~。
そう言いながらかぶりつきでご完食しましたけどね。






まっくろ炭火焼
まっくろ炭火焼
鶏丸々一羽食べたところで…鶏の炭火焼きって
どんだけ鶏攻勢してくるんですか!?と嬉しいより半分悲鳴。

でも黒い炭をまとったお肉はまた違う風味で美味しい。
弾力がしっかりあって炭効果なのか鶏の味が濃いです。

ただ大分鶏の脂に負けてきて、頑張って食した感じ(汗)




でもこの鶏攻勢に対抗するべく救いの手がドリンク。
ひゅうがなつハイボール
ひゅうがなつ・あまくさばんかん・ボンタンと言った
柑橘系フルーツのドリンクが充実していてさっぱり補給。

最後の方はほとんど柑橘×ハイボールで乗り切りました。






地獄の豆腐ステーキ
地獄の豆腐ステーキ
鶏じゃないメニュー…でも衣が厚めの揚げだし豆腐に
こってり辛み味噌(?)のソースがこれまたボリューミー。

豆腐料理のイメージを覆すパンチのあるメニューに苦戦。
美味しいんですけどね、ここは冷奴でも良かったかも…。






自家製お新香盛合せ
自家製お新香盛合せ
救いのメニュー、これ鶏攻勢の途中で出してほしかった。
浅漬けのしゃきしゃき野菜でお口がさっぱり爽やか~。

そういえばここまでほとんどお野菜食べてなかったですし、
コースの終盤戦でやっとクールダウンタイムでした。






極鶏スープ茶漬け
極鶏スープ茶漬け
〆はお茶漬け、小さめのお椀に2人分でホッとしました。
優しい鶏出汁とふんわり玉子でお腹が落ち着きます。

鶏三昧で疲れた胃を鶏スープで癒すことになるとは、ね。





このお値段で、このお料理で、この量で、4時間飲み放題。
(さすがに4時間はいませんでしたけど…)
行く前から大丈夫かと思うくらいのクーポンでしたが、
食べてみて飲んでみて本当に大丈夫なのかって感想(笑)

久しぶりに出会った色んな意味で驚愕のクーポンでした。
お店には心の底からご馳走様でした、と言いたいです。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑その夜、旦那様と2人して胃もたれで寝付けずでした。
それでも負けるものかと挑み続けます、東京食べ歩き!



2016.03.16 「北谷食堂 淡路町店」

クーポンサイト: ポンパレ
割引: 4,500円 → 2,250円 (50%OFF)
(ポンパレの割引-1,000円利用で実質1,750円)
内容: 2.5時間飲み放題付きコース


まだ寒い日が続く中、沖縄料理を食べてきました。
南国のお料理で寒さに負けない元気をもらいに。


淡路町の駅からすぐのお店ですが、
神田からだと徒歩10分ほどのアクセスでした。
外観
ビジネス街の中に一際明るい南国の色彩のお店です。


その日はラッキーなことに琉球ライブの日でした。
(不定期に開催されていて、ミュージックチャージなし)
琉球ライブの日
これは束の間の沖縄トリップですね~♪




泡盛がずらり並ぶカウンター席。
泡盛が並ぶカウンター席
乾杯の1杯だけオリオンビールもOK、以降はアサヒです。
南国らしい爽快な飲み口のオリオン、1杯だけでも嬉しい。






沖縄前菜3点盛り
(左からミミガー刺 ・ スーチカー ・ スクガラス豆腐)
沖縄前菜3点盛り
スーチカー:豚の三枚肉の塩漬けは初めて食べました!
白い部分は脂ですが、まるで上品なテリーヌみたい。

