ハロウィンバースデー継続中の第3段…羽ばたいています!!?
エンジェルウィングス
我ながら今話題の”インスタ映え”じゃないか、やってないけど。


ホテルをチェックアウトしてから横浜の海沿いをぶらりお散歩。
赤レンガ倉庫じゃない、赤レンガの建物で見つけた天使の羽。

後で調べると「MARINE & WALK YOKOHAMA」と言う施設で
こちらの他にももう一ヶ所エンジェルウィングスがあるそうです。




寄り道をしながら赤レンガ、山下公園を抜けて横浜中華街まで。
横浜中華街
「食べ歩き」ブログとしては横浜中華街なんてうってつけ…
と思われそうですが意外と食べ歩く選択肢は少ないような。


肉まんを筆頭にして、焼き小籠包・餃子・天津甘栗くらいなもん?
肉まんはどこのお店も大きくて、お値段もそれなりにしちゃうし。
横浜中華街
大通りの客引きも軒を連ねる食べ放題系も食指が動かないし…。



中央の通りから一歩入った通りに焦点をあてて彷徨っていたら、
細い通りの中でも更に裏道になった人通りの少ない小路を発見。
台南小路
「台南小路」の提灯があるから中国と言うよりか台湾系かしら。
中国と台湾の関係に詳しくないけど中華街で共栄してたらいいな。



その中で人通りが少ないのに繁盛してるお店に足が止まります。
14時近くでしたがはじめお店の外で数人待っている方もいました。
中華第一家 杜記
客引きもなしに繁盛してる裏通りの小さなお店なんて惹かれます。


相席で良ければ入れますと言われて最後の2席をGETして入店。

入ってすぐに細いカウンター席が並び、奥に狭いテーブル席2卓。
相席はテーブル席に並んで座って正面には別のお客さんでした。


昨晩飲んだくれたから控えめに1杯だけ、エビスビール 380円。
エビスビール





四川麻婆豆腐麺 850円→750円(ランチタイムは麺100円引き)
四川麻婆豆腐麺
麺が見えないくらいにたっぷりの麻婆豆腐、山椒が香ります。
唐辛子の辛みに加えて山椒の痺れもくる本場もんに身構え。

まずは麻婆豆腐だけ一口…辛い、辛いけど想像より程よいぞ?
辛さの耐性は人それぞれですがこれは中級者レベルくらいか。

何より辛み油と山椒のぴりり、味付けの全体バランスが絶妙。
山椒も風味がしっかり出ているのにそこまで主張が強すぎない。

辛いと言いながらも進んでしまう、これは美味しいやつだ~~。



麻婆豆腐の下を掘り出すとたっぷりの刀削麺、かなり太めです。
刀削麺アップ
刀で削るが故に出来る麺の厚みの強弱でぴろぴろとしてます。
厚めのところはもちっとしていて薄めのところはつるっといける。

厚めのもちもち感は水餃子の皮の食感に通ずるような感じです。
それだけあってお腹にもたまるし、そもそもの量がかなり多め。

麻婆豆腐の食欲促進効果で食べても女子1人ではきついかも。






牛アキレス麺(牛筋面) 950円→850円
牛アキレス麺(牛筋面)
こちらは辛みのない醤油ベースのスープ麺、パクチーが嬉しい。

刺激のある麻婆豆腐と対象的に中華醤油の優しいお味です。
そういう意味ではこれ単品だとパンチに欠ける感じもするかな。

これら2つの麺を交互に食べるのがちょうどいいナイスチョイス。


牛筋(アキレス腱?)は小さな拳大の塊がごろっと3個も入ってます。
牛筋アップ
ぷるんとしたコラーゲン質は弾力もあってむっちりとした感触。
でもあくまでコラーゲンのぷるぷるで脂っぽさは全然ありません。

