FC2ブログ
2018.08.19 「恵比寿食べ歩き旅行記(?)」

グルメ大都市東京、東京にいながら世界一周グルメ旅も楽しめちゃう♪

今回は夜の恵比寿で世界食べ歩き旅行記、飲んで食べて参りましたよ!


恵比寿に降り立ち、まずは駅ビルの台湾から旅のスタートです「鼎泰豊」
言わずと知れた小籠包の有名店、日本国内でかなりの店舗展開しています。
鼎泰豊
ランチ・夕食時は行列していますが、遅い時間は結構すんなりと入れます。
わたし達は毎度ファーストオーダーがラストオーダー…と言われる時間帯。




そしてその時間だと、駅前のロータリーを見下ろせる窓際席の確率も高い。
プレミアムモルツ(中瓶) 720円
プレミアムモルツ(中瓶)
綺麗な夜景とは行かずとも華やかな恵比寿の街並みを見下ろしてビール♪
もちろん恵比寿ですから、この後抜かりなく”エビス”ビールも頂きましたよ。

こちらは瓶で言うとプレモル・エビス・アサヒ・キリン揃っていて同じお値段。






小籠包 6個 840円
小籠包 6個
注文してから手包み、一度皮が破れたから作り直しますと言われた手作り感。
綺麗に渦を巻いた薄皮の中に、たぷっている肉汁を思うと期待高まります~。



針生姜をのっけて、黒酢も少し、お汁を逃さぬようれんげの上にのっけてね。
小籠包アップ




焼けど必死の肉汁ですから、上をちょっとかじって…それだけで溢れます~。
小籠包断面
薄い皮とお肉の餡、でも何より小籠包の醍醐味はこの肉汁のお汁ですねぇ。
れんげの上の小さな一口なれどそこに含まれるお汁の美味は至福のお味。

きっとその一口の幸せに惹かれて世界で行列が出来る地位を確立したのね。
だってあっという間にぺろりの小籠包なんだけど、小さな点心の魅力半端ない。



とは言えどお値段高めですし…そんな訳でビールと小籠包でサクッとおさらば。
ここでそれが出来るのは高めながらお通し代を取らないところがかなり大きい。

ビール中瓶✕2本と小籠包6個だけ今宵の前菜がてら頂き、お会計2,500円弱。

まだまだ恵比寿世界の食の旅は長いですから、まずは台湾はご馳走様です。







続いての旅路は同じ駅ビルアトレながらニューヨークへ、「SHAKE SHACK」
SHAKE SHACK
こちらも言わずと知れたと言っていいのか、お高めのハンバーガーチェーン。
今やグルメバーガーもメジャーになって高い安いが分からなくなってくるけど。




緑色をベースとした店内、カウンターはディズニーのトゥモローランドっぽい?
近未来的な(?)レジカウンター



注文してから出来上がりを待つのは、よくフードコードで見かけるやつ。
フードコートによくあるブザー




出来上がりで登場した豪華セットは英語メニューラインナップで以下の通り。
ShackBurger 710円
Small French Fries 300円
ShackMeister Ale 860円
ビール付とは言えど、ハンバーガー屋さんで2,000円超えは高く感じます…。
ShackBurger & Small French Fries & ShackMeister Ale
高くともさすがのニューヨーククオリティ、まずはビールがすごいんです~!!
ニューヨークの醸造所「Brooklyn Brewery」とコラボしたビールは濃くて絶品。

日本でも話題のクラフトビール、その中でも濃くて苦みが強くてうまいと思う。
ビールで900円近くってクラフトスタンダードだとそこまで高くないんですよね。

それだけの味わいがあるビール、ハンバーガー目当ての方も是非お試しを。


ちなみに厚切りポテト小さいサイズでもかなりの量、そしてビールのいいお供。
たっぷりのケチャップとマスタードをディップしてジャンクに頂くのが好き。






主役のハンバーガーは緑、赤、黄色、肉色(?)の彩りからして美味しそう~。
ShackBurgerアップ
パティはぺったりとしていなくて厚みもあって見るからに肉々しさ満載です。



そして大きくがぶりの一口、うまっ!!となるのはパティはもちろんバランス感。
ShackBurger断面
炭火っぽい香ばしい香りのパティは見た目に違わず肉々しくってジューシー、
そしてそれとうまくバランスを取るのはトマトにレタス、チーズのアクセント。