ミミガー刺はこりこりとした食感がたまりません~。
さっぱりとした味付けに飽きずに食感を楽しみます。

旦那様はお初のスクガラス、なんか乗ってるって(笑)
塩気の強いお魚がしっかりとした島豆腐によく合います。






炙りセイイカの糸満ソースがけ
炙りセイイカの糸満ソースがけ
側面だけ軽く炙ってありますがほぼお刺身。
初めて聞く「セイイカ」、普通のイカよりねっとりしてました。






海ぶどうサラダ
海ぶどうサラダ
ぷちぷち食感が好きな海ぶどう、かなりの盛りです。
沖縄物産店でも結構なお値段するのでこの量は嬉しい。

他の海産物と同様に鮮度がものを言う海ぶどう、
ぷちぷち感も強くて新鮮で美味しいです~。

ドレッシングも不要なくらいの海ぶどうの自然な塩味がいい。






本日のチャンプルーはゴーヤ。
本日のチャンプルー(ゴーヤチャンプルー)
チャンプルーはゴーヤが一番元気をもらえる気がします。

しっかり下処理されて苦みを取ってありましたが、
少しゴーヤ独特の苦みが残っているくらいでも好き。

ゴーヤの緑に負けじとスパムのピンクも隠れてますよ~。
塩気が少し強めでしたが玉子と豆腐でほどよく中和。






沖縄天ぷら盛り合わせ
沖縄天ぷら盛り合わせ
グルクンとゴーヤ、びっくりがスパムに似たソーセージ。
ソーセージまで揚げちゃうなんてどこまでジャンク~。




更にジャンクを追加注文、カーリーポテト 550円。
カーリーポテト
子供の頃から馴染みがある大好物、くるくるポテト。

ケチャップとマスタードが一応ついてきましたが、
そんなの全く要らないくらいの濃いスパイスの味付け。
このポテトに必要なお供はビールだけで十分なのよ~。

止められない止まらないクセになるアメリカーンなお味。
もはや料理と言うかスナック菓子レベルかも(褒め言葉)






箸休め小鉢は瓜(?)のきんぴら。
箸休め小鉢(瓜?のきんぴら)
和の煮物で一休み、味付けは少し濃いめだったかな。






ラフテー&煮玉子
ラフテー&煮玉子
チャンプルーと同格で沖縄料理と言えばこれってやつ。

家で作るには時間もそれなりの手間もかかりますし、
沖縄料理屋さんに行ったからには頼みたい一品。

層になった豚のお肉はぷるぷるで柔らかくほぐれます。
少し甘めの味付けに豚肉の甘みが相まってとろける~。

もちろん煮玉子も優秀な付け合せです。






ジャンク再来、スパムステーキ A1ソースで♪
スパムステーキ A1ソースで♪
赤大根か~と言うくらいちょっと怪しげなレベルの色味。
ここまで分厚く切られているとその姿に圧倒されます…。
(スパム缶1/4×2くらいの大きさあるんじゃなかろうか)

かなり塩気が強くて脂も多くてこれこそジャンクNo.1かも。
それでもそのジャンクな美味しさにあがらえるはずもなく。



一応そのフォローを注文、沖縄太もずく酢 500円。
沖縄太もずく酢
スーパーで買うもずくと同じと思っちゃいけません。
太くてねばりも強くて、小鉢じゃない1品としての存在感。

優しい酸味でさっぱりと口の脂を洗い流してくれます。
このもずくをインターバルに更に肉けが進んでしまう…。






ミニ沖縄そば
ミニ沖縄そば
これは1人1皿、あっさりカツオ出汁に癒されます。
柔らかいお汁に柔らかいおそばの組み合わせは優しい〆。






癒しの〆でめでたし、めでたしのはずが…最強の追加注文。
てびち煮 900円
てびち煮
甘辛く煮込まれた巨大豚足で自らにとどめを刺しました(汗)
ぷるぷるのコラーゲン状の厚い豚皮が美味しいです~。

豚の足の骨にしゃぶりついて皮を食べるなんて、
考えるとすごい図ですが美味しければ構わないのです。






デザートはジーマミー豆腐。
デザート(ジーマミー豆腐)
好きですし甘みもありますがデザートには何か違う感じ…。
もっちりとした食感にみたらし的なタレでお団子のよう。






その日の琉球ライブは何故だかハワイアンフラダンス。
南国つながりで沖縄料理屋さんに出演したのかしら。
フラダンスに参加
わたしも輪に入ってフラダンス踊りました~酔っ払い♪





そして最後の最後でびっくりが…当たっちゃいました!!!
沖縄宿泊券当選
このお店の系列ホテルの宿泊券に当選したのです!!

