2017.08.29 「ふわとろ本舗 恵比寿店」

前から気になっていた鉄板焼き系のお店に初訪問してきました。
お好み焼きでももんじゃでもない、お店の看板「ふわとろ焼」とは。


恵比寿の飲食街の路地で見つけたまるで古民家のような佇まい。
外観


店内は少し暗めの照明に和テイストの落ち着いた雰囲気です。
店内
カウンターもありましたが鉄板付きのテーブル席に通されました。




飲む気満々、はじめから二刀流で店員さんも少しびっくりしてた。
生ビール 580円 + 赤ワインボトル(バリアッジョロッソ) 2,800円
生ビール(エビス)と赤ワインボトル(バリアッジョロッソ)
ビールは嬉しいエビス、恵比寿のお店はすべからくエビスがいい。

赤ワインは一番安いボトルをたのみましたが十分に美味しいです。
一口目は渋めかなと思ったけどさっぱりと脂ものによく合いました。

ビールもワインも料理に応じて使い分けるのがわたし達の流儀(笑)





付き出し300円@人は涼しげなところが夏らしい、ところてん。
付き出しのところてん
関西は黒蜜、関東は酢醤油で頂きますがこちらは関東風でした。
つるんとさっぱり、少し残しておいて食間の口直しにもぴったり。






すじポン 680円
すじポン
大根おろしとポン酢のさっぱりスープの中に牛すじが入ってます。
すじならではのぷるぷるを期待してたけど意外と普通の肉っぽい。

柔らかでほろりとした牛すじはポン酢効果か脂っぽさを感じません。
ただ美味しいけど小鉢だったのでコスパはあまり良くないかなぁ。






ぼんじり塩焼 780円
ぼんじり塩焼
ぷりっぷりのぼんじりは噛めば脂の旨みがじゅわ~~、うまっ!
ぷりっとした弾力にコリッとした食感もあってそして口に広がる脂。

ビールのつまみとしてもよし、脂を赤ワインで流すのもまたよし。

ちなみにあたためられた鉄板の上に置かれるので冷めません。






だし巻き 580円
だし巻き
色んなとこで食べられるだし巻きですが、ここのは絶品でした!

甘さは控えめでその分、玉子自体の優しい甘みを感じられます。
そして上品なお出汁の味がしっかりとしていてこれは美味しい~。

断面も美しい、ふんわりとしていて柔らかくぷるぷるとしてます。
だし巻き断面
玉子が優しく、出汁のお味も優しくて、癒しのだし巻きに幸せ…。






もやし炒め 380円
もやし炒め
お値段的にシンプルなものを想像してたら豚肉も入ってました。

ここでいい仕事してたのが水分を吸ってしっとりとした揚げ玉。
揚げ玉が醤油味も含んで所々でもやしと絡まりいいアクセントに!

しゃきしゃきのもやし、豚肉のお楽しみに隠しだねの揚げ玉も◎

もやし炒めくらい家で作れると思ったけど技ありの一品でした。






色々とつまんで参りまして、最後にお店の名物いってみましょ!
ふわとろ焼 600円 + 具材:たこ 380円
ふわとろ焼(具材:たこ)
丸くって結構厚みがあって、でもお好み焼きのようでいて違います。

ベースのふわとろ焼に具材・トッピングを追加するのが定番みたい。
選択肢は色々あって肉類や海鮮類から、チーズやもちなどなど。

おススメは意外なところでえび+グラタン…って想像つかない(汗)

わたし達は”ふわとろ”でたこ焼をイメージしたのでたこにしました。


ヘラを入れてみると、もう手の感触からしてふんわりを感じます。
ふわとろ焼断面
柔らかい生地をヘラですくいあげて頂けば…”ふわとろ”に偽りなし!
生地の大半は山芋なのかとろみがすごくて優しくとろけるようです。

ちょうどたこを入れたのでたこ焼きの中の部分だけ食べてるような。
前々からふわとろたこ焼きに愛を注いでたわたし達には好物の塊!