パティが美味しいけど、バンズ含めてこれぞ完璧バランスのハンバーガー。
ボリューム派でもあっさり派でも好みとか別として美味しいって思えるような。

「ShackBurger」と商品登録されるのが納得するくらい考えられんだろう逸品。

…そして繰り返すもこの絶品バーガーはBrooklynコラボのビールと頂きたい。







台湾にニューヨークと堪能していたら駅ビルも閉店時間、夜の恵比寿の街へ。

見つけちゃったのは自宅で缶でも愛飲しているクラフトビールのアンテナ店。
旅行先としては日本の長野県でしょうか「YONA YONA BEER WORKS」
YONA YONA BEER WORKS
残念ながら閉店間際でフードは頂けませんでしたが、せめてクラフトを1杯。




テーブル席もありますが、手前のスタンディングならなんとクラフト1杯500円!
スタンディングで500円ビール
クラフトビール相場からすればかなりのコスパです、アンテナ店だからこそ?
更には18時まではハッピーアワーもあって250ml 300円で飲めるとかすごい!




店内はブリュワリーを模した内装で、とても洗練されたお洒落な空間です。
ブランドのイメージ作りにも一役かってるコンセプトショップでもあるのかも。
お洒落な内観




ヤッホーブルーイングが手がけるクラフトの豪華なまでのラインナップ。
ほとんどが缶ではお世話になっていますが、こちらではそれが生で飲める!
ワンコインクラフトビールのラインナップ




悩んだ末に選んだ2種、確か「インドの青鬼」と「サンサン」だったかなぁ(汗)
クラフトビール(確か「インドの青鬼」と「サンサン」)
インドの青鬼は缶のクラフトビールの中で一番好きなIPAだからのチョイス。
サンサンはあまり缶では見かけたことがなかったからチャレンジのチョイス。

インドの青鬼、重みと苦みとコクはお馴染みですがきめ細かい泡はさすが生。
そして缶の口から飲むよりも、風味や香りを強く感じるのか味わい深いです。

サンサンもエール系ですが、インドの青鬼より重くなく比較で言えばさっぱり。
それでも所謂ラガーよりもずっと味わいが群を抜いてる、クラフトクオリティ。



閉店間際にサクッと2杯飲んで1,000円ぽっきり、これはまた再訪せねばです♪








しばし夜の恵比寿を探索、日付変更線も近い頃合いに韓国へ「タル家」
タル家
ちょっと気になる佇まいと、食べログチェックで評価が良かったので突撃。




お通し300円@人は味噌キャベツ、赤ワインにシフトしてデキャンタ1,850円
お通しの味噌キャベツ+赤ワインデキャンタ
う~~~む、はしご酒するには”お通し”って非常にネックになっています。

キャベツもお代わり自由ではなかったので、これで600円は悩ましい出費。
さっきのクラフトビール屋さんなら美味しいビールが1杯飲めちゃうんだから。

でも今宵の世界旅コンセプトで言えば、チップがないから許される範囲か。
以前ニューヨークでお洒落なバルに行ったらチップだけで20ドル超えたし…。






タコ&アボガドのピリ辛ムッチム 650円
タコ&アボガドのピリ辛ムッチム
むっちりとしたタコと、こってりとした濃厚アボガドの大好き食材のコラボ♪
それを辛いけど甘みもあるコチュジャンで和えて美味しくないはずがない。

アボガドの熟れ具合もよくて、タコも大きなぶつ切りで食べ応えもあります。
結構しっかりとした味付けだけど、タコもアボガドも負けずに個性を主張。






あかコプチャン焼薬味付 870円
あかコプチャン焼薬味付
牛のホルモン焼きを、辛味噌つけてエゴマで巻いて食べる韓国らしい一品。
このお肉を野菜と一緒に食べるって韓国料理が美味しくヘルシーな所以よね。



コプチャン焼きはあか、しろあって「あか」は辛めの味付けで食欲進むやつ。
あかコプチャン焼
ただあまり脂身がなくてヘルシーかもだけれど、肉うま!!って感じにならない…。

何というか肉のうま味とかジューシーさよりも韓国味付けが勝っちゃってて、
美味しいけれど量も少なめでお肉を喰らってるって満足感が無かったかなぁ。

しかも多少安い部位だろうホルモン、税込みで900円以上と思うともやもや。






五目チャプチェ 690円
五目チャプチェ
チャプチェは韓国料理の中でも大好きなお料理、太い韓国春雨が好きなの。
野菜たっぷり味付けもちょうどよく美味しい…けどいかんせん量が少ない(泣)

