クーポンサイト: GROUPON
割引: 6,324円 → 3,000円 (53%OFF)
内容: クラフトビール飲み放題付きコース


少し前から我ら夫婦で大ブーム到来中のクラフトビール。
わたし達だけでなくもう市民権を得ているようで嬉しい♪

クラフトビールが飲み放題のクーポンまで出るなんて…。

1杯1,000円前後が相場のクラフトビールを飲み倒す贅沢。
ここは遠慮は横に置いといて思う存分堪能して参ります!



クラフトビールだけに焦点を当ててしまいましたが、
店名の通りムール貝とフリット(ポテトフライ)のお店です。
入り口の看板
…実はあまりムール貝(2枚貝)が得意でないもんで、
ムール貝は旦那様にお任せして自分は主にクラフトビール。



細い階段を上って3階、自由が丘も納得のお洒落な店内。
カウンター席目の前のビールタップにテンション上がります。


乾杯はもちろんお待ちかねのクラフトビールで参りますよ~。
左: ホペリンフス ホメルビール (ハーブ&スパイスエール)
右: ヴェデットエクストラホワイト (ベルジャン ホワイトビール)
ホペリンフス ホメルビール ・ ヴェデットエクストラホワイト
どちらもロゴ入りの専用グラスで提供されるのが嬉しい。
ブランドを主張することでこだわりも主張しているようです。

左のホメルビールは色み以上にコクと香りがあって美味しい。
爽やかでありながらもしっかりとした強いホップの風味…。
乾杯でぐびっと飲み干すにはもったいない味わいビールです。

右のエクストラホワイトはすっきり爽やかなホワイトビール。
ドイツで飲んだウィートビールに似たような感じでフルーティ。


これでも十二分に満喫ですが、ラインナップはずらり4種類。
本日の樽生ビール
お値段書いてありますけどこれが飲み放題、贅沢すぎます!






お魚(種類失念)の生ハム ・ キャロットラペ
お魚の生ハム・キャロットラペ
珍しい魚の生ハム、口の中でふんわりと燻製のような香り。
程よい脂のりと、燻製らしき風味が合わさって美味しいです。

結構な盛りの人参は酸味があってさっぱりと前菜にぴったり。
レーズンの甘みと松の実のアクセントがいい味を加えてます。






前菜2皿目、イタリアパルマ産生ハム ・ 鶏レバームース。
イタリアパルマ産生ハム・鶏レバームース
生ハムは少し脂にクセがあったような…お魚の方が好きかも。
でも赤ワインと合わせればクセも化学変化しちゃうものです。

ビールも残っていましたが赤ワインも快く頂けちゃいました。

鶏レバはムースと言うだけあってなめらかで優しい風味です。
レバーのお味はもちろんなのですが強い主張はありません。

レバー嫌いさんでもそこまで抵抗なく食べられそうな感じです。






シーザーサラダ
シーザーサラダ
ただシーザーサラダと言うには申し訳ないくらい豪華なサラダ。
山盛りの葉物に、彩り野菜も加わって、そして何よりもベーコン!

ものすごい厚みのベーコンはもはやお肉を食べてると言う感じ。
それもまたたっぷりでジューシーなベーコンは食べ応えあります。

”厚切りベーコンの彩りシーザーサラダ”とか名前も豪華にしたい。







クラフトビール3種類目: デコーニンク (アンバーペールエール)
デコーニンク
この濃い琥珀色からしてコクの強さを感じさせてくれます。
泡自体も麦芽の風味が強く細やかで、泡だけでも楽しめる。

これは是非ゆっくりと濃いビールのコクや香りを堪能したい。


ちなみにもう1種はサントリークラフトセレクト ペールエールで
家でも缶で飲んでいますが樽生はやはり全然違いましたよ。






お店の主役登場、カナダ スプリングソルトアイランド産
フレッシュムール貝の白ワイン蒸し
カナダ スプリングソルトアイランド産 フレッシュムール貝の白ワイン蒸し
こちらは旦那様の担当ですがとてもいい磯の香りがします。


貝の身も大きくてぷりっとしているのが分かりますね。
ムール貝アップ
旦那様曰くうまーい、とのことで2人分も1人でぺろりしました。

ムール貝が苦手なわたしでも少し食べられたくらいですから、
好きな人には本当に美味しいんだろうなぁと思われます。






これもお店の主役第2弾、ベルギー産ビンチェ芋のフリッツ。
ベルギー産ビンチェ芋のフリッツ
ほくっほくのお芋は甘みを感じるほど、ビールにもぴったり。
濃いクラフトビールに負けないくらいの存在感あるポテトです。

