「ワイン食堂 Chat Gatto (シャ ガット)」神保町

2017.04.05.Wed.14:36
クーポンサイト: RaCoupon
割引: 5,000円 → 2,500円 (50%OFF)
※ RaCouponの割引チケット-700円利用で実質2,150円
内容: 飲み放題付きコース


前回400枚完売したと言うお店のクーポンが再販されたので
購入してみました、今回は200枚限定でしたが同じく完売御礼。

近頃自分エリア内(五反田・目黒近辺)のお店が続いていたし
久しぶりに少し離れた界隈での新規開拓が楽しみです♪

お出かけのきっかけをくれる意味でもクーポンっていいかも。


神保町の細い裏路地に佇む、隠れ家的な小さなお店です。
外観
ここもクーポンが無ければ一生ご縁がなかったであろうな…。



厨房を前にしたワインボトルが並ぶカウンターに落ち着きます。
カウンター席




飲み放題のビールはサッポロの”エーデルピルス”、初めて。
生ビール(サッポロ エーデルピルス)
高貴なピルスナーを意味する名前で確かに普段のビールと違う。
きめ細かい泡にフルーティで爽やかな味わいが美味しい~♪

多少クラフトビール寄りなワンランク上のビールと言う印象です。

ワイン食堂と言いながらも飲み放題でこのビールが出てくるし、
メニューを見てもワイン以外のドリンクにも力を入れてるみたい。






前菜3品 (パテカン・フリッタータ・魚のマリネ)
前菜3品 (パテカン・フリッタータ・魚のマリネ)
前菜と言うにはボリューミーな一皿にテンション上がります!

特に濃厚なお肉の塊のパテ・ド・カンパーニュ(パテカン)は、
普通にお肉を食べる以上に肉々しさを感じられる贅沢なもの。
大きなブロックサイズこれだけで赤ワインが何杯いけるか…。

ちなみにワインも自然派にこだわる美味しいものでしたよ。

フリッタータはイタリア風の玉子焼き、家庭的な優しい味わい。






自家製パン
自家製パン
パンはトーストされてあったかい状態で出てきたのが嬉しい。
ふんわり柔らかくてしっとりとしたパンは万人受けする美味しさ。






まだコースも序盤ですがどうしても気になったメニューを追加。
もつの白ワイン煮込み(フランス風) 600円
もつの白ワイン煮込み(フランス風)
大きな豚もつ達がごろごろと、色んな部位を使っています。
柔らかなくにくに食感を基本にむちっとした食感など楽しい。

よくあるトマト煮込み(それもメニューにありましたが)と違って
白ワインの優しい味付けは豚もつ独特の風味も残しています。
臭みと言う訳ではなくある種のクセ、もつ好きにはむしろ歓迎。

お皿にたっぷりのもつ、これでこのお値段は大衆酒屋並みかも。
同じ”もつ煮込み”でも居酒屋さんとは全くものが違いますけど。






旬の今治野菜を使用したフリット
旬の今治野菜を使用したフリット
空豆のような春の食材から、あまり見ない真っ赤な人参など様々。
ふんわりとした衣に包まれたお野菜達はどれも甘みが強いです。

今冶野菜はフリットにしても水分をたっぷり含んでジューシー。
産地だけではなく鮮度も売りであろう瑞々しく甘いお野菜達。

軽い衣にお野菜のフリットは盛り沢山ながらもたれないです。






本日のパスタ:キャベツとしらすの手打ちパスタ
本日のパスタ:キャベツとしらすの手打ちパスタ
まずしらすがスーパーで見るようなものよりかなり大きくてびっくり。
小さなお魚なれどこれならしらす単体で魚のお味を楽しめるくらい。

そんな大きなしらすの塩気をアクセントに甘いキャベツが引き立ち。
そして太麺の手打ちパスタはもちもちっとして存在感があります。






国産豚 ポークカツレツ
国産豚 ポークカツレツ
平たく叩いた豚肉のカツレツはお野菜が乗ったサラダ仕立て。
たっぷりのダイストマトにルッコラでカツレツもさっぱり頂けます。

さくさくの衣はもちろん、トマトの水分を吸った衣もまた美味しい。
薄く伸ばされた豚肉と衣を考えればこれもハムカツの一種かも?