先日家でモランボンのパッケージで作って美味しかった記憶があったからなぁ。
家でも十分美味しくて量もたっぷりですごい満足だったから比べちゃったかも。





恵比寿の韓国は赤ワインデキャンタと焼酎を頂いてお暇、お会計5,500円程。
美味しいけれどコスパ的にちょっと悩ましい結果になってしまった韓国…。

でもその後”本物”の韓国に行って、更にコスパの壁にぶち当たったんですが。
なかなか追いつかないですが、韓国の食事情も更新出来たらと思ってます。







日付変更線もとっくに超えてどうしようか…あ、そういえばW杯やってたよ!!
日本戦の日ではありませんでしたが、時間的にどこかが試合やってるはず。

サッカー観戦と言えばスポーツバーよね、と覗いてみた「THE FootNiK」
THE FootNIK
中はほぼ外国人のお客さん、入ろうとするもW杯中は入場料取るってびっくり。
確か1,500円くらいで1杯ドリンク付だった気がしますが…納得いかずに退散。





そして向かったのは以前に共同購入クーポンでお世話になったお洒落パブ。
今宵の旅の終わりはイギリスへ飛んで「PUBLIC HOUSE EPILOGUE」
PUBLIC HOUSE EPILOGUE
正直共同購入クーポンでお得にお安く訪れても再訪はなかなかないのですが、
こちらはビールの質や安くはないけどその価値あるお料理にリピートしてます。





入るとやっぱりW杯サッカー中継中でした、モニター前の席を陣取って乾杯。
ギネス UKパイント1,000円 & ブリュードッグ・パンクIPA UKパイント 1,200円
ギネス UKパイント & ブリュードッグ・パンクIPA UKパイント
やっぱりブリティッシュ系のパブと来れば、ギネスは外せないと思っちゃう。
1杯目の乾杯には重いけれど、もう5国(?)目だしギネスの濃さが心地よい。

質勝負のパブなので、クリーミーな泡などギネスの中でも美味しいギネス。

IPAの1,200円高く思えど、UKパイントでこの重み苦み濃さそれだけの価値。
ちなみにギネスは基本いつでもありますが、IPAは入れ替わりでないことも。






砂肝のコンフィ 600円
砂肝のコンフィ
こちらのパブはお酒だけでなく、お料理も丁寧に作られていて逸品揃いなの。
初めて訪問したときも食べた砂肝、温かいアヒージョ状態で登場して参ります。

砂肝は大きめサイズでぷりっぷりで食感よくて、オイルとの相性も抜群です。
パブでよくあるビールのお供料理と言うよりかレストランで出てくるレベル。

それに添えられた金色のピックとか、お料理の質だけならず高級感を演出。






キルケニー UKパイント 1,000円
キルケニー UKパイント
アイルランドの歴史あるエールビール、ちゃんと美味しく飲ませてくれるお店。






そして、そして今宵の旅のフィナーレはたのむのをずっと悩んでいた贅沢品。
贅沢には変わりないけど、もし他で食べたらもっと高いんじゃないかって…。

和牛イチボステーキカレー 3,500円
和牛イチボステーキカレー
カレーとステーキダブルで楽しめて、更にステーキは見るからに一級品です!!
さすがの料理のこだわり、時間がかかって日本戦の日は提供出来ないとか。




いや、これステーキと言うかお肉自体見るからに美味しいの間違いなしです。
和牛イチボステーキアップ
ロゼ色のお肉、焼き加減も絶妙ですし細かく入ったサシも程よく美しい…。
もちろんまずはカレーなしでステーキとして頂きます…お、美味しいです~!!

本当にステーキ、更にはそんじょそこらでは食べられない美食のステーキ。
パブでビールとつまむお料理ではあり得ない、肉の旨味と上品な脂に悶絶。

レア焼きでかつ厚切り、ローストビーフの要素もありそうですがもっと贅沢。
柔らかくて噛み締めるほどに肉汁と言う肉々しいうま味が染み出て来ます~。

これだけのステーキには赤ワインといきたいとこだけど、濃いビールも合う。




そして更なる贅沢は絶品ステーキだけじゃなく、絶品カレーのダブル主役!!
カレーかけます
ステーキにかけるのはもったいないのでご飯の周りにかけるようにします。

カレーもスパイスがきいていながら、野菜の甘みが強い本格派贅沢仕様。
中村屋さんとかカレー専門店も脱帽するくらいのちゃんとした洋風カレー。

カレーだけで食べても美味しいよ、ステーキだけで食べても美味しいよ~。



ステーキとカレーでこのお値段は、高いんだけど価格破壊ってレベルです!?
カレー✕和牛イチボステーキアップ
恵比寿世界のグルメ旅、最後のシメに相応しいステーキ&カレーにご満悦♪


これだけのお料理を提供していながら、さすがはパブでお通し・チャージ無し。
その後の日本戦でもまた訪れてしまいましたよ(お料理はなしでしたけれど)