揚げたて熱々、ほくほくポテトの誘惑に手は止まりません~。
お腹にたまりそうに見えますけど意外といけるポテトマジック。






お店の方に申し訳なくムール貝苦手なんです、と話をしたら
これからがっつりお肉も出てくるので大丈夫ですとのことで…

本日のお肉鉄板焼き 3種盛り合わせ
本日のお肉鉄板焼き 3種盛り合わせ
まず目に飛び込んでくるロゼ色の赤身肉、美味しそうな迫力!

大きな鉄鍋に豪勢にお肉が3種類、ラインナップは以下の通り。
・ US産ブラックアンガス牛ミスジ
・ スペイン産イベリコ豚肩ロース
・ 岩手県産いわい鶏もも

本日のお肉鉄板焼き 3種盛り合わせ
牛ミスジはお皿に置くと血の色が滴るくらいのレア焼きです。
赤身の肉々しさがありながらとても柔らかくて美味しい~~。
この赤さと肉質はローストビーフに通じるような感じもします。

鶏ももは皮目が芳ばしくぱりっと焼かれてこれまた美味しい。
もも肉のジューシーな脂のりと皮の芳ばしさがたまりません。

イベリコ豚は薄切りでとろけるようなチャーシュー仕様です。
脂身が多めながら上品な肉質でこれがイベリコ様の実力か。

どのお肉も焼き加減がそれぞれによく合っていてさすがです。
もし牛肉のレアが苦手な方は鉄鍋の熱で火を入れられますよ。
でも個人的にはこの絶妙な焼き加減、そのまま食べてほしい。


ちなみにお肉達の下にはマック系の細いポテトがつけ合わせ。
あのフリットを食べてからここにもポテトをつけちゃうだなんて、
それでも肉汁を吸った細いポテトもまた捨てがたい美味しさ。






そしてこれまた大ヒットだったのが追加料金+300円で頂ける
あのムール貝のスープで作ったリゾットです~。
ムール貝のスープでリゾット
ムール貝は苦手なのですが、貝が持つ出汁・旨みは大好き。
貝の美味しさ全てが凝縮されたお米のリゾット…絶品です!!

貝の旨みを邪魔しないくらいの優しい味付けもちょうどいい。
これは〆ながら別腹発動するくらいの美味しいリゾットです。

ムール貝そのものは食べられなかったけどこれで大満足。
と言うか貝よりもこの貝の出汁が一番のいいとこ取りかも!?

+300円しますがこれは絶対に頼むべき主役級の逸品です。






GROUPONのメニューにはバニラアイスとありましたが、
本日のデザートはむしろ嬉しいかもしれないプリンでした。
プリン
大きなサイズの食べ応えあるプリンは玉子の甘み満載。
その甘みとほろ苦い大人味のカラメルとのバランスがいい。

最後の甘~いひと時まで堪能して、大満足のご馳走様です。





元はクラフトビール目当てながらお料理も絶品揃いで至福。
お店の看板
クラフトビールを飲み倒し、美味しいお料理を堪能して…
今回のクーポンはお店に頭が上がらない大当たりでした。

近頃はクーポン日照りと言いながらもしっかり選べば
こんな素敵なクーポンもあるんだから止められませんねぇ。







オマケ: 同じくGROUPONのクーポンで猫カフェにも寄りました。
猫喫茶 空陸家 自由が丘店
平日の昼間だったので貸切状態でにゃんこ独占でした♪

一番ねこじゃらしのおもちゃに食いついてきた子。
猫カフェのにゃんこ


猫カフェの中のボスにゃんこ(?)
猫カフェのにゃんこ


他のにゃんこと遊んでるとやきもち焼きにきてくれた子。
猫カフェのにゃんこ


遊びつかれてもうおねむです~ZZZ・・・
猫カフェのにゃんこ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑ムール貝のお出汁があんなに美味しいから実物もいつかは。
やっぱり食べ物の好き嫌いはないに越したことありませんね。

