修善寺に旅行した際に出会って以来の長いお付き合い、ベアードビール。

東京にいても絶品クラフトビールが飲めるタップルームは数店舗展開中です。
前に高田馬場のお店に伺いましたが、今回は原宿竹下通りのお店に初訪問。
外観
竹下通りの所謂メインの通りから一歩細い路地に入ったところにあります。



階段を上って2階「BB」のロゴがお出迎え、美味しいビールが待ってます♪
入り口のBBロゴ



まだオープンしたばかりの17時過ぎでしたが、先客は白人さんが3名ほど。
それから1時間、お客さんは皆白人さんで何故か日本で日本人がアウェイ…。
ビアタップ
祖国を離れた外国人の方々のPUB使いと言うか社交場になっているような。





おまちかねのビール♪まずはいつもの定番と、原宿限定ビールを頂きます。
原宿エール ストロングペールエール(手前) Imperial Pint(500ml) 1,000円
スルガベイ インペリアル IPA(奥) 400ml 1,000円
原宿エール(手前)・スルガベイ インペリアル IPA(奥)
IPA(インディアンペールエール)はクラフトビールの中でも一番好きなタイプ。

もう一種IPAがありますが(帝国IPA)、こちらのが度数が高くて苦味が強く重い。
その分通常500ml 1,000円のところ400mlでお高め、でもそれに余りある贅沢味。

原宿エールはアルコールの味が強い印象、美味しいけど好みとは違うかな。

ビールで1杯1,000円と言うと高そうに思えますが、それだけの価値があります。
例えば普通の生ビール1杯500円として、その2杯分どころか5杯分以上の味わい。

ゆっくり味わって飲むから普通のビール3杯以上の時間もかけて飲みますしね。






高田馬場はビール×串揚げがコンセプトですが、原宿店はビール×焼き鶏。
海外から伝わったクラフトビールと日本の居酒屋的文化を合わせるのがいい。

手前から、ねぎま 200円・レバー150円・せせり 200円
焼き鶏(ねぎま・レバー・せせり)
写真では分かりづらいですが、1本がかなりボリューミーで外国人用サイズ??
特にタレか塩かとは聞かれなくて、ねぎまとレバーはタレ、せせりは塩でした。

ねぎまのもも肉は大きくて程よい肉の弾力、甘辛いタレが食欲を進ませます~。
レバーはとろりとまでは行きませんが、いい焼き加減で中は少しレア目な感じ。

せせりは柔らかくてとってもジューシー、脂っぽくないけど旨みがすごいです。

クラフトビール目当てで来ましたけれど、焼き鶏も抜かりなく美味しいつまみ♪






タップルーム餃子(3pcs) 450円
タップルーム餃子(3pcs)
ぷっくらと太っていて、焼き鶏に続いて餃子もひとつひとつがビッグサイズ。


かぶりつくと言う言葉がふさわしく…肉汁がじゅわ~っと滴り落ちてきます!
餃子断面
お皿に置いたなら肉汁の水たまり(汁たまり?)が出来るくらいの肉汁レベル。
でも小籠包に似た感じの肉汁で脂っぽさをあまり感じさせないお汁です。

大きいけど野菜もたっぷりの餡は重くなく、案外ぺろりといけちゃいました。

いつもびーぎょ(ビール&餃子)してるけど、クラフトビールと掛けた贅沢版。






ここで季節限定ものの黒ビールに移行、ベアードは季節限定もいつも充実。
ダークスカイインペリアルスタウト 400ml 1,000円
ダークスカイインペリアルスタウト
飲んでその重さと濃厚さに衝撃、大好きなギネスよりも美味しい黒ビール!!

それもそのはず1年間熟成させたと言う、時間を経て美味しくなったビール。
アルコール度数も10%とワインに近いくらい、そう言えばワインも熟成しますね。

ずっしりとしていてコクと言う一言では言い表せないような贅沢な重厚感…。


でも黒ビールは高田馬場限定の「馬場オートミールスモークポーター」が最強!
好みにはなりますが、黒ビールの中でも燻製された「ラオホビール」なんです。

それだけのためにまた高田馬場店に行きたいくらいのビール、宣伝しときます!