フルコースのメインにカツレツはこのお年頃にはキツイかなぁ…
と思っていたのも全くの杞憂で最後まで美味しくペロリでした。






本日のデザート:プリン
本日のデザート:プリン
手作り感のあるプリンはなめらかで上品な甘みが美味しい。
カラメルソースも甘い中にあるほのかな苦味が大人味です。


美味しいデザートはせっかくならば食後の珈琲と堪能したい。
追加注文で珈琲は2種類、モカとナポリそれぞれ390円。
追加注文のコーヒー
モカは圧力式で、ナポリはドリップ式と入れ方自体違うんです。

モカとナポリどっちがどっちだか失念してしまいましたが、
一方が濃いエスプレッソ系でもう一方がマイルドな苦味でした。





一品、一品丁寧に作られたことを感じる美味しいお料理達。
外食ながらどこか家庭料理のような優しさも感じられました。

それにワインをはじめこだわりを感じるドリンクにも大満足。

ご夫婦か2人だけで切り盛りされていてお忙しそうでしたが、
これからも頑張って頂きたいと思う小さくも素敵なお店でした。
カウンターの黒猫
お店の所どころで見かけた黒猫ちゃんのモチーフ達。
店名の”Chat”はフランス語で猫、”Gatto”はイタリア語で猫だそう。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑猫好きご夫婦のお店かしら~と思うと可愛い感じですね。
ランキングにぽちっ、と応援よろしくお願いしますにゃー(笑)
スポンサーサイト

「天鴻餃子房(てんこうぎょうざぼう) 飯田橋店」

2016.03.29.Tue.18:59
美味しいお魚と和食を頂いた後…帰り道のトラップ。
お店入口
目に入ってきてしまった「餃子専門店」の看板、
これが寄らずにいられるだろうか、いやいられない(反語)

2軒目は張り切ってびーぎょ(ビール&餃子)行ってみよ~♪

店内は近隣のサラリーマン達なのかすごい賑わいです。
どうにか席を確保出来ましたが、ほぼ満席の人気に期待。



さすが餃子専門店、餃子だけでこれだけのラインナップ。
自慢の餃子メニュー



餃子を食べる前にとりあえずビールを確保です。
2軒目のビール
もはやビール抜きでは餃子は食べられないかも…。






一番の王道は外せない、元祖餃子 並盛8個 420円。
元祖餃子(並盛 8個)
お腹がぷっくら太ってボリューム感のある餃子です。
焼き目も見るからに香ばしいきつね色で美味しそう~。


いざ、頂いてみた断面図。
元祖餃子断面
皮は厚めでもっちりとしていて、具はとてもあっさりです。
ほとんどが野菜で肉の分量はかなり少ないと思われます。

これはもちっと香ばしい皮を楽しむための餃子ですね。
むしろ皮に対してあっさりの餡がいい脇役になってます。

でも皮が厚い分お腹にたまるぞ…と思いながらも、
これで2軒目のスイッチが入っちゃったんですよね(汗)






さくっとびーぎょのはずが…一品料理にも手が出てしまい。
蒸し鶏の特製辛みソースかけ 770円
蒸し鶏の特製辛みソースかけ
所謂「よだれ鶏」と同じ感じですね、辛味で食欲増進。
蒸し鶏って淡白なはずなのに辛味に負けない不思議。

でもニューヨークで食べた「Wine Chicken」(酔っ払い鶏)が
今のところ最強の中華の鶏料理です。
→「ニューヨーク食べ歩き旅行記⑥」参照。






まだびーぎょ行きます、海老にら餃子 並盛 4個 520円。
海老にら餃子(並盛 4個)
丸い形の餃子はこれまたぷっくらと太って大きいです。
皮もまた厚そうで肉まんと見紛うレベルかもしれない…。


でも2軒目調子に乗ってきて、負けじとかぶりつきます。
海老にら餃子断面
思ったよりは皮が薄くこちらはニラとえびの餡の存在感。
ニラ独特の香りにぷりぷり海老の食感がたまりません~。
海老は大きめの塊で入っていてぷりぷりを堪能できます。

ニラ&海老の組み合わせも美味しい王道ですけど、
そういえばどこから発祥したか思いつきが気になるとこ。






今さら食べるのかと言われそうな〆のラーメン 440円。
お手頃価格につられちゃったのよ~と言い訳して。
らーめん
シンプル・イズ・ベストのラーメンは澄んだ醤油スープに細麺。

優しいお味のスープと細麺はある種の別腹なのかも。
これだけ食べておいてなんですがほっと癒されます。

今までの例で言うとラーメンと言うより支那そばって感じ。





また、2軒目やっちゃったパターンですが美味しかった~。
瓶ビール2本にサワーも頼んで3,500円くらいだったかな。

家近で餃子と言うと大分お店が定番化していたので、
久しぶりに初めて行くお店でびーぎょ堪能致しました♪

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑我ながら丈夫な胃袋に感謝してご馳走様です。
食べ飲み歩きに健康な胃袋と肝臓は必須ですね!