スポンサーサイト


2016.03.26 「奥沢食堂 ghiotte (ギオット)」

クーポンサイト: LUXA
割引: 5,000円 → 2,500円 (50%OFF)
内容: 飲み放題付コース


雨の降る寒いホワイトデーにお洒落なお店へ。
外観
クーポン利用でわたし手配ですけどね、ホワイトデー。

それでも仕事で忙しく疲れている旦那様が
女子の行事ごとに付き合ってくれる優しさが嬉しい。


木を基調としたぬくもりのある店内です。
店内



席にはグリーティングカードと…色鉛筆???
グリーティングカードと色鉛筆
名前入りのカードはささやかだけど嬉しくなる心遣い。

色鉛筆は何のためにあるのか聞いてみると…
「お絵かき用です」との回答が返ってきて一瞬「?」。

ランチョンマットが紙なのでそこにお絵かきってこと…よね。
せっかくなのでお絵かきしとました、それは後程。





飲み放題のメニューは嬉しいスパークリングもOK。
ビールがヱビスと言うのもまた嬉しいところです♪
飲み放題メニュー
オーガニックワインなども飲めるグレードアップ(+500円)も
あるそうでしたがわたし達にはこれで十分過ぎるくらい。






自家製スモーク3種盛り合わせ
自家製スモーク3種盛り合わせ
ベーコン ・ サーモン ・ ロースハムの3種類。
スモーク=燻製はほんのりと優しい香りで、
あまりスモークを前面に出していない控えめな感じ。

でもスモークしてると素材の脂がまろやかになるような。

あいだ、あいだにあるカブのピクルス(?)も優しいお味。






シェフの気まぐれオードブル5種盛り合わせ
シェフの気まぐれオードブル5種盛り合わせ
手前から時計まわりに生ハム、キャロットラペ、
白身魚のカルパッチョ、カブとカリフラワーのピクルス。

全体的にさっぱり系でスパークリングによく合います。
ちょっとずつ色んなものは女子のツボを押えてますね。






旬の野菜とシーフードのアーリオ・オーリオ パスタ
旬の野菜とシーフードのアーリオ・オーリオ パスタ
トマトとルッコラ(かな?)とパスタの中にシラスが隠れてます。

スープパスタとまではいきませんが、
定番のガーリックやオイルが控えめで優しいお味です。

旦那様的には美味しいけどパンチが足りなかったみたい。
前菜達に引き続きパスタも女子受けが良さそうです。






ここで追加注文、牛モツトマト煮込み 800円。
牛モツトマト煮込み
トリッパのトマト煮込みというメニューもありましたけど・・・
考えてみればトリッパも牛モツの一種ですよね。

でもトリッパは食べられても内臓系全般には抵抗ある
女子もいそうなので敢えて別メニューにしたのかしら。

柔らかく煮込まれたもつは脂も綺麗に下処理されてます。

美味しいのですが・・・いかんせん量が少ないです(泣)
味が美味しいということも相まって一瞬のうちにぺろり。






石鍋のブイヤベース
石鍋のブイヤベース
たっぷりの魚介にぐつぐつ煮えるトマトベースのスープ。

スープの分量が多くて魚介料理と言うよりも魚介スープ?
魚介の出汁が染み出たスープは美味しく癒しの味。

寒い雨を忘れるくらいに身体の芯からあったまります。






メインは1人1皿で、桜・香る 地鶏のコンフィ。
桜・香る 地鶏のコンフィ
しっとりとした肉質で脂が少なめながらパサパサしてません。

骨の部位って脂身が多めなイメージでしたけれど、
地鶏のだからなのか引き締まっていて旨みがあります。

コンフィにしては皮のパリパリ感はあまりなかったかな。
そういうとき皮の下の脂をきつく感じたりするのですが、
こちらは皮の柔らかさも美味しく味わえて、これも地鶏効果?






デザートは桜のブラマンジェとアイス、春ですね~♪
桜のブラマンジェとアイス
薄いピンク色がなんとも可愛らしいデザートプレート。

アイスにはナッツなども入ってかなり凝った手作り感。
ブラマンジェもアイスも甘さは控えめで、
後味に桜の香りがふわんとする繊細なスイーツでした。

まだ寒い夜に春を先度りさせてもらった気分です。





全体的に味付けが抑えてあって優しい味のお料理達。
いいものを使って丁寧に作られている癒しの食事。

ただ男性目線(旦那様)で言うとパンチが足りないみたい。
味付け的にも量的にも女性好みと言う印象です。

でもその日はホワイトデーでしたから、
女性好みのお店に付き合ってもらっていいじゃない☆


最後に色鉛筆でお絵かきを残してきたのでした。
お絵かき♪

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑お店の雰囲気、お料理、サービスどれもに
心が込められている感じで優しい印象のお店でした。