Beer鶏の唐揚げ 500円
Beer鶏の唐揚げ
Beerとつくのはビールに漬け込んでるとか?それとも単にビールに合うから?

衣の色の白い唐揚げ、お肉は比較的脂身は少なめですがとっても柔らか~。
胸肉も使っているのかもしれないけどパサパサ感はなくてジューシーです。

もも肉の脂じゅわ~の唐揚げとは違うけど、それでもやっぱりビールが進む♪






牛はらみ 300円・つくね 200円
牛はらみ・つくね
焼き鶏だけど牛も、まるで焼肉で食べるかのような柔らかで肉々しいはらみ。
つくねは軟骨のコリッと食感がポイント、ぷりぷりで自分好みのつくねでした。






初っぱなから肉系が続いたのでここらでお口直し、和風ピクルス 400円
和風ピクルス
酸っぱ過ぎず甘みとのバランスがいい上品なピクルス、優しい酸味でさっぱり。






次の一杯色んな種類で迷ったけど、結局スルガベイインペリアルIPAお代わり!
スルガベイインペリアルIPAお代わり






旬のもの、アスパラ天ぷら 400円
アスパラガス天ぷら
唐揚げも食べてからの揚げ物に躊躇したけど、たのんで本当に正解でした!!

太いアスパラが2本、ものすごい水分量で瑞々しくとってもジューシーです~。
アスパラの瑞々しさが勝っていて、全く揚げ物と言う感じがしなかったくらい。

根元の部分も筋っぽくなくて、しゃくしゃくと歯ごたえよいけど柔らかくて甘い。
とても立派で美味しいとこのアスパラ、旬の野菜の甘さに気付かされる逸品。








塩さば 500円
塩さば
脂のりのりのさばが贅沢に半身、炙られて風味も引き立ったさばの脂には…

速攻ダークスカイインペリアルスタウト(黒ビール)お代わりしちゃいました~。
とろけるようなさばの脂にずっしりと重い黒ビールは最高の組み合わせです。

ちなみに塩さばと言う割に塩気控えめで、身はふっくらとしててさば自体絶品。





クラフトビール4杯+お土産にボトルオープナー500円も買ってお会計7,900円。
このビールの質で、おつまみも美味しくて、コスパ良すぎです~(お通しもなし)
店内
ビール4杯だけとは言え度数も強いし、いい塩梅でほろ酔い♪いい気分♪






いい酔いで店を出て、昼間は行列していた竹下通りのお店に寄り道第一弾。
「CROQUANTCHOU ZAKUZAKU(ザクザク原宿店)」
CROQUANTCHOU ZAKUZAKU(ザクザク原宿店)


店の周りでみんなが食べてたのに倣って、ザクザクソフト(コーン) 450円
ザクザクソフト(コーン)


竹下通りをソフトクリーム片手に食べ歩きって年甲斐なく若者デートみたい☆
竹下通りで食べ歩きのソフトクリーム
ただこのソフトクリーム、生クリームかってくらいに乳脂肪分が高くてこってり。
甘みも強くて濃厚なので普通のソフトクリームよりかなりずっしりしたスイーツ。

美味しいけど旦那様と1つをシェアでどうにか…そこら辺やっぱり若くない(汗)






更に原宿から表参道へ抜けて、よく裏原宿とか言われるエリアで好物発見。
「笑たこ(WaraTako)」
笑たこ(WaraTako)
たこ焼きと来れば食べない選択肢はない、たこ焼きを愛する夫婦ですから。



ねぎたこ550円+コロナ 400円
ねぎたこ
熱々で生地はなかなかのとろとろ感、もうちょいとろ~り希望だけど美味しい。
先に贅沢ビール飲んできたけれどたこ焼きにさっぱりコロナもいいですねぇ。


そして今宵は長い飲み歩きデート、まだまだはしごして飲んできますよ~♪

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ  にほんブログ村 グルメブログへ
↑「馬場オートミールスモークポーター」飲みに高田馬場店にも行かねば!
ベアードビールのタップハウスは都心だと中目黒と馬車道にもありますよ。