ふわっふわとろっとろだからお腹にも優しくてペロリといけちゃう。
うまーい、うまーいと言いながらあっという間に食べちゃいました。

〆のイメージで最後に頂きましたがつまみとしても全然ありです。
具材・トッピングを変えて2枚くらい食べるのもいいかもしれない。





生ビール3杯に、ワインボトル1本でお会計は9,200円とちょっと。

五反田の大衆酒場に慣れた身としては”恵比寿”価格ですけど
それでもふわとろ焼きに一品料理も美味しくて満足、満足です~。

古民家のような情緒あるお店でふんわりとろ~りに癒されて。
お店のロゴマーク

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑新しい食を発掘するのは食べ歩きの醍醐味ですよね♪

スポンサーサイト


2017.08.02 「鼎泰豊 アトレ恵比寿店」

仕事終わり、今宵ははっちゃけるぞーと恵比寿にくりだしました。
時間的に遅いスタートですがその分夜を徹する心意気で(笑)

まずは美味しいと分かっているものを軽くつまんで始めようか♪
外観
言わずと知れた小籠包の有名店、アトレの新館に入ってます。
行列が出来るお店としても知られてますが恵比寿は意外と穴場。


遅いこともあり21時頃で並ぶことなく、しかも窓際の特等席GET。
窓際のカップル席は恵比寿の喧騒を見下ろせるおススメの席。




生ビールも飲みたいけど、瓶もありよね…と悩んでのチャンポン。
生ビール(キリン一番絞り) 648円 ・ 瓶ビール(エビス中瓶) 756円
生ビール(キリン一番絞り)と瓶ビール(エビス中瓶)
瓶ビールはキリン・プレモル・エビスから選べるので絶対エビス。
ビールの好みもエビスだけど、何よりここは恵比寿ですからね~。





小籠包は注文受けてからの作りたて、しばし待って蒸籠登場。
小籠包の蒸籠


蒸籠の蓋をあけた瞬間のほわほわ蒸気に期待も高まります~。
小籠包 6個 908円
小籠包 6個
薄皮に中のスープが伺い知れるようなたぷっとしたお姿です。

皮を破らないよう注意してれんげの上にのっけて頂きまーす♪
お供の針生姜もお忘れなく、個人的には黒酢も外せません。


皮のすぼまったとこをかじると…肉団子とあふれる出るスープ。
小籠包断面アップ
肉汁のスープなんですがしつこくなくてむしろ優しく繊細なお味。
肉団子も肉の旨みは詰まっていながらも脂っぽくはありません。

薄皮と肉団子とスープのコラボは正にお口の中の口福です~。

ひとくちであっという間に無くなってしまうけどその美味しいこと…。
そのひとくちに繊細な美味が絶妙なバランスで構成されてます。

1人3個ずつ、つまりは3口でぺろりですが満足感は大きいです。






続いては少し贅沢をして、蟹みそ入り小籠包 6個 1,556円。
蟹みそ小籠包 6個
見たところ普通の小籠包とそのまんま変わりありませんね。


でもよく見ると微妙に蟹みその黄色っぽい色が見えるような…。
蟹みそ小籠包アップ


中身は蟹みそのっかってスープも心なしか黄色がかってます。
蟹みそ小籠包断面アップ
普通のより濃厚で蟹みそのコクがしっかりと主張したスープ!!

繊細な肉汁と海鮮の風味が融合して更に旨みがパワーアップ!
普通の小籠包が上品なお味ならそこに贅沢感を加えたような。

蟹みそ特有のクセ(風味)もありますが、むしろそれが好ましい。
熱々スープの湯気の中にもほわっと蟹みそを感じられるくらい。

ちょっとお値段はしますけど、これは外せない贅沢小籠包です。




生ビール・瓶ビール×2に、小籠包2品でお会計は4,600円程。
決して安くはないけれど、お値段に見合うだけの満足感です。

それにお通し・サービス料がないですから、軽い1軒目にもよし。

ちなみにスタンプカードがたまったので次回は小籠包6個無料♪
ポイントカード






アトレ1階に戻って閉店間際の「SHAKE SHACK」でプチ2軒目。
ShackMeister Ale 1Pint 830円 ・ Small FrenchFries 280円
SHAKE SHACKでShackMeister Ale & Small FrenchFries
「ShackMeister Ale」はNYにあるブルックリンブルーワリーが
SHAKE SHACKのためにブレンドしたビールで超美味しい~♪
一応はファーストフードで濃厚クラフトビールが頂けるだなんて。


まだまだ恵比寿の夜は長い、呑んだくれナイト序盤戦でした。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑でも今まで一番の絶品小籠包は…「上海食べ歩き旅行記