台湾・アメリカ・日本(長野)・韓国・イギリスを食して今宵の旅はご馳走様。

海外の食は実際その国に行ってその国の空気の中で味わうのが一番ですが、
それでも気軽に東京で色んな国のお料理を食べ出来るのは他ではない贅沢。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ  にほんブログ村 グルメブログへ
↑今は日本の田舎、次はインド…きっとこの東京世界グルメ旅が恋しくなる。
東京グルメにも世界のグルメにも、ぽちっと応援頂けたら嬉しいです~。

スポンサーサイト



恵比寿でちょっと飲みたいな、でも”恵比寿価格”はなかなか侮れない。
基本は五反田の大衆酒場なので恵比寿はやっぱりお高く感じちゃいます。

ガーデンプレイスなんて論外…と思ってたら意外とリーズナブルなお店発見。
外観
地下のグラススクエアのお洒落な一角ですがメニューは思った程高くない。
しかも面白いのが北海道から沖縄まで日本縦断のご当地料理ラインナップ。

興味をそそられて、お財布事情も考えた上で、飛び入りで入ってみました。


まず中に入ってびっくり、店内はものすごい広くて内装が豪華。
豪華な内装



わたし達が通された禁煙のカウンター席も日本酒・焼酎の瓶がライトアップ。
豪華な内装
豪華な中に”日本”コンセプトが伺えるような…外国人連れてったら喜びそう。



飛び入りでも抜かりなく入る前にクーポンチェックしてますよ、これが大きい。
クーポンで一杯サービスの生ビール(サッポロ黒ラベル)とお通し 324円@人
クーポンの生ビール&お通し
きんきんに冷えたジョッキの生ビール、通常529円でお通し代も相殺です。

お通しはマカロニサラダ、こんにゃくとちくわの煮物、おつまみグリーンピース。
どこか素朴なお通し、グリーンピースはぽりぽりと長くお供に楽しめました。






日本全国ご当地料理なんでもござれ、沖縄からカーリーポテトフライ 518円
沖縄カーリーポテトフライ
沖縄料理屋さんでも欠かさず注文、独特のスパイスがきいたポテト大好き。
スパイスの加減も沖縄料理屋さんと全く遜色なくしっかりと再現されてます。

それにしてもどんぶりにものすごい量、沖縄料理屋さん以上の盛りでしたよ。
乾杯ビールのお供にスタートしてから、後半戦でもまだつまんでいたくらい。






その日のおススメメニューから、薬味たっぷりのカツオのたたき 590円
薬味たっぷりのカツオのたたき
確かにカツオが見えないくらい薬味のっけしてるけど、葱と玉ねぎと生姜のみ。
家だと葱・茗荷・シソ・生姜・ニンニクともっと贅沢に薬味盛ってるからなぁ。



でも肝心のカツオは薬味がなくとも美味しいくらいに、濃厚なお味で絶品。
カツオたたきアップ
特に血合いの部分は臭みもなく一番カツオを感じられる美味しいところ。
外を炙られて身がちょっと締まった感じで、むっちりとしてカツオの味も凝縮。

薬味と一緒にサラダ感覚、カツオは厚切りが5切れもっと食べたかったなぁ。






ゴーヤチャンプルー 626円
ゴーヤチャンプルー
またも沖縄料理チョイス、ゴーヤの誘惑にはいつも負けてしまいます。
程よいしゃきしゃき感と程よい苦味を残したゴーヤ、元気をもらえる南国野菜。

味付けは控えめな出汁の味、玉子やお豆腐の優しさもゴーヤを引き立てます。
他のチャンプルーも好きだけど、ゴーヤの存在感と他の具材のバランスが最強。






沖縄料理だけでなく、泡盛もなかなかのラインナップで揃っています。
お値段も400円からあってお手頃、ロックでもなみなみと注いでくれましたよ。
泡盛ラインナップ
他にも焼酎の取り揃えもよくて、日本のクラフトビールまでドリンクも充実。






さつま雅鶏 ホルモンMIX焼 734円
さつま雅鶏 ホルモンMIX焼
こちらは宮城県から、同じさつま雅鶏のもも肉焼もあったけど敢えてホルモン。
熱々の鉄板でじゅーじゅー焼かれて登場、お肉にもいい焦げ目がついてます。

普通のお肉もあるけれど、レバーに皮やハツなど色々楽しめるお得ホルモン。
甘辛い味付けでしっかり脂も乗っていて、キャベツとの相性もばっちりです。

さつま雅鶏と言うブランド初めて聞いたけど、お肉はぷりぷりでレバーも濃厚。
濃い目の味付けにも負けてない味わいのある鶏肉、むしろタレ味と相性いい。

濃厚なお肉と濃いタレは泡盛や焼酎のすっきりした後味ともよく合いました。






森町名物 イカ飯 486円
森町名物 イカ飯
一応ご飯ものなんですけどね、〆ではなくっておつまみ扱いのイカ飯です。
イカの旨みに、照りがすごい甘辛いタレ、もっちり詰まったご飯ですらつまみ。