スポンサーサイト


2017.02.19 「自然派グリルバル 原宿Hutte」

クーポンサイト: RaCoupon
割引: 6,000円 → 2,980円 (50%OFF)
※ RaCouponの割引チケット-700円利用で実質2,630円
内容: 飲み放題付きコース


クーポン日照りと言いながらも当たりクーポンも多いこの頃。
今回のクーポンもその例に漏れずに予想以上の大当たり。


お店は原宿の竹下通りから少し外れて落ち着いた通り沿い。
人気ラーメン屋さん「AFURI (阿夫利)」のすぐそばにあります。
外観



店名の「Hutte」は山小屋の意味でお洒落な木の空間です。
店内
奥にはテントを演出した席もあってキャンプ気分になれるかも。
わたし達は窓際のソファ席に落ち着いて外を眺めながらまったり。





飲み放題のビールはプレミアムモルツ 香るエール。
生ビール(プレミアムモルツ 香るエール)
クラフトビールとまではいきませんが濃い目で贅沢味のビール。

ワインも赤・白それぞれ2種類あったりと充実の飲み放題です。






タパス3種盛り (1人1皿での提供です)
タパス3種盛り
左から中華風ピクルス、プチトマトとモッツァレラのカプレーゼ
パクチーのオイルサーディン乗せと珍しい組み合わせかも。

自分好みで言えばパクチー&オイルサーディン、どちらも好物。
ドレッシングもなくただ乗せただけなのですがそれが美味しい。

中華風ピクルスはあまり見ない椎茸が意外にも美味しいです。






本日のHutteサラダは、豆苗と生ハムにお豆のサラダ。
さっぱりと爽やかなレモンドレッシングでヘルシーに頂きます。
本日のHutteサラダ
生の豆苗はしゃきしゃきとして美味しいけれど少し食べにくい。
葉っぱものと違ってうまくフォークに刺さらずまとめれない…。
豆苗をぴょんぴょん皿からはみ出しつつも美味しく頂きました。


ドレッシングのスプーンはよく見るとスコップの形、かわいい。
スプーンはスコップ型
この後に出てくるスプーンも全てスコップ型だったんですよ。






自家製燻製ローストビーフ & 燻製おつまみ盛り合わせ
自家製燻製ローストビーフ&燻製おつまみ盛り合わせ
このプレートの登場には思わずおぉっと歓声が上がりました。

燻製ラインナップはほたて、かまぼこが2種類にうずら玉子、
お肉パートは分厚いベーコンと赤身が美しいローストビーフ。

どれもこれも美味しそうな豪華品揃えにテンション上がります!

かまぼこは燻製の香りに身もむちっと詰まった感じがします。
ほたては貝の風味と燻製の風味が相乗効果で美味しい~。

うずら玉子は文句なしに美味しい、普通で買うと高いのよね。


そしてお肉のパート、この肉厚を知ってもらいたくてぱしゃり。
ローストビーフアップ
ローストビーフは燻製の香りは控えめながら肉そのものが美味。
赤身が残る柔らかいお肉は燻製で旨みを閉じ込められてるよう。

一方のベーコンもびっくり、こちらも柔らかくしっとりとして上品。
白い脂身の部分も多いのですが全く脂っぽさを感じないのです。
燻製することで脂も落ちるのか脂身を脂身と思わせない不思議。






牛すじと季節野菜のダッチオーブン煮込み
牛すじと季節野菜のダッチオーブン煮込み
大鍋で登場したのはたっぷり牛すじと人参のカレー煮込み。
かなりカレー味が強めなところがなんだかキャンプっぽいかも。

牛すじはごろっと大きなサイズながらほろほろと柔らかい。
すじならではのぷるっとした部分もとろけるようで美味しい~。

野菜はシンプルに人参のみですがこれまた甘くて美味しいの。

2人分にしては多いくらいの量ですがカレー味も食を進ませ、
よく煮込まれた牛すじがあまりに美味しく案外ペロリとご完食。






国産赤身牛ヒレ肉 & グリル野菜
国産赤身牛ヒレ肉&グリル野菜
ローストビーフですでに満足してましたが加えてステーキ!?
赤身と言えばこの頃ハラミをよく見ますがここはヒレ肉の贅沢。