甘辛く濃い目の味付けの牛筋の塊はかなりのインパクトです。
八角のような中華香辛料の風味も牛筋にマッチしてて美味しい。

ガツン系なのでパクチーと合わせて爽やかな香りを加えるもいい。



麺は先と同じ刀削麺ですが、こちらもまたすごい量なんです。
刀削麺アップ
美味しいのだけど旦那様と2人がかりでも麺は食べきれず…。



やっぱり繁盛店に正解、お味もお腹も大満足な刀削麺ランチ。
しかもこれだけの満足度でビールも飲んで2人で2,000円足らず。

周辺の中国人らしき方もランチに来られていたのも納得です。




お腹を満たして、まだ夜に続くバースデープランまで時間あり。

せっかくならば神奈川観光行ったことのないとこへ行ってみよう
と言うことになりJR石川町駅から根岸線で一本、大船駅まで。

大船って通勤電車の終着駅だけど行ったことはなかったのよね。

大船観音
大船観音
上半身のみの巨大な観音像、マリア像にも通ずるような雰囲気。


写真家の旦那様アングルだと神々しくなりますね。
大船観音(旦那様アングル)



大船駅前の商店街をぶらりして、駅に戻るとモノレール発見。
モノレールなんて久しぶりと乗ってみました、湘南モノレール。

そして辿り着いたのは湘南江ノ島、まさかここまで来れるとは。
江ノ島へ向かう道
江ノ島ってこんなに近いんだっけと言いながら橋を歩いて上陸。


ちょうど夕暮れ時、岬のような場所でビール片手にたそがれる。
江ノ島でビール
江ノ島をぐるりと周ると、結構坂が多いので運動不足は息切れ。



江ノ島にゃんこはもふもふさせてくれるけどなんだか嫌そう…。
江ノ島にゃんこ



そして日も落ちて…最後のバースデーサプライズへ向かいます。
江ノ島からの夕日

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑ラストを飾るバースデーディナーにも応援お願い致します~。

スポンサーサイト



ハロウィンバースデーサプライズ、ここからが本番の第2段。

ホテルの中でもワンランク上のクラブフロアで迎えるバースデー☆


都内のホテルもリサーチしたのですがお値段的に手が届かず…
少しだけ足を伸ばして横浜のランドマークが意外とお手頃でした。
ヨコハマグランド インターコンチネンタルホテル
外観の写真がありませんがヨットの帆の形と言えば分かりそう。




クラブフロア宿泊者はロビーでなく28階のラウンジでチェックイン。
専用ラウンジ ティータイムスイーツ
珈琲とスイーツを頂きながらのチェックインはプチVIP気分です♪


この専用ラウンジ初体験もサプライズプラン決め手のひとつ。
ちょうどチェックイン時のティータイムはスイーツのおもてなし。
専用ラウンジ ティータイム
貧乏性で申し訳ないですがホテルショップで1粒400円弱もする
チョコレートなどまでご自由に頂けちゃうんですよ、贅沢です~。




専用ラウンジですでにうきうきテンションが上がってたところに…
ホテルからバースデーサプライズのキャンディとメッセージが!
ホテルからバースデーサプライズ
横浜らしいパッケージにちゃんと「お誕生日おめでとう」の文言付。
スタッフさんの笑顔も素敵な心遣いにわたしまで嬉しくなります。





優雅なチェックインが済んだらお部屋へ、27~29階がクラブフロア。
宿泊したお部屋
豪華客船をイメージしたと言うお部屋、いざ船旅に参りますよ。



海側のベイビューのお部屋は一面に青い海が広がっています。
部屋からのベイビュー
窓際に座れるスペースがあって、ぼーっと海を眺める時間も贅沢。



パノラマ写真で撮った室内、青を基調とした落ち着いた空間です。
クラブルーム室内



しばし素敵なお部屋を堪能、夕暮れのマジックアワーも楽しんで。
夕暮れのベイビュー






そして17時になったらばいそいそと専用ラウンジに向かいます。

17時からカクテルタイムのスタート、お酒もフリーフローなんです!
(要は飲み放題ですがなんとなくここにその単語は似合わない)
専用ラウンジ カクテルタイム フリードリンク
ビールにスパークリング、カクテルやワイン等々お好きなだけ。
飲兵衛のわたし達夫婦にとってはこれぞと言うサービスです。