真空パックで売ってるのでもお高いイカ飯、お店で食べられてこの値段はお得。






軽めに切り上げて、追加ビール1杯に泡盛×2杯、芋焼酎でお会計5,700円弱。

恵比寿ガーデンプレイスでも、お店が劇場のような造りでも、意外やお手頃。
お料理も日本全国津々浦々美味しかったし、お酒もリーズナブルだし当たり。



オマケに店頭にいた元気なサワガニちゃん達…君達の未来は唐揚げか??
お店の入り口にいたサワガニちゃん

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ  にほんブログ村 グルメブログへ
↑いつもの定番のお店もいいけれど、新規開拓で当たりくじは嬉しいもの♪



2018.02.20 「恵比寿ビストロ ~たら福~」

クーポンサイト: LUXA
割引: 7,000円 → 3,500円 (50%OFF)
内容: 飲み放題付きコース


すみません、今回はひじょーに辛口でいかせて頂きます…(汗)

元々はブログにアップしないでおこうと思ってたのですが、
このお店のクーポンが再販されているのを見つけてしまって

…悩んだ末に情報としてあげた方がいいかな、との判断です。

まだ新しいお店なので食べログなどの情報も少ないですしね。


基本辛口評価は苦手なのでするーっと綴りますのでご容赦を。



ブログに書かないつもりだったから外観の写真も撮ってなくて。
酒瓶が並ぶ店内はビストロと言うよりはバーと言う雰囲気です。
酒瓶並ぶカウンター
落ち着いた佇まいに見えますが音楽は何故かとってもノリノリ。



飲み放題のビールはアサヒ、とにかく元を取るべく飲みました…。

自家製おまかせ前菜3種
前菜三種盛り合わせ
オクラの湯葉和え、エリンギ和え、砂肝の3種、これで2人分。
うーん、味以前に前菜とかでなくお通しレベルでなかろうか??

この前菜の時点ですでになーんとなく嫌な予感がしてきてた…。






たら福ポテトサラダ
たら福ポテトサラダ
ポテトサラダと言うよりかマッシュポテトにチーズかけたみただけ?
あ、でもポテトに鮭フレークらしきものが混ざってたのはいいかも。






たら福シーザーサラダ
たら福シーザーサラダ
ホットペッパーの写真にあったシーザーサラダは素敵でしたが…。
葉っぱの盛りも少なくて市販のドレッシング使っただけのような。






馬肉ユッケ
馬肉ユッケ
馬肉は新鮮だと思うし臭みもなくて美味しいのだと思うけど…
いかんせん量がほんのちょっぴり、サラダのトッピングみたい。

立派な卵黄を崩せば少ない馬肉の味が負けてほぼ玉子味に??






A4新潟和牛と馬肉の肉刺し
A4新潟和牛と馬肉の肉刺し
右側のサシと赤色が美しいA4新潟和牛がお店の売りだそう。
確かに脂身は甘く舌の上でとろけるよう…でも悲しいかな一瞬。

しゃぶしゃぶ肉もびっくりなくらいぺらぺらのお肉だったので(泣)
肉刺と言えるのやら、それなりの厚みだったらと悔やまれます。

左の馬肉の方は先のユッケの方が鮮度を感じたような気が…。
あ、ユッケはソースがかかってるから多少誤魔化せるマジック!?






朝採れ野菜のグリル焼き ~自家製オイル~
朝採れ野菜のグリル焼き ~自家製オイル~
ごめんなさい、正直これが一番ショックだったお料理でした…。

朝獲れが本当かは別として焦げてシナシナになった長ネギと、
野菜を味わう料理なのか疑うような薄切りのパプリカが少しだけ。

朝撮れでもないけど家でグリルした普通の野菜の方が美味しい。






A4新潟和牛のカルパッチョ
A4新潟和牛のカルパッチョ
…カルパッチョ???ベーコン乗せのサラダの間違いではなくて??
一応ベーコンではなくお肉は先の新潟和牛肉刺しの細切れ版。

でもこれをカルパッチョと呼べるはずはないんじゃなかろうか…。
むしろ前のシーザーサラダがこれだったら納得なんですけどね。






A4新潟和牛のさしとろ焼きしゃぶ
A4新潟和牛のさしとろ焼きしゃぶ
うーん、これも肉刺しのお肉を炙っただけのほぼ同じ一品よね。

脂身が多めで刺しでも食べられる牛肉は貴重だと思いますが、
1人2枚のうすーいお肉をクーポンの注目メニューと言われても。

下に引かれた葉っぱはたっぷりでサラダ感覚…と気付いたのが
肉刺しどころか”カルパッチョ”ともほぼほぼ同じものですよねぇ。






A4新潟和牛の肉寿司
A4新潟和牛の肉寿司
これも今まで3品出た極薄和牛の流用編、ご飯に乗せました版!?
お寿司と言うよりも”お肉の脂と酢飯を一緒に食べてみました!?”