脂身が少ない赤身のお肉はレア焼きで肉々しくって美味しい。
バルサミコソースがついてますがなくとも肉の味だけでうまい。

野菜達も脇役なんて言わせない焼いて甘みが増しています。


なんだか燻製盛り合わせから全部がメインに思えてきましたよ。






ダッチオーブンdeさくらごはん
ダッチオーブンdeさくらごはん
さくらごはんと言いますがさくら風味とか言う訳ではなくて、
薄味のお出汁がきいたシンプルな炊き込みご飯って感じ。

でもお出汁の色がほんのりと桜っぽい色にも見えるような?

優しいお味のご飯はボリュームコースの〆にぴったりです。
量的にも小さめのお茶碗の盛りがちょうど良かったです。






デザートまで抜かりなく、栗のジェラートとバニラアイス。
デザート(栗のジェラートとバニラアイス)
やっぱり特出すべきは栗、ものすごい栗の味が濃いです。
甘みも強いですが栗の風味が甘ったるい感じにさせません。

バニラアイスも負けじとこってり濃厚で甘いですけど、
トッピングのグラノーラがアクセントになって飽きないです。

甘~い濃厚なアイスはキャンプの美味しい栄養補給なのかも。





お料理のお味もボリュームも大満足、お酒もたっぷり飲んで。
雰囲気もよく至れり尽くせりのクーポン、ありがとうございました!

原宿の雑踏から少し離れて山小屋で美味しいお料理はいかが?
お店のインテリア

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑もはや進化型のクーポン??と言えるくらいのクオリティ。
掘り出し物クーポン見つけ隊、応援よろしくお願いします!



2016.10.06 「がブリチキン。 渋谷百軒店店」

クーポンサイト: ポンパレ
割引: 5,500円 → 2,700円 (51%OFF)
※ポンパレギフト券-1,000円利用で実質2,200円
内容: 3時間飲み放題付きコース


名古屋発のからあげのお店に突入して参りました~。
今、関東圏にも店舗を拡大させている急成長中のお店。

名古屋と言えば手羽先のイメージの方が強いですけど。


渋谷のお店はちょいといかがわしい界隈の中に出現。
外観
看板の鳥オヤジ(?)は「がブ吉」くんと言うお店のキャラ。
41歳のサラリーマンで妻に子供が2羽と細かい設定付き。

更には鳥なのに趣味がからあげ食べ歩き…シュールです。





お疲れ様の乾杯生ビールと枝豆。
生ビールと枝豆
ジョッキにがブ吉くんの顔、しかもビールの泡つけてる~。
このがブ吉くんジョッキ販売してないのかしら…。





セロりの浅漬け
セロりの浅漬け
さっぱりとセロリのしゃきしゃき食感が美味しい箸休め。
セロリ独特の苦味はなく苦手な人でも食べやすいかも。

これから唐揚げと対峙するのでこういう小鉢は嬉しい。
脂に弱いお年頃になってきましたからねぇ…。

そんな訳でからあげが来るまで少し取って置きましょ。






ピリ辛キューリ1本!
ピリ辛キューリ1本!
ごま油+醤油+一味で中華テイストのお漬物みたい。
そこまで漬かっている訳ではなく胡瓜の瑞々しさも健在。

これも唐揚げのお供の候補ですね、ビールにも合うけど。






メインのからあげは3種類、部位を選ぶことが出来ます。
からあげと骨付鳥のメニュー


からあげ3種MIX揚げ
わたし達のチョイスは左から、すなずり・ささみ・骨なしもも。
からあげ3種MIX揚げ (すなずり・ささみ・骨なしもも)
すなずりは砂肝のこと、思ったより大きくて食感がいい。
唐揚げとしてはあまり登場しない砂肝ですが美味しい~。

