「CRAFT BEER MARKET (クラフトビアマーケット) 神田店」

2017.08.12.Sat.22:45
たらふく日本酒を利き酒して(つまりは飲んだくれて)満足して
…あれ、そういえば近くにクラフトビールのお店なかったっけか。

記憶を頼りに行ってみると残念ながら日曜日はお休みでした。
※ CRAFT BEER MARKET 淡路町店

2度目のそういえば、ブロガーさん情報で神田に支店があったぞ。


酔っ払いは神保町から神田駅までぶらり歩いてお目当てに到達!
外観


同じ支店でもここは一癖あり、クラフトビール×ラムのお店です。
更に加えるとしたら×パクチー押しのそれこそ二癖ありのお店。
看板
そして羊肉らぶ、クラフトビールらぶのわたし達にはうってつけ。

日本酒どんだけ飲んできたかは置いといてうきうきと初訪問です。



店内は日曜日の遅い時間にも関わらずすごい賑わってました。
わたし達含め昨今のクラフトビールブームにのっかってるかしら。
内観(ビアタップ)


クラフトビールは日替わりで30種類も、1Pint 780円均一です。
本日のクラフトビール
これは目移りしちゃう~先の日本酒バルと同じく店員さんに相談。
こちらでも店員さんは好み等しっかり聞いておススメしてくれます。





右: サンクトガーレン 湘南ゴールド【オレンジ】 (神奈川)
左: 志賀高原ビール ゆるブルWheat (長野)
サンクトガーレン 湘南ゴールド【オレンジ】 ・ 志賀高原ビール ゆるブルWheat
サンクトガーレンの方はオレンジを使ったフルーツビールです。
オレンジの爽やかな酸味と甘みも感じながらもしっかりビール。

左のウィートビールは1杯目にたまらない爽快なビールです。
…1杯目って1軒目で日本酒飲んだくれの言葉とは思えない(笑)
個人的にはウィート系はパイナップルと似た風味を感じます。

うーん、やっぱりクラフトビールは美味しいですね~別バラ(??)




お通し300円@人は燻製の枝豆と空豆、燻製の香りがポイント。
お通しの燻製枝豆・空豆
普通の枝豆と空豆でも他では十分なお通しになるとこですが、
そこを燻製にしちゃうあたりがいい意味で一癖あるお店かしら。






ラムパク餃子(6ヶ) 600円
ラムパク餃子(6ヶ)
クラフトビール×ラム×パクチーの本領発揮の一品ですね。


もちろん中にはラム肉とパクチーがたっぷり入った一癖ありの餡。
ラムパク餃子断面
じゅわっと肉汁と同時に口の中は羊肉独特の風味と香り~。
パクチーの香りが肉汁の脂を中和してくれるパクチーマジック。

皮もきつね色に焼かれて焼き餃子としても優秀ですけれど、
やっぱりここは中の餡のラム肉とパクチーのパンチが醍醐味。

香りが強くてクセあり同士が合わさって足し算以上の美味しさ。
苦手な人は苦手だろうけど、好きな人にはたまらない餃子!!






揚げ羊出汁豆腐 480円
揚げだし豆腐ならぬ…真ん中に「羊」がついた豆腐とはいかに。
揚げ羊出汁豆腐
見た目ところは普通の揚げだし豆腐と変わりがありませんが…


口にいれるとびっくりするくらいすごい羊の香りが広がります!!
揚げ羊出汁豆腐断面
出汁は透明で肉の欠片もないけど羊の要素が凝縮されてます。

正直これは餃子よりも羊肉の好き嫌いの難易度では高いかも。
それだけ羊の風味がすごい出汁…むろんわたし達は大好き。

それにしても全く羊肉を見せないでいてこれだけの羊の主張。
羊肉を煮込んだ煮汁を使ってるのかしら…作り方気になります。





クラフトビールは普通のより濃いですし味わいながら飲むので
少々ピッチは遅く(いいことですが)ゆっくり飲んで2杯目に突入。

左: うしとらブルワリー #190 HopGun IPA (栃木)
右: FyneAles×CMB ラズベリーウィート (スコットランド)
うしとらブルワリー #190 HopGun IPA ・ FyneAles×CMB ラズベリーウィート
IPA(インディアンペールエール)はグレープフルーツのような
爽やかな苦味が強くて好きなクラフトビールの代表格です。