ちなみにクーポンとは別にホットペッパーやぐるなびのコースで
「肉寿司食べ放題」ってありましたがこれを食べ放題するのだろうか。

半額のクーポンを利用しているのであまり文句は言えませんが、
正規の値段を払ったお客様もこれだとしたら酷くないですかね…。





これで3,500円、正規値段なら7,000円のコースってありえない~(泣)

幸いわたし達はお酒が飲めたのでバー使いとしてそれはそれで、ね。
でもワインもとても安い銘柄で飲まず仕舞でもっぱらビールと焼酎。

とにかく飲みに徹して、料理はバーのつまみと考えて元取ったかなぁ。
もしお酒飲めない方で食事期待していったら可哀想なことになってた。

しばらく当たりクーポンが続いてたから久しぶりにショッキングでした。
旦那様には飲めたし良かったよーとフォローを入れられる始末で…。




改めてごめんなさい、ここまでの辛口評価は自分自身罪悪感が…。
すぐ次のグルメを更新して切り替えたいと思いますのでご容赦下さい。

ただ、クーポン購入検討されている方のひとつの情報となれば…です。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑でもお店のお姉ちゃんは皆頑張ってる感じだったんですけどね。
新規オープンのお店、辛口評価しておきながら心配になってきた…。



2017.12.16 「TACOYAKI BAL くるり」恵比寿

クーポンサイト: LUXA
割引: 5,400円 → 3,000円 (48%OFF)
内容: 飲み放題付きコース


たこ焼き・飲み放題・家近の恵比寿、要素が揃い過ぎて即決。
外観
たこ焼き屋さんと言うよりかはたこ焼きも出しているバー、かな。
夜はなんと朝5時まで営業(始発!?)、バータイムもあるみたいだし。

…クーポンないとチャージ500円+サービス料10%ですし(ボソ)



雑居ビル3階の入り口、まるでお家のようなお洒落な隠れ家です。
お店入り口
たこ焼きを食べに来ましたーって言う雰囲気ではないですねぇ。


店内入ってすぐバーカウンターがあって、奥にはテラス席まで。
今は寒いですが夏場はテラスでビールとたこ焼きなんて素敵☆


寒くともまずはビールで乾杯、泡がきめ細かい美味しいビール。
乾杯ビール



可愛らしい飲み放題のメニューはスパークリングもOKが嬉しい♪
飲み放題メニュー
これ見ても思うのが(いい意味で)たこ焼き屋さんではないよね…。






塩キャベツ
塩キャベツ
これは居酒屋さんっぽい、キャベツがぱりぱりで青々として新鮮。
ごま油も塩昆布も多すぎず生のキャベツを楽しむのにいい塩梅。






お惣菜盛り合わせ
お惣菜盛り合わせ
お惣菜はどれも丁寧に作られているのが分かる素朴な一品達。


マカロニサラダ
マカロニサラダ
軽くツナとマヨで和えてある、もちっとマカロニが美味しいサラダ。
ツナの油もマヨも控えめであっさりと食べられるのが女子好み。



梅水晶
梅水晶
優しい梅の酸味と甘み、それにコリコリの鮫軟骨はいい箸休め。



ポテトサラダ・もやしナムル
ポテトサラダ・もやしナムル
胡瓜と玉ねぎがたっぷり、これもマヨ控えめのあっさりポテサラ。
優しい味つけながら物足りない感じもしなくてバランスいいです。

もやしもナムルと言いながらもごま油は軽めにさっぱりしてます。


全体的に油を抑えてる感じの身体に優しいお惣菜ラインナップ。
マヨ系サラダに酸味(梅水晶)、ナムルとお味かぶらず楽しめます。

聞けばお惣菜はフードアナリストのお姉さまが担当されてるとか。
それも納得するような美味しく、丁寧で、女性的なお惣菜達です。






豚キムチ
豚キムチ
豚肉どこだー…と言うくらいほとんどキムチだけ炒めだった(笑)
キムチは辛みはほどほどに甘みも感じるまろやかなタイプです。

”豚キムチ”でイメージするのとは違う上品で美味しい炒めもの。
男性がご飯とかき込むではなく、女性が食べたい野菜炒め的な?