「魚匠屋(ぎょしょうや)」九段下

2016.03.28.Mon.00:09
クーポンサイト: RaCoupon
割引: 6,800円 → 3,400円 (50%OFF)
(RaCoupon割引チケット-1,000円利用で実質2,900円)
内容: 飲み放題付きコース


魚三昧の和食料理を堪能して参りました~。


場所は飯田橋駅からは少し歩いて10分ほど。
飲食店が集まる辺りを外れて裏路地にひっそりと。
お店入口
細い階段を上がって2階、まるで隠れ家のようなお店です。
看板があるにも関わらずドアの前で「ここだよね?」と確認。

これクーポンなかったら一生訪れることなかったかも…。
宣伝を兼ねてクーポンを出すのも納得の隠れ家店。



店内もこじんまりとして小さく、落ち着いた和の佇まい。
居酒屋さんと言えばそうなのかもしれないけれど、
むしろ美味しい魚とお酒を嗜む大人の小料理屋と言う感じ。


とりあえずビールで乾杯はしましたが…
珍味三点盛りと小鉢
一品目がこれ↑なのですぐに日本酒に切り替えることに。
珍味三点盛り(左からたこわさ、チャンジャ、イカの塩辛)。

日本酒にもこだわるこちらのお店、クーポンには珍しく
新潟や愛知などの地酒4種類も飲み放題に込みです。

ビールの後はもっぱら日本酒をとっかえひっかえでした。
どれも口当たりがよくて飲みやすく、お料理との相性も◎。

小鉢は大根の煮物、素朴ながら上品な味付けです。
居酒屋のお通しにありそうですが一歩上を行く和の一品。






豆腐サラダ
豆腐サラダ
これはうーん、普通のゴマだれサラダと言う感じかな。
家でも切って市販のゴマだれドレッシングかけて作れそう。

それはそれで間違いなく安定のお味なんですけどね。






「魚」の「匠」のお店本領発揮はやっぱり、お造り五点盛り。
お造り五点盛り
アジ、〆サバ、本マグロ赤身、鯛、真イカの5種(多分…)。

銀魚2種が嬉しいし、〆サバはほぼ生に近いくらいです。
皮目がきらきら光るサバは脂が乗ってて美味しい~。

イカは新鮮ならではのねっとり感がたまりません。
水っぽくなりやすい鮪の赤身も濃いお味で鮮度主張。

さすが「魚」の「匠」の看板に偽りなしの鮮魚達です。





お刺身で魚介の鮮度が証明されたので、追加注文。
メニューの種類は少なめで王道和食を揃えた感じです。

せっかくなのでホワイトボードの本日のおすすめから。

イカげその網焼き 390円
イカげその網焼き
つやつやに光る生のイカげそを卓上の網で焼いていきます。
鮮度がいいので火を通し過ぎなくても大丈夫だそう。

この網焼き写真を撮り忘れたのがかなり悔やまれます…。
イカが網の上で少しずつ白くなってぷりんと丸まってく姿。

ゲソのぷちぷちまで美味しくて、イカの胴体じゃなくて
ゲソだけどむしろイカの美味しいどころ取りしていますよ。

スーパーでもお安くゲソが売られていますけれど、
この鮮度のイカゲソでこの値段はかなりお値打ちでした。






もう一品追加、天然魚の塩焼き(種類失念、汗) 590円。
さわらだったかなぁ、ブリだったかなぁ…。
天然さわら(?)の塩焼き
身はふっくらとしてジューシーで、脂もよく乗っています。
塩加減も魚の美味しさを邪魔しないくらいでちょうどいい。

魚の種類は失念したけれど美味しいお魚だったから良し!