ラズベリーウィートはフルーツビールの一種で本当にラズベリー!
こんなにもラズベリーの甘酸っぱさを主張しながらこれもビール。


日本・世界各国のクラフトビールを気軽に飲めるって幸せ…。






お店の看板料理は食しとかねば、ラムチョップ炭焼き 480円。
ラムチョップ炭焼き
ラム肉料理の一番の定番はシンプルに羊を味わえる一品です。

でも近頃は近くの東急ストアでもラムチョップなどを売っていて、
家ではこれよりもっと極極レアで焼き上げる(炙る?)んですよね。

こちらも結構レアですがレア愛好家としては家の方が好きかも。

そういう意味ではスーパーのラムもクオリティが高いんですね。
家で我流の極レア焼きしても悪い意味の臭みは全くないですし。




クラフトビール4杯にラム料理を頂いて、お会計は5,300円弱。
大好きなもの三昧しちゃった満足感でお腹いっぱい幸せ気分♪





…と言いながら五反田に戻ったら一風堂で〆ラーメンの3軒目。
白丸元味(一風堂)
その後カラオケオールしたあたりまだまだ若いのかも…なんて。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑翌日グロッキーでしたがそれ以上の満足感の夜でした~。
頑張る東京呑んだくれの食べ歩きに応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト

「利き酒 GRILL Mr.Happy」神保町

2017.08.11.Fri.12:57
クーポンサイト: RaCoupon
割引: 6,000円 → 3,480円 (42%OFF)
※ RaCouponの割引チケット-700円利用で実質3,130円
内容: 日本酒40種類120分飲み放題コース


一時期旦那様断酒にてしばらくあたためていたクーポンです。
断酒解禁に一抹の望みをかけて…無事夫婦で利き酒実現♪


神保町の学生街、細い路地で見つけたお洒落なバル風のお店。
外観
外観からは日本酒を専門に出しているお店には見えません。

それもそのはず料理はアヒージョからジビエまで何でもござれ。
更に日本酒はワイングラスで頂くと言うお洒落コンセプトのお店。



カウンター席に通されて、卓上には嬉しい手描きのメッセージ。
手描きのおむかえ
こういうちょこっとした心遣いで気持ちもほんわかなりますね。





日本酒のお店なれど…乾杯にはやっぱりビールは外せない!
ビールはプレモル、こちらももちろん飲み放題に込みこみです。
乾杯のビール(プレモル)
薄張りのグラスなので飲み口が繊細な口当たりで心地いい。




付け出しなのかな、エスプレッソカップの野菜コンソメスープ。
付け出しのコンソメスープ
一気に飲み干せちゃうくらいのミニサイズではありますが、
実はクーポンメニューに含まれていないサービスの一品です。

ほんの小さな小鉢やおつまみなんかでもメニューにちゃっかり
入れてるお店が大半の中でクーポンと別に頂けちゃうなんて。

小さなカップの優しいお味のスープは幸先のいいスタートです。






オクラとトマトのサラダ
オクラとトマトのサラダ
彩りも鮮やかな夏野菜達のサラダで美味しくビタミンチャージ♪






みょうがの甘酢着け & クリームチーズ豆腐
みょうがの甘酢着け & クリームチーズ豆腐
クリチ豆腐はまったりとしたコクと甘みがあって贅沢なお味。
上に乗っかってるのは塩辛、豆腐の甘みの引き立て役です。

豆腐の滑らかさもありながら濃厚でちびちびつまみにぴったり。

これは早速日本酒のあてが登場したかとばかりに日本酒投入。



近頃よく話題になっている「獺祭」から始めてみましょか~。
獺祭
以前にも「日本酒原価酒蔵」で頂いた獺祭、やっぱり美味しい。
さらっとしていて抵抗がない感じというかとても飲みやすいです。


ちなみに飲み放題はこのシャンパングラスに注ぎ足してく方式。
飲み終えたら次のを注いでもらうのは確かに効率いいですね。
色々飲みたいならちょっとずつだけ注いでもらうことも出来ます。





旬の刺身三点盛り
旬の刺身三点盛り
ねっとりとしたマグロにむちっとしたタコ、脂のりのいいカンパチ。
特にカンパチは魚の脂の後味を日本酒で流す楽しみもあります。

お刺身が美味しいのはもちろんですが、外せないのが薬味です。
添えてある茗荷や葱、貝割れ、大葉が元気なのも大事なポイント。

実は好き、透明でもきゅもきゅした食感の海草麺も嬉しかったり。






三元豚ロースステーキ
三元豚ロースステーキ
薄くピンク色が残ったお肉は脂身が少ないながらも柔らか。
しっとりとして繊細な肉質で噛めば肉の甘みが感じられます。

ジューシーなお肉と言うよりか上品で脂勝負でないお肉、かな。

でも日本酒とは違うなー、付け合せのポテトもあるし…ビール!!