一番のびっくりはささみ、とってもジューシーなんです!
ささみって脂身が少ない分ぱさぱさしてるイメージですが、
それを覆すくらい柔らかくてじゅわーっと旨みがあります。

お店の人もうちのささみがジューシーなんですよと自信。
今までのささみ感を変える美味しいからあげでした。

骨なしももはこれぞ唐揚げの王様、間違いなく美味しい。
ささみと違い脂たっぷりの肉汁じゅわーがたまりません。

衣は薄めでからりと芳ばしくいい揚げ具合、
見た目のボリュームよりも重く感じなくてぺろりでした。

…それでもセロリ・きゅうりのインターバルは忘れずにね。






クリームチーズ奴
クリームチーズ奴
名前からするとクリームチーズなのか豆腐なのか…。
豆腐にしては濃厚で後味にチーズの風味がふんわりと。






がブ吉くんのタマゴ
がブ吉くんのタマゴ
マヨネーズの上に味付けうずら玉子が並んで可愛らしい。

…と思ったら実はがブ吉くんが産んだ玉子と言う設定!!
そもそもがブ吉くんがオスってとこで無理ありませんかね。






蒸し鶏ポン酢
蒸し鶏ポン酢
紫玉ねぎのスライスがたっぷり乗ってサラダ感覚です。

お料理のラインナップと順番がさっぱり・こってり、
野菜・肉のバランスがいいので食が進みますね~。
さっぱり続きは物足りないし、こってりばかりはキツイし。





ここで途中休憩、これはがブ吉くんのかぶりもの…?
ガブ吉くんのかぶりもの





明太ポテトチーズ焼き
明太ポテトチーズ焼き
ほくほくのポテトにたっぷりチーズと明太子のアクセント。
美味しいのですが思った以上にお腹にたまりますね。






さっぱり豆腐サラダ
さっぱり豆腐サラダ
クリームチーズ奴と蒸し鶏ポン酢とかぶってるような…。
でもこのさっぱりサラダが次のメインにちょうど良かった。






骨付鳥 (ひな)
骨付鳥 (ひな)
からあげに並ぶメインはひな鳥とおや鳥から選べます。
ひな:柔らかく食べやすい定番、おや:歯応えある通好み。

店員さんに食べやすく切り分けるか聞かれましたけど、
むしろ骨を持ってかぶりつきたいのでお断りしました。

外の皮はぱりっとして身からは肉汁が溢れ出してきます。
かなり脂が強いですけどそれだけの旨みが美味しい~。
少し黒っぽい色の身もあってそこも味が濃くて好みです。

骨付き一本2人がかりでもかなり食べ応えがあります。



下のお皿に脂てらてらの肉汁がたまってきたところで…

それにつけて食べるのが、銀シャリおむすび。
銀シャリおむすび
おむすびは塩味もついてなく、鶏の脂が味付けと言うこと!
脂×炭水化物…なかなか女子的には勇気が要るかも。

結局骨付鳥の肉汁で脂負けし始めていたので(汗)、
先に残しておいたきゅうりの醤油味で頂いたのでした。





お店の名物からあげに骨付鳥、看板に偽りなしで大満足。
それにサイドメニューも充実してお得なクーポンでした。

店員さんやお店の雰囲気も良くて楽しく美味しく二重丸。

帰り際お土産にがブ吉くんの金太郎飴をもらいました。
お土産の飴ちゃん
かわいくて未だ食べられずに残してあります。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑がブ吉くん以外にも仲間達(がブ吉フレンズ)もいます。
公式HPが面白いのでお暇な方は調べてみて下さい。




1軒目に〆ものがないのは分かっていたの。

2軒目ありきの前提で〆をどこにするかは
渋谷の雑踏の中抜かりなく目を光らせていました。



先日初訪問して感動した五反田の一風堂は閉店。
※五反田圏内に移転する情報もありますが、
今のところ時期など詳細は未定の模様です。

そんな折に渋谷で一風堂(らしき?)お店を発見。
看板
「SHIROMARU」→「白丸」と言えば一風堂の原点。

何故かローマ字表記だけど…
一風堂とは書いていないけど…

でも心に決めていました2軒目はここにしようと。



1軒目で十二分に酔っ払ってから深夜の訪問です~。
店入り口
酔っ払いが食券買うと調子に乗っちゃって
トッピングとか色々追加しちゃうものよね(同意求む)