とん平焼き
とん平焼き
とろっとろふわふわの玉子にソースマヨは間違いなくうまいやつ!
これも中に豚肉はいたのかなー、どうかなー、美味しけりゃいい。






そして主役のたこ焼きは…なんと10種類以上ものラインナップ。
たこ焼きラインナップ
上にあるもの以外にも、たこ焼きと言えるのか謎なものまで色々。
オーソドックスなたこ焼きを愛するわたし達にとって果たして…。



今回のクーポンで頂いたのはその中で6種、比較的(?)定番寄り。
手前左から: たこ梅肉・塩たこ焼き・たこ焼き
奥左から: すじコンねぎ・たこチーズ・ゆずこしょう (多分…??)
たこやき6種
ちょっと記憶が曖昧なのが確かオリーブが入ってたのがいた…。
もはやたこ焼きじゃなくてオリーブ焼きと言う名称になるのでは。

合わない訳でないのですがたこ焼きを期待するとすごい違和感。

すじコンもたこの代わりに牛すじこんにゃく煮が具になってます。


…正直、やっぱりたこ焼きはシンプル・イズ・ベストが結論です!!
右手前のソースとマヨのたこ焼きが一番美味しかったかなぁぁあ。

たこ焼きとしては多少粉が多めでとろとろよりぽってりとした感じ。
たこやき断面
好みで言えば断然ふわとろ派なのでストライクではないですが、
それでも外側はふんわりで柔らかめの生地が美味しかったです。

ただやっぱりたこ焼きとは別ジャンルな気がしちゃう創作焼き??
美味しければいいスタンスなれどたこ焼きラブとしては消化不良。

6種類楽しんだけど、全部シンプルなたこ焼きでも良かったかな。
でもバーのお洒落で可愛らしいおつまみと考えればありなのかも。






ソース焼きそば
ソース焼きそば
〆は今までと打って変わってボリューミーこってり甘辛焼きそば。
細麺でソースたっぷり、味濃い目の屋台タイプの焼きそばです。

それまでが上品続きの印象だったので意外と思いながらもうまっ。
ラストオーダーでビールに立ち返ってビール×焼きそば最高~。






たこ焼きを溺愛する身としてそこだけ辛口になっちゃいましたが、
お料理のお味はもちろんお洒落なお店の雰囲気も含めて大満足♪

たこ焼きと言うよりも恵比寿のお洒落なバーを堪能した感じです。

お料理の美味しいバーにて飲み放題の贅沢、ご馳走様でした~!!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑ただの”お洒落なバー”じゃありません”たこ焼きもあるバー”




クーポンサイト: LUXA
割引: 5,400円 → 2,900円(46%OFF)
LUXAポイント-600円分利用で実質2,600円
内容: 150分飲み放題付きコース


中目黒の高架下がお洒落な飲食街になったと言う話題を聞いて
行ってみたいなぁと思っていたらいつの間にか1周年経ってた…。

ちょうど1周年記念のクーポンに飛びついて初の中目黒高架下。


駅から高架沿いを歩くと確かにお洒落なお店が連なっています。
道を挟んで反対側は居酒屋系が多くそちらにも心惹かれますが。


中目黒高架下で他に漏れずお洒落なスペインバルが今回のお店。
外観
店舗の規模は小さめでカウンター席がメインのテーブル席が3卓。




乾杯はスペインのビールとハイネケン、瓶ビールのラッパ飲み。
スペインビール・ハートランド
初めて飲むスペインビールの名は「エストレージャガリシア1908」
普通のビールより重みもありながら後味爽やかで美味しかった。



このクーポンですごいのはボトル以外のドリンク全種飲み放題!
ドリンクメニュー(飲み放題)
1,000円弱もするカクテルまで飲み放題込み込みの大盤振る舞い。

基本はビール・ワイン党ですがこの時ばかりは色々と試し飲み♪
「プレミアムラムと和三盆モヒート」なんて珍しいのもお試ししたり。





クーポンメニューにはなかったけど付け出しのしじみのスープ。
付け出し(?)のしじみのスープ
しじみの貝のお出汁とオリーブオイルの風味が効いてて美味しい。
アヒージョのお味を彷彿とさせるようでありながらあっさりしてます。

これからのお酒に備えて肝臓をいたわる優しいスープが嬉しい。






Jamon iberiko:生ハム
Jamon iberiko:生ハム
生ハム愛はあまりないのですがこれは塩分控えめで好みです。
塩気が少ない分、肉の旨みと脂の上品な甘みが引き立ちます。