珍しい日本酒の古酒に初チャレンジ、「渡辺 あさ」…人の名前?
店員さんから少しクセがあるので少なめで試してみてとのことで。
渡辺あさ
まず色味からして白ワインのように薄く黄色身がかっています。

確かにクセがあって…なんだか紹興酒に似たところもあるような?
とは言え紹興酒は苦手ですがこれは美味しく頂ける初体験のお味。

古酒と言うだけあって普通の日本酒よりは重たい感じもします。

新しい日本酒の味わいを発見、利き酒美味しく楽しいです~♪






気になるお料理を追加注文、「名物! 霜降りあぶりにく」 895円
名物! 霜降りあぶりにく①
赤い肉と白い脂のコントラストが美しいA5ランクの牛肉ちゃん。


このお肉を目の前でボーーーっとバーナーで炙っちゃうんです。
名物! 霜降りあぶりにく②


あくまで炙り、表面の色が軽く変わったくらいの激レアで完成。
名物! 霜降りあぶりにく③
この脂身もたっぷりのお肉…口のなかでとろけるように美味しい!
脂の甘みと旨みがじんわりと溶け出していくかのようです~。

さすがはいいお肉なのか脂もしつこくなくてあくまで旨み勝ち。
脂はきついお歳頃なれどこれならいけちゃうってのは贅沢かしら。

そして意外にも日本酒との相性も良かったのがまた新たな発見。
肉と言えばワイン派でしたが辛口日本酒もいい化学反応じゃない。






クーポンに戻って肉攻勢続きます、鶏のからあげ~ガリタル~
鶏のからあげ~ガリタル~
大きなサイズの肉汁ジューシーな唐揚げにタルタル(奥)は重い…
と思いきやお寿司のガリを使ったタルタルは酸味があり爽やか。

むしろ肉汁じゅわっと唐揚げをさっぱり食べやすくしてくれる効果。
食を進ませるこのタルタルならぬガリタルは家でも真似してみたい。






お魚揚げ(魚の種類失念)の薬味おろしのっけ
お魚揚げの薬味のっけ
うーん…薬味盛りにしか見えない写真になってしまいましたが、
中にはちゃんとお魚の竜田揚げ(かな?)が埋もれて隠れてます。

でも薬味サラダ仕立てと言っていいほど香味野菜が盛りだくさん。
唐揚げに続いて一応は揚げ物ですがそんな感じは全くしません。

むしろさっぱりと〆の前のお口休めのような一品、美味しいです。






ここまででもう写真を乗せ切れないほどたらふく日本酒を利き酒。

店員さんもしっかり日本酒の知識があるソムリエ的な方がいて、
これと似た感じの等々リクエストにも的確・丁寧に対応してくれます。

こちらは希望してた日本酒が品切れになってしまったとのことで
飲み放題外のお高いのを特別に飲ませて下さいました、「鍋島」
鍋島
今まで色々リクエストしながら注文してきたわたし達の好みに
どんぴしゃ合わせてきてくれた美味しいお酒でしたよ~感謝。






夏野菜のさっぱりうどん
夏野菜のさっぱりうどん
シンプルに麺つゆと薬味でつるんと頂く冷たいおうどんで〆。




本日のデザート、かわいらしい一口ケーキでご馳走様です。
本日のデザート






お料理も美味しかったけど、やっぱり主役は日本酒だったなぁ。
ワイングラスで日本酒
こんなに思う存分日本酒を堪能したのは初めてかもしれない。

基本どれも美味しく飲めちゃうわたし達ですが、違いを楽しみ
新しい味に驚き、それなりに好みも見つけ、日本酒再発見でした。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑店員さんのホスピタリティも利き酒に大きな一役買ってました!