2軒目でも乾杯行事は抜かりなく、瓶ビール(小) 380円。
瓶ビール
1軒目でもう大分たぷたぷになってましたけれど、
これがないと始まらないのが飲兵衛の性なのです。



五反田の一風堂ではなかったシステム、注文表に記入。
注文票
麺の量→2人で分けるので一番多い120g
80g ・ 100g ・ 120gから選べますが料金同じです。

麺のかたさ→普通
普通が一番柔らかいです、お腹に優しくと思って。

ニンニクの量→一番多い3個
この選択が命運を分けることに…。

2つで100円トッピング→きくらげ ・ ねぎ
他に食券で煮玉子100円とパクチー200円購入済。

注文表には英語・中国語表記もあったので
外国人のお客さんも多いんでしょうね。






シロマルベース 700円
(煮玉子追加+ねぎ増量+きくらげ+パクチー別添え)
シロマルベース
一風堂の「白丸元味」=英語で「シロマルベース」なるほど。
英語版になったラーメンの違いとはいかに。

何よりスープが白丸元味よりどろりと濃厚で脂も多め。

上品な印象が強かった一風堂の豚骨でしたが、
こちらはがつんとこってり系の豚骨スープです。

一風堂とはコンセプトが違うんじゃないかと思うくらい。



麺はぶれずに細いストレート麺です。
麺アップ



酔っ払いにはこってりスープも美味しいんですけどね。
とろりとしたスープ


でも個人的には断然一風堂の白丸元味に軍配です。
あのミルキーで繊細な豚骨スープに惚れたんですから。

英語版だけあって外国人受け良く仕上げたのかしらね。
それに渋谷と言う立地ですし若者受けもあるのかも?


余談: こってり豚骨に加えて自業自得はにんにく。
1軒目で「生にんにくの呪い」を受けてのにんにく増し。
「しろたれ屋」参照
翌日まで胸焼けならぬにんにく焼けに苦しみました…。





年甲斐なくオールナイトして始発で朝日を拝んだのでした。
徹夜後の朝日
シロマルベース渋谷店は始発まで営業してますよ~。
深夜のこってり豚骨ラーメンは危険な誘惑ですね。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
五反田一風堂の早い復活を願うばかりです。
新しい移転情報などありましたらご一報下さい!



2016.05.15 「しろたれ屋」渋谷

クーポンサイト: GROUPON
割引: クーポン価格2,280円 (割引率不明)
内容: 120分飲み放題付きコース


渋谷のセンター街ど真ん中にある「渋谷肉横丁」のお店。

名前の通り「肉」の専門店が集まっていて(24店舗も)、
ある種の食のエンターテイメント施設と言う感じです。


目指すお店はビル3Fの「肉横丁離れ」の中にあります。
肉横丁離れ入口
この中に複数の肉食店舗が入っているのですが、
お店の仕切りもなく「肉横丁」として総合受付する方式。

受付の店員さんがどの店か確認して客をさばいてくれます。


しかしお店に入る前の受付のところでハプニング発生。

店員さんによると「しろたれ屋」さんは業態変更したそうで。

今までとは提供しているメニューも異なるため、
クーポン利用客については予約を受けてから
別途クーポン用の食材を用意して対応しているとのこと。

…が、お店側のミスで違う店に予約が入ってたことが発覚。

つまりはクーポン用の食材を用意していないので、
クーポンのメニューが提供出来ませんと言う状況に。

そう言われてもクーポン期限内での再訪問は難しい…。

店員さんから提案された打開策はクーポンメニューとは
一部異なるものの大体同じ品数を提供することで折衷案。

むしろ何が出てくるか分からなくて面白そうじゃない、
とばかりに2つ返事でOKして無事クーポン利用となりました。


こういうハプニングは率先して楽しまなきゃでしょう!?