小アジ南蛮漬け
小アジ南蛮漬け
これを揚げ物の一品とするには何か語弊があるような…
とは言え実際に揚げてから漬けるから揚げ物か。

優しい酸味と甘みで食べやすい上品な南蛮漬けです。
頭なしですが丸ごと食べる小アジはお魚の旨み凝縮。






そして今回のクーポンの目玉は…天然ブリしゃぶ!

旬は12月~2月で、旬を過ぎたら違う魚になりますと
予約時に言われていたのですが3月半ばのぎりぎりセーフ。
3月もまだまだ寒かったですしそれも影響してるのかしら。

お鍋が設置され…やってきましたブリ、すごい色です!
天然ブリしゃぶ
鮪の赤身に近いくらい赤いブリなんて初めて見ました。
血合いの部分なんてものすごい濃い赤の色です。

しゃぶしゃぶと言うには結構身厚に切られていますね。



お刺身でも食べられると言うブリは軽くしゃぶしゃぶでOK。
ブリしゃぶしゃぶ①


しゃぶしゃぶして~表面が色づく程度で引き上げ。
ブリしゃぶしゃぶ②
脂が乗り切った濃厚な魚のお味に悶絶~~。
旬の天然ものは違いますって、これは味を持って実感です!

表面だけ火が通りながらほぼ生の味のコントラストもいい。

お肉のしゃぶしゃぶだったらわざわざ外で食べるより、
スーパーでいいお肉買った方がお得って思いますが…
この天然ブリしゃぶはお店じゃないと無理。

初めてかもしれない旬の天然ブリ、味わい尽くしましたよ~。





〆はブリしゃぶのお鍋で雑炊。
雑炊
ブリ以外にも魚系の出汁を足して作っている感じです。
ふんわり玉子に出汁を吸った柔らかいお米に癒されます。






季節のコンポート、りんごでした。
りんごのコンポート
甘さ控えめでほんのりお酒の香りもする大人のデザート。






元のお値段6,800円は少し高いかなぁとも思いましたが、
なかなか食べられない天然ブリしゃぶを堪能出来て
美味しい地酒をたらふく飲んで…6,800円妥当なのかも?

今回はそれを半額以下で頂いて頭が下がる思いです。


板前さん1人、給仕さん1人のこじんまりとしたお店。

美味しいものを知っている大人(少し年配の方)がふらり
訪れる小料理屋さんと言う設定(?)が合いそうです。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑こういう上品で美味しいお料理を食べた後って
2軒目がっつりやらかしちゃうパターンなんですよね~。
そんな訳で今宵の宴はまだ続いちゃうのでした…。

「SPAIN bar Gracia (スペインバル グラシア)」神保町

2015.05.09.Sat.10:50
ポール・マッカートニーライブ、大盛況のうちに終了!!

興奮冷めやらぬままライブの語らいの場を求め、
後楽園から神保町の方まで彷徨ってきました。


ライブは22時前に終了、なんとポールは
2時間半近く歌いっぱなし…70代とは思えないです。


平日の夜、22時も過ぎるとラストオーダーのお店も多く…
そんな中見つけたのが翌2時まで営業と言うスペインバル。
外観
お洒落な雰囲気で、遅い時間にも関わらずなかなかの賑わい。


神保町周辺なんてほぼ来ることがないアウェイ。
近辺のお店の情報なんぞ持ち合わせていないので、
迷っていたらキリがない…飛び入りで入店してみました。


カウンター席でちょっと大人なバーの気分。
店内






お通しのパンは食べ放題…でもチャージ450円×2。
お通しのパン(食べ放題)
ふわふわでしっとり、少しの甘みとバターの香りが美味しい!

パン・ド・ミーとブリオッシュの中間みたいなパンですが、
ブリオッシュほどバターの主張が強過ぎずちょうどいいです。

1軒目使いだったら何度もお代わりしちゃってたと思うくらい。


今回は深夜の2軒目使い、その目的はお酒と軽食をお供に
ポールのライブを語らうことですからお代わり自重。






イカの香草オイル漬け 680円
イカの香草オイル漬け
香草→ハーブがかなりきいた大人味、つまりはお酒に合う。

強いハーブの味ってあまり好きではないのですが、
ワインと一緒に頂くとなんとも美味しく感じる不思議です。

イカも肉厚でハーブの主張に負けていません。






語らいのおつまみにはこのチョイスがベストでしょう、
タパス盛り合わせ 1,280円。
タパス盛り合わせ
左奥からポテトサラダ、スペインオムレツ、
魚の種類は失念しましたがエスカベッシュ、
サーモンのタルタルバゲット添えにオリーブ…と豪華盛り。