「鼎泰豊 アトレ恵比寿店」

2017.08.02.Wed.10:48
仕事終わり、今宵ははっちゃけるぞーと恵比寿にくりだしました。
時間的に遅いスタートですがその分夜を徹する心意気で(笑)

まずは美味しいと分かっているものを軽くつまんで始めようか♪
外観
言わずと知れた小籠包の有名店、アトレの新館に入ってます。
行列が出来るお店としても知られてますが恵比寿は意外と穴場。


遅いこともあり21時頃で並ぶことなく、しかも窓際の特等席GET。
窓際のカップル席は恵比寿の喧騒を見下ろせるおススメの席。




生ビールも飲みたいけど、瓶もありよね…と悩んでのチャンポン。
生ビール(キリン一番絞り) 648円 ・ 瓶ビール(エビス中瓶) 756円
生ビール(キリン一番絞り)と瓶ビール(エビス中瓶)
瓶ビールはキリン・プレモル・エビスから選べるので絶対エビス。
ビールの好みもエビスだけど、何よりここは恵比寿ですからね~。





小籠包は注文受けてからの作りたて、しばし待って蒸籠登場。
小籠包の蒸籠


蒸籠の蓋をあけた瞬間のほわほわ蒸気に期待も高まります~。
小籠包 6個 908円
小籠包 6個
薄皮に中のスープが伺い知れるようなたぷっとしたお姿です。

皮を破らないよう注意してれんげの上にのっけて頂きまーす♪
お供の針生姜もお忘れなく、個人的には黒酢も外せません。


皮のすぼまったとこをかじると…肉団子とあふれる出るスープ。
小籠包断面アップ
肉汁のスープなんですがしつこくなくてむしろ優しく繊細なお味。
肉団子も肉の旨みは詰まっていながらも脂っぽくはありません。

薄皮と肉団子とスープのコラボは正にお口の中の口福です~。

ひとくちであっという間に無くなってしまうけどその美味しいこと…。
そのひとくちに繊細な美味が絶妙なバランスで構成されてます。

1人3個ずつ、つまりは3口でぺろりですが満足感は大きいです。






続いては少し贅沢をして、蟹みそ入り小籠包 6個 1,556円。
蟹みそ小籠包 6個
見たところ普通の小籠包とそのまんま変わりありませんね。


でもよく見ると微妙に蟹みその黄色っぽい色が見えるような…。
蟹みそ小籠包アップ


中身は蟹みそのっかってスープも心なしか黄色がかってます。
蟹みそ小籠包断面アップ
普通のより濃厚で蟹みそのコクがしっかりと主張したスープ!!

繊細な肉汁と海鮮の風味が融合して更に旨みがパワーアップ!
普通の小籠包が上品なお味ならそこに贅沢感を加えたような。

蟹みそ特有のクセ(風味)もありますが、むしろそれが好ましい。
熱々スープの湯気の中にもほわっと蟹みそを感じられるくらい。

ちょっとお値段はしますけど、これは外せない贅沢小籠包です。




生ビール・瓶ビール×2に、小籠包2品でお会計は4,600円程。
決して安くはないけれど、お値段に見合うだけの満足感です。

それにお通し・サービス料がないですから、軽い1軒目にもよし。

ちなみにスタンプカードがたまったので次回は小籠包6個無料♪
ポイントカード






アトレ1階に戻って閉店間際の「SHAKE SHACK」でプチ2軒目。
ShackMeister Ale 1Pint 830円 ・ Small FrenchFries 280円
SHAKE SHACKでShackMeister Ale & Small FrenchFries
「ShackMeister Ale」はNYにあるブルックリンブルーワリーが
SHAKE SHACKのためにブレンドしたビールで超美味しい~♪
一応はファーストフードで濃厚クラフトビールが頂けるだなんて。


まだまだ恵比寿の夜は長い、呑んだくれナイト序盤戦でした。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑でも今まで一番の絶品小籠包は…「上海食べ歩き旅行記

「大衆とり屋 WAIGAYA本店 五反田店」

2017.07.28.Fri.00:19
7月に出来たばかりのニューフェイスに突撃して参りました!
看板
食べログにまだ口コミが1件もなくて評価も計れませんでしたが、
美味しそうなとりさんの写真とお手頃な価格設定につられました。