共同購入クーポンで訪問して飲みに飲みまくったあげくに
宿泊券まで当てちゃってバチも当たっちゃいそうです~。

でもありがたく、もうすでに沖縄旅行の予約入れました☆
おかげで今度は沖縄食べ歩き旅行記が書けそうです。






沖縄の後は近くのベローチェでまったりして…
(ブレンド 190円 & コーヒーゼリー 300円)
珈琲と珈琲ゼリー


更には家近の銀だこでたこ焼きお持ち帰りして…
たこ焼き

はじけた南国の夜に幕を閉じたのでした~やらかした!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑沖縄食べ歩きの伏線まで出来た超お得クーポンでした。
一応追加注文しましたがそれでも頭が上がりません…。




1軒目のワインバルで大いに盛りあがった女子トーク。

まだ話足らず、別れがたく、まだ飲みたいいい気分~
で、調子に乗ってもう1杯だけと半強引に2軒目のお誘い。

週始めながらお付き合いしてくれた優しいお姉さま。


近くにベルギービールが飲めるお店があるとのことで、
行かない理由はないでしょうと連れて行ってもらいました♪


わたしはあまり神田近辺に馴染みが無いのですが、
(いいクーポンがあればそれ目的に訪れるくらいで)
彼女は会社から徒歩でも来られるホームグラウンド。


そんな友人がおススメしてくれたお店は外観も素敵。
外観
夜の闇の中、木目調のお洒落な建物が浮かび上がるよう。

「醸造所と共に作る酒場」
ベルギーの醸造所から直接輸入された
ビールが飲める貴重なお店なんだそうです!





決めるのに困るくらいのビールの種類に圧倒されつつも、
お店の方にアドバイスをもらいそれぞれのビールで乾杯☆
ベルギービールとお通し
2種のビールどちらも違う醸造所で作られている、
遠くベルギーから遥々やってきてくれたビールです。
(左:「ルル醸造所」、右:「デ・ランケ醸造所」)

それぞれの醸造所で色々な種類が作られているので、
ビール好きがここに来ちゃったらエンドレスになりそう。


日本のビールのように喉越しを楽しむなんてもったいない。
深いコクや渋み、香りや重みをゆっくり味わう贅沢なビール。

でも今考えると店名の「セント・ベルナルデュス醸造所」の
ビールがあったので初心者はそれを頼むべきだったかも?


ちなみにお通しはチーズ豆腐、濃いビールによく合います。






1軒目でお腹はふくれていましたが誘惑に負けて1品だけ。
「鮟鱇(あんこう)のテリーヌ ラビゴットソース」 750円
鮟鱇(あんこう)のテリーヌ ラビゴットソース
彩り美しい宝石のようなお姿でやって参りましたよ~。

正直ビールメインでお料理はサブのイメージでしたが、
この逸品だけで十分に先入観を覆してくれました。

色とりどりの野菜は食感の違いも楽しめて、
あんこうの肝はさっぱりとした中の濃厚なアクセント。

見ためでも楽しみ、お味も繊細かつ上品で美味しい。

確かに美味しく贅沢なビールがあるからには、
美味しいお料理もなくちゃ釣りあい取れませんよね。






思わず2杯目~に行きそうになりましたが明日もお仕事。
貴重な1杯と逸品を頂き名残惜しく2軒目ご馳走様です。

お土産にお店で使われているコースターを頂きました。
お土産のコースター
それぞれの醸造所のロゴコースターで集めたくなっちゃう。






帰り道、近頃神田もお洒落スポットになりましたよね。
神田の途中で
素敵なお店も紹介してもらえたし今度神田散策せねば。
今度は旦那様にお付き合いしてもらう算段で参ります。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑色んな国のお料理、お酒が楽しめる東京食べ歩き万歳!

お付き合い頂いた友人に感謝を込めて…の楽しい夜でした。