ここで頂いた赤ワイン「モンテス・アルファ」がとても美味しくて、
家でも飲むようになりました(普段使いにはお高めなので時々ね)

こう言う場で初めての美味しいものに出会えるのも素敵なこと。


カクテルタイムは21時までですが、19時まではオードヴルもずらり。
専用ラウンジ カクテルタイム
ホテル内のレストランからも一品料理が提供されていて豪華です。
イタリアンからの魚のエスカベッシュが気に入って何度もお代わり。


オードヴルなのでがっつり食べる感じでなく上品なお酒のお供。
専用ラウンジ カクテルタイム


そう分かっていてもあれやこれやとたくさん取って来てしまうもの。
フリードリンク+軽食


旦那様がとってきてくれたフルーツプレート、かわいい(笑)
旦那様のフルーツプレート



ラウンジは街側に面していて、シティビューの夜景も臨めます。
ラウンジからの夜景
お部屋もベイビューではなくシティビュー側も人気があるみたい。






19時にオードヴルの提供が終わる時間までラウンジを堪能して、
ちょいと横浜みなとみらいの夜のお散歩に繰り出してみました。
大観覧車 コスモロック21



ここからは少し番外編、オードヴルの後のお腹満たしにお寿司。
「まぐろ問屋 三浦三崎港 横浜ワールドポーターズ店」
まぐろ問屋 三浦三崎港 横浜ワールドポーターズ店
一応まわるお寿司ですが回ってないので注文して下さいとのこと。



ラウンジで散々飲んだけどね、ここでも乾杯の瓶ビール 650円。
瓶ビール



本まぐろ中とろ 560円
本まぐろ中とろ
中とろにしては赤身に見えたけど…口の中で脂がとろけます~。
さしの入りが細かすぎて赤身に見えるのかな上品な質感です。

回転寿司は家近の目黒の「」で美味しいどころ知ってるけど
こちらのお寿司もお手頃で美味しいです、さすが海の近く横浜?


光物三点盛(〆さば・いわし・あじ) 450円・生げそ(奥) 130円
光物三点盛・生げそ
大好きな光ものはどれも脂のりがよくってたまらず日本酒投入。



ねぎとろ巻 260円
ねぎとろ巻
ご飯との割合を考えるとかなりたっぷりの”とろ”が巻かれてます。
ふっくらとした巻き方でお米の粒もしっかりしてて旦那様太鼓判。




北海三点盛(生たこ・ずわいがに・ぼたんえび) 750円
北海三点盛
ねっとりとして甘みが強いえびちゃん、頭の味噌もお楽しみです。


他にもいくつかつまんで、ビールに日本酒飲んでお会計5,000円。
バースデープラン外でしたが思いがけず美味しいお寿司に満足。






本題のホテルに戻りまして、お部屋で夜景眺めながらの宴会♪
部屋飲み♪


そしてハロウィンバースデーに日付が変わったところで乾杯☆
ハロウィンカウントダウン
バースデープランも当日突入、まだまだお楽しみ盛りだくさんよ。






朝はゆっくりスタート、チェックアウトが12時と遅めでありがたい。
朝食も専用ラウンジで11時まで頂けるのでゆったり出来ます。
専用ラウンジ 朝食
種類豊富なお野菜にフルーツ、ハムやチーズなどの冷菜ブース。