大きなお皿にお上品にちょっとずつ盛られるより、
この細いお皿にはみ出さんばかりに盛られてるのいいかも。

エスカベッシュ、要はお酢でマリネされてるのですが
お魚に脂がのっていたのでさっぱりだけじゃなく美味。

それぞれ小粒に外れなく美味しいぞろいでお得でした。






わたしたっての希望でお店の看板料理、
ラムチョップのグリル 480円を1本だけオーダー。
ラムチョップのグリル
ニュージーランドから冷凍されずに届くと言うラム、
ワンコインはかなりお買い得なお値段。

サイズも大き目で、中身は赤みが残るくらいのいい焼き加減。
脂身は少なめで肉肉しい感じのラムチョップ。
臭みもなくラム初心者でも美味しく頂けけそうです。

これも1軒目使いだったら2本頼みたかったなー。





飲み語らいしていたら終電を気にする時間になったのでお暇。
ビールとワインデキャンタを頼んで約6,000円のお会計。
高くもなく…安くもなくってところでしょうか。


お1人様の女性客もいて、なるほどここなら
落ち着いてお1人様飲みもできそうって思いました。

でもわたしにはお洒落過ぎるかも~、家近モツ焼きで満足。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑ライブ前後の飲み食いもひっくるめて満足な1日でした♪
ぽちっとランキングに応援よろしくお願いします!

「MAR-DE NAPOLI (マルデナポリ)」後楽園

2015.05.08.Fri.11:14
クーポンラーメンランチ後、いい日和だったのでお散歩。
散歩途中

原宿から本日の大イベント目的地、後楽園までロングラン。
途中寄り道しながらだったので3時間くらい歩いたかも。


その後楽園で何が待っているのかと言うと…
あのポール・マッカートニーのライブです!!!

わたし自身はライブとかにあまり興味がないのですが、
旦那様の方はポールのライブは夢のひとつだったようで。

お付き合いと言う形でひっついてきましたが、初ライブ、
更にはビートルズのポール、なんやかんやでワクワク♪




ライブ前の腹ごしらえはドームの隣のラクーアにて。
どこのお店もポールライブ前のお客さんで大繁盛。

軽くピザと1杯を目当てに入ったこちらもウェイティング。
外観



でも店内は広く回転も速かったようで10分弱で入れました。
店内






まずは今日のポールにかんぱーい!
生ビール
ライブへの景気づけの1杯です。






本日のカルパッチョ 1,100円
本日のカルパッチョ
とても色合いが綺麗な1皿です。

お魚の種類は聞きそびれてしまったのですが、
薄紅色をした身は淡泊すぎず適度な脂ののりで美味しい。
白身系と言うには脂ののりが良すぎるくらいです。

しゃきしゃきの野菜と脂のりのいいお魚がよく合います。

ライブ前だしビール1杯ずつねと決めていたけど、
思わず白ワイン頼みたくなっちゃったわ。






店名に「ナポリ」がついているからには
もっちり系を期待するピザは、マルゲリータ 1,030円。
マルゲリータピザ
ふっくらと膨らんだミミにいい焦げ目、まずビジュアルは◎。

モッツァレラが蕩ける中心部をくるっとミミに巻きつけて、
いざ頂いてみますと…もっちもち、トマトがジューシー!

すごいひきが強いタイプのもちもち度ではないですが、
ふっくらとしつつ充分に生地のもっちり具合を感じられます。

生地が美味しいところはトッピングは脇役スタンスですが、
モッツァレラ、トマトソースが生地とも美味しいバランス。

多分たこ焼きの次にピザにうるさいわたし達も大満足♪




観光地と言うこともあり少しお高めな印象でしたが、
軽く飲み食いして3,500円強のお会計。

ライブの時間が近づくとお客さんもさーっと引いてきました。
お店的にもポール需要だったんだろうな。




そしていざ、ポールライブ会場の後楽園ドームへ!
後楽園ドーム
さすがはドームほぼ満席のすごい集客力です。


初ライブ、そしてもちろん初ポール楽しんできました~☆
ポールライブ
…まぁ、ご本人は米粒サイズでしたけどね(笑)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑アルファベット表記だったので気にしていませんでしたが、
後々考えると「MAR-DE NAPOLI」→「まるでナポリ」ってこと?