2018.04.12 「丸亀製麺 ThinkPark店」大崎

お昼にちょっとと言うには微妙に遠くてなかなかご縁がない丸亀。
外観
目黒に「はなまるうどん」があるので、そちらは旦那様の御用達。


今回はうどんを食べに来たと言うよりかはかなり前から話題の
”大人の丸亀”30分飲み放題をチャレンジしにまいったのです!!


以前に話を聞いたときは1,000円で生ビール飲み放題でしたが、
今は多少値上がりしたものの焼酎などが増えてバージョンアップ。
30分飲み放題セット



飲み放題は変わりませんが3種類のセットでお料理が違います。
30分飲み放題セット
普段のわたし達なら絶対にC.牛もつ豆腐セットを選んでますが、
実はこの前0次会でもつ煮食べてたのでAとBのセットをチョイス。

A. うどんセット 1,200円
うどん(釜揚げ・ぶっかけ・かけ・ざる) or 親子とじ
B. あさりガーリックセット 1,300円

どのセットにも惣菜か天ぷらお好きな2品がつく大盤振る舞い。



注文カウンターに並ぶ天ぷら達、選べるのが悩ましくて嬉しい。
どれも美味しそうだけど、単価が高いのに目がいく貧乏性…。
注文カウンター(天ぷらブース)
どんどん揚げたてが出てくるので、揚げたて狙いもありですね。



基本的に飲み放題ドリンクはセルフ式ですが、列に並んでたら
店員さんがはじめの1杯は注文を取って持ってきてくれました。
1杯目の生ビール・鰆天・かしわ天
もちろん生ビールスタートで、ジョッキもキンキンに冷えてます。
選べる2品は季節もの鰆天(通常150円)と、かしわ天(通常140円)



2セットなら4品選べる、野菜かき揚げ(通常130円)とオクラ和え。
1杯目の生ビール・野菜かき揚げ・オクラ和え



そのまま列に沿って先にお会計、2人で2,500円ぽっきりです。

Aセットのうどんはいつ持ってくるか選ばせてくれるので後出し。
飲んでつまんでから、〆にうどんの流れを分かってらっしゃる♪

あさりガーリックは出来次第テーブルまで運んできてくれます。




まず1杯目のビールはあるとしても、しっかり戦場(笑)をチェック。
セルフ飲み放題ブース
ビールサーバーに乗せれば自動で綺麗な泡で注いでくれます。
ジョッキはお代わりの度に冷えた新しいものを使っていいそう。

焼酎は黒霧島(芋)といいちこ(麦)、お湯・お水・氷しっかり完備。
後はサーバーでレモンチューハイとハイボールもOKの充実度。

タイマーかけてからのスタートなので、先に作戦練っておきます。





タイマースイッチオンして30分スタート、まずはビール飲み干し!
即刻セルフで2杯目と参ります、この時点で5分経過してません。

飲みに没頭してると、Bセットのお料理あさりガーリックの登場。
Bセットのあさりガーリック
にんにくとバターがきいた洋風テイストもありながら和のお汁。
ボンゴレ・ビアンコの和風版と言うのがしっくりくるかもしれない。

あさりの優しいお出汁がよく出ていて、ほっこり癒しのスープ。

でも実はあさりの”身”そのものはあまり得意でなくて…(汗)
あさり自体は旦那様が担当、わたしはお汁でもいいつまみです♪

あさりやしじみって二日酔い防止にいいし飲み放題に最適やも!?





更には無料のかけつゆと葱、これもつまみになっちゃったり。
汁物もつまみになりますが、お腹タプタプになっちゃうのが難点。
無料のかけ汁+葱

そしてもちろんビールと天ぷら、これに間違いはないですね。
大きなかき揚げはさっくさくで重たくなく、野菜がとっても甘い。

季節ものの鰆天、白身がふっくらしっとりとしてて美味しいです。
かしわ天は脂身はあまりない鶏肉なのに柔らかでジューシー。





飲み放題途中でしたが、うどんもつまみになると判断して注文。
ぶっかけうどん 並 通常290円
Aセットのうどん(ぶっかけ)
見るからにコシが強そうな感じの、しっかりとしたしたおうどん。
表面もつやつやとしていて白いお肌が美しいです(羨ましい…笑)