温野菜やソーセージなどの温菜ブース、意外なところでお粥も。
専用ラウンジ 朝食
基本洋食ビュッフェですけど昨晩の宴会の後でお粥が嬉しかった。


ペストリー類も充実してますが特出すべくは左端のクロワッサン。
専用ラウンジ 朝食 ペストリー
クラブフロア限定でエシレバターを練りこんだ贅沢なクロワッサン。

軽くトースターであっためると濃厚なバターがふわっと香ります。
外はぱりっと芳ばしく、中はしっとりとしてバターの風味が至福。

ここでしか食べられないクロワッサン、食べなくちゃもったいない。




朝食は11時までですが是非10時までに到着するのをおススメ。
10時までエッグステーションで出来立ての玉子料理が頂けます。

ホテルのオムレツって間違いなく美味しくて美しいんですよね。
エッグステーションのオムレツ
オムレツに中身はトマトやハム、チーズなど全部入りで注文。

ナイフを入れればとろりと玉子汁が流れ出るほどに見事な半熟。
あまりにぷるぷるで食べにくいくらいでよく成型されてるものです。

色々入れたけどシンプルに具なしの玉子一択でも絶対美味しい。






そして12時ぎりぎりまでホテルステイを満喫してチェックアウト。
最後はエレベーターの扉までスタッフがお見送りしてくれました。

初めてのクラブフロア大満喫、我ながらナイスサプライズプラン。
またいつか記念日などの特別なときに宿泊出来たらと思います。


  ☆☆☆ハッピーハロウィンバースデー旦那様☆☆☆
☆ハッピーハロウィンバースデー☆

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑まだ続くお惚気入りのバースデー祝いにお付き合い下さい。

※ クラブフロア宿泊者は無料でホテル専用のクルーズ船
ル・グラン・ブルーでクルージングも出来ます(通常1人1,000円)
…今回は台風翌日の強風で船が欠航しちゃいました、残念。




ハロウィンバースデーの旦那様へのサプライズプラン特集です。

お祝いはしたいけれどプレゼントの選択肢も悩ましいこの頃…。
そんな訳で今年から”物”の代わりに”お祝いの時間”が贈り物♪


…このブログでご報告するくらいなので結局飲み食いなんですが。




行き先伝えずにみなとみらいへ、到着はちょうどいいランチ時。
「MARK IS みなとみらい」(巨大モール)のフードコートにGO!

バースデー祝いの初っぱなからフードコートはどうなのかってね。

「元天 ねぎ蛸」
元天ねぎ蛸
たこ焼き屋さんがあったらスルー出来るはずもありませんから。
しかもたこ焼求めて大阪も巡ってきたけど初めて見るお店です。


ねぎ蛸 8個入り 550円 + (別調達)オリオンビール 280円
ねぎ蛸8個入り+オリオンビール
店員さんにおススメを聞いてみて、ねぎ蛸のポンズ味を注文。
普通のソースたこ焼きもあれどなんせ店名が「ねぎ蛸」ですもん。

ちなみにビールセットもありましたがアサヒが300円だったので、
賢くお隣の沖縄料理屋さんで280円にてオリオンビールを調達。



ねぎにまみれてたこ焼きは見るからに玉子多そうなふんわり系。
ねぎ蛸8個入り
ぽってりとして持ち上げようとするととろけて崩れる柔らかさ。


なんとラッキーなことに1個目はタコが2つも入ってました~♪
たこ焼きアップ
外側の焼きは甘めでふわとろの代表のようなふんわりとろっとろ。
生地の中にはたっぷりの揚げ玉がとけるような感じで入ってます。

ポンズが柔らかな生地に染みこんで馴染んでさっぱり優しいお味。
そのポンズ効果か焼き油の油も感じさせないであっさり頂けます。

玉子の甘みも感じられる優しいふわとろは明石焼きの方に近いかも。

しゃきしゃきねぎ×ポンズ×ふわとろは相性抜群で美味しくペロリ。
たこ焼きは絶対ふわとろ派のわたし達の好みとも相性抜群でした。







続きましてはフードコートの中では異色のにおいに惹かれて…
「博多だるま JAPAN」
博多だるま JAPAN
要は博多の豚骨ラーメンなのですが結構豚の臭いがしてます。
代々木の”豚臭い豚骨ラーメン屋”「御天」を弱めにしたにおい。