クーポンサイト: PONiTS
割引: 3,000円 → 1,500円 (50%OFF)
内容: 3,000円分の飲食券


普段飲み放題付きのクーポンを購入することが多いですが、
今回は久しぶりに金券的なクーポンで飲んで参りました。

※ 旦那様断酒中につき飲み放題負けしちゃうため…
我ら夫婦が飲み放題で負けるなんて今まであり得ない(泣)

1名につき1枚クーポンを利用出来るので2枚購入して、
3,000円で6,000円分飲み食い出来ると言うことになります。

いいところは自分で食べたいもの飲みたいものを選べるとこ。



お店はまるでイギリスに迷いこんだかのような素敵なパブ。
…外観を撮ったはずなのに写真が消えていてショックです。
コースター



17時~19時まではハッピーアワーでドリンクが全品20%OFF。
クーポンを使っていてもハッピーアワーは適応OKなんです♪

フレッシュグレープフルーツジュース 800円 → 640円
ブリュードック エルビスジュース(IPA) 1pint 1,200円 → 960円
グレープフルーツジュース ・ ブリュードック エルビスジュース(IPA) 1パイント
グレープフルーツジュースを使った爽やかなクラフトビール。
ジュースは製造工程で使われているので完全なるビールです。
(ジュースでビールを割っているとか言う意味ではなくて…)

そもそもIPA(インディアンペールエール)が好きなんですけど、
更にグレープフルーツのほのかな香りと苦味が効いて美味しい!

甘さは全くなくてむしろ苦味が強めに出ている大人のビール。

旦那様とこの美味しさを分かち合いたかった…と心残りです。






フライドポテト 600円
フライドポテト
厚切りのポテトは外はさくさく、中はほくほくで美味しいです。

山盛りのポテトフライですが冷めてきても美味しく手が進みます。
油っぽさもなくて、いい油で揚げてるんであろうと分かるくらい。

ケチャップもよくあるものよりトマト感が強くてもしやの自家製?






砂肝のコンフィ 600円
砂肝のコンフィ
ココットにたんまり入った砂肝はどれもひとかけが大きいです。
おつまみ的に出来合いかと思っていたらほんのりあたたかい。

ぷりぷりの砂肝は程よい弾力がありながらも柔らかく美味しい。
大きい分食感もよく堪能できて砂肝好きにも満足の一皿です。

600円でこの量・この質の砂肝を頂けるなんてかなりのお得感。

添えられたスティックでつまむのもお洒落でいいですねぇ。
コンフィはお洒落にスティックで






鶏白レバーのムース メルバトースト添え 900円
鶏白レバーのムース メルバトースト添え
綺麗な卵型に成型されたレバームースの登場です~可愛い。

ムースは滑らかで上品な口当たり、そして濃厚なレバー風味。
レバーを主張しながらもクセがなく甘みもあって食べやすいです。

こってりはしていないけど濃厚、ちびちびと舐めるように頂きます。

隣のメルバトーストは乾くまでかりっかりに焼き上げられたパン。
そのカリカリの食感と滑らかなムースとのギャップが気味よい。

なんだかパブのお料理と言うよりかフランス料理に出来てきそう。





濃厚なレバームースには赤ワインをあわせるのもいいけど、
せっかくのパブなので愛するギネス 1pint 1,000円 → 800円。
ギネス 1パイント
クリーミーできめ細やかな泡にコクのある黒ビール…うまい!
こちらもレバームースに負けじと濃厚なので相性がいいです。






ハンガリーの国宝 マンガリッツァカツカレー 2,300円
ハンガリーの国宝 マンガリッツァカツカレー
カレーはホテルで出てくるみたいに別添えで高級感あります。


早速カレーをかけてみまして…
カレーをかけて…


一気に全部かけちゃって美味しそうなカツカレーの完成です!
ただ後にカツにカレーをかけない方がカツ単体でも楽しめるし、
衣のサクサク感も損なわれなかったのでは…と気づいたりも。
カツカレー完成
カレーは辛さは控えめで、まず感じられるのが玉ねぎの甘み。
そしてその甘みの後に続くのは複雑なスパイスの辛味です。

一口目は甘いと思いましたが香辛料の後味が実は大人仕様。
色々なスパイスを配合しているであろうこだわりを感じます。
辛さでは勝負していないけど、スパイスの主張が大人用です。