それがこうなる、個人的に丸亀のいいとこNo.1 葱乗せ放題♪
葱好きにはこれは最高の贅沢、葱まみれうどんになりました~。
うどんに大量葱と生姜トッピング(無料)



おうどん、見た目通りこしがあってもちっとしていて美味しい♪
うどんアップ
つるっといっちゃってもよし、コシがあるからよく噛んでもよし。
小麦の風味もいいからもっちりもきゅもきゅ噛み締めてもよし。

シンプルだからこそお店の技が光るのがうどんの美味しさですね。



まず基本を楽しんでから…追加しちゃいましたオクラと温玉。
オクラはセットの1品から、温玉は70円で追加注文して投下。
更にオクラと温玉追加
うどんだけでも美味しいけど、黄身とオクラが絡むとまた旨い。
完全につまみ仕様になった感じ、新ジャンルビール×うどん。





そして飲み放題終了1分前…芋焼酎ロックでフィニッシュ!!
飲み放題最後になみなみ焼酎ロック
これ水割りじゃありませんよ、なみなみ注いだ濃いロックです。
この芋焼酎と残ったお料理だけでしばらく居座れちゃうくらい。


飲み放題結果発表:ビール7杯+3杯分くらいある焼酎ロック。
ビールは通常でも290円とお安いですけど、それでも元取った!!


時間制限あると心理的に急いで飲んじゃうのは良くないけど、
お得だし美味しいしエンターテイメント性もあって楽しかった♪
店内
”大人の丸亀”利用されてるサラリーマンの方多かったです。
うどんでお酒も楽しめるとは、”大人”になって良かったなぁ。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑自分が言える口ではありませんが、飲み放題はホドホドに…。

スポンサーサイト



久しぶりに酒なしのグルメ、しかも女子っぽい、本当に珍しい(笑)
外観
駅ビルやデパ地下ではお馴染み、三角サンドイッチの人気店。


以前にもご紹介したことがありますが、もっぱら惣菜サンド縛り。

それも美味しいですけどこちらの人気はやっぱりフルーツサンド。
ずっと惣菜派でしたが、ここのところフルーツサンドブーム到来。

激務に忙殺されているから甘いもの求めてるのかもしれない…。


甘夏生クリーム 367円
甘夏生クリーム
丁寧な手作りサンドは甘夏の形も揃ってて見た目も可愛らしい。
このサンドイッチ食べてるくまちゃんも名前の通りメルヘンよね。


甘夏は果汁が瑞々くて、甘みと酸味のバランスがいいです。
酸味が少し強めくらいが生クリームのこってりとも相性がいい。
甘夏生クリームアップ
こってりと言ってもそこまで重くないクリーム、甘さも控えめです。
あくまでフルーツの甘みを殺さず活かす名脇役の生クリーム。

白パンはしっとりふわっと、パサパサもせずべちゃっともせず。
生クリームはパンに果汁を染みこませない効果もあるのかも?

ちなみにこの三角の断面だけじゃなくて、中にも甘夏いますよ。


すごい甘い、甘ったるいのは好きでないのでちょうど自分好み。
この甘夏からフルーツサンドブームがスタートしたんだったなぁ。






甘夏いちご生クリーム 367円
甘夏いちご生クリーム
上の甘夏の半分がいちごになったバージョン、他は全く一緒。

マンゴー生クリームとか人気みたいだけど濃厚フルーツよりも
柑橘系×生クリームを求めてしまって似たようなラインナップに。


いちごもいい意味で甘さ控えめ、上品な甘みが際立っています。
生クリームがフルーツの甘みとかのバランスにも一役買ってそう。
甘夏いちご生クリームアップ
甘夏だけのもいいけど、2つのフルーツで楽しみが増えた気分。