みんな集まるフードコートでそれはチャレンジャーじゃなかろうか?
わたし達としてはそれがむしろ好ましいとたこ焼きに続き即決。



博多ラーメン 670円
博多ラーメン
一番シンプルな豚骨ラーメン、スープの臭いはやっぱり豚風味。
うっすらと脂の泡が浮いているようにも見えるこってり濃厚系か。

…と思ったら濃厚ながら脂はきつくなくて意外にも上品なスープ。
少しとろみがあって柔らかい感じのスープはとても美味しいです。

飲んでみれば豚臭さの主張も全くなくてむしろ飲みやすいくらい。


麺は豚骨ラーメンお馴染みのストレート細麺、ばりかたで注文。
麺アップ
その割には少しやわめの麺でしたがつるつるとして馴染みます。

結果的にスープも麺も随分と上品な仕上がりで美味しい予想外。
紅しょうがの味変も更にさっぱりとしてスープを進ませてくれます。


替玉 150円も注文して、麺2玉にスープもほぼ飲み干しました。
替玉





フードコートで軽くたこ焼きとラーメン、ビール×4杯飲んでお暇。

ちなみにビールは4杯共こちらでオリオンビールを調達しました。
「沖縄料理 なんくるないさー」
沖縄料理 なんくるないさー
日本一フードコートで安くオリオン生が飲めるお店だそうですよ。
お店をまたいで調達できるのもフードコートのいいところですね。




これからがバースデーサプライズの本番、乞うご期待よ旦那様♪
みなとみらい

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
↑これから4回に渡って旦那様バースデープラン更新予定です。




2日目後半戦はバンコク最強のパワースポット、エラワン廟から。
ヒンドゥー教のブラフマーと言う神様が祭られている祠だそう。
エラワン廟
大通りの一角にある小さな敷地ですがものすごい参拝客です。
願い事をかなえてくれると有名で老若男女皆さん真剣にお祈り。



わたし達もお供えものを購入して願いごとをお祈りしてきました。
献花・ろうそく・線香でお参り
お花・線香・ろうそくがお供えものの1セットでTHB 25(100円弱)




タイの伝統舞踊も神様への捧げもので踊りの前でお祈りします。
伝統舞踊のお礼参り
踊り子さん達は重そうな装飾品をつけてずっと踊り続けていて、
立ったりしゃがんだりの動きも多いのでかなりの重労働では…。

でもタイ美人さんが踊る姿は素敵~と無料ステージ見てる気分。
(踊りで祈りを捧げてるので罰当たりな見方ですね…すみません)







ぶらぶらと街歩きを続けながら、途中で見つけた甘い小休止。
スムージーのお店



ココナッツスムージー THB75 + マンゴートッピング THB15
甘いもののに合わせてスタバのアイスコーヒー THB 145
ココナッツスムージー+マンゴートッピング・スタバのアイスコーヒー
さすがは本場南国のマンゴー、ねっとり濃厚で甘みが強いです。
ココナッツスムージーは思ったより甘さ控えめでさっぱり爽やか。

南国フルーツの甘みが優しく暑さに消耗した身体をリフレッシュ。

でもココナッツスムージーにマンゴーまでつけて350円程なのに、
スタバのコーヒーがグランデサイズとは言え550円もするって…。

今までの旅でも学んできた、どこの国も現地のものが安い鉄則。





ビールの小休止もいいのですが14時~17時はお酒買えません。
ビール漬けのわたし達にはちょうどいいお酒の小休止タイムかも!?