2014.12.20 「世田谷 ボロ市(食べ歩き)」

毎年恒例のボロ市がやってきました。

三軒茶屋からローカル線の世田谷線に乗って、
世田谷駅から上町駅の間で開催される
なんて言うか骨董市兼フリマ兼お祭りみたいなイベント。

毎年12月15,16日と、1月15日,16日の
完全日付指定で開催され、週末や天候など
全く意に介していないところがある意味すごい。


今年の12月は15,16日共に平日開催となりました。
それでも毎年変わらずすごい賑わいです。
ぼろ市の賑わい
わたしの両親の年末恒例行事は
築地でもなく、上野のアメ横でもなくこのボロ市。

母親は骨董目当て…わたし(と父親も?)は食べ歩き目当て♪
人混みは苦手だけど、お祭り雰囲気に飲まれるのは楽しい。






食べ歩き第1段は大好物、たこ焼き。
確かここのたこ焼き前の年も食べた気がする…。
たこ焼き屋さん
所謂お祭りの屋台のたこ焼きではなく、こちらは路面店。
毎年ボロ市はかきいれ時だろうなぁ。
なかなか焼きが間に合わないくらい繁盛しています。



たこ焼き屋さん裏手の居酒屋さんで生ビールもテイクアウト。
たこ焼きと生ビール
大玉のたこ焼きは、ふわっととろっと柔らかい。
…でも肝心の蛸さんはかな~り小粒(かけら?)でしたが。

ソースと出汁がきいたふわとろの生地だけでも
それはそれで美味しく頂けるんですけどね~。

そういえばよく屋台で「大たこ焼き」ののぼりを見ますけれど、
それってたこ焼きの玉自体が大きいってこと!?
それとも中の蛸が大きいの!?






長いボロ市会場ですが、ところどころで売っている甘酒。
やっぱり寒い季節の開催ならではですね。
甘酒
一応この甘酒、ボロ市で一番古くからある
とうたっていましたが…真実を確かめるすべはなし。

なんせボロ市自体400年以上の歴史がありますからね。






よくお祭りで見かけた「シャーピン」、実は食べたことなかった。
シャーピン屋さん
一応中華料理の部類に入るんですよね。


初めて実食してみました。
シャーピン
なんて言うか餃子の生地を厚くしてぺシャっと潰した感じ。
…感じと言うかそのまんまです。
中の具も餃子のタネそのもの。




ちなみにボロ市名物グルメと言えば「代官餅」。
いつも大行列で寒空の下1時間以上待つという話も。
今年もあまりの行列で断念…
以前に一度だけ買えたのは雪の寒い日だったかな。

やっぱり出来たてのお餅は美味しいですけどね、
1時間並ぶ価値があるかは…人それぞれかなぁ。




寒い冬のそぞろ歩きにはこれも嬉しい、ホットワイン。
ホットワイン屋さん
こちらはリンゴのホットワインだそうで、
写真の赤大根みたいなのはトッピングのリンゴ煮スライス。


ワインはちょっと酸味が強めだったかなぁ。
りんごのホットワイン
もっとシナモンとか香辛料がたっぷり効いているのが好き。







今回はボロ市ではそこまで食べ歩きをせずに終わり…

バスで渋谷まで戻って東横のれん街の
「LES DEUX MAGOTS PARIS (ドゥ マゴ ベーカリー)」の
イートインスペースで軽食タイム。
フランクフルトと珈琲
ベーカリーに併設されている小さなカフェスペースですが、
ドリンクは結構いいお値段してました…。
コーヒー410円に、カフェオレ・カプチーノは480円。
喫茶店と考えれば普通のお値段と言えばそうですけどね。



厚切りトースト260円も頼んじゃった。
厚切りトースト
バターが染み込んだふわっふわのパンはやっぱり美味しい!
オーダーしてからトーストしてくれるのでパンの匂いも至福。

ちなみにジャムはマーマレードかストロベリーから選べました。
VIRONみたいに瓶で高級ジャム付け放題
…って訳にはいきませんでしたが。



最後にちょっと気になったのが、ランチタイムパン食べ放題。
パン食べ放題メニュー
それぞれとても小さく切られてバスケットに入っているので
(色々な種類を食べられるようにとの配慮と思われますが)
試食と間違えそうになった父親だったのでした。