階段を上って2階、店内はお客さんいっぱいですごい賑わい。
オープンしてすぐなのにもうこんなに人気だったのとびっくり。



かんぱ~い♪の生ビールはプレモル香るエール 431円。
生ビール (プレモル 香るエール)
普通のプレモルより濃くずっしりした感じで飲み応えあります。

ちなみにお通し・席料はありません、そこは重要なポイント。






大山鶏のレア刺し 三点盛り合わせ (レバー・ハツ・砂肝) 626円
大山鶏のレア刺し 三点盛り合わせ (レバー・ハツ・砂肝)
刺しと言っても低温調理されたもの、でもレアな感じはばっちし。
鶏の内臓(ホルモン)の特色を残しつつも臭みは全くありません。

肉刺しらしくごま油で風味付け、塩気は少なく鶏の味わいで十分。


コリッとした歯ごたえがあるハツに、柔らかでふんわりした砂肝、
レバーはねっとりとして濃厚で…これには赤ワインでしょう~。
大山鶏のレア刺しに赤ワイン
赤ワインはカリフォルニアのものでなみなみと入って421円。
レバーの濃厚な後味にすかさず赤ワインを口に含めば幸せ~。






箸休めにちょうどいい、タコとセロリの刻みわさびあえ 518円。
タコとセロリの刻みわさびあえ
上にのったわさびの他に細かく刻まれた茎わさびが爽やか。
茎系のつながり(?)なのかセロリと茎わさびの相性もいいです。

タコは少し生な感じを残した柔らかでぷりぷりの美味しいやつ。
小鉢に見えますが大きめのぶつ切りタコが結構入ってて嬉しい。






鶏のタタキと茗荷 626円
鶏のタタキと茗荷
ほぼ生と言えるピンク色が美しく艶かしい感じのお肉です~。

恐らく部位は胸肉であっさりしていながらねっとりとして柔らか。
火を入れるとパサつきやすい胸肉が生になると全く違う質感。

むしろ生の方が旨みも肉質も鶏胸の良さを堪能できるのやも。
それもこれも鮮度の良さといいお肉を使ってるからだろうけど。

(ほぼ)生肉のインターバルに香味野菜の茗荷もいいアクセント。






びんびん鳥のから揚げ+おろしポン酢 421円
びんびん鳥のから揚げ+おろしポン酢
てんこ盛りのから揚げタワーはびっくりするくらいのボリューム!
このお値段でこんなに来ちゃっていいのってくらいの山盛りです。


ひとつの塊自体かなり大きくて、それが贅沢に5個もあります。
から揚げアップ
揚げたて熱々を頂けば、じゅっわ~~~っと肉汁が溢れる~。
大きい分その中に孕んでいる肉汁の量もすごくて焼けど必死。

ここまで肉汁じゅわ~っなから揚げは家で作れないレベルです。
トッピングを「おろしポン酢」にしたのは正解、肉汁×さっぱり。

ちなみにおろしポン酢のトッピングは無料なので是非おススメ。
意外とおろしを乗っけても衣はカリッとして芳ばしいままでしたよ。






パクチー水餃子 464円
パクチー水餃子
肉汁たっぷりのから揚げの後にこのチョイスは正解の癒し系。

優しいお味の鶏出汁(かな?)スープにパクチーの香りがふんわり。
パクチーもちゃんと主張していながらクセが少なく柔らかい香り。


水餃子は薄めの皮でそれがトゥルントゥルンの食感なんです。
よくある水餃子のもちもち感と違ってつるんと口に入ってく感じ。
水餃子断面
水餃子よりもほっこり癒されるスープと言う方があってるのかも。






最後に注文したのはメニューの中で一際注目を浴びる「18禁?」

…ってか料理の名前??店員さんに聞いても全然口を割らない。
かなり人気なんですよーネタになりますよーとか言われまして。

この場でネタばらししていいのやらですが…「18禁?」 410円。
18禁?
ブツとしてはハラペーニョにチーズを詰めて天ぷらにしたもの。

それに卓上で店員さんが何かを吹きかけます(左横のボトル)
その正体は”バイアグラ”だそうで…”淫羊”と書いてありますが。

料理としてはハラペーニョは意外と辛みがなく普通に美味しい。
ちょっと辛みがあるピーマンのチーズ詰め揚げと言う感じかな。

(自称)バイアグラがどう作用するか分かりませんが確かにネタ。





美味しかったし、店員さんも気さくで面白かったし、満足だなー。
ビール3杯に焼酎2杯、ワインとハイボールも飲んで6,000円程。

コスパもいいですしニューフェイス突撃成功、リピート確実です。

次回は食べ損ねたお店の名物、鶏の半身揚げor蒸し食べたい♪
のれん

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑お店情報一番のり…のつもりが食べログの口コミに負けた~。