そして17時になるがいなや…フードコートにてLEOビール調達。
LEOビール大瓶
昼の暑さを乗り越えた末のビールは間違いなくうまいんです♪



ビール飲んでからのマッサージは感心されませんけれど…
「ワットポーマッサージスクール スクンビット校・直営サロン39」
ワットポーマッサージスクール スクンビット校・直営サロン39
ガイドブックでも1番に乗っている日本人向けのマッサージ屋さん。
コースも日本語表記ですし、受付の方も日本語を話せる安心感。

タイ古式マッサージ 1時間 THB300(1,200円弱)とお手頃価格。
足と背中を中心にぐりぐり、ごりごり、ばきばきとやられてきました。






そして夜ご飯はタイ好きさんから事前情報をもらっていたお店へ。
中心部から離れて電車でプラカノン駅へ、更にタクシーで10分。

辺りも暗くなり人通りも少なくなり、見過ごしそうになった屋台村。
屋台村


屋台が立ち並ぶ中を伺いながら、左の一番奥にお目当て発見。
「Yodさんのイサーン料理屋」
Yodさんのイサーン料理屋 プラカノン生肉屋


メニューを渡されるものの…写真もないし全く解読できません。
全く読めないメニュー

お目当てのお店と言うからにはお料理のお目当てもある訳で、
店員さんに聞くと片言ながら日本語しゃべられるじゃないですか。

実は店名にあるYodさんは日本でも料理の経験があるそうです。
街のはずれながら周りのお客さんもちらほらと日本人がいました。


おススメを言われるがままに注文して…ビール飲んで待ちます。
シンハービール大瓶
屋台で氷ビールと来れば水代わりにがぶがぶ飲めるってもん。






ついにきたーーーーー!!もう日本では食べられなくなったもの!!
左から牛肉刺し、牛レバー刺し、海老の刺身の刺し盛り合わせ。
牛肉刺し・牛レバ刺し・海老刺身
日本では悲しくも禁止されてしまった牛レバ刺しを求めて来たの。
それをタイで食べるのはリスキーかってその点は無論自己責任。


刺しに合わせるのはゴマ油・醤油・塩・ねぎ・ゴマと日本と同じ。
刺身用のごま油・醤油・塩・葱・ゴマ
お皿の方にはワサビ・にんにく・生姜も添えられて消毒効果か。



牛肉刺し
牛肉刺し
まぐろの赤身みたいで味も似てるか…と思ったら後味は完全肉!
繊維の質感で魚のお刺身とは違う肉らしさがはっきり分かります。

ほぼ脂身がない赤身肉ですが柔らかく肉の中トロのような旨み。
臭みも全くなくて鮮度抜群の生肉を喰らう贅沢…美味しいです~。






牛レバ刺し
牛レバ刺し
つやつやと光って、見るからにぷるぷるしてるのが分かる牛レバ。
日本で禁止されてからしばらく…お久しぶり~会いたかった~!!


ちょっとドキドキしつつも頂いてみれば…めちゃくちゃうま~い!!
牛生レバー
日本のレバ刺しを思い出す、日本と同じかそれ以上の質のもの。
例えると居酒屋のレバ刺しじゃなくて上等な焼肉屋レベルの質。

先の肉と同様臭みは全くなく、濃厚なレバーの血の味が香ります。
ねっとりとしていてとろけるような濃いレバーは生ならではの美味。

がつんと主張してくるレバーのお味はもはや贅沢な珍味ですね。

レバ刺しを食べられるだけで嬉しい、それ以上に絶品ものでした。






海老の刺身
海老刺身
ランチでも頂いてましたがそれが美味しかったからこちらでも。
お昼は比較的高級店ですけど屋台でもこの質でこの美味しさ。

ぷりっとしていて生のねっとり感もあり甘みも感じるエビちゃん。

川海老なのか(??)よくある甘海老とはまた違う質感と甘みです。
海老自体の味と言う点では甘海老よりぎゅっと凝縮されてる感じ。






牛タン焼き
牛タン焼き
こちらはしっかり焼かれて、こりこりとしたタンの食感が美味しい。
シンプルに塩味で味わえるタンはライムを搾ると引き立ちます。

シンハーと刺しのインターバルにつまむのにちょうどいいです。






まずは遥々ここまで来た一番の目的を達成して美味しい満足感。

刺しの次のおススメを聞いてみると「しゃぶしゃぶ」と言われて、
所謂「タイスキ」とは違うのかなぁと思いつつお願いしてみました。

出てきたしゃぶしゃぶの具は…なんかホルモンとかいますけど!?
しゃぶしゃぶの具
部位も何の肉かすら分からないカオスに卵黄まてのっかって、
贅沢にも生の海鮮もたっぷり入って…これはしゃぶしゃぶなのか?