ボロ市ではたまに母親がびっくりするようなものを
買ったりしますが、(以前巨大な火鉢を買ったことも…)
今回は良くも悪くも収穫はなかったようです。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑わたし的には食べ歩きの収穫も少なめだったかなぁ。



2014.10.01 「雪月花」等々力渓谷

焼肉ランチの後のお散歩は
等々力渓谷まで足を延ばしてみました。
と言っても自由が丘から等々力まで
大井町線で5分ほどのご近所さん。

わたしは昔からちょいちょいマイナスイオンを頂きに
訪れていたのですが、旦那様との訪問は初めて。

緑の中に小川が流れ涼しさを感じられる
暑い夏の避暑にちょうどいい場所ですが、
もういつの間にやら秋の走りに…。


その日はいいお天気でうってつけのお散歩日和♪

等々力渓谷スタート地点、すでに都心とは思えない。
等々力渓谷



小川の横の細い小道をお散歩します。
人とすれ違うときはお互いの思いやり。
等々力渓谷
秋とは言えまだまだ緑が美しく、紅葉には程遠いですね。

小川の水はとても澄んでいて底までクリアに見えます。
小魚でもいるかなぁと思ったんですが、
大量のアメンボしか見当たりませんでした…。



途中こんな出会いも。
等々力の猫
猫に餌をやるなら去勢して、すぐに片づけて…などの
注意書きがあったので、ノラ猫ちゃんと人間の
いい関係での共存も色々と難しいものみたいですね。

わたしも可愛い~だけで餌をあげたくなっちゃいますけれど、
それこそそこに住む人達にも猫ちゃんにとっても無責任。






等々力渓谷でも…やっぱり食べ歩き。
実はここもお散歩のお目当てのひとつだったの。
渓谷の終着点、等々力不動尊への階段ふもとにある甘味処。
甘味処看板
この赤い傘が京都的な和の雰囲気。


お店のたたずまいも素敵。
外観
この真っ赤と言うか朱色の色って
なんでこうも日本の和を連想させるんだろう…。


お店の横には池があって日本庭園的な雰囲気も。
外観


外の赤いベンチで甘味と一緒にひと休みも素敵ですけど
まだ暑さの残る秋のはじめ、この時点ですでに
かなり蚊にぼこぼこにされていたので店内へ。

まさかのデング熱疑惑!? …シャレになりません。
ニュースに出ちゃいますよ、等々力渓谷でもデング熱発生って。





頂いたのは宇治金時700円
宇治金時
9月も下旬になると氷系の暖簾を下げているお店も多いですが、
まだまだ氷の冷たさが嬉しい暑さも残っています。



白玉あずきアングルでも。
宇治金時別アングル
たっぷりかかった苦みのある抹茶シロップは、
その苦みが小豆とよくあいます。
小豆もまた上品な甘さで控えめなところがわたし好み。

そこまで甘いものが得意でない男性にも喜ばれそう。


食べ進めていったら…
氷の中にも小豆が!
なんとふんわり氷の奥深くにも
小豆の塊が隠れているではないですか!
これは贅沢です~♪




旦那様と2人でしゃりしゃりひんやりと…
食べ途中


あっと言う間に綺麗にご馳走様。
完食
お皿などの返却はセルフ方式でした。







最後に高台にある等々力不動尊から見える緑。
等々力不動尊からの緑

都心にいると人の多さやせわしなさに息が詰まる…
とか言う話も聞きますが、こういうところも身近にあるんです。
大げさなレジャーや旅行に行かなくても、
すぐ近くの緑で癒されに行ってはいかかでしょうか。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑珍しく酒のない甘味の東京食べ歩き記事でした。
お散歩の途中のおやつって正に食べ歩きって感じですよね♪



2014.09.30 「べこ亭 自由が丘店」

クーポンサイト: ポンパレ
割引: 4,934円 → 2,100円(57%OFF)
内容: ドリンク1杯付焼肉ランチコース


いいお天気の休日、お散歩とセットで焼肉ランチのお出かけ。
松葉杖生活だった旦那様が自分の足で
散歩出来るまでに回復したなんて…それだけで嬉しい。

お散歩なんてなんら特別でない普通のことだけど、
怪我とか病気で不自由な生活の後は
その普通のことが普通に出来ることがありがたい。



お店は自由が丘駅から徒歩5分ほど。
所謂駅周辺の賑わっている通りからちょっと離れています。
外観
黒が基調のシックな…と言いたいところですが、
なんとなく郊外のファミレス的な雰囲気がするのは何故か。