前置きがかなり長くなってしまいましたがやっとお店へ。
外観




待ってましたのビールで乾杯♪
とりあえずの一品はざくぎりキャベツサラダとポテトサラダ。
ざくぎりキャベツサラダ・ポテトサラダ
キャベツはゴマ油と塩で味付けされたシンプルなもの。
少し食べて、これから来たるお肉のお供に取っておく。

ポテトサラダはマヨは少なめ、なめらかで上品なタイプ。
ポテト以外の具はほとんどないこれまたシンプルです。

前に訪問した際のポテサラは挽き肉が練り込まれた
濃厚タイプだったので随分と方向転換した感じですね。






唐揚げ
唐揚げ
お醤油ダレがかかった唐揚げはとってもジューシー。
衣は芳ばしく揚がって、お肉は柔らかく肉汁がじゅわっと。

王道の唐揚げは王道に美味しくビールに最高でした。



ただ難点がお店の方も何を出すか悩んでいるのか
お料理がなかなか来ず、ここまでに20分程待ったかも。

おかげで空腹のお腹にがんがんお酒を入れちゃうわ、
料理が来たらでハイエナのごとくがっついちゃうわ(汗)






メンチカツ
メンチカツ
ハムカツとまでは行きませんがちょっと薄めのチープ感。
固めに揚がった衣とソースもなんだか駄菓子的感覚。

でもメンチ肉はしっかり肉汁でジューシーでいながら、
玉ねぎなどの野菜も入っていてそんなに重くありません。






みの
みの
ぷりっとした食感でかつ柔らかくて美味しいです~。

どちらかと言えば淡泊なのでタレでも合いそうですが、
臭みもない新鮮ホルモンだからこその塩で勝負かしら。

ちなみにどこの部位か調べてみたら牛の第一胃でした。






せせり
せせり
弾力があり、脂もしっかりついて食べ応えある串です。

脂身があると言うよりかこの部位に脂を蓄えてる感じ。
噛めば噛むほど中からじゅわ~と脂が染み出てきます。


せせりは鶏の首の部位、みのは牛のホルモンですが、
前のしろたれ屋さんは豚のもつ焼がメインでしたけどね。






もやしナムル
もやしナムル
揚げ物と肉の脂の箸休めにちょうどいいおつまみです。






名物しろたれ
名物しろたれ
さすがに店名がついた串は健在だったか。
くにくにした食感、脂、甘辛のタレに焦げ目、B級串最高!

タレが少し塩辛かったですが、それはそれでビールに合う。






追加注文、れんこんちっぷ 300円。
れんこんチップス
揚げたてではなく作り置きだったのがちょっと残念。
でもぱりぱりっと芳ばしくスナック感覚で手がのびます。

それにポテトフライを頼むよりもきっとヘルシーよね。
今更ヘルシーを気にするでもないですけど~。






追加注文の落とし穴、焼にんにく 500円。
焼にんにく(?)
にんにくを愛する旦那様のために頼んだのですが、
何も考えず丸ごと口に入れたら…なんとほぼ生だった!!

生のにんにく刺激が強すぎて口の中がぴりっと来ました。
さすがに食べられるものではなくお店の人に交換をお願い。


それでやって来たのが…
焼にんにく(作り直し)
アヒージョのようにオイルの中でぐつぐつしたにんにく。
でも今度は逆にかなり焦げ焦げ状態じゃないですか(汗)

食してみると外は焦げて火は通っているものの、
中はまだ微妙に生でほくほくには程遠い感じで…うーん。

もう一度頼むのも何なので食べましたけど、不完全燃焼。
正直言うとこれの金額は請求しないでほしかったかなぁ。
(クーポンで飲み荒らしたので言える立場でないですが)





元々のクーポンメニューで「もつ煮込み」と「生厚揚げ」が
食べられなかったのは残念でしたが総じて満足、満足♪

何が出てくるか分からないわくわく感も楽しかったりで。

結局「しろたれ屋」さんの業態はどう変わったのかしらね。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑そして続きましては〆のラーメンへと参りまーす。
しかしここでの「生にんにくの呪い」が2軒目でも…(続)