お野菜の方はタイ野菜がいるくらいでしゃぶしゃぶと分かるもの。
しゃぶしゃぶの野菜



熱々にあっためられたお鍋登場、マジックポットみたい(FFより)
しゃぶしゃぶ鍋


中には透明のスープ、まずはカオスの具を入れる前に味見。
しゃぶしゃぶのスープ
優しいお味で、薄味ながら何出汁かのコクもあって美味しい~。
控えめにアジアンハーブの風味も香る上品で繊細なスープです。

正直屋台と思えない洗練されたお味でこれだけで飲み干せそう。
なんだかあのカオスの具を入れるのがもったいないと思うくらい。


それでも色んな具を入れて煮込んでいけばその出汁も出て…
具を入れて煮込みます


ホルモンも、海鮮も、野菜もとっても美味しく頂けちゃいました~。
しゃぶしゃぶ取り分け後
でもやっぱりスープがいいんでしょうね、具材をも引き立てます。
これもやっぱりタイスキの一種かな、だとしたら今までで一番かも。



中心街から離れますが、本当に行った甲斐がある美味しいお店。
お目当ての牛レバ刺しはもちろんすべからく美味しかったです♪

シンハー大瓶4本飲んで、お会計はTHB 895(3,500円弱)と明朗。

個別のお料理の値段は分かりませんがネット情報で見てみると、
牛レバ刺し・牛肉刺しは各THB 70(270円程)らしいですよ、安い!



お腹いっぱい、次の日のグルメも楽しみなバンコク2日目でした。
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑今回は看板に偽りあり(+猫)がいませんでした…すみません!




久しぶりに両親と旦那様と家族4人揃ってランチしてきました♪
外観
大蔵省の父上だよりで高級中華、なんと個室でのお食事です。

高級中華ですが土日祝日に限って特別半額コースがあります。
6,480円→3,240円と、10,800円→5,400円になるお得な2コース。
(それでも高いですし、別途10%のサービス料がかかりますが…)

今回は非常に贅沢に通常10,800円のコースを頂いちゃいました。
旦那様のバースデー祝いも兼ねていると言うことで親に甘えて。



テーブルセッティングからして普段食べる中華とは違います。
テーブルセッティング




ビールで乾杯、父上はドライバーのためノンアルで…ごめんね。
生ビール(アサヒ)




季節の彩り前菜
茄子の揚げ浸し・エビの紹興酒漬け・蒸し鶏の辛み(山椒)ソース
季節の彩り前菜
どれも美味しかったですけど、特にエビちゃんが感動ものでした。
紹興酒がふわっと香る生のエビの身はねっとりして艶かしい。

更に頭の味噌が紹興酒に溶け出てエビ味噌紹興酒に科学変化。
エビだけでなく漬け込んだ紹興酒までエビ味と一緒に味わえちゃう。

どれも小さなポーションながら上品で美味しく期待膨らむ前菜。






気仙沼産フカヒレとタラバガニの中華茶碗蒸し風
気仙沼産フカヒレとタラバガニの中華茶碗蒸し風
黄金色スープの下には玉子豆腐が隠れてなるほど茶碗蒸し風。

とろみがしっかりした濃厚スープは餡かけと言った方が正しいかも。
このとろみの中にフカヒレの出汁が凝縮されていて…お、美味しい!!