ワンドリンクはアルコール含め好きなものが選べますが、
もちろん焼肉ですから、昼からビール♪
エクストラコールドと瓶ビール
エキストラコールドとエビスの瓶ビール、
小さいサイズのランチビールじゃないのが嬉しい。

「瓶ビールの方が量多いんじゃない?」
「じゃあ生と瓶1つずつ頼んでシェアする?」
なんて会話を店員さんに隠れこっそりしていたのは秘密。
ちなみに瓶は中瓶サイズだったので量的にはこっちに軍配。






焼肉ですから、テーブルの前には焼き網がありますが…。
焼き石?
網の下には焼き石のようなものがあっていいなぁ
…と思ったらその下からガスの火がガンガンについてる。
石は雰囲気演出で実は普通にガス加熱??






ナムルとキムチ+なぜかかぼちゃサラダ
ナムルとキムチ
キムチもナムルも素材重視のあっさり系。
一番印象に残ったのが右端手前の多分しめじのキムチ。
しめじと辛み味噌を和えているような感じで、辛みも強め。
初めて食べるキムチですけれど美味しかったです。

かぼちゃサラダはかぼちゃの甘みが全面に出ていて、
美味しいけれどこのセットとはちょっと合わないかも??

…と思ってましたけど、そういえばこちらのお店
お肉だけでなく有機野菜も売りだったんですよね。
確かにかぼちゃは甘みが強く味が濃くておいしいもの。


そして更にそれを裏付けるのが…
サンチュ
たっぷりのサンチュ! この盛りでなんと1人前。
もちろん肉を包むための葉っぱですが…
後々肉の枚数より多かったことが発覚!

瑞々しいサンチュなのでそれだけでも美味しいですけどね。
どんだけ野菜押しですか…(笑)






でもやっぱりメインは肉!
焼肉
焼肉8種盛り合わせは以下の通り。
① 雌牛和牛カルビ
② 雌牛和牛ロース
③ ハラミ
④ 豚カルビ
⑤ トントロ
⑥ ギアラ
⑦ レバー
⑧ マルチョウ
美味しそう~…でもこれで2人前はちょっと寂しいかも。
(1種1切れなので、野菜の盛りと比べると…)


ホルモン大好きですけれど、
ビジュアル的にやっぱり惹かれる赤身肉(①、②、③)
精肉
赤身の色と刺しの入り具合が美しいですね~。


赤身系のお肉は見た目に違わず美味しい柔らかいお肉、
ギアラの歯ごたえや臭みのないレバー、ぷりぷりのマルチョウ。
どれも美味しい、美味しいからこそもうちょっと食べたい~~。
だってお肉もとっても薄切りなんだもの…もしやクーポン仕様??

いや、もうちょっと食べたい、食べ足りない…
くらいの量の方が美味しさが引き立つのか??





ランチですし、焼肉セットもね。
ご飯とわかめスープ
ご飯とわかめスープ。
でもランチとは言えビールが出てしまったら、
断然「炭水化物×焼肉」より「ビール×焼肉」なわたし。
ご飯は育ちざかりの旦那様にご進呈しましょ~。






焼肉の後はさっぱりとフローズンヨーグルトのデザート。
フローズンヨーグルト
フローズンでお口さっぱり、あったかいお茶でほっとして。




お肉はとても美味しくいい質のものを使っていると思います。
そして野菜も瑞々しくて有機野菜の名を裏切らない。
でもお肉の量的に主役が野菜に思えてしまって…。

味が濃く大きいサイズのサンチュは危うく
肉とバッティングするくらいの存在感でしたし(良くも悪くも)

もし正規値段で訪問してたら
もっと厚切りのお肉が頂けたのかなぁ。
でもポンパレギフト券も使って実質1,400円ほどの焼肉ランチ。
お肉とお野菜の質、そしてビールも飲めたことを考えれば
お店に頭が下がるくらいの満足ランチでした。








おまけ。
自由が丘の浅野屋さんでコロッケサンド300円購入。
コロッケパン
次の日の会社ランチに頂きました♪

近頃ハマっているメルヘンの野菜コロッケと違って
挽肉とお芋だけのシンプルなコロッケさんでした。
パンは全然ジャンルが違いますけどね。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑次回はお散歩中に見つけた食べ歩きグルメです。
地道に更新中、応援よろしくお願いします!