カツは脂身が甘くとろけるようで旨みが強い豚肉さんです。
”マンガリッツァ豚と”言うブランド豚で柔らかくて上品な肉質。

衣は細かいものでサクサクに揚げられて豚肉を引き立てます。

カレーもカツも美味しい贅沢なカツカレーを〆にして大満足♪





クーポン分との差額のお会計は1,100円ほどで済みました。
(クーポン2枚分3,000円+1,100円で実質4,000円くらいです)

スーツ姿の白人男性方がビール片手に話し込んでいたりして
お店の雰囲気も相まってロンドンにでもいるような光景でした。
内観
でもイギリスよりも確実に美味しい食事が頂けると思います。

返す返すも外観の写真をご紹介出来なかったのが残念ですが
恵比寿でプチイギリストリップが出来ちゃう素敵なパブでした。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑今回のクーポン新規開拓も大成功、恵比寿でイギリス開拓。



2017.05.07 「エビスモンジャ!」恵比寿

恵比寿までぶらぶら歩きがわたし達の定番お散歩コース。
目黒から恵比寿まで山手線で1駅、歩いても30分かかりません。

それでも恵比寿に近づくにつれて雰囲気が変わってきます。
ガーデンプレイス辺りからなんだか華やかになってくる感じ。


グルメの選択肢も豊富な恵比寿、2軒目は東京発下町グルメ。
看板
月島のイメージが強いですが今や色んなとこで食べられますね。
でも恵比寿になるともんじゃもお洒落風なお店になっています。



1軒目でビールもワインも飲んだから…ジンジャーハイボール。
お通し300円@人は小さなココットに生野菜、ゴマドレ付きです。
お通しの野菜とジンジャーハイボール




もんじゃのメニューは七福神の名前を取っているのが可愛い。
店名の「エビスもんじゃ」はもちろん「ダイコクもんじゃ」とか。
もんじゃメニュー
もんじゃは種類豊富かつトッピングもあるのである意味無限大。
自分カスタマイズのもんじゃを作るのも楽しみのひとつですね。

ちなみに国境を超えて「アラビアータ」や「トムヤムクン」なる
もんじゃまでありましたが果たしてお味はいかがなものかしら…。




わたし達はダントツ一番人気と言う「ベンテンもんじゃ」1,200円に
※ベンテンもんじゃ: イカ・明太子・チーズ・桜えび・ベビースター
「もち」100円をトッピングで決まり(あまり冒険はしていないです)
ベンテンもんじゃ+もちトッピング
個人的にもんじゃで明太子と餅って外せない組み合わせです。




そしてここからが本番、自分で焼く楽しみももんじゃの醍醐味。
もんじゃ焼き①
♪もんじゃの(多分)一般的な作り方♪
① 出汁を除いた具だけを鉄板に入れて、土手を作ります。
② 土手の中に出汁を注ぎますが決壊しないように気をつけて。
③ 出汁がふつふとしてきたら具と一緒にしてぐちゃぐちゃ。

上の写真は②で土手が決壊して出汁が流れ出ちゃった状態。
コテで出汁を中央に戻そうと頑張ってるのが分かります(汗)


でも途中失敗してもなんやかんやでうまく美味しく出来るもの。
いや、見た目はいい訳でないですがこれでうまくいってますよ。
もんじゃ焼き②
焼き加減はお好み、わたしはおこげが好きなのでよく焼きます。


コテにぺったりと張り付けて熱々をしゃぶりつけば、うまーい♪
もんじゃアップ
とろりとしたとこも、パリッとしたおこげもうまーいってなります。
おこげの部分は塩気も強く感じられるのでおつまみにぴったり。

もはや餅とかベビースターとかどこいったんだって状態ですが、
それらが全部がぐちゃぐちゃに合わさったから出来たこの旨さ。

どろどろに混ざってもそれぞれの具の要素が活きているはず。

焼く過程から食べるところまで楽しくて、美味しいもんじゃ焼き。






注文を受けてから焼くので20分程度お時間頂きますとのこと。
エビスたこ焼(ソース味) 480円
どこでも「たこ焼き」のメニューがあったら頼まずにはいられない。
エビスたこ焼(ソース)
たっぷりの鰹節でたこ焼が見えませんが…一口サイズが7個。