上品で深みのあるスープと言うか…言葉足らずだけど美味しい!
滑らかで優しい味の玉子豆腐と濃厚なフカヒレ餡との相性も絶妙。

姿煮とはいかずともしっかりたっぷりとフカヒレが入っています。
フカヒレアップ
これを茶碗蒸しとするのなら最高級の贅沢版を頂いたようなもの。






炉式窯焼き 北京ダック(手前)・ローストダックのパイ包み(奥)
炉式窯焼き 北京ダック・ローストダックのパイ包み
高級中華でお馴染みの北京ダック、綺麗に包まれて出てきます。
こちらは上品に鴨の皮だけを使用、身がついてるのも好きだけど。

美味しいですが、正直タレ(甜麺醤)の味の印象が強いですよね…。
家でも鶏肉(皮をパリッと焼いて)と甜麺醤で結構再現出来ちゃったり。

パイ包みは鴨肉の他に切り干し大根(?)も入ってて凝った逸品。
さくさくのパイに鴨の旨み、しゃきしゃき食感が合わさって美味しい。






大車海老のチリソース煮
大車海老のチリソース煮
ぷりっぷりの身の弾力がすごい大エビ、殻を外すのには一苦労。

エビちゃんも美味しいのですが、それ以上にチリソースが絶品!
甘みと酸味が絶妙なバランスですくって舐め取りたいくらいに美味。

そしてそのソースをまとったエビも間違いなしに美味しいのです。






自家製点心(焼売)
自家製点心(焼売)
大きめの焼売はふんわりと柔らかく、肉々しくてジューシーです。
ここまでふわっとした焼売はなかなかお目にかかれないかも。






山形県大沢牧場豚とアワビの煮込み
山形県大沢牧場豚とアワビの煮込み
豚の角煮の上にアワビが乗っかっていると言う贅沢な逸品。

アワビは小さめでナイフも無かったので一口で頂いちゃった。
コリッとした食感にむっちりした身の感触…一瞬のことだったけど。

一方の豚さんはお箸でほろりと切れるくらいにとろとろで柔らか~。
脂の層が綺麗な三枚肉ですけどしつこくなくて上品な肉質です。



ソースをつけて頂いて下さいと言われて、マントウ(饅頭)
マントウ
蒸したて熱々のマントウはふわふわでしっとり水分を含んでます。

これせっかくならエビチリのチリソース用にも欲しかったなぁ…。






金華ハムと干し貝柱のスープ
金華ハムと干し貝柱のスープ
先のフカヒレがコースのスープかと思ったら別にやってきました。

具はほぼキノコのみで金華ハムや干し貝柱は見当たらないけど
でも飲んで分かる旨みやコクがきっとそれらの食材が成せるお味。

器がとても重くて傾けるのも大変、おかげで飲み干すのに苦労。
でも美味しいから綺麗に飲み干したいとレンゲと器と格闘する面々。






翡翠炒飯(ホウレン草チャーハン)
翡翠炒飯(ホウレン草チャーハン)
玉子の黄色とほうれん草の緑がまるで菜の花畑みたいで綺麗。
シンプルながら美味しさが光るこちらのお店の看板料理です。

所謂お米がパラっとした炒飯とは違ってしっとりとしてますが、
決してべチャッとしてる訳ではなくて混ぜご飯のように美味しい。

油っぽくなく優しい味付けでご馳走続きのコースの〆にぴったり。



炒飯のお供に搾菜(ザーサイ)、和食で言うお漬物感覚ですかね。
搾菜
市販でよくあるものより薄味・油控えめの繊細な搾菜、美味しい。






本日のデザート(杏仁豆腐)
本日のデザート(杏仁豆腐)
むっちりとして濃厚な杏仁豆腐、でも甘すぎず程よくさっぱり。
シロップに寒天タイプの杏仁豆腐より絶対こっちのが好きです。




2時間近くかけて絶品高級中華コース食べ尽くしました~至福!
お腹ぱんぱんでも、もたれる感じがないのは高級中華足る故か。

日常は赤提灯だけど、たまに高級店に行くと感動がありますね。
まだまだ両親の懐だよりの身ですけどいつかはご馳走する側に!

ちなみに土日祝日の半額コースはディナーでも提供していますよ。



いい日和で天王洲アイル水辺のお散歩も気持ちよかったです。
天王洲アイルの水辺

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑たまの贅沢グルメにもぽちっと、応援よろしくお願いします!