程よい脂の入りで舌の上でとろけていくのはさすが生ハムです。






shake salad:燻製チキンのコブサラダ
shake salad:燻製チキンのコブサラダ
たっぷりの葉物の上に燻製チキンと小海老、お豆のトッピング。
ドレッシングはオイルが控えめのサウザン系でさっぱり爽やか。

ほんのり燻した香りのチキンはぶつ切りで食べ応えもあります。
小エビちゃんは半生のような質感でぷりっぷりが美味しかった。






スペイン料理にはスペインのスパークリング、カヴァは外せない。
スパークリング カヴァ・フレッシュオレンジハイボール
奥は普段はたのまないジャンル、フレッシュオレンジハイボール。
せっかくだからと色々手を出してみたくなる贅沢全種飲み放題。






callos:スペイン風もつ煮
callos:スペイン風もつ煮
歴代の洋風もつ煮込の中でも1、2を争うくらいに絶品だった~。

トリッパだけでなく色んなもつが入ってどれも肉厚ふっくら柔らか。
くにくにの食感よりもふんわりと感じるくらい柔らか~いんです。

レバーに似た色合いの部位もありますが臭みもなくむしろうまい。
丁寧な下処理と長い煮込み時間を思わせる美味しいもつ達。

繊細な塩味で、もつの脂が溶けたのかとろみのあるお汁までも美味。
もつを堪能し、残りのスープまで綺麗にすくって美味しかった~。






Tortilla:スパニッシュオムレツ黒トリュフ入り
Tortilla:スパニッシュオムレツ黒トリュフ入り
よくあるスパニッシュオムレツは作り置きで玉子がかっちりと
固まってるイメージでしたがこれはふんわりとろとろの出来立て!

中にじゃがいもと黒トリュフがふわっふわの玉子に包まれてます。

あまり黒トリュフの存在感はないけれど玉子焼きとして美味しい。
味付けは最低限、シンプルに玉子の優しい甘みを味わえます。

マヨネーズ(左奥)はあっさりしていて玉子を邪魔しないトッピング。






Calamari Fritto:イカのフリット
Calamari Fritto:イカのフリット
小ぶりのイカちゃんはやりイカかな、衣は薄くてさくっさくです。
衣多めの揚げ物はつらいお歳頃にも軽く優しいおつまみ仕様。

チリソースかイカ墨ソースで、でもつけなくてもイカの旨みで十分。






chill con:牛ひき肉と豆のスパイス煮込み
chill con:牛ひき肉と豆のスパイス煮込み
チリコンカンってスペイン料理と言うよりかはメキシコ料理では??

たっぷりの牛ひき肉が入っていてジューシーでとっても美味しい。
お豆もふっくら、牛肉のコクがあるスープにチーズがとろけてます。

スパイスやトマト効果でしつこくもなく肉々しいのに優しい煮込み。
牛肉・お豆・トマト・スパイス・チーズ全て揃って美味しいバランス。






Caldoso:シーフードカルドソ
Caldoso:シーフードカルドソ
店名の「カルド」もこのお料理から来ているお店の看板料理です。

シーフードたっぷりの「お出汁」=「カルド」にお米が入っていて、
正にブイヤベースにお米を入れたスペイン版のおじやじゃないか。

お米は粒を残しながらも出汁をたっぷり含んでいて癒しの美味。
濃厚なシーフードのスープと一緒にするすると入っていきます。

貝も海老もイカも出汁ガラじゃなくて、それ自体も美味しい海鮮。



優しいスペインのお米料理はパエリアに負けじと美味しかった。
ご完食






Dessert:ブラウニーバニラアイス添え
Dessert:ブラウニーバニラアイス添え
超濃厚なブラウニーはしっとりとして贅沢なまでのチョコのお味。
甘いんだけど甘ったるい感じはなくて上質なチョコの上品な甘み。

バニラの風味が強い濃厚アイスもブラウニーとの相性ばっちりです。

美味しい攻勢のコースは最後の最後まで抜かりありませんでした。




飲み放題のラストオーダーで食後の珈琲をたのんでご馳走様。
食後の珈琲(飲み放題に込み)




洗練されたスペイン料理に大満足、久しぶりの大絶賛クーポン。
ドリンク全種OKの飲み放題も思う存分堪能させて頂きました~。

これだけの内容なら元々の値段でも十二分にお得だと思うほど。

クーポンがなければずるずると行く機会もなかった中目黒高架下。
お店の出会いも含めて、下火ながらクーポンライフ止められません。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑ブログの名前負けしないよう”クーポン活用”精進しなくては。