季節ものなどフルーツも変わるので、他のも色々試してみたい。
…でもそう言いながらも柑橘とかさっぱり系フルーツに偏りそう。



ちなみにこの季節、いちごの種類にこだわったものもありました。
ただブランドいちご使ってるとお値段も高くなっちゃいますね…。

そこで、メルヘンからは離れますがこちらも手軽で美味しいです。

セブンイレブンのいちごサンド 298円
セブンイレブンのいちごサンド
こちらはしっかり甘みが強いいちご、大粒のがたっぷりで豪華。

カスタードも入ってますが甘さ控えめでいちごの邪魔しません。
むしろあまりカスタードを感じないくらいにいちごが甘みを主張。

これで300円切るんだからさすがはコンビニ、絶賛リピート中。
メルヘンのサンドの手作り的な優しさを求めるとちょっと違うけど。






オマケ:忙しい仕事の癒しは甘いものだけでなくて、にゃんこも♪
大体夜勤前の時間帯に会社近くの定位置にいてくれる子です。
会社近くのお馴染みモフられにゃんこ
なかなかカメラを見てくれない猫が証明写真のようなこのポーズ。

モフった後でそろそろ去ろうとした(遅刻する…)ところのこのお顔。

これはモフモフしてくれてありがとう、また来てほしいにゃの顔か。
それとも散々モフらせてあげたのに餌ひとつないのかにゃの顔か…。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑呑んだくれにはありえないくらい女子っぽいじゃないですか!?
フルーツサンド美味しいけど、基本は酒とつまみでブレませんが。



2018.03.26 「キリンシティ 大崎店」

東京の桜が満開になりましたね、わたし達は少しフライング。
目黒川の桜(五反田~大崎)
まだ八分咲きくらい、ソメイヨシノの儚い白に春の訪れを感じます。

目黒川は満開はもちろん散った後川面がピンクに染まるのも見物。

ちなみに目黒~中目黒の目黒川沿いは毎年すごい人出ですが、
五反田~大崎の間は人も少なくてゆっくり桜を楽しめる穴場です。

…ただ中目黒みたいに提灯とか出店は出ていないですけどね。



大崎駅側に近い目黒川沿いにあるキリン系列のビアレストラン。
路面店でテラス席付き、外で飲むビールもまたいいんですよね。
外観
10%OFFのDMが届いていたし、桜の季節だしでやって参りました。


まだ少し寒いけど、せっかく桜も咲き始めたしテラス席でビール。
ブランケットを貸し出してくれるサービスがありがたいです。

達人ブレンド(左) 560円・キリンブラウマイスター(右) 560円
達人ブレンド・キリンブラウマイスター
ビアマイスターが3回に分けて丁寧に注ぐ”ご馳走ビール”です。
グラスの上に泡が盛られているみたい、決め細やかな仕上がり。

ビールとしては色味の割りにどちらも軽めのすっきりと爽快系。
近頃クラフトとか濃いビールに慣れすぎたのかもしれないけど。

ふんわり繊細な泡と、苦味のバランスが絶妙なビール美味しい~。
今宵の1杯目に相応しいビールじゃない、これからロングランよ。






ビアレストランのオニオンリング 530円
ビアレストランのオニオンリング
オニオンフライではなくまるで天ぷらのようなふんわりとした衣。
ふわふわの薄衣が重たく感じさせず、玉ねぎの甘みが引き立って。

さくっとふわっと、甘みが美味しい、ケチャップの酸味も合います。
揚げ物でも重たくないし、手が進んじゃう美味しいビールのお供。



こちらはご馳走ビールが売りだけど、お料理もかなり力入ってます。
季節もののお野菜などを取り入れた季節メニューも充実してますし。

3月のマンスリーは春キャベツやスナップエンドウ、熊野鯛など。






9種スパイスのいいだこアヒージョ 980円
9種スパイスのいいだこアヒージョ
大好きなタコの中でも、大好きな小っちゃないいだこがたっぷり。

オイルはさらりとしていて、スパイスと魚介風味がついてきます。
いいだこのエキスが染み出てタコ汁化してるのかも、美味しい~。


いいだこちゃんもぷりっとして柔らかく、煮込まれ過ぎてない感じ。
いいだこアップ
少し生のような感触も残してるかのような、ぷりぷりのいいだこです。
煮過ぎると硬くなっちゃうだろうところ、この柔らかさは絶妙な加減。

足の部分から、小さな頭の部分までいいだこの全てを味う幸せ。
タコ好きさんにはマストチョイスの逸品、とっても美味しいです♪

一応脇役(?)のほくほくポテトもタコオイルをまとって美味しかった。
タコとポテトの組み合わせでスペイン料理のガリシア風に近いかも?