外はふわとろ派も許容範囲のカリッと、とろとろ度は低めかな。
ひとつが小さいので中のとろーりが難しいのは仕方ないかと。
たこ焼アップ
好みのたこ焼とは違いますがちょうどいいおつまみ仕様です。






山芋のフワサク鉄板焼 600円
山芋のフワサク鉄板焼
山芋のとろろと、刻んだ山芋のコラボで”フワサク”の食感。
とろろ焼きは他でも見かけますが、刻み山芋入りは珍しい。

ふんわりとした山芋焼きはお腹にも優しくぺろりと頂けました。





その日のはしごは2軒目で〆まして、お会計5,000円弱でした。
それから腹ごなしに目黒までお散歩して帰るのも定番コース。

久々のもんじゃは美味しくて楽しくて、もんじゃ熱に火がつきそう。
我ら夫婦の好物、たこ焼き・ピザに続いてもんじゃも加わるかも?
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑もんじゃを焼いているお客さんみんな和気藹々とえびす顔。



2016.10.27 「亀戸ホルモン 恵比寿店」

ビール&つまみ→小籠包…の次は同じくアトレ西館内の
成城石井プロデュースのワインバー「Le Bar a Vin 52」を
狙っていましたがなーんとなくワイン気分じゃなくなって。

はしご酒プラン変更、思いっきり方向転換した結果がココ!
外観
亀戸にある行列必死のホルモン焼き屋さんの恵比寿店。

前に亀戸の本店に訪問した際は開店前から並びましたが、
恵比寿店は穴場なのか平日18時半ですんなり入れました。

それでも中は肉を焼き、肉を喰らう熱気に包まれています。




肉と来たら外せない生ビール 570円とハイボール 460円。
生ビールとハイボール





メニューにはずらり色々な部位のホルモンラインナップ。
メニュー
種類が多過ぎてどれを頼んでいいものやら…な方には、



ミックスホルモン 1,650円がオススメ。(塩か味噌ダレ)
こちらは店員さんの勧めに従って味噌ダレです。
ミックスホルモン(味噌ダレ)
色んな部位が2切れずつ入っているので色々楽しめます。

一体自分が何を食べてるのか分からなくなったりしますが、
それを含めて美味しく楽しいホルモン焼きなのです(笑)



早速、備長炭で熱せられた網で焼いていきまーす♪
ホルモン焼き♪
部位によって食感も違いますが基本脂が多いホルモン。
油断していると網がファイヤーするので氷で鎮火します。


でもその脂が焼くとぷるんと丸まってきて美味しそう~。
それに炭で焼かれたお肉の匂いも食欲そそりますねぇ。
ホルモン焼き♪
色んな部位を頂きましたがやっぱり脂をたっぷり孕んだ
マルチョウとかシロコロあたりに旨みを感じちゃいます。

他にもコリコリしたり、ざらっとしたり、クニクニしたりと
色んな食感のホルモンも楽しいんですけどね。
脂の甘みやこってり感の誘惑にはなかなか勝てません。


塩味も美味しいだろうけれどこってりホルモンには
こってりと甘辛な味噌ダレがお似合いだと思います。





一応お肉のインターバルとしてキャベツ 310円注文。
キャベツ
ただ滴るようにごま油がたっぷりかかっていますが…。
ホルモンとの相性ならプレーンなキャベツで十分かも。


それと旦那様はお供に麦めし 210円、わたしは芋焼酎☆





ミックスホルモンでほぼほぼ焼肉欲を満足出来たので、
最後に一品料理から煮込み 310円をはしご酒の〆に。
煮込み
こちらはモツの脂身を処理せずに残したままのタイプ。
お汁にもその脂が溶け込んでコクがあって美味しい。

煮込まれた根菜達にも癒されるバランスの良い煮込み。
モツもたっぷりでボリュームも十分、満腹・満足です~。





はしご酒3軒目はビール、ハイボール×2、芋焼酎×2。
(芋焼酎はほとんどわたしが飲みましたけど)
お会計5,000円お支払いして店を出る頃には外に行列。
お安くがっつり美味しいホルモンは納得の人気店です。


今宵は3軒でお開き、3軒通して主役はビールだったかも?
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑今回のはしご酒は意外と大人しく終わりましたかね。
〆のラーメンも抜きでしたし…〆のホルモンでしたけど。