「肴・飯 和料理屋 元」五反田

2017.07.25.Tue.17:37
またまた行って参りました、家近で見つけた絶品魚居酒屋さん。
外観
今回も遅い時間ながら常連さん風のお客さんで賑わっています。

わたし達は2度目の訪問ですがなんと覚えていてもらえました!
今後も通うことも思えば常連さんへの道も早いやも?(図々しくも)



生ビールとお通しのズッキーニのミートソース和え(でいいかな)
生ビールとお通し
トマト味のミートソースは優しいお味、ラタトゥイユに近い感じ。






いわし刺 400円
いわし刺
光る皮目、脂身、血合い、身の色が綺麗な層になってるいわし。
口に入れればそれらが全て合わさって青魚の美味、悶絶もの!

とろけていくような青魚特有の脂はお口の中に旨みを残して、
食べてからしばらくいわしの味わいの余韻に浸れちゃうくらい…。

これほどに脂のりがよくて味の濃いいわしは初めてと思うほど。
大好きな光ものがこんな絶品の質と鮮度で頂けるなんて幸せ~。




いわしの旨みを最大限に堪能するために即刻日本酒2種投入。
種類は失念ですが600円ほどのお値段で3種類取り揃えあります。
日本酒2種
女将さんが日本酒飲みが多いからグラスが足りないのよ~って。
確かにこんなうまい魚が出てきたら日本酒飲みたくなりますもん。






まぐろほほ刺 500円
まぐろほほ刺
これは…生ハムと紛うくらいの美しいお肉の花に思わず歓声。


お肉じゃなくてまぐろ、でも深紅の身は正にまぐろの"肉"です。
濃い赤からピンクのグラデーションに細かいさしが入ってます。
まぐろほほ刺アップ
さしの部分は繊維質なのかこりっとした歯ごたえを感じて、
後に続くはねっとりとした色気を感じるような赤い身の質感。

生ハムのように薄いのにほほ肉独特の質感を主張してます。

そしてまた生ハムのように溶ける脂の甘みも感じられて…、
繊細なさしが細かく入っててその脂が少しずつとろけてく感じ。

赤身ともトロとも違う質感と脂のりのほほ肉刺し、これも絶品!
しかもそれがワンコインで頂けちゃうだなんて信じられません。






うなぎたれ焼 700円
うなぎたれ焼
いわしもまぐろも美味しかったけど…今宵の主役はこちらかも!

ふっくら柔らかくてほろりとほどけるような上品な身に甘辛タレ。
身の内側のぬるりとしたところも旨みの凝縮部分かもしれない。

脂もたっぷりなのにしつこくなく上質な脂とふわふわの身、至福!

今まで鰻屋さんで食べてきた鰻よりも美味しいと思ったレベル。
どこ産とか天然とか分からないけどこんな美味しけりゃ何でもいい。

もう旦那様と2人してヤバイ、ヤバイ~と興奮してしまいました。






あじ刺 500円
あじ刺
愛する光もののいわしが美味しかったので、続いてあじ刺も。
漁ではなくて釣りで獲ってこられた自慢のあじさんだそうです。


きらきらつやつや光って、身の薄いピンク色までも美しいお姿。
あじ刺アップ
いわしみたいに脂の乗った感じでなくて、むしろ身は淡白な方。
でもねっとりとして青魚と少し白身魚の要素も入ったような美味。

あじも脂のりが大事と思ってたけどそれ以上の上品な身を発見。






そろそろ最後の一品をお願いしようかなぁ、何にしようかなぁ
本日の黒板メニュー



…と悩んで結局リピートしちゃいました、うなぎたれ焼 700円。
うなぎたれ焼2回目
それだけ絶品だったふんわり、ほろりと、柔らか~なうなぎさん。

こんなに美味しくて、しかもこんもりと身が盛られてこのお値段。
うなぎ食べたくなったら鰻屋さんで鰻重よりここでうなぎと日本酒!




日本酒もかな~り進んで(5、6杯くらい?)お会計は8,500円ほど。
大満足のお魚三昧、すでに五反田で1番の魚の地位確立です。

これからも通ってったらいつか常連の「さかなクン」と会えるかも?
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
↑そう言えば今日は土用の丑の日でした、うなぎ食べた~い。