やっぱりまだ少し寒いテラス席、ビールも重めのものにシフト。
一番搾り<黒生> 520円・ハーフ&ハーフ(ラガー&黒生) 520円
一番搾り<黒生>・ハーフ&ハーフ(ラガー&黒生)
先のビールの方がプレミアム系で多少お値段も高かったけど、
個人的には重みとコクがある黒ビールの方が贅沢感を感じたり。

それに黒ビールは泡までも黒の風味が強くて好きなんですよね。
こちらの3回注ぎの滑らかで決め細やかな泡で黒の泡を堪能~。






シーフード☆じゃが麺 680円
シーフード☆じゃが麺
ここでまさかの〆もの…ではなくて、ビーフンに見えるけどお芋。
じゃが芋を細~く薄~くスライスして麺に見立てているお料理。


味付けも海鮮ビーフン的だけど、食べてみるとしゃきっとしてる!
じゃが麺アップ
見た目は麺なのにしゃきしゃき食感とお味は完全にポテトです。

これは初めてのじゃが芋の食べ方、不思議な感じだけど美味しい。
お芋のほくほく感じゃなくて、しゃきしゃき感を楽しむのは新しい。

しっかり味も付いててつまみとしてもいけちゃう不思議なじゃが麺。

〆の麺と違ってお腹にたまらないし、1軒目の”〆”にちょうどいい。






ビール飲んで少し肌寒くなってきたので、まずは1軒目ご馳走様。
ご馳走ビール5杯飲んで、10%OFFのDM使ってお会計4,400円程。

次はどこに行こうかなぁ、日も長くなって今宵はまだまだ続きます。
八分咲きくらい?

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑一年中お酒だけど、桜の季節のお酒はまた別枠扱い…?
仕事忙殺中、でも桜も酒も食も諦めないブログに応援お願いします!




久しぶりに両親と旦那様と家族4人揃ってランチしてきました♪
外観
大蔵省の父上だよりで高級中華、なんと個室でのお食事です。

高級中華ですが土日祝日に限って特別半額コースがあります。
6,480円→3,240円と、10,800円→5,400円になるお得な2コース。
(それでも高いですし、別途10%のサービス料がかかりますが…)

今回は非常に贅沢に通常10,800円のコースを頂いちゃいました。
旦那様のバースデー祝いも兼ねていると言うことで親に甘えて。



テーブルセッティングからして普段食べる中華とは違います。
テーブルセッティング




ビールで乾杯、父上はドライバーのためノンアルで…ごめんね。
生ビール(アサヒ)




季節の彩り前菜
茄子の揚げ浸し・エビの紹興酒漬け・蒸し鶏の辛み(山椒)ソース
季節の彩り前菜
どれも美味しかったですけど、特にエビちゃんが感動ものでした。
紹興酒がふわっと香る生のエビの身はねっとりして艶かしい。

更に頭の味噌が紹興酒に溶け出てエビ味噌紹興酒に科学変化。
エビだけでなく漬け込んだ紹興酒までエビ味と一緒に味わえちゃう。

どれも小さなポーションながら上品で美味しく期待膨らむ前菜。






気仙沼産フカヒレとタラバガニの中華茶碗蒸し風
気仙沼産フカヒレとタラバガニの中華茶碗蒸し風
黄金色スープの下には玉子豆腐が隠れてなるほど茶碗蒸し風。

とろみがしっかりした濃厚スープは餡かけと言った方が正しいかも。
このとろみの中にフカヒレの出汁が凝縮されていて…お、美味しい!!

上品で深みのあるスープと言うか…言葉足らずだけど美味しい!
滑らかで優しい味の玉子豆腐と濃厚なフカヒレ餡との相性も絶妙。

姿煮とはいかずともしっかりたっぷりとフカヒレが入っています。
フカヒレアップ
これを茶碗蒸しとするのなら最高級の贅沢版を頂いたようなもの。






炉式窯焼き 北京ダック(手前)・ローストダックのパイ包み(奥)
炉式窯焼き 北京ダック・ローストダックのパイ包み
高級中華でお馴染みの北京ダック、綺麗に包まれて出てきます。
こちらは上品に鴨の皮だけを使用、身がついてるのも好きだけど。

美味しいですが、正直タレ(甜麺醤)の味の印象が強いですよね…。
家でも鶏肉(皮をパリッと焼いて)と甜麺醤で結構再現出来ちゃったり。

パイ包みは鴨肉の他に切り干し大根(?)も入ってて凝った逸品。
さくさくのパイに鴨の旨み、しゃきしゃき食感が合わさって美味しい。






大車海老のチリソース煮
大車海老のチリソース煮
ぷりっぷりの身の弾力がすごい大エビ、殻を外すのには一苦労。

エビちゃんも美味しいのですが、それ以上にチリソースが絶品!
甘みと酸味が絶妙なバランスですくって舐め取りたいくらいに美味。

そしてそのソースをまとったエビも間違いなしに美味しいのです。






自家製点心(焼売)
自家製点心(焼売)
大きめの焼売はふんわりと柔らかく、肉々しくてジューシーです。
ここまでふわっとした焼売はなかなかお目にかかれないかも。






山形県大沢牧場豚とアワビの煮込み
山形県大沢牧場豚とアワビの煮込み
豚の角煮の上にアワビが乗っかっていると言う贅沢な逸品。

アワビは小さめでナイフも無かったので一口で頂いちゃった。
コリッとした食感にむっちりした身の感触…一瞬のことだったけど。

一方の豚さんはお箸でほろりと切れるくらいにとろとろで柔らか~。
脂の層が綺麗な三枚肉ですけどしつこくなくて上品な肉質です。



ソースをつけて頂いて下さいと言われて、マントウ(饅頭)
マントウ
蒸したて熱々のマントウはふわふわでしっとり水分を含んでます。

これせっかくならエビチリのチリソース用にも欲しかったなぁ…。






金華ハムと干し貝柱のスープ
金華ハムと干し貝柱のスープ
先のフカヒレがコースのスープかと思ったら別にやってきました。

具はほぼキノコのみで金華ハムや干し貝柱は見当たらないけど
でも飲んで分かる旨みやコクがきっとそれらの食材が成せるお味。

器がとても重くて傾けるのも大変、おかげで飲み干すのに苦労。
でも美味しいから綺麗に飲み干したいとレンゲと器と格闘する面々。






翡翠炒飯(ホウレン草チャーハン)
翡翠炒飯(ホウレン草チャーハン)
玉子の黄色とほうれん草の緑がまるで菜の花畑みたいで綺麗。
シンプルながら美味しさが光るこちらのお店の看板料理です。

所謂お米がパラっとした炒飯とは違ってしっとりとしてますが、
決してべチャッとしてる訳ではなくて混ぜご飯のように美味しい。

油っぽくなく優しい味付けでご馳走続きのコースの〆にぴったり。



炒飯のお供に搾菜(ザーサイ)、和食で言うお漬物感覚ですかね。
搾菜
市販でよくあるものより薄味・油控えめの繊細な搾菜、美味しい。






本日のデザート(杏仁豆腐)
本日のデザート(杏仁豆腐)
むっちりとして濃厚な杏仁豆腐、でも甘すぎず程よくさっぱり。
シロップに寒天タイプの杏仁豆腐より絶対こっちのが好きです。




2時間近くかけて絶品高級中華コース食べ尽くしました~至福!
お腹ぱんぱんでも、もたれる感じがないのは高級中華足る故か。

日常は赤提灯だけど、たまに高級店に行くと感動がありますね。
まだまだ両親の懐だよりの身ですけどいつかはご馳走する側に!

ちなみに土日祝日の半額コースはディナーでも提供していますよ。



いい日和で天王洲アイル水辺のお散歩も気持ちよかったです。
天王洲アイルの水辺

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑たまの贅沢グルメにもぽちっと、応援よろしくお願いします!



2017.09.13 「YEBIS BAR (エビスバー) 大崎店」

大崎にはキリン・エビスと大手のビールバーが2軒ありますが
キリンシティの方が屋外席があるので訪問頻度は多めでした。

やっぱり外の風に吹かれながらのビールっていいもんですし♪


今回はエビスの方に、大崎ニューシティ2階の飲食街にあります。
外観


9月の「日本旬紀行」、秋の味覚と言うお目当てもあったしね。
日本旬紀行





ビアバーならではタップから丁寧に注がれたビールで乾杯♪
エビス&エビス(ハーフ&ハーフ) 567円 ・ エビスビール 567円
エビス&エビス(ハーフ&ハーフ) ・ エビスビール
グラスなので量は少なめ、でも泡もクリーミーで美味しい~~。
1杯目でぐびぐびいっちゃうけど本来ならもっと味わうべきよね。

ちなみにハーフ&ハーフはエビスとプレミアムブラックの間の子。



ふとコースターを見ると濡れた部分にエビス様が浮き出てる!!
コースターに浮かび上がるエビス様
粋な演出が嬉しい、それにエビス様ですからおめでたい気分。






秋刀魚のカルパッチョ 810円
秋刀魚のカルパッチョ
ビール以外でのお目当ては秋の味覚、今年初の秋刀魚です!!
鯵や鰯などの青魚大好きなので秋刀魚は秋一番のお楽しみ。

脂乗りが良くて、青魚独特の旨みを主張するサンマ美味しい~。
焼きとはまた違う、とろけるような生のサンマの脂身が堪らない。

シンプルな和風のドレッシングはサンマのお味を邪魔しません。
オニスラと一緒にさっぱりと、それもサンマの脂を引き立てます。

幸先の良い美味しい今年の秋刀魚スタートにご満悦なのでした。






エビス 華みやび 734円 ・ エビスプレミアムブラック 567円
エビス 華みやび ・ エビスプレミアムブラック
華みやびは今年新発売されたエビス初のホワイトビールです。
「華」と付く通りフルーティーで華やかな味わいのヴァイツェン系。

気に入って家でも缶で飲んでいますが生で頂くとまた違いました。
フルーティーさとか風味とか缶と比べちゃうと生は郡を抜いてます。

生で飲んで華みやびの美味しさをちゃんと知ったような気がする。



ちょうど華みやびのキャンペーンをやっていてくじを引いたら…
※ 華みやび1杯注文につき、その場で1回くじを引けます。
華みやびのキャンペーンくじで1等!
なんと1等の当たり、500円割引サービス券×2獲得致しました!
旦那様が引き当てましたが日頃の行いかしら…どうかしらね(笑)






知床鶏のチキンバスケット 842円
知床鶏のチキンバスケット
ごろっと大きなサイズの唐揚げが4個、もちろん揚げたて熱々。
食べる前から片手にビールを用意したくなるビールのお友達。


衣は薄くて素揚げに近いくらいですが外はカリッとしています。
そして中はお約束の肉汁じゅわ~っときて柔らかなお肉です。
チキンアップ
知床鶏さん、肉質はしっとりとして上品で脂もしつこく感じません。
近頃唐揚げ欲が著しい旦那様もこれは美味しいやつだ、と認定。

ボリューミーですがビールと一緒にかる~く頂けちゃいましたよ。






エビス 華みやび 734円 ・ エビススタウトクリーミートップ 669円
エビス 華みやび ・ エビススタウトクリーミートップ
生の華みやびが美味しくてお代わり、2回目のくじはハズレ…。

スタウトは華みやびとは対照的なずっしりとした重厚な黒ビール。
泡がとてもクリーミーでコクがあってギネスと似ている感じです。

ゆっくりと飲んでスタウトの重みのような贅沢な風味を味わいたい。
先のプレミアムブラックよりも黒ビールで言えば絶対こっちです。






秋茄子と秋刀魚の蒲焼 842円
秋茄子と秋刀魚の蒲焼
生でも美味しい、塩焼きはもちろん、そして蒲焼も美味しかった。

うなぎの蒲焼と同じ濃い目の味付けだけどサンマのお味は健在。
身はふっくらとして高級食材の鰻に負けないサンマの美味しさよ。

よく油がなじんでとろとろになった秋茄子もまた美味しかった~。
油のカロリーなんて気にしない、茄子と油の相性は最高ですね。






美味しいビールと旬のお供を頂いて、お会計は6,300円ちょい。
ビアバーやパブは概してお通し・サービス料がないのが嬉しい。

お会計のレジで1等の当たりくじを割引券と交換してほくほく♪
500円券×2枚
ふらりと寄って美味しいビール1杯飲んで去るのもありじゃない。
…とは言ってもビール1杯で済むようなわたし達でありませんが。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑では問題です、この中に何人エビス様が登場